【NBA】ブルックリン・ネッツ

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

と言うことで、今回はブルックリン・ネッツについてだ。

ブルックリン・ネッツ

魅力1: 新旧スーパースター

ブルックリン・ネッツの見どころは何と言ってもケビン・デュラント、ジェームス・ハーデン、カイリー・アービングのビッグスリー+ディアンドレ・ジョーダン、ラマーカス・オルドリッジ、ブレイク・グリフィンの新旧スーパースター軍団だ。

魅力2: ニューヨーク

もう1つの魅力は「ニューヨークのチーム」という点だ。ニューヨークはバスケを除いても魅力的な街である。

チケット

ブルックリン・ネッツのチケットは高い


最大の理由は新旧スタープレーヤーが集まっているからだ。チケットは単純にスーパースターの有無で値上がりする。デュラントとカイリーはどちらも実力と人気を兼ね備えたスーパースターだ。彼ら見たさにチケットの需要は間違いなく高まる。


次に、本拠地がニューヨークであることが挙げられる。ニューヨークはそもそもが物価が高い。物価が高い地域に住める住人は金持ちだ。だから、多少強気な値段でも買い手がいる。結果、破格のチケットが中々出回らない。


しかし、ケビン・デュラントとカイリー・アービングは両者共に欠場しがちである。先述した通り、チケットはスータープレーヤーの有無に左右される。だから、欠場が濃厚の場合、行くのをやめる人々がチケットを比較的安価な値段で売りに出す可能性がある。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

アリーナ

バークレイズ・センター

基本情報

名称: Barclays Center
住所: 620 Atlantic Ave, Brooklyn, NY 11217
HP: https://www.barclayscenter.com/

バークレイズ・センターへは地下鉄で行くことができる。最寄り駅はアトランティック・アベニュー・バークレイズ・センター駅だ。2、3、4、5、B、D、N、Q、R、W線(急行と各駅停車)が止まるので、マンハッタン方面からはかなり簡単に行ける。駅には複数の出入口があり、その内の1つはバークレイズ・センターの真正面に繋がっている。駅構内の案内に沿って進めばたどり着けるはずだ。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

A-Z Guide | Barclays Center
Barclays Center management is dedicated to providing an exciting and memorable guest experience while ensuring the safety and security of all guests. The follow...

グッズ

チームストア: SWAG SHOP

基本情報

名称: SWAG STORE
営業: 月~木(10:00~19:00)土日(10:00~20:00)
HP: https://netsstore.com/

バークレイズ・センターにはブルックリン・ネッツのオフィシャルチームストアがある。アリーナ開場までは当日のチケットを持っていなくても入店可能だ。さらに、バークレイズ・センターの目の前のスポーツ用品店Modell’s Sporting Goodsでもネッツのグッズがある。オフィシャルストアには無いグッズ(古いモデル等)やセール品が置いてある可能性が大いにあるので行って損は無い。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

NBAストア

基本情報

名称: Life Time Athletic at Sky
営業時間: 10:00~20:00
住所: 545 5th Ave, New York, NY 10017
HP: https://www.nbastore.jp/stores/nba/ja

NBAストアはマンハッタンの中心にある。付近には42 St – Bryant StationやGrand Centaral – 42 St Stationがあるため、ほとんどどすべての地下鉄ラインでアクセスできる。


品揃えはスウィングマンジャージー、Tシャツ、キャップ、日用品(コップやペンなど)といった定番アイテムは全チームの物が置いてあるが、過度な期待は禁物だ。Tシャツは各チームの人気の選手しかない。例えば、ナゲッツであればおそらくヨキッチしかない。加えて、人気チームと不人気チームで露骨に品揃えに差があるので、ホーネッツやキングスファンなどはここには期待せずに現地のチームストアに足を運ぶしかない。


だから、正直に言えば、アパレルは新宿のSELECTIONの方が品揃えは良いかもしれない。


ただ、スウィングマンジャージーはチーム、番号、首元の名前を好きにカスタマイズして作ることができるので、どんな選手のジャージーも手に入れることができる。

NBAストアでは定期的に選手のサイン会などを行っている。もしかしたら旅程とそういったイベントが重なる可能性もあるので、NBAストアのHPやSNSをフォローすることをお勧めする。

まとめ

ケビン・デュラントでは無くネッツを見たいのであればデュラント欠場中に行くのが良い。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

関連記事

ボスウォッシュエリア

NBA

イースタンカンファレンス
ウェスタンカンファレンス

※2021年4月現在、CHI、OKC、PORのみ無観客試合を実施中

現地観戦術

参考

BROOKLYN NETS ACQUIRE 10-TIME ALL-STAR AND TWO-TIME NBA CHAMPION KEVIN DURANT(NBA.com)
BROOKLYN NETS SIGN SIX-TIME ALL-STAR AND NBA CHAMPION KYRIE IRVING(NBA.com)
When Kevin Durant Could Potentially Return From His Achilles Injury(THE SPUN)
BARCLAYS CENTER TO WELCOME FANS BACK TO ARENA BEGINNING FEB. 23 WITH NETS VS. KINGS GAME(nba.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました