【現地観戦術】NBAチケットを安く買うための5つのコツ

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

今回、俺達はNBAのチケットを安く購入するための基本的な方法を5つ紹介する。

概要: チケット購入戦略

最も大事なのは最終目標が「自分の願望に合致」&「妥当な値段(相場と同程度/予算内)」のチケット獲得であることを忘れないことだ。


NBAのレギュラーシーズン(コロナ前)のチケットの相場は「300レベル前列(=ちょうどモニター越しで試合を観る感じの座席)」と「100レベルのゴール裏の中列」が$100程度となっている。無論、チケットの価格は両エリアからコートに遠ければ遠い程、安くなり、逆に近づけば近づく程、高くなる。これを基準にチケットが適正価格かを見極める。


一方、チケット価格はダイナミックプライシングと呼ばれる需要に応じて価格が常に変動する仕組みとなっている。ざっくり言えば、価格は「試合の人気」と「シートの人気」で決まる。まず、試合の人気が高ければ高い程、チケット価格は上昇し、人気が低ければ低い程、チケットの価格は下がる。次に、先述した通り、チケットの価格はコートの距離でおおよそが決まるのが、加えて「お一人様チケット」や「試合開始直前」といった買い手が現れなさそうなチケットは格安で出回り、逆に選手と触れ合える可能性が高いトンネル付近は高くなるといった特徴もある。


そして、こういった事情を理解した上で自分が満足できそうなチケットを購入するのがチケットの購入戦略だ。

ちなみに、個人的には「試合の見やすさ」よりも「コートの近さ」を優先することがオススメだ。理由は現地観戦は試合ではなく選手を見に行くものだからである。つまり、上の例で言えば「300レベル前列横」よりも「100レベルゴール裏」の方が良い。

チケットの基礎知識

新品とリセールチケット

近年、各球団はチケットサイトと手を組んでチケット市場をコントロールしている。


言うまでも無いが、一般的に市場には新品チケットとリセールチケットの二種類が出回っている。新品チケットは各球団から直売されているチケットである。一方、リセールチケットはブローカー(転売屋)、シーズンチケットホルダー、一般のチケット保有者から売りに出されている転売チケットだ。


そして、新品チケットが出回っている市場はプライマリーマーケットと呼ばれ、一方でリセールチケット市場はセカンダリーマーケットと呼ばれている。


日本の場合、プライマリーマーケットとセカンダリーマーケットが分離している。具体的に言えば、コンサートのチケットの場合、新品のチケットはチケットぴあや公式サイトから購入し、一度買ったチケットを売る、あるいは誰かが一度購入したチケットを購入する場合はメルカリやヤフオクを利用しなければならない。つまり、新品と中古チケットの場合でプラットフォーム、相場、購入者層が異なる。


しかし、アメリカの場合、新品もリセールチケットも同じプラットフォームで売買されている。各球団はチケットサイト(Ticketmaster、StubHub、AXS、SeatGeek等)と提携し、新品チケット、ブローカーの転売チケット、シーズンチケット所有者のバラ売りチケット、急遽行けなくなった人の中古チケットが全て同じ画面上で売られるように仕向けている。


そして、各球団はチケットの値段の主導権を握っている。例えば、コートサイドのチケットが$1,000で転売されている場合、球団側はそこに近い席を$600に調整し、転売屋の不当な価格の吊り上げを防いでいる。つまり、新品もリセールも極めて妥当な値段で取引されている

チケットの値段: ダイナミックプライシング+諸費用

ダイナミックプライシング

チケットの値段にはダイナミックプライシングが採用されている。ダイナミックプライシングとは需要に応じて都度値段が変更される仕組みのことだ。

諸費用(手数料や送料)

もしチケットサイトでチケットを購入した場合、取引手数料や送料が上乗せされる。しかも、取引手数料はチケットサイトにも依るが、チケットの価格の30%程度に及ぶ場合もあるので、結構馬鹿にならない。一方、送料はオンラインチケットでも発生する。

購入方法

チケットサイト

主なチケットサイト

  • Ticketmaster: 最大手&NBAの多くの球団と提携
  • StubHub: シクサーズと提携&日本語サイト有
  • AXS: ウルブスとクリッパーズと提携
  • Seat Geek: ペリカンズとキャブスと提携
  • VIVIDSEATS: クリッパーズとESPNと提携

※クリッパーズは2社と提携中

最も一般的なのはチケットサイトで購入する方法だ。先述した通り、各球団はいずれかのチケットサイトと提携しているため、各球団の公式サイトや公式アプリからチケットを購入する場合でも結局は提携するチケットサイトに飛ぶことになる。主要サイトは上記の通りだが、安さと使いやすさの点からまず最初にチェックするのはTicketmasterだ。ちなみに、チケットマスターは日本語のサイトがないが、ワシントン・ウィザーズのチケットだけは日本語で書かれている。

上記の有名所以外にもチケットサイトは無数に存在するが、実はそのほとんどがブローカー(転売屋)が運営しているサイトだ。ブローカーが自ら大量に買い付けたチケットを相場よりも若干高い値段と手数料を上乗せして売っている。ちなみに、スタブハブやシートギークは今でこそNBA直販のチケットも取り扱っているが、元々はこういったブローカーのサイトだった。

チケット売り場(アリーナ)

アリーナのチケット売り場で直接購入するという方法もある。アリーナで直接購入すると手数料と送料が掛からない or 低いので、その分だけチケットを安く購入できる。

旅行代理店

加えて、チケットの購入を旅行代理店に依頼するという手もある。但し、基本的には割高なのでオススメはしない。唯一利用する機会があるとすれば、どうしても手に入れられないチケットがある場合だ。

ECサイト

実はECサイト(ebayCraigslist)でもリセールチケットの購入が可能だ。ECサイトの場合、買い手は売り手に交渉することができるため、相場よりも安い値段でチケットを購入することができる可能性があるが、一方で偽物や詐欺に遭遇するリスクもあるので、上級者向けである。

座席: 全席指定

NBAのレギュラーシーズンとプレーオフのチケットは基本的には全席指定だ。NBAサマーリーグは一部の指定席以外は自由席となっている。

アメリカの転売防止策

アメリカの転売防止策
  • 政府
    BOTS法: ソフトウェアを用いたチケットの大量購入禁止

  • ブローカー業や転売行為の制限
  • リーグや球団
    「大量購入&売買」をIPアドレスから特定して購入阻止
    チケット自体が転売不可能

現在、政府、州、リーグ、球団と各階層で転売防止策が講じられている。その結果、NBAのレギュラーシーズンのゲームのほとんどは極めて妥当な値段で市場に出回っている。

チケット媒体: 入場方法

Eチケット(スマホ表示型)

最も主流なのがスマホにバーコードで表示されるチケットだ。特に最近では各チケットサイトや各球団のアプリからチケットを表示するタイプが増加している。

Eチケット(プリントアウト型)

次に多いのが自宅でプリントアウトするタイプのEチケットだ。このタイプのチケットは購入後にチケットサイトのマイページにログインするか、あるいは送られてきたEメールからチケットをダウンロードしてプリントアウトする必要がある。但し、現在は自宅にパソコンが無い(=プリンターも無い)人も多いため2010年代後半からは廃れてきている。

紙チケット

そして、紙チケットは引き続き存在はしているが、コロナ感染防止として物理的な接触を回避するためにNBAでは廃止の流れになっている。チケットサイトでも未だに紙チケットも取り扱っているが、紙チケットを日本に発送してくれるチケットホルダーは見かけたことがない。

2020年8月、FLASH SEATSはAXS社に取り込まれてサービスを終了した。FLASH SEATSはチケット購入時に使用したクレジットカードがチケット代わりになる仕組みだったのだが、使い勝手がかなり悪かった。

人気サイト

チケットマスター(Ticketmaster)

  • 優先順位: 1位
  • チケット価格: 良心的
  • 手数料: 普通
  • チケット充実度: 高い
  • 探しやすさ:最も探しやすい
  • 公式: 約20チーム(NBA)

チケットマスターはキング・オブ・チケットサイトだ。


チケットマスターは1978年の設立から常にイベント主催者側に寄り添ってきた歴史がある。2000年代に北米四大リーグがチケットの転売に悩まされていた際、チケットマスターは彼らと協同で転売市場を潰しにかかったのだ。現在、大手のチケットサイトでは新品と中古のチケットが同じ画面上で売られているが、これはチケットマスターと四大リーグの努力の結果に他ならない。チケットマスターはほぼすべてのNBAチームの公式プロバイダーとなっている。


しかも、チケットマスターはユーザー側から見てもベストサイトである。座席を探すのが最も簡単だ。手数料も良心的である。だから、多くの買い手がチケットマスターに集まり、それによってチケットホルダーもチケットマスターでチケットを売りに出そうとする。その結果、チケットマスターは最も良心的な価格のチケットが出回るプラットフォームとなっている。


つまり、チケットマスターはNBAのチケットを探す際に最初にチェックすべきサイトだ。

スタブハブ(StubHub)

  • 優先順位: 2位
  • チケット価格: 良心的
  • 手数料:チケット価格に比例
  • チケット充実度: 高い
  • 探しやすさ: やや悪い
  • 公式: フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ

スタブハブはチケットマスターと双璧をなすサイトだ。


同社は2000年にエリック・ベイカーによって設立された後、MLBを中心にシェアを拡大し、2007年にECサイト最大手のeBayに買収されたのだが、2019年、スタブハブはベイカーに買い戻される形でヨーロッパのチケット市場で成功を収めているビアゴーゴー(viagogo)に買収されている。今後、スタブハブがビアゴーゴーに吸収される可能性も否めないが、今のところは以前と同じ状態で運営されている。


バスケのチケットに関して言えば、スタブハブは5年以上前は探しにくい&割高で「誰が使うんだ?」状態だったが、2016年にフィラデルフィア・セブンティーシクサーズの公式プロバイダー契約を結んだ前後からはお買い得なチケットが格段に増加し、今ではチケットマスターと遜色がない程度の良心的なチケットが売られているため、利用頻度は格段に上がった。但し、チケットの探しやすさはチケットマスターには及ばない。


ちなみに、スタブハブの場合は取引手数料はチケット価格に比例する。つまり、チケットが安ければ安い程、手数料も低くなる。だから、専らスタブハブは安いチケットを探すのにオススメだ。

シートギーク(SeatGeek)

  • 優先順位: 3位以降
  • 価格: 割高
  • チケット充実度: 普通
  • 探しやすさ: 微妙
  • 公式: ニューオーリンズ・ペリカンズ&クリーブランド・キャバリアーズ

シートギークは新進気鋭のチケットサイトだ。


シートギークは2009年に誕生し、2013年にチケットの検索エンジンだったFanSnapを吸収した後、2016年にメジャーリーグサッカーの公式プロバイダーとなった。2018年、同社は遂にニューオーリンズ・ペリカンズと公式プロバイダーとなってNBA進出を果たし、2020年にクリーブランド・キャバリアーズの公式プロバイダーにもなった。


バスケのチケットに関して言えば、シートギークも数年前までは使う理由がなかったが、近年はニューオーリンズ・ペリカンズとクリーブランド・キャバリアーズの公式チケットプロバイダーになったことから、両チームのチケットを探す際は利用することになる。


そして、もしシートギークがスタブハブと同様にまともなチケットを扱うようになれば、近い将来は他球団の試合の際にも利用する機会が来るかもしれないが、現在は使いやすさとラインナップから専らペリカンズとキャブスの試合以外で利用する機会はない

AXS

  • 公式プロバイダー
    ロサンゼルス・クリッパーズ
    ミネソタ・ティンバーウルブス

AXSは音楽シーンでは有名なチケットサイトだ。


実はアメリカのスポーツや音楽のイベント市場はライブネイション社(業界1位)とAEG社(業界2位)の二強構造になっているのだが、ライブネイション社が保有しているのがチケットマスターであり、AXSはAEGがライブネイション社への対抗手段として2019年に買収された”対チケットマスター砲”だ。2020年、AEGはさらなるチケットサイトの強化としてミネソタ・ティンバーウルブスやクリーブランド・キャバリアーズと提携していたFLASH SEATSを取り込んだ。


現時点ではクリッパーズとウルブスのチケット購入時以外での利用機会は少ないだろうが、AEG社とライブネイション社の競争の中でAXSが良質なチケットを取り扱い始める可能性も考えられるため、チェックする価値は十分にある。

ビビッドシーツ(Vivid Seats)

  • ロサンゼルス・クリッパーズの公式プロバイダー
    (LACはAXSとも公式プロバイダー契約)
  • ESPNと提携

ビビッドシーツはNBAのチケットに関して言えば「一応はチェックする」程度のサイトだ。


最大の強みはESPNとの提携だ。ESPNからチケットを探す場合はビビッドシーツに飛ぶ仕様になっている。一方、同社は一応はロサンゼルス・クリッパーズの公式プロバイダーになっているが、クリッパーズのサイトからチケットを購入する場合、同じく公式プロバイダーのAXS社に飛ぶ仕様になっているため、ビビッドシーツの立場は良くない。


現在は専らLAクリッパーズを除けばチケットマスターとスタブハブにチケットが無い場合にチェックするといった立ち位置だ。ちなみに、ビビッドシーツはカレッジバスケのチケット探しには結構良い。

その他: ニッチなサイト

Gametime
Last-Minute Sports, Music & Shows Tickets | Gametime
Get the cheapest tickets to the most popular events in sports, music, and theater in 60+ cities, with seat view photos and the best prices – guaranteed!

ゲームタイムは試合開始後のチケットを格安で売っている。実は一部の人間は既に始まってしまったチケットはチケットサイトでは購入できなくなることがほとんどなのだが、アリーナのチケット売り場では格安でチケットを売っている場合もある。ゲームタイムはその既に始まってしまった試合のチケットを扱っているサイトだ。

suitehop
SuiteHop

スイートホップはスイートルームのチケットを専門に扱っている。

チケットを安く買う方法

チケット枚数: ソロチケット

ソロチケットなら高確率で破格の値段になっている。ソロチケットは3人組で1人が行けなくなったり、夫婦のシーズンチケットホルダーの片方が行けなくなった場合に出回る。アメリカでソロ観戦する人は非常に珍しく、ほぼ売れないため、ソロチケットは破格で売りに出される。

対戦相手: 不人気チームとの対戦

対戦相手があまり人気の無いチームの試合は安い。チケット価格は対戦相手によって大きく左右される。具体的には強さよりも人気がチケット価格に影響する。例えば、ロサンゼルス・レイカーズやシカゴ・ブルズは弱いシーズンでもチケットは高い。彼らのファンは全米中にいるからだ。一方、サクラメント・キングスやシャーロット・ホーネッツのような弱くてファンの少ないチームとの試合は安い。

場所: 会場

チケットを最も安く買える場所はアリーナのチケットオフィスだ。先述したサイトでチケット買う場合、手数料と送料で最低でも$10(約1100円)は掛かるのだが、会場のチケット売り場で買えば手数料も送料も取られない(or安い)のである。

時間: 試合直前

引用: techcrunch.com

リセールチケットは試合直前になれば値段が下がることが多い。もしそのチケットが売りさばけなければ、彼らの損失となってしまうため、試合直前に多くのチケットホルダー達は値段を落とし始めるからだ。


但し、需要が多いペアチケットは直前でも据え置き(むしろ高くなる)場合もあるので、どちらかと言えば、この方法はシングルチケットの場合のみ有効だ。


加えて、特性上、「試合直前までチケットを買わない」=「試合前の練習時に入場できない」というデメリットもある。往々にして選手と交流ができるのは試合前のシュートアラウンド時だ。だから、もし選手のサインや写真が欲しいのであれば、この方法は使えない。


但し、事前に安いチケットを購入してシュートアラウンド時に入場し、試合直前に破格になったチケットを再び購入するという方法もあるにはある。

時期

実はレギュラーシーズン終盤の3月や4月はチケットが安くなる。

セール/クーポン

主なセール
  • 新学期/レイバーデイ(8~9月)
  • 感謝祭(11月)
  • クリスマス(12月)

ブラックフライデーやサイバーマンデー中にチケットが安く売られている場合がある。但し、大きな期待は禁物だ。また、クーポンを利用するのも良い。クーポンはググれば見つかるはずだ。最近では各チームが専用のアプリをリリースしている場合もある。

まとめ

  • ソロチケット
  • 不人気カード
  • 会場
  • 試合直前
  • シーズン後半

上記5つがNBAのチケットを安く購入するための主な方法だ。

関連記事

現地観戦術

【必須】現地観戦に絶対に必要な物4点
パスポート、クレジットカード、航空券、渡航認証(ESTA/eTA)の取得方法について紹介!!
【現地観戦術】NBAチケットを安く買うための5つのコツ
NBAのチケットを安く購入するための基本的な方法を5つ紹介!!
【現地観戦術】NBA&NCAAグッズが買える店
NBAグッズが買える場所(公式ストア、ブティック、スポーツ用品店、ディスカウントストア、リサイクルショップetc)について紹介&解説!!
【現地観戦術】NBA選手のサインをゲットする方法
NBA選手からサインを貰う方法を紹介!!
【現地観戦術】「飛行機/鉄道/長距離バス/レンタカー」の賢い使い方(移動手段編)
今回は移動手段についてだ。概要: 移動手段戦略概要総所要時間7時間以上 or 長距離→飛行機総所要時間6~7時間→アムトラック>長距離バス>飛行機車以外では不可→レンタカー(最終手段)結...
【現地観戦術】「ホテル/モーテル/ホステル/民泊/野宿」の賢い選び方(宿泊編)
ホテルについて紹介&解説
【現地観戦術】「ポケットWi-Fi/海外SIM/データローミング/クラウドWi-Fi」の賢い選び方(インターネット環境)
旅行用のモバイルWi-Fi(レンタル)、データローミング、海外SIM、クラウドWi-Fiについて紹介!!
【現地観戦術】「現金/クレジットカード/デビットカード/電子決済」の賢い使い方(マネー編)
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!
【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: マイル編
マイルの基礎知識について紹介&解説

参考

Gametime lets you buy tickets for games and concerts that have already started(techcrunch.com)
Death for the Ticket Broker(si.com)
13 Places to Buy Cheap Discount Sports Tickets Online & Off(moneycrashers.com)
Secondary Ticket Marketplace Guide To US Ticket Resale Regulations(squirepattonboggs.com)
The death of the paper ticket for sporting events(axios.com)
OUR HISTORY(ticketmaster.com)
eBay、チケット売買サイトStubHubをviagogoに売却へ(japan.cnet.com)
With $2.2M In New Funding, SeatGeek Acquires And Shuts Down Ticketing Competitor FanSnap(techcrunch.com)
AEG Purchases All Outstanding Shares of AXS(aegworldwide.com)
Vivid Seats Named Official Ticketing Partner of the LA Clippers(nba.com)
Gametime lets you buy tickets for games and concerts that have already started(techcrunch.com)
How to Buy Sports Tickets(nytimes.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました