【NBA】ブルックリン・ネッツ

うい。


「全米中のバスケを訪れる」が目標、乗り鉄的現地観戦愛好家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回はブルックリン・ネッツについて紹介する。

ブルックリン・ネッツ

魅力1: スーパースター2人を獲得

ブルックリン・ネッツの見どころは何と言ってもケビン・デュラントとカイリー・アービングのスーパースターデュオだ。ネッツはオフシーズンにサイン&トレードでデュラントを、フリーエージェントでカイリー・アービングを獲得した。

チケット

チケット: デュラント次第

KD復帰前

ブルックリン・ネッツのチケット価格が上昇する可能性はほぼ確実だ。ケビン・デュラントとカイリー・アービングがチームに加入したからである。チケットは単純にスーパースターの有無で値上がりする。デュラントとカイリーはどちらも実力と人気を兼ね備えたスーパースターだ。彼ら見たさにチケットの需要は間違いなく高まる。


しかし、現在、デュラントはアキレス腱断裂で復帰未定の状態だ。加えて、デュラントの欠場によりネッツは試合に勝てない可能性が高い。一般的に「スタープレーヤーの欠場&チームが弱い」の試合を観に行こうと思う人は少ない。故に、KD欠場中はチケットは落ち着いているはずだ。だから、チケットは「チームの状況を追って自分が納得できるものがあれば購入する」で良いと思う。

KD復帰後の行方

KD復帰後のチケット価格はKDのパフォーマンス次第だ。パフォーマンスに関わらず復帰直後は高い。もし今までと変わらないパフォーマンスを発揮するのであれば、元々物価の高いニューヨークということもあってチケット代は高騰するはずだ。が、もしKDの復帰後のパフォーマンスが悪く、「KDはもはやスターではない」という認識が広まれば、チケット代は再び落ち着きはじめるはずだ。

その他

会場でチケットを印刷できる

チケットマスターで購入したチケットはバークレイズ・センターのAmerican Express Box Officeでプリントしてもらうことができる。

アリーナ

バークレイズ・センター

基本情報

名称: Barclays Center
住所: 620 Atlantic Ave, Brooklyn, NY 11217
HP: https://www.barclayscenter.com/

バークレイズ・センターへは地下鉄で行くことができる。最寄り駅はアトランティック・アベニュー・バークレイズ・センター駅だ。2、3、4、5、B、D、N、Q、R、W線(急行と各駅停車)が止まるので、マンハッタン方面からはかなり簡単に行ける。駅には複数の出入口があり、その内の1つはバークレイズ・センターの真正面に繋がっている。駅構内の案内に沿って進めばたどり着けるはずだ。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

A-Z Guide | Barclays Center
Barclays Center management is dedicated to providing an exciting and memorable guest experience while ensuring the safety and security of all guests. The follow...

グッズ

チームストア: SWAG SHOP

基本情報

名称: SWAG STORE
営業: 月~木(10:00~19:00)土日(10:00~20:00)
HP: https://netsstore.com/

バークレイズ・センターにはブルックリン・ネッツのオフィシャルチームストアがある。アリーナ開場までは当日のチケットを持っていなくても入店可能だ。さらに、バークレイズ・センターの目の前のスポーツ用品店Modell’s Sporting Goodsでもネッツのグッズがある。オフィシャルストアには無いグッズ(古いモデル等)やセール品が置いてある可能性が大いにあるので行って損は無い。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

NBAストア

基本情報

名称: Life Time Athletic at Sky
営業時間: 10:00~20:00
住所: 545 5th Ave, New York, NY 10017
HP: https://www.nbastore.jp/stores/nba/ja

NBAストアはマンハッタンの中心にある。付近には42 St – Bryant StationやGrand Centaral – 42 St Stationがあるため、ほとんどどすべての地下鉄ラインでアクセスできる。


品揃えはスウィングマンジャージー、Tシャツ、キャップ、日用品(コップやペンなど)といった定番アイテムは全チームの物が置いてあるが、過度な期待は禁物だ。Tシャツは各チームの人気の選手しかない。例えば、ナゲッツであればおそらくヨキッチしかない。加えて、人気チームと不人気チームで露骨に品揃えに差があるので、ホーネッツやキングスファンなどはここには期待せずに現地のチームストアに足を運ぶしかない。


だから、正直に言えば、アパレルは新宿のSELECTIONの方が品揃えは良いかもしれない。


ただ、スウィングマンジャージーはチーム、番号、首元の名前を好きにカスタマイズして作ることができるので、どんな選手のジャージーも手に入れることができる。

NBAストアでは定期的に選手のサイン会などを行っている。もしかしたら旅程とそういったイベントが重なる可能性もあるので、NBAストアのHPやSNSをフォローすることをお勧めする。

まとめ

ケビン・デュラントでは無くネッツを見たいのであればデュラント欠場中に行くのが良い。

関連記事

ボスウォッシュエリア

NBA

現地観戦観の記事

参考

BROOKLYN NETS ACQUIRE 10-TIME ALL-STAR AND TWO-TIME NBA CHAMPION KEVIN DURANT(NBA.com)
BROOKLYN NETS SIGN SIX-TIME ALL-STAR AND NBA CHAMPION KYRIE IRVING(NBA.com)
When Kevin Durant Could Potentially Return From His Achilles Injury(THE SPUN)

ダイハードオタク話(有料)

更新情報

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました