【NBA】ポートランド・トレイルブレイザーズ

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はポートランド・トレイルブレイザーズの現地観戦について紹介する。

ポートランド・トレイルブレイザーズ

魅力1: コスパが良い(今のところは)

シーズン平均価格(順位)NBA平均ホーム満席率(順位)
18-19?$89100.3%(4位)
17-18$75(18位)$7099.8%(10位)
16-17$56(19位)?99.4%(同12位)
15-16$49(20位)$7899.6%(13位)

現地観戦の視点から見たブレイザーズの魅力はコスパが良いことだ。まず、チームの強さとスタープレーヤー(人気選手)の数に対してのチケット代が安い。デイミアン・リラード、CJ・マカラム、カーメロ・アンソニーが在籍しているにもかかわらず、Barry’s Ticketによれば、ブレイザーズ戦(ホーム&アウェイ)の平均チケット価格はNBAの平均価格をやや下回る位だ。そして、日本に近いポートランドは移動時間と航空券代も節約できる。だから、現地観戦トータルで見てもコスト(費用や時間)が低い。


しかし、今後、チケットは高くなるかもしれない。ESPNによれば、ブレイザーズはホームでは100%超え、アウェイでも全体7位と人気がじわじわ出てきている。明確な理由は不明だが、デイミアン・リラードが世間一般に認知されるようになったため、普段あまりバスケを見ない人でも「リラードが来るから試合に行くか」となっているのかもしれない。故に、チケットは試合直前が最も安くなるのだが、早めにチケットを購入しておいた方が良いと思われる。

魅力2: ボールキャリー

ブレイザーズはゲームボールを300レベル(3階席)からコートまでファンのバケツリレーで運ぶ伝統がある。俺が実際に行った試合では画像の左下の「305→206→105」といったルートを辿っていた。毎回、このエリアで行われるかは不明だが、このゲームボールデリバリーの参加を狙った座席選びは1つの選択肢としてアリだと思う。ちなみに、この伝統はファンがコートのボールラックに置いてあったボールをパスして上位階まで持っていってしまった出来事から始まったとのことである。

魅力3: アベンジャーズ感

ブレイザーズはリスクのある選手を集めてチームを作っている。御払い箱となっていたハッサン・ホワイトサイドをマイアミ・ヒートから引き取り、エゴの強さ故に腫れもの扱いされていたカーメロと契約し、ドラフトではカレッジに行かず評価不能となっていたアンフェニー・シモンズとUNC在学中に評価をガクッと落としたナシーア・リトルを指名した。ブレイザーズはまさにNBAのアベンジャーズだ。

基本情報

モダ・センター

基本情報

名称: Moda Center
住所: 1 N Center Ct St, Portland, OR 97227
詳細: https://rosequarter.com/
ルール: https://rosequarter.com/plan-your-visit/guest-services/

​モダ・センターへは路面電車を使って行くことができる。モダ・センターの目の前にはポートランド空港ともダウンタウンとも繋がっている路面電車のローズ・クオーターTCマックス駅がある。

チームストア

基本情報

名称: RIP CITY CLOTHING CO.
営業: 火~土(11:00~16:00)+ゲームデイ
住所: 1 N Center Ct St, Portland, OR 97227
HP: https://www.nba.com/blazers/ripcityclothing

モダ・センターにはブレイザーズのチームストアが併設されている。チームストアは試合の無い日も営業しているので、オフシーズンでもグッズを購入することができる。


しかし、実は2018年12月にブレイザーズの試合を観戦してきた際、非常に残念なことにスウィングマンジャージーもTシャツもリラードとマカラムのしか売っていなかった。スウィングマンジャージーであれば、その場で好きな名前と番号で作ることができるが、Tシャツは作れない。だから、物販に関しては過度な期待は禁物だ。

サブストアと出店

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物

・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール

・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

Guest Services - Rose Quarter

まとめ

ブレイザーズはコスパは良い。が、グッズの種類が少ないのが残念だ。

合わせて行きたい: カスカディアエリア

現地観戦観の記事

参考

How much are tickets to a Portland Trail Blazers game?(barrystickets.com)
NBA Attendance Report – 2019(ESPN)
How much are NBA ticket prices 2018-2019 season?(barrystickets.com)
Which NBA Teams Offer the Most Affordable Home Games?(nerdwallet.com)
Portland Trail Blazer fans in a league of their own(thestar.com)
The Portland Trail Blazers Moda Center Experience(oregonsportsnews.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました