【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroがバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

現在、上記のコンサートの中でNCAA関連の記事ばかりが支持を得ていて、なお且つどうやら俺達自身もカレッジフープスだけに執心している奴らだと思われているようだが、全ての記事は「現地でバスケを体験する」という最終的な楽しみ方の啓蒙活動の一環に過ぎない。


そして、無論、俺達はNBAについてもちゃんと紹介している。

と言うことで、今回はNBAサマーリーグについてだ。

NBAサマーリーグ

NBAサマーリーグは7月(2021年は変則的に8月)に数日間に渡って開催される若手とフリーエージェント選手の品評会だ。会場にはバスケ界の多くの関係者(GM、スカウト、プロモーター、代理人etc)が集まっている。


開催のきっかけはティム・グーグリッチ(Tim Grgurich)のサマーキャンプだ。1990年代前半、現在の会場でもあるネバダ大学ラスベガス校(UNLV)のACだったグーグリッチはラスベガスでサマーキャンプを開始した。最初の数年の参加者はエリック・スノウ以外はUNLV選手、若いコーチ、時に道端でスカウトした若者(審議は不明)だったが、次第にNBA界隈で評判が広まり、遂にはNBAオールスターが10人以上参加する一大イベントとなった。その後、クリニックは「NBAキャリア4年以下の選手向け」「若手コーチが手伝いに参加」「8月開催」が恒例となり、現在のサマーリーグの原型が完成した。


一方、実際の開催にこぎ着けるまでには時間が掛かった。当時、実はボストン、オーランド、ソルトレークシティ、ロサンゼルスでもプロ選手だけのサマーリーグが開催されていた。しかも、多くの関係者が誘惑とトラブルの多いラスベガスに難色を示していた。つまり、各球団はわざわざリスクを冒してまで遠路はるばるチームをラスベガスに送り出す必要を感じていなかったのだ。


しかし、その最中に幸運が舞い込んだ。2004年、ボストンのリーブック・プロ・サマーリーグは民主党全国大会と被ってしまったがために開催を断念せざるを得なくなったのだ。さらに、オーランド・マジックもルーキーのドワイト・ハワードにさらなる経験を積ませたい思惑でラスベガスリーグへの参加に乗り気だった。その結果、フェニックス・サンズ、デンバー・ナゲッツ、ボストン・セルティックス、クリーブランド・キャバリアーズ、ワシントン・ウィザーズ、オーランド・マジックの6チームで第1回大会が開催された。


その後、ラスベガスのサマーリーグは他リーグを吸収して巨大化した。リーボック・プロ・サマーリーグは再び開催されることはなかった。2006年にサマー・プロ・リーグ(ロサンゼルスエリア開催)からNBAチームの参加が途絶え、2008年にはロッキー・マウンテン・レビュー(ソルトレークシティ開催)も長い歴史に幕を閉じ、2017年にオーランド・マジックのサマーリーグも終わりを告げた。


そして、2018年からは全球団がラスベガスに集結するようになった。加えて、Gリーグのオールスターチーム、中国代表、クロアチア代表が参加することもある。さらには2015年にはラスベガスに先駆けてソルトレークシティでもユタ・ジャズ主催のサマーリーグが開催されている。

夏のラスベガスのジムでは至る所でプロ志望選手達のワークアウトやショーケースが行われている。加えて、UNLVはサマーリーグ終了直後にはそのままアメリカ代表のトレーニングキャンプ場になるのが恒例だ。

現地観戦

アリーナ: トーマス&マック・センター

基本情報

名称: Thomas & Mack Center/Cox Pavilion
住所: 4505 S Maryland Pkwy, Las Vegas, NV 89154

会場はネバダ大学ラスベガス校のトーマス&マック・センターとコンコースで繋がっているコックス・パビリオンだ。マカラン国際空港、ダウンタウン、ストリップエリアからローカルバスでアクセスが可能である。

チケット

  • 自由席(一部指定席)
  • 会場購入がオススメ

チケットは一部の指定席を除いては全て自由席だ。好きなタイミングで両試合を往来することができる。会場外へ出るのも再入場も自由だ。


チケットは初日~3日目が最も人気だが、それ以降は徐々に減少する傾向にある。理由は目玉のルーキー達が往々にして最初の2、3試合しか出場しないからだ。日程の後半はNBA以外のリーグでプレーしている中堅達や2巡目/ドラフト外のルーキー達の出場が中心になる。


加えて、試合は朝から夜まで1日中行われているが、現地時間で夕方以降の試合は客がかなり少なくなる。


購入はオンラインでも可能だが、デイパスで自由席という特性上、会場のチケット売り場での購入でも問題無い。ちなみに、会場購入は手数料や送料が無いので約$10程度の節約になる。

各種支払いをマイルが貯まるクレジットカードに寄せるのが俄然オススメだ。もし仮に毎年1度の現地観戦と普段の支払いをクレジットカードに寄せた場合、年間で2~2.5万マイル(1マイル=1円)は得になる。内訳は日本とアメリカの往復移動距離1~1.5万マイルと年間のクレジット利用額の1万(200円=1マイル)マイルだ。旅費2.5万円はNBAチケット、グッズ、高級ホテル宿泊、レンタカー代に充てる事が出来る。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

グッズ

グッズはTシャツがコンコースで売られている。

サイン

サイン会

まず各試合の終了ごとに1~2名ずつの選手のサイン会が行われる。上記の写真はタッコ・フォールのサイン会の様子なのだが、普通の選手の場合はこれ程の長蛇の列になることはなく、10~15分も待たずに自分の番になる。

コンコース

次に、コンコースも選手や元選手との交流のチャンスが眠っている。サマーリーグには本契約下の選手、コーチ、フロント、解説者等NBA関係者が一堂に会する場だ。だから、全員がファン対応に応じてくれる訳では無いが、運が良ければサインや写真をゲットも可能な状況にはなっている。

選手退場時

加えて、普通の試合のように試合直後の選手退場時に一部の選手はトンネル(コートとロッカールームを繋ぐ出入口)付近でファン対応をしてくれる。

まとめ

  • 概要: 選手達のアピールの場
  • チケット: 会場で購入でOK
  • サインが貰いやすい

NBAサマーリーグは祭り的な要素が強く、開催中は至る所でNBA関係者に遭遇し、サイン会もあるので、”ファン”にはオススメだ。

各種支払いをマイルが貯まるクレジットカードに寄せるのが俄然オススメだ。もし仮に毎年1度の現地観戦と普段の支払いをクレジットカードに寄せた場合、年間で2~2.5万マイル(1マイル=1円)は得になる。内訳は日本とアメリカの往復移動距離1~1.5万マイルと年間のクレジット利用額の1万(200円=1マイル)マイルだ。旅費2.5万円はNBAチケット、グッズ、高級ホテル宿泊、レンタカー代に充てる事が出来る。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

関連記事

カリフォルニアエリア

NBA

イースタンカンファレンス
アトランティックサウスウェストセントラル
ボストン
セルティックス
ワシントン
ウィザーズ
シカゴ・ブルズ
ブルックリン
ネッツ
シャーロット
ホーネッツ
ミルウォーキー
バックス
ニューヨーク
ニックス
アトランタ
ホークス
インディアナ
ペイサーズ
フィラデルフィア
セブンティーシクサーズ
オーランド
マジック
クリーブランド
キャバリアーズ
トロント
ラプターズ
マイアミヒートデトロイト
ピストンズ
ウェスタンカンファレンス
ノースウェストサウスウェストパシフィック
ダラス
マーベリックス
ポートランド
トレイルブレイザーズ
ロサンゼルス
レイカーズ
ヒューストン
ロケッツ
ミネソタ
ティンバーウルブス
ロサンゼルス
クリッパーズ
メンフィス
グリズリーズ
オクラホマシティー
サンダー
フェニックス
サンズ
ニューオーリンズ
ペリカンズ
ユタ・ジャズサクラメント
キングス
サンアントニオ
スパーズ
デンバー・ナゲッツゴールデンステイト
ウォリアーズ
NBAサマーリーグ
【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)
NBAサマーリーグの現地観戦について紹介&解説!!

夏に行ける

現地観戦術

参考

Ex-UNLV aide Tim Grgurich undergoes heart surgery(reviewjournal.com)
The ‘Yoda’ of the NBA(theathletic.com)
How NBA’s inaugural Vegas Summer League was kick-started by the Democratic National Convention(usatoday.com)
Whatever Happened To The LB Summer Pro League?(web.archive.org)
Utah’s Rocky Mountain Revue NBA summer league may return(usatoday.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました