【NBA】ワシントン・ウィザーズ

うい。


「全米中のバスケを訪れる」が目標、乗り鉄的現地観戦愛好家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回は首都ワシントンD.C.に本拠地を構えるワシントン・ウィザーズについて紹介する。

ワシントン・ウィザーズ

魅力1: 八村塁選手加入!!

ウィザーズの見所は、他所で語りつくされているので、俺がわざわざ言うまでも無いが、もっぱら八村塁選手だ

魅力2: 都会なのに安い!!

チーム平均価格順位
ゴールデンステイト・ウォリアーズ$4631
ロサンゼルス・レイカーズ$4442
ニューヨーク・ニックス$2853
シカゴ・ブルズ$2514
ワシントン・ウィザーズ$13821
シャーロット・ホーネッツ$8930

ウィザーズは大都市のチームであるにも関わらずチケットが安い。概して都心の球団のチケットは地方の球団に比べて高いのだが、ticket iQによれば、ワシントン・ウィザーズの2018-19シーズン開始前の平均チケット価格は$138(約1万5000円)で10番目(全30球団中)に低かった。


チケット価格はおそらく2019-20シーズンでも変わらないはずだ。確かに八村塁選手の加入によって今までよりも多くの日本人がウィザーズ観戦に訪れるのは間違いない。だから、多少の値上げはあるかもしれない。


しかし、現時点において八村塁選手はザイオン・ウィリアムソンのように全米中でフィーバーを巻き起こすような人気があるわけではないし、毎試合日本から何千人ものファンがチケットを買い求める訳でもないので、年末年始等を除けばウィザーズのチケットは引き続きリーズナブルなまま推移するはずだ。


ちなみに、これはあくまで張本勲ばりの俺の印象論だが、ウィザーズは1万円弱で3階席前列のコートを横から見渡せる位置(放送で試合を見るような位置)が取れるので、ウィザーズのチケットはNBA全体の相場の15%程度安いイメージだ。

アリーナ

キャピタル・ワン・アリーナ

基本情報

名称: Capital One Arena
住所: 601 F St NW, Washington, DC 200004
詳細: https://capitalonearena.viewlift.com/articles/coa-a-to-z

​ウィザーズはダウンタウンの中心にあるキャピタル・ワン・アリーナをホームアリーナとして使用している。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

Capital One Arena A to Z
Everything you need to know about Capital One Arena

グッズ

チームストア

基本情報

名称: Team Store at Capital Arena
営業: 月~土(11:00~17:00)
HP: https://www.capitalonearena.com/articles/team-store

キャピタル・ワン・アリーナにはウィザーズのチームストアが併設されている。チームストアは試合の無い日も営業している。試合のある日は開始の2時間前から外からは入れなくなってしまうので注意が必要だ。その日の試合のチケットがあれば入場してアリーナ内から入店できる。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

ペンタゴン・シティー・モール

基本情報

名称: Fashion Centre at Pentagon City
住所: 1100 S Hayes St, Arlington, VA 22202
HP: https://www.simon.com/mall/fashion-centre-at-pentagon-city

​しかし、仮にチームストアが閉まっていてもウィザーズグッズはペンタゴン・シティー・モールで購入できる。このモール内にはHouse of Hoops付きのFoot LockerとChamps Sportsがあるからだ。チームストアと微妙にラインナップが異なるので、チームストアに無かった物がここで買える可能性もある。

Gリーグ: キャピタルシティー・ゴーゴー

基本情報

名称: Entertainment and Sports Arena
住所: 1100 Oak St SE, Washington, DC 20032
HP: https://capitalcity.gleague.nba.com/

キャピタルシティー・ゴーゴーはワシントン・ウィザーズ傘下のチームだ。Gリーグと呼ばれるNBAの下部組織のリーグでプレーしている。


ロスターはNBAを目指す若手が主だが、過去にNBAで活躍した認知度の高いベテラン選手もいる。NBAチームと契約下にあるもプレータイムが無いルーキーが経験を積むためにGリーグチームに送られることもある。


Gリーグの試合は午前中や昼間に行われることも多いため、同日中にNBAとGリーグの試合をダブルヘッダーで観戦することもできる。


チケットは当日試合会場で買うのが基本だ。(オンラインでは購入できない場所もある) 座席は自由席である場合が多い。ガラガラなので売り切れる心配は無い。

まとめ

ウィザーズの観戦は初心者にもオススメだ。ワシントンD.C.は観光地でもあるので、観光メインの現地観戦もできる。が、2019-20、八村塁選手目当てでウィザーズを観戦する日本人が想像以上に多かった。ウィザーズは人気が無かったためチケットが安かったが、この日本人の需要でチケット価格が多少なりとも上がるのは間違いないだろう。

関連記事

ボスウォッシュエリア

NBA

現地観戦観の記事

参考

WIZARDS TAKING PATIENT APPROACH TO JOHN WALL’S RETURN(slamonline.com)
2018-19 NBA Tickets: Warriors, Lakers, and Knicks Most Expensive On Secondary Market(ticket iq blog)

更新情報

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました