【NBA】トロント・ラプターズ

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroがバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

現在、上記のコンサートの中でNCAA関連の記事ばかりが支持を得ていて、なお且つどうやら俺達自身もカレッジフープスだけに執心している奴らだと思われているようだが、全ての記事は「現地でバスケを体験する」という最終的な楽しみ方の啓蒙活動の一環に過ぎない。


そして、無論、俺達はNBAについてもちゃんと紹介している。

今回はトロント・ラプターズについてだ。

トロント・ラプターズ

トロント・ラプターズは僅か2年前ながら既に優勝時とは別のチームへの転生を模索している。


2011年、ラプターズは仕切り直しとなった。前GMブライアン・コランジェロはクリス・ボッシュを中心に多国籍軍団でそこそこのチームを作り上げたが、肝心の2006年全体1位指名選手アンドレア・バリュナーニが期待外れに終わってしまったため、チームは解体せざるを得なくなった。


その後、2013年、新GMマサイ・ウジリが就任し、HCドウェイン・ケーシーの指揮の下、ラプターズはイースタン・カンファレンス屈指の強豪へと進化していったのだが、時はレブロン・ジェームスの大王朝時代、2016~18年に3年連続でクリーブランド・キャバリアーズを前に敗退し、限界を迎えていた。


そして、2018年、ウジリは大きな賭けに出た。ラプターズはドウェイン・ケーシーを解雇し、さらにはデマー・デローザンを手放してサンアントニオ・スパーズからカワイ・レナードを獲得したのだ。この大改革は生え抜きのエースを放出した点でも非難を浴びたが、当時からレナードは2019年以降にトロントに残留する気が無かったため、実質的には2018-19だけのレンタルだった点も指摘されていた。


しかし、2018-19、新HCニック・ナースの采配の下、ラプターズはカンファレンスファイナルでMVPのヤニス・アデトクンボを倒し、さらにファイナルではトライアングル&2といった奇策を用いてステフィン・カリーを抑え、見事NBA制覇を成し遂げた。


現在、ラプターズは優勝時とはほとんど別のチームだ。2019年、案の定、レナードはトロントを離れたため、最近はパスカル・シアカム、カイル・ラウリー、フレッド・バンフリートを中心としたチームとなっている。

チケット

基礎知識

チケット購入戦略

最終目標は「自分の願望に合致」&「妥当な値段(相場と同程度/予算内)」のチケット獲得だ。NBAのレギュラーシーズン(コロナ前)のチケットの相場は「300レベル前列(=ちょうどモニター越しで試合を観る感じの座席)」と「100レベルのゴール裏の中列」が$100程度となっている。無論、チケットの価格は両エリアからコートに遠ければ遠い程、安くなり、逆に近づけば近づく程、高くなる。これを基準にチケットが適正価格かを見極める。

【現地観戦術】NBAチケットを安く買うための5つのコツ
NBAのチケットを安く購入するための基本的な方法を5つ紹介!!
新品とリセールチケット

現在、新品チケットもリセールチケットも同じチケットサイト上で売られている。以前は各球団が公式HPでチケットを売り、それらがチケットサイトで転売されてしまっていたのだが、現在は各球団がTicketmaster、StubHub、AXS、SeatGeekを公式チケットプロバイダーとして提携しているため、新品、転売、シーズンチケット所有者のバラ売り、急遽行けなくなった人のチケットも全てが同じ画面上で売られている。

各球団が提携しているチケットサイトは1カ所だけだが、提携していないチケットサイトでもその球団のリセールチケットは売られている。例えば、ボストン・セルティックスはチケットマスターと提携しているが、スタブハブやシートギークでもセルティックスのチケットは売られている。但し、多くは転売チケットなので割高であることが多い。

チケットの種類

最も一般的な特定の試合のチケットはシングルゲームチケットと呼ばれている。シングルゲームチケットは各球団HPやチケットサイトから購入可能だ。その他にも各球団は団体用のグループチケット、シーズンチケット、スイートルーム、その他特典付きといった様々な需要に対応したチケットも販売している。

ダイナミックプライシング

チケットの価格は需要(人気)に応じて都度値段が変更されるダイナミックプライシングとなっている。需要は挙げればきりが無いが、主に「人口」「物価」「バスケ熱」「球団の強さ」「スター選手の有無」「座席の良さ」といった要素で決まる。概して多くの人々が行きたい試合のチケットは値上がり、逆に行きたがらない試合のチケットは安くなる。

購入方法
主なチケットの購入方法
  1. チケットサイト
  2. アリーナのチケット売り場
  3. 業者に依頼
  4. ECサイト(eBay等)

最も一般的なのはチケットサイトで購入する方法だ。先述した通り、各球団はいずれかのチケットサイトと提携しているため、各球団の公式サイトや公式アプリからチケットを購入する場合でも結局は提携するチケットサイトに飛ぶことになる。その他にもアリーナのチケット売り場、旅行代理店、ECサイト(ebayやCraigslist)でも購入は可能だ。

座席: 全席指定

NBAのレギュラーシーズンとプレーオフのチケットは基本的には全席指定だ。

チケット媒体: 入場方法
チケットの種類
  • Eチケット(スマホ表示型)
  • Eチケット(プリントアウト型)
  • 紙チケット

最も主流なのがスマホにバーコードで表示されるチケットだ。特に最近では各チケットサイトや各球団のアプリからチケットを表示するタイプが増加している。一方、自宅でプリントアウトするタイプのEチケットも存在する。プリントアウトタイプのチケットはチケットサイトのマイページやEメールからチケットをダウンロードしてプリントアウトする必要がある。そして、紙チケットも引き続き存在はしている。

トロント・ラプターズのチケット

  • チケット価格: 平均~やや高い
  • 平均価格: $110
  • 最安価格: $26
  • 公式プロバイダー: Ticketmaster

トロント・ラプターズのチケットは平均~やや高い部類だ。


トロント・ラプターズの場合、フランチャイズは物価は高くはないが、バスケ熱はドレイクを先頭に毎年増している。地元民は2019年にNBA制覇を達成したことで応援の価値を見出している。一方、チームも近年は安定して強いため、会場に足を運ぶ人は多い。


結論、チケット代は平均よりは高いが大都市の強豪球団なので妥当ではある。


ちなみに、ラプターズのホームゲームはソロチケットも売れる。一般的にアメリカ人は1人で試合には行かないため、往々にしてソロチケットは非常に安価な値段で取引されているのだが、カナダ人はソロ観戦に抵抗がなく、ソロチケットも少しでも安ければ売れてしまう。だから、ラプターズのホームゲームのチケットは少しでも良ければ直ぐに購入するのが吉だ。

現地観戦の各種支払いはマイルが貯まるクレジットカードで支払うのが定石だ。もし仮に毎年1度の現地観戦と普段の支払いをクレジットカードに寄せた場合、年間で2~2.5万マイル(1マイル=1円)は得になる。内訳は日本とアメリカの往復移動距離1~1.5万マイルと年間のクレジット利用額の1万(200円=1マイル)マイルだ。旅費2.5万円はNBAチケット、グッズ、高級ホテル宿泊、レンタカー代に充てる事が出来る。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

アリーナ

スコシアバンク・アリーナ

基本情報

名称: Scotiabank Arena
住所: 40 Bay St, Toronto, ON M5J 2X2
HP: https://www.313presents.com/venues-events/little-caesars-arena

​ラプターズのホームアリーナはユニオンステーションの隣のスコシアバンク・アリーナだ。

両国共に多民族国家なので「〇〇人」と一括りにすること自体がナンセンスではあるが、アメリカ人はアリーナ内で滅茶苦茶飲み食いをする一方、カナダ人はほとんどしない。

コロナの影響でフロリダ州タンパで活動

2020-21、トロント・ラプターズはフロリダ州タンパを一時的にホームとして活動していた。理由はトロントをホームとして活動した場合、ラプターズも相手チームもカナダとアメリカの国境を超えなければならず、検査や隔離等の諸々が面倒だからだ。

実はフロリダ州タンパへホーム移転は関係者達にはメリットがあった。税金が少なくなったのだ。ラプターズの選手達はカナダ政府とオンタリオ州で合計約53%の所得税を納めなければならないのだが、移転先のフロリダ州は所得税がないため、アメリカ政府に支払う37%だけで済むのだ。その結果、パスカル・シアカムとカイル・ラウリーに至ってはそれぞれ$2,500万(約3億円)の節税となった。ちなみに、全NBA都市の中でトロントが最も所得税が高く、それ故にラプターズはかねてより選手達から人気が無かった。

アリーナルール

ヘルス&セイフティガイドライン

  • 入場時(事前)の健康状態の回答
  • マスク着用義務化
  • 紙チケットの廃止
  • キャッシュレス化

コロナウィルス(COVID-19)の流行によってアリーナ内でのルールが大きく変わった。最も重要な点は入場時の健康状態の確認だ。現在は多くのチームが「入場時や事前に健康状態のアンケートに答える」程度を課しているだけだが、NBAはワクチンパスポート(ワクチン接種の有無)の採用を検討しているため、もしかしたらワクチン接種が必須になる可能性はある。詳細は各球団HPのHealth&Safety Guidelinesに記載されている。

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

Official Little Caesars Arena Tickets & Venue Information | 313 Presents
The official home for Little Caesars Arena event tickets, box office information, directions & parking, venue policies, dining options, and contact information

グッズ

チームストア

基本情報

名称: Scotiabank Arena
月~金: 10:00~19:00
土: 10:00~18:00
日: 11:00~18:00
住所: 40 Bay St, Toronto, ON M5J 2X2

ラプターズのグッズはスコシアバンク・アリーナのチームストアで購入できる。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えていくつものサブストアや出店がコンコース内にあるのだが、実はメインストアとは微妙に品揃えが異なる。例えば、サブストアには過去の選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。ちなみに、本当に欲しい物はNBAストアで買った方が確実だ。

Yonge Street

ダウンタウンのYonge Street沿い(特にQueen駅とBloor-Yonge駅の間)は渋谷のセンター街のような若者向けの商店街だ。この通り沿いにはFoot Locker(House of Hoops有)、Lids、NIKE、Adidasなどのスポーツ用品店が店舗を構えている。

サイン

コロナでファンと選手の交流は無し

出待ち

アリーナ出入口

選手にサインや写真を求める手段の1つが会場入り口での出待ちだ。多くの場合、試合当日の午前中~夕方にかけてホームもアウェイチームもアリーナ内で練習をする。その出入りを狙って出待ちが可能だ。アリーナにはいくつもの出入口があるが、選手やコーチが通る出入口にはほぼ必ず柵が立てられている。だから、もし出待ちをするべき出入口か分からなかったら、とりあえず柵が立てられている出入口で待つと良いだろう。柵では無く警備員や他のファンも目印になる。

試合前の練習時(試合のチケット必須)

もう1つの手段がアリーナ内での練習時だ。試合開始前のアリーナ内での練習時、何人かの選手はファンサービスも行ってくれる。基本的にアリーナは試合開始前の2~3時間前に開場するので、その日の試合のチケットを見せて開場時間と同時に入場する。断言はできないが、試合開始前の練習の見学はどこの座席のチケットでもフロアの近くまで降りることができるので、入場したらトンネル(関係者用通路)付近に行ってそこで陣取れば良い。この場合も柵、警備員、ファンが目印となる。

ホテル前

アウェイチームの選手達が宿泊するホテル前でもサインを貰うことができる。チーム御用達のホテルは基本的にはその街の最高級ホテルだ。ホテルの場合もアリーナ出入口と同様に警備員、ファン、柵が目印になる。

注意
  • 出待ちのルールは時と場合によって異なる。NBAで統一されたルールは無い。同じ会場でも「昨日はOKだったのに今日はダメ」なんてこともザラにある。警備員のさじ加減による場合が大きい。
  • 選手全員がファンに対応してくれるわけではない。ファン対応はチームによって異なるので、若手の仕事であったり、試合ごとにファン対応の当番が交代していたり、それはチームで異なるようだ。

イベント

地元のスーパーマーケットやスポーツ用品店では選手のサイン会がちょいちょい行われている。チームの公式アカウントやHPで告知している。出待ちと違って公式のイベントなので選手の応対もフレンドリーな場合が多い。

Toronto Raptors | The Official Site of the Toronto Raptors
The official site of the Toronto Raptors. Includes news, scores, schedules, statistics, photos and video.

その他

ラプターズ×ドレイク

最大の成功例の1つがトロント・ラプターズのドレイクの起用だ。


2013年、ラプターズはカナダ出身で熱狂的なバスケファンとして知られるラッパーのドレイクをチームのグローバルアンバサダーとして起用した。発案のきっかけはドレイクと球団の重役との些細会話だった。故に、当初はトロント・ラプターズがドレイクをただのファン以上に昇格させるため名ばかりの役職だったらしいが、ドレイク自身はかなりモチベーションが高く、次第に役割は大きさを増した。


そして、2014年、新テーマの「#WetheNorth」がスタートした。


#WetheNorthは愛国心や地元愛を煽るようなブランディングだ。同テーマは「ゲーム・オブ・スローンズ」にインスパイアされているのはほぼ間違いない。「ゲーム・オブ・スローンズ」は王国同士の争いを描いたドラマシリーズなのだが、主人公達が北部を統治する王族という設定で、作品内では主人公達が北部出身を誇る姿が映し出されている。


ドレイクがこの方向性にどれほど関与しているのかは不明だが、2019年の優勝直後に「俺達(トロント・ラプターズのファン)はカレッジチームみたいに盛り上がる雰囲気を創り上げた」といった旨の発言をしていることから、少なくとも一体感のあるファンベースを気に入っているのは確かなようだ。


一方、ラプターズはオルタナティブジャージーに黒とゴールドを採用した。黒とゴールドはドレイクのブランドのOVO(October’s Very Own)のテーマカラーだ。


その結果、トロント・ラプターズのファンは着実に広がりを見せた。球団の資産価値は2013年から2019年の6年間で2倍以上に膨れ上がった。しかも、2019年にはラプターズは悲願のNBA制覇も成し遂げた。


実際、ラプターズがドレイクの恩恵を感じているのは間違いない。2014年、ドレイクがNBAのルールを無視してケビン・デュラントを勧誘していたことが発覚し、NBAはラプターズに「罰金」か「ドレイクの解雇」の二択を迫ったのだが、ラプターズは即座に罰金を選んだ。

Gリーグ: ラプターズ905

基本情報

名称: Paramount Fine Foods Centre
住所: 5500 Rose Cherry Pl, Mississauga, ON L4Z 4B6
詳細: https://raptors905.gleague.nba.com/

トロント・ラプターズは傘下にGリーグチームのラプターズ905を持っている。本拠地トロント・ピアソン国際空港のすぐ近くだ。

優勝リングを受け取ったファン

次に、ラプターズはファンも魅力的だ。ナズ・べティア(Naz Bhatia)氏は1995年から全てのホームゲームに足を運んでいる強者で、2019年には優勝リングを贈呈され、バスケットボール殿堂から表彰を受け、2019年のNBA JAPAN GAMESにも来日した。ラッパー/音楽プロデューサーのドレイクもラプターズの大ファンとして有名だ。

まとめ

  • チケットはやや高い
  • ソロチケットも売れる
  • 初現地観戦でも行きやすい

トロント・ラプターズはチケットはやや高いが、トロントの治安や行きやすさを考慮すれば、初現地観戦にもオススメだ。

現地観戦の各種支払いはマイルが貯まるクレジットカードで支払うのが定石だ。もし仮に毎年1度の現地観戦と普段の支払いをクレジットカードに寄せた場合、年間で2~2.5万マイル(1マイル=1円)は得になる。内訳は日本とアメリカの往復移動距離1~1.5万マイルと年間のクレジット利用額の1万(200円=1マイル)マイルだ。旅費2.5万円はNBAチケット、グッズ、高級ホテル宿泊、レンタカー代に充てる事が出来る。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

関連記事

五大湖エリア

NBA

イースタンカンファレンス
アトランティックサウスウェストセントラル
ボストン
セルティックス
ワシントン
ウィザーズ
シカゴ・ブルズ
ブルックリン
ネッツ
シャーロット
ホーネッツ
ミルウォーキー
バックス
ニューヨーク
ニックス
アトランタ
ホークス
インディアナ
ペイサーズ
フィラデルフィア
セブンティーシクサーズ
オーランド
マジック
クリーブランド
キャバリアーズ
トロント
ラプターズ
マイアミヒートデトロイト
ピストンズ
ウェスタンカンファレンス
ノースウェストサウスウェストパシフィック
ダラス
マーベリックス
ポートランド
トレイルブレイザーズ
ロサンゼルス
レイカーズ
ヒューストン
ロケッツ
ミネソタ
ティンバーウルブス
ロサンゼルス
クリッパーズ
メンフィス
グリズリーズ
オクラホマシティー
サンダー
フェニックス
サンズ
ニューオーリンズ
ペリカンズ
ユタ・ジャズサクラメント
キングス
サンアントニオ
スパーズ
デンバー・ナゲッツゴールデンステイト
ウォリアーズ
NBAサマーリーグ
【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)
NBAサマーリーグの現地観戦について紹介&解説!!

夏に行ける

現地観戦術

参考

How The Raptors Defense Humiliates NBA Teams(youtube.com)
How The Raptors Coaching Has Made Them Unbeatable(youtube.com)
MORE SUN AND LOWER TAXES: RAPTORS TO START SEASON IN TAMPA(sportico.com)
Raptors players making up to $2.5M extra by playing in Florida this season(dailyhive.com)
Here’s The New Brooklyn Nets Logo, Designed By Jay Z(buisinessinsider.com)
Are Drake’s Antics Good Or Bad For The Toronto Raptors Brand?(forbes.com)
How Drake Helped the Toronto Raptors Make the NBA Finals(variety.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました