【現地観戦術】FLASH SEATSの使い方(※2020年8月サービス終了)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

と言うことで、今回はフラッシュシーツ(FLASH SEATS)と後釜AXS.comの使い方についてだ。

概要

2020年8月末、悪名高いフラッシュシーツ(FLASH SEATS)がサービス終了となった。


フラッシュシーツはクレジットカードやアプリがチケット代わりになる電子チケットの1つなのだが、日本の住所では会員登録ができない仕様だったため、現地観戦やライブ界隈では悪い意味で有名だった。


現在、親会社でAXS社のaxs.comがフラッシュシーツのサービスを引き継ぐ形になっている。フラッシュシーツ会員はフラッシュシーツのメールアドレスとパスワードでAXSの会員ページにログインが可能だ。その際、フラッシュシーツのチケットの移行も行われる。

AXS.com

2021年4月の時点ではaxs.comの会員登録(AXS Mobile ID)はメールアドレスのみで完了する。Facebookからの登録も可能だ。アプリも日本からでもダウンロードできる。


しかし、実際のチケット購入時にもしかしたらフラッシュシーツと同様にアメリカ住所が必要になる可能性もある。つまり、再び日本人が不便を被る可能性もゼロではない。


そして、もしフラッシュシーツと同様に日本の住所ではダメな場合、日本の住所をアメリカ風に変更してフラッシュシーツの会員登録を成功させる方法が通用するかもしれないので、その時は後述のフラッシュシーツの会員登録の方法を試してくれ。

フラッシュシーツ

  • フラッシュシーツ: クレカやスマホがチケット代わりになる電子チケット
  • 問題点: 日本住所では会員登録ができない
  • 解決策: アメリカ風住所で会員登録を行う

概要

フラッシュシーツは電子チケットシステムの1つだ。フラッシュシーツではチケットの情報がクレジットカード、専用アプリ、各球団のアプリ、ウォレットアプリに組み込まれて、実際の入場時にいずれかをゲートでかざして入場できる仕組みになっていた。


フラッシュシーツのチケットは紙チケットやEチケットと同様にチケットマスターやスタブハブといったチケット売買サイトで売られていた。NBAでフラッシュシーツを公式のチケットシステムとして採用していたのは数球団のみだが、他のチームでもフラッシュシーツで売られている場合があった。実際、俺が初めてフラッシュシーツに遭遇したのは2016-17のロサンゼルス・レイカーズ(フラッシュシートを公式採用していない)のホームゲームだった。


そして、フラッシュシーツは事前に会員登録が必要になるのだが、「日本の住所では会員登録ができない」という重大な問題があった。フラッシュシーツは、システムの関係なのか理由は不明だが、会員登録時の住所がアメリカの住所でなければエラーになってしまった。だから、入力フォームで日本の住所をアメリカ風に少し書き換える必要があったのだ。

会員登録: 日本の住所をアメリカ風にする方法

まず、会員登録はHPのトップにあるREGISTERから行える。


会員登録にはEメールアドレスと住所が必要だが、一方で会員登録時点ではクレジットカードは必要無い。クレジットカード情報が必要なのはチケット購入時だ。


そして、先述した通り、住所はアメリカの住所を打ち込まなければエラーがでてしまって会員登録を完了できない。だから、日本の住所の一部を少し変更してアメリカ風の住所を書かなければならない。上の画像は日本の住所をアメリカ風に書き換える方法だ。上記の箇所以外は正直に答えれば問題は無い。

購入

フラッシュシーツのチケットは紙チケットやEチケットと同様にチケットマスターやスタブハブといったチケット売買サイトで売られている。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

フラッシュシーツの使い方

フラッシュシーツのチケットの使い方は実際の入場時にチケットの支払いに使用したクレジットカード、専用アプリ、各球団のアプリ、ウォレットアプリをゲートでかざすだけである。

まとめ

  • 現在はサービス停止中
  • 後釜はaxs.com

現在、FLASH SEATSはサービスを終了し、axs.comが同様のサービスを引き継いだ。axs.comの会員登録はメールアドレスだけを必要としているため会員登録は可能だが、今後住所が必要になり、その際にFLASH SEATSと同様に日本の住所ではエラーが表示される可能性がある。

関連記事

現地観戦術

選手の愛用品

映像作品解説

【Netflix】「バスケがすべて(Basketball or Nothing)」解説
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「バスケが全て(Basketball or Nothing)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ無し)
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「ラスト・チャンス(バスケ編)」を解説!!

参考

Flash Seats is the Future of Ticketing Today.(flashseatsweb.us-prod0.axs.com)
What is Flash Seats? How Do I Use Flash Seats?(ticketpick.com)
FLASH SEATについて(bbs.arukikata.co.jp)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました