【NBA】ボストン・セルティックス

うい。


「全米中のバスケを訪れる」が目標、乗り鉄的現地観戦愛好家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回はNBAを黎明期から支えたボストン・セルティックスを紹介する。

ボストン・セルティックス

魅力1: ブラッド・スティーブンス

セルティックス最大の魅力はHCブラッド・スティーブンスだ。いつの時代も新しいスタンダードを作り上げるのは若き天才だと歴史は証明している。もし今後のNBAの道筋を予想したいのであれば、スティーブンスは間違いなく研究対象の1人である。

魅力2: 歴史

やはり無視できないのは歴史だ。NBAの歴史はセルツと共にあると言っても過言では無い。TDガーデンにはレッド・アワーバック&ビル・ラッセル時代、ラリー・バード時代、ビッグ3&ラジョン・ロンド時代の展示物が至る所にある。それらを楽しむためにもセルティックスのチーム史は勉強してから行った方が俺は良いと思う。

チケット

奮発すべし

セルティックスのチケットは奮発することがオススメだ。チープシートですらそこそこの値段がするからである。


ticketiq blogによれば、17-18シーズンのチケットの平均価格は$167だったが、18-19シーズンのチケットの平均価格は$234だ。確かにチケットの平均価格から分かることは少ない。チケット代は$10~1000以上までかなり幅がある。だから、コート近くの高額チケットだけがバブル的に急上昇のよって平均価格が吊り上げられているだけかもしれない。


しかし、俺独自の調査(と言うほど大それた物では無いが)でもチケット代は全体的に上昇していた。例えば、人気の無いホークス戦ですらNBA全体のチケット相場(独自調べ)の1.5倍位の値段で取引されており、また、チーペストシート(ゴール裏3階席後列)ですら$45(約5000円)以上だった。チーペストシートは$10以下で取引されているような席だ。$45はかなり高い。


ESPNによれば、17-18シーズンの満席率は100%で、18-19シーズンも100%だ。セルティクスは人気のあるチームなので、2010年代の強くなかった頃でも観客席は埋まっていたが、近年チームの期待が高まっているため、チケット需要が上がっているのだろう。


結論としてチケット代は高い。チーペストシートですらそこそこの値段がする。チーペストシートは現地観戦する意味が無いシートだ。選手は米粒にしか見えないので、試合も天井に吊るされているモニターで観戦することになる。これでは現地で観戦する意味は無い。


だから、チケットは奮発して、できるなら1階席中盤で観戦するほうが良いだろう。その方が満足度の高い体験になるはずだ。 それに、このチームはそのチケット代に見合う価値のあるチームだ。

アリーナ

アリーナ: TDガーデン

基本情報

名称: TD Garden
住所: 100 Legends Way, Boston, MA 02114
HP: https://www.tdgarden.com/policies

​セルティックスのホームアリーナのTDガーデンはダウンタウンにある。地下鉄のNorth Stationから徒歩1分程だ。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

TD Garden Policies | TD Garden
Learn more about TD Garden's policies, prohibited items, and guest code of conduct.

グッズ

チームストア

基本情報

名称: Boston ProShop
営業: 月~土(10:00~17:00)/日(10:00~17:00)
※ゲームデイの閉店時刻は試合終了後30分
HP: https://www.bostonproshop.com/

TDガーデンにはセルティックスとNHLブルーインズのチームストアが併設されている。チームストアは試合の無い日も営業しているので、オフシーズンでもグッズを購入することができる。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

サイン

サインを貰える場所
  1. 出待ち
    a. アリーナ出入口前
    b. アリーナ内練習時
    c. ホテル前
  2. イベント

出待ち

アリーナ出入口

選手にサインや写真を求める手段の1つが会場入り口での出待ちだ。多くの場合、試合当日の午前中~夕方にかけてホームもアウェイチームもアリーナ内で練習をする。その出入りを狙って出待ちが可能だ。アリーナにはいくつもの出入口があるが、選手やコーチが通る出入口にはほぼ必ず柵が立てられている。だから、もし出待ちをするべき出入口か分からなかったら、とりあえず柵が立てられている出入口で待つと良いだろう。柵では無く警備員や他のファンも目印になる。

試合前の練習時(試合のチケット必須)

もう1つの手段がアリーナ内での練習時だ。試合開始前のアリーナ内での練習時、何人かの選手はファンサービスも行ってくれる。基本的にアリーナは試合開始前の2~3時間前に開場するので、その日の試合のチケットを見せて開場時間と同時に入場する。断言はできないが、試合開始前の練習の見学はどこの座席のチケットでもフロアの近くまで降りることができるので、入場したらトンネル(関係者用通路)付近に行ってそこで陣取れば良い。この場合も柵、警備員、ファンが目印となる。

ホテル前

アウェイチームの選手達が宿泊するホテル前でもサインを貰うことができる。チーム御用達のホテルは基本的にはその街の最高級ホテルだ。ホテルの場合もアリーナ出入口と同様に警備員、ファン、柵が目印になる。

注意
  • 出待ちのルールは時と場合によって異なる。NBAで統一されたルールは無い。同じ会場でも「昨日はOKだったのに今日はダメ」なんてこともザラにある。警備員のさじ加減による場合が大きい。
  • 選手全員がファンに対応してくれるわけではない。ファン対応はチームによって異なるので、若手の仕事であったり、試合ごとにファン対応の当番が交代していたり、それはチームで異なるようだ。

イベント

地元のスーパーマーケットやスポーツ用品店では選手のサイン会がちょいちょい行われている。チームの公式アカウントやHPで告知している。出待ちと違って公式のイベントなので選手の応対もフレンドリーな場合が多い。

Boston Celtics | The Official Site of the Boston Celtics
The official site of the Boston Celtics. Includes news, scores, schedules, statistics, photos and video.

まとめ

セルティックスはチケットは高いがそれだけの価値はある。

関連記事

ボスウォッシュエリア

NBA

現地観戦観の記事

参考

Prices For Celtics Tickets Up 40% On Secondary Market Heading Into 2018-19 Season(ticketiQ.com)

更新情報

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました