【現地観戦】アメリカやカナダ旅行に絶対に必要な物

About US

※全て参考文献付き

B.I.B.T.(Bro Institute of Ball&Trip)は「より多くの人々に本場アメリカのバスケ(現地観戦、ピックアップゲーム、留学&etc)の楽しさを体験してもらう」を目標に北米のバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。主なコンテンツは上記の通りである。そして、今回の記事は現地観戦の具体的な方法についての内容になっている。もし同記事が何かしらの役に立てば幸いだ。

概要

  1. パスポート(各都道府県のパスポートセンター)
  2. クレジットカード
  3. 航空券
  4. 渡航認証(各種専用ページ)
    ESTA: アメリカの渡航認証
    eTA: カナダの渡航認証
  5. ワクチン接種証明書(各自治体)
  6. コロナ陰性証明書(医院)

アメリカやカナダに行く場合、「パスポート」「クレジットカード」「航空券」「渡航認証」は絶対に必要になる。また、コロナ以降はワクチン接種証明書と出発1日以内のコロナ陰性証明書が必要になる。一方、日本人は滞在期間が3カ月以内の場合はビザの取得は必要無い。

パスポート(3カ月以上前)

基本情報

必要な物取れる場所
本人確認書類
一般旅券発給申請書パスポートセンター/外務省ウェブサイト
戸籍謄本市役所/コンビニ
住民票市役所/コンビニ
証明写真パスポートセンター
手数料
5年: 11000円
10年: 16000円
パスポートセンター

パスポート(一般旅券)は身分証明証だ。種類は「5年用」と「10年用」の2種類ある。申請時に必要な物は「本人確認書類」「戸籍謄本」「住民票」「一般旅券発給申請書」「写真」だ。「手数料」は申請後のパスポートを受け取る際に支払う。そして、申請場所は自分が住民登録している都道府県のパスポート申請窓口(パスポートセンター)になる。注意してほしいのは自分が今現在住んでいる都道府県では無い点だ。例えば、現在、東京都で一人暮らしをしていても、住民票が実家のある千葉県のままになっている場合は千葉県のパスポートセンターに行かなければならない。

パスポートの申請から受領までの手順

ステップ1: 本人確認書類を手に入れる
本人確認書類
  • 1つでOK:「運転免許証」「マイナンバーカード」「住基カード」etc
  • いずれかの内2つ:「学生証」「保険証」「年金手帳」etc

まず最初にやるべきことは本人確認書類を手に入れることだ。本人確認書類は色々あるが、一般的には「運転免許証」「マイナンバーカード(通知カードはダメ)」「住民基本台帳カード」のいずれか1つを持っていれば問題は無い。「健康保険証」「国民年金手帳」「学生証」などから2つでも大丈夫だ。

ステップ2: 「戸籍謄本」と「住民票」を揃える

本人確認書類を手に入れたら次にやるべきは「戸籍謄本」と「住民票」の取得だ。もし「マイナンバーカード」や「住基カード」を持っているのであれば、両方共にコンビニで取ることができるが、もしどちらも持っていないのであれば、自分が住民登録している地域の役所に行く必要がある。

ステップ3: パスポートセンターにGO

そして、最後は自分が住民登録している都道府県のパスポートセンターに行くだけだ。「一般旅券発給申請書」は、事前にウェブサイトで作成することも可能だが、パスポート申請窓口に置いてある。「証明写真」も申請窓口に証明写真機が置いてあるので事前に撮影する必要は無い。

TOP | パスポート申請書ダウンロード | 外務省
ステップ4: 受け取る

申請から約1週間後、「受領書」と「申請料金」を持って再びパスポートセンターに出向いてパスポートを受け取る。

クレジットカード(3カ月以上前)

概要: 「後払い」ができるカード

簡潔に言えば、クレジットカードは「後払い」ができるカードだ。本来、クレジット(credit)とは「信用」という意味だが、クレジットカードは「この人は後で必ずお金を払う」というその人の社会的信用を担保としてクレジットカード会社がその人の代わりに買い物時の支払いを済ませてくれる仕組みになっている。そして、利用者は1ヶ月の利用分を「1回払い」「分割払い」「リボ払い」のいずれかの形で毎月請求額をクレジットカード会社に支払う。通常、引き落としは翌月だ。例えば、1月に総額10万円の買い物をした場合、翌2月に10万円が銀行口座から引き落とされる。

注意点

主な支払い方法
  • 1回払い(手数料無): 総額を1回で支払う方法
    例: 1月に10万円の航空券を1回払い→2月に10万円引き落とし
  • 分割払い: 支払いを2回以上に分ける方法
    例: 1月に10万円の航空券を2回払い→2月と3月に5万+手数料円ずつ引き落とし
  • リボ払い: 定額制の支払い
    例: 1月の総額10万円の支払いを毎月2万円のリボ払いにした場合、2月以降毎月2万円の引き落とし(未払い分に利息が付く)

詰まる所、注意点は「1回払い(手数料無し)」で支払える分しか利用しないことだけだ。クレジットカードは自分の支払い能力の範囲内で利用する分には「面倒な現金の持ち運びや取り出しの省略」「ポイントやマイルの還元」「その他の優待サービス」といった恩恵しかない。一方、 クレジットカードは「分割払い」「リボ払い」「キャッシング」を利用した場合は高い手数料や利息を利用者に請求する。つまり、クレジットカード会社は賢い利用者に与えた特典分を無理な支払いを行う利用者から回収している。そして、支払いが滞納した場合、数年間、個人信用情報機関のブラックリストに自分の名前が載ることになる。ブラックリストに名前が掲載されている場合、「クレジットカードの新規作成」「就職」「賃貸契約」「ローンや融資」等の審査に通らない可能性が高まる。

クレジットカードは加盟店からの手数料を取っている。例えば、書店で1000円の本の支払いにクレジットカードを利用した場合、書店は1000円の数%分の手数料をクレジットカード会社に支払っている。各社が競ってポイントや優待で利用者や利用頻度の増加を狙っているのもクレジットカードが使われれば使れた分だけ加盟店から手数料を得られるからである。

クレジットカードの選び方

  1. VISA or Mastercard
  2. マイル or ポイントが貯まる
ポイントの貯まりやすさ: 還元率1%以上がオススメ

まず、最も重要な点はポイントだ。クレジットカードを利用する理由は専らマイルやポイントでの還元に他ならない。具体的にはポイントやマイルの還元率1%が以上(100円→1ポイント/1マイル付与)のカードがオススメだ。例えば、現地観戦は4泊6日のロサンゼルス旅行でも往復航空券10万、宿泊(4泊)2万、チケット(3試合)3.5万、グッズ2.5万、食費2万、諸費1万円で最低20万円程は掛かる。そして、往々にして1Pや1Mは1円だ。だから、旅費を全てクレジットカードで支払った場合、2000円が返ってくる。2000円は食費2~3食分や土産代に充てられる。

ブランド: VISAとマスターカードで1枚ずつ
ブランド強み弱み
VISA・世界最大シェア(約50%)
・世界中で利用可
無し
Mastercard・世界第2位
・世界中で利用可
無し
JCB・日本産日本、韓国、東南アジア、ハワイ等でのみ利用可
American Express・ステータス
NBA全体+複数の球団と個別提携
・手数料が高い
・加盟店がやや少ない
ダイナースクラブ・ステータス・極一部の場所のみ利用可

次に、重要なのがブランド(決済会社)だ。クレジットカードはVISA、Mastercard、American Express、JCBの最低1社と契約している。申し込み者は申込時に1つブランドを選べる。結論、VISAとマスターカードで1枚ずつ作るのが良い。両者は加盟店が多い。一方、アメックスは旅行旅行者向けのサービスが豊富ではあるものの現地の庶民的な店では使えないことが多い。また、JCBは日本人が日本で使うためのカードであるため北米ではほとんど使えない。そして、ダイナースクラブは金持ち向けなので利用できる場所は限られる。

アメリカンエクスプレスは「NBA全体」と「複数の球団」とパートナーシップ契約を結んでいる。特に面白いのがジャージー交換だ。ジャージー交換はアメックス支払いで購入したジャージーの選手が購入1年以内に他球団に移籍や背番号変更を行った場合にジャージーを交換できるサービスである。

気にしなくてOKなこと
  • ランク
    ランクは「一般」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ/ブラック」といった会員の階級だ。通常、一般カードは年会費は無料~数千円程度だが、上位カードは年会費が上がるものの保険、高いポイント還元率、様々な優待、利用限度額の上昇等のさらなる特典が付与される。
  • 種類
    クレジットカードにはプロパーカードと提携カードの2種類が存在する。プロパーカードはVISAやマスターカードが直接発行しているカードだ。一方、提携カードは楽天カードのような企業とブランドが提携しているカードである。一般的にはプロパーカードを持っていることは一種のステータスとなっている。
  • 海外旅行保険
    クレジットカードには往々にして海外旅行保険が付帯している。海外旅行保険とは渡航先での怪我、病気、破損、盗難等の負担金をカバーする保険のことだ。補償の条件、範囲、限度額等はカードによって異なる。但し、アメリカは医療費が高いためクレジットカードの海外旅行保険で全てをカバーできるとは限らなず、結局、保険は保険で別個に契約する必要がある。
  • 海外ショッピング手数料
    実は海外でクレジットカードを使用した場合は1回払いでも事務手数料(1.6~2.5%程度)が発生する。

オススメのクレジットカード

楽天カード
基本情報
  • 年会費: 永年無料
  • ブランド: VISA、Mastercard、AMEX、JCB
  • ポイント還元率: 1%(100円につき1ポイント)
  • 海外ショッピング手数料: 1.60~2.00%
  • 海外旅行保険: 利用付帯
  • 入会特典: 数千ポイント付与

取り敢えず「楽天カード」は持っていて損はない。年会費は永年無料だ。つまり、急に年会費が有料になることはない。むしろ楽天カードはちょっとした利用でもポイントが貯まるため得が多い。何よりもポイント還元率が「通常の1%+ボーナスポイント」と非常に高い。また、楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルはもちろん、吉野家やマックなどの超ド定番の店でも貯まる。そして、何よりも入会特典で5000ポイント程度の付与がある。だから、楽天カードは必携のカードだ。

エポスカード
※2021年10月時点
基本情報
  • 年会費: 無料
  • ブランド: VISA
  • ポイント還元率: 0.5%(1P/200円)+主要サイトでは×数倍
  • 海外ショッピング手数料: 1.63%
  • 海外旅行保険: 自動付帯
  • 入会特典: 数千ポイント付与

エポスカードは海外旅行に必携のカードだ。理由は自動付帯の海外旅行保険である。一般的に年会費無料のカードはそもそも海外旅行保険が無いか、あるいは付帯に一定の条件が設けられているのだが、エポスカードは持っているだけで小規模の海外旅行保険に加入したことになる。また、ポイント還元率は通常は0.5%なのだが、主要サイトではポイント還元率がアップするため、特に大きな買い物になる旅行では大量のポイント還元が見込まれる。

航空券(2~3カ月前)

基礎知識

航空券は言わずもがな飛行機に乗るためのチケットだ。

航空券の種類

正規運賃航空券正規割引航空券格安航空券
運賃高いやや安い安い
予約変更××
経路変更××
航空会社の変更××
座席指定
マイル
出国&帰国日の変更
キャンセル料無し有り有り
購入場所航空会社航空会社/代理店代理店
正規運賃航空券(ノーマルチケット)

正規運賃航空券は航空会社から直接購入する航空券だ。正規運賃航空券は値段は張るが、一方で観光需要によって値段が上下することも無い。しかも、何よりも自由度が高い。例えば、オープンチケットと呼ばれる搭乗区間だけを指定(=搭乗便の予約はしない)航空券の場合、搭乗便の予約は発行日(購入日)から1年間の有効期間内のどのタイミングでもOKとなる。キャンセルでの払い戻しもある。

オープンチケット: 出国前に帰国日を決める必要がない航空券
フィクスチケット: 出国前に帰国日を確定(変更不可)させなければならない航空券
フィックス/オープンチケット: 出国前に帰国便の予約(変更可)を済ませていなければならない航空券

正規割引航空券(ペックス)

IATA PEX航空券は国際航空運送協会(IATA)が販売している正規割引航空券だ。値段は航路によって決まっている。故に、航空会社が変わっても値段は変わらない。一方、ZONE PEX航空券は各航空会社が割引を行っている割引航空券だ。ゾーンペックスはIATAペックスよりも安く、最近では格安航空券やLCCと大差の無い価格になっている。日本の航空会社の「早割」もこの類だ。

ペックス(PEX)は特別回遊運賃(Special Excursion Fare)の略である。

格安航空券

格安航空券は航空会社が旅行代理店に卸していたチケットの余りだ。航空会社は可能な限り席を埋めるために旅行代理店に団体旅行用に航空券を安く卸してるのだが、団体旅行が毎回定員数に達する訳ではないため、旅行代理店は余りを個人客向けにばら売りしている。そして、格安航空券は団体旅行用の航空券だったが故に日時の融通が限られている。また、「座席の指定ができない」といった些細なデメリットも存在する。

航空券の探し方

もしマイルを貯めている航空会社が無い or 最初から格安航空券狙いの場合、航空券探しはグーグルフライトがオススメだ。同サイトは何と言っても最初に検索した日程に近い日の代金を表示する機能が良い。例えば、上記の画像の場合、日程を「往12/24復1/2」→「往12/25復1/1」に変更することで5万円以上の節約が可能になる。また、グーグルトラベルは市場に出回っている全ての航空券を載せている訳ではないものの、ほとんどの場合で一応は納得できる航空券が出てくる。

渡航認証(出発の72時間前まで)

  • 渡航認証: ○○国行きの飛行機の搭乗許可
  • ESTA: アメリカの渡航認証
  • eTA: カナダの渡航認証
  • 有料
  • クレジットカード必須
  • 期限: 出国72時間前まで

概要

渡航認証とは○○国への渡航を許可する証だ。要するに、渡航認証がなければ○○国行きの飛行機に乗れない。 但し、渡航認証はあくまで渡航の許可であって入国の許可ではない。入国審査は現地の空港で別途行われる。つまり、渡航認証取得は100%入国できるという意味ではない。

ESTA(エスタ): アメリカへの渡航認証

  • 対象者: 90日以内の滞在予定者
  • 申し込み方法: 特設ウェブページ
  • 申し込み期限: 渡航72時間前
  • 費用: $14(約1500円)
  • 支払方法: クレジットカード
  • 有効期限: 2年間

ESTA(電子渡航認証システム)はアメリカの渡航認証だ。申請はESTAの申請サイトでできる。期限は渡航の72時間前までとされている。費用は$14が必要になる。その際、支払いにはクレジットカードも必要だ。有効期間は2年間と定められている。つまり、一度ESTAを取得すれば向こう2年間は毎回ESTAを申請の必要が無い。

eTA(イータ): カナダの渡航認証

  • 対象者: 6ヶ月以内の滞在予定者
  • 申し込み方法: 特設ウェブページ
  • 申し込み期限: 渡航72時間前
  • 費用: C$7(約600円)
  • 支払方法: クレジットカード
  • 有効期限: 最長5年間

eTA(イータ)はカナダ(トロントやバンクーバー)への渡航認証だ。6ヶ月以内の滞在の場合、ビザ免除プログラムによってビザは不要だが、eTAを取得しなければならない。eTAの申請はeTAの申請ページで可能だ。申し込みは渡航の72時間前までに申請することが推奨されている。費用はC$7だ。その際、支払いにはクレジットカードも必要になる。有効期間は5年間 or パスポートの有効期限までと定められている。

ESTA申請の流れ

ESTAもeTAも申請時にパスポートとクレジットカードが必要になる。パスポートは申請フォームに渡航者のパスポート情報を入力する欄があるからだ。一方、クレジットカードは支払い時に必要になる。そして、パスポートとクレジットカード入手後、ようやくできるのがESTAの申請だ。ESTAの申請は渡航の数カ月前にする必要は無いが、申請が通るまでには最低でも72時間が必要とされているため、前日の申し込みでは審査が通過せず、出発時に搭乗できなくなる可能性もある。

渡航認証の申請で注意すべきは代理業者だ。ESTAやeTAと検索した場合、上位に表示されるのは代行業者ばかりだ。しかも、代理業者のサイトは公式のESTA申請ページ風に設計しされているため、申し込み中に代理業者だと気が付かず、後日にクレジットカードの明細で自分が代理業者経由で申し込んでいたことが判明する場合もある。だから、申請ページへは外務省HP経由でアクセスするのが賢明だ。

ワクチン接種済み証明書

ワクチン接種済み証明書は自分がワクチンを接種した自治体に申請して取得する。

コロナ陰性証明書

コロナ陰性証明書の提出義務

  • 期限(ワクチン接種済): 出発日1日以内の検査結果
  • 提示先: 航空会社
  • タイミング: チェックイン時/搭乗前@空港
  • 言語(英語推奨)
参考: COVID-19検査及びワクチン接種の要件(在日米国大使館と領事館)

基本情報

2021年12月3日、アメリカ政府はアメリカ東部標準時の2021年12月6日午前0時1分以降のフライトによって入国する外国人に対して「ワクチン接種証明書」と「フライトの”1日以内”の陰性証明書」を義務付けた。

2021年12月6日以前は陰性証明書は出発の3日以内でも良かった。また、ワクチン未接種者も渡米することが可能だった。

PCR検査専門店: ピカパカPCRクイック検査センター

ピカパカPCRクイック検査センター

  • 費用: 9,480円!!(業界最安級)
    PCR検査(3,980円)+陰性証明書(5,500円)
  • 検査結果: 24時間以内
  • 会場: 複数
    東京: 渋谷、新宿、新橋、池袋×2
    神奈川: 横浜エリア×2
    大阪: 大阪
  • 予約: 不要(※事前予約推奨)
  • 出資: 株式会社エアトリ(旅行予約サイト「エアトリ」の運営会社)
  • 運営: 株式会社ピカパカ(医療機関のDX推進を手掛ける企業)
  • 協力: Tケアクリニック(米国大使館の”COVID-19 TESTING FACILITIES IN JAPAN“掲載検査機関)
※税込価格

ピカパカPCRクイック検査センターは株式会社ピカパカが株式会社エアトリの出資とTケアクリニックの協力を得て運営しているPCR検査専門店だ。現在、国内外問わず多くの場所でワクチン接種やコロナの陰性の証明が必要になっているが、一方でPCR検査と陰性証明書の費用は高く、それが今後の旅行需要回復時に人々の旅行を躊躇わせる原因になり得る。今回、株式会社エアトリが手頃な価格でのPCR検査の提供に踏み切ったのには「PCR検査自体の需要」と「PCR検査自体が旅行の足かせとなる事態の防止」の2つの意味があるのだろう。

まとめ

  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. 航空券
  4. 渡航認証
    ESTA: アメリカの渡航認証
    eTA: カナダの渡航認証
  5. ワクチン接種証明書(NEW)
  6. コロナ陰性証明書(NEW)

アメリカやカナダに行く場合、「パスポート」「クレジットカード」「航空券」「渡航認証」は絶対に必要になる。また、コロナ以降はワクチン接種証明書と出発3日以内のコロナ陰性証明書が必要になる。一方、日本人は滞在期間が3カ月以内の場合はビザの取得は必要無い。

関連記事

現地観戦術

※ワクチン接種証明書(英語)は厚生労働省の当該ページをチェック!!

マップ(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

参考

パスポートの申請から受領まで(mofa.go.jp)
Warriors’ Jermaine O’Neal misses game due to passport issue(usatoday.com)

カード会社はどうやって利益を出しているのか?(e法人クレジットカード.net)
プロパーカードと提携カードの違いやメリット、おすすめカードを紹介(smbc-card.com)
ブラックリストとは?消し方はある?載る理由とデメリット・確認方法を解説(saimuseiri-pro.com)
NBA extends long term partnership with American Express(insidersport.com)
ANA To Me CARD PASMO JCB Series(ソラチカカード)について(jcb.co.jp)
メトロポイントPlusとは?(to-me-card.jp)

航空券の種類について(tour.ne.jp)
航空券の有効期間はいつまでですか。(faq.jal.co.jp)
なぜ航空券価格は変動するの?価格決定のメカニズムを解明(skyscanner.jp)
vol.03 格安航空券とLCCの航空券との違い(kokuken.net)
日程変更ができない航空券があるって知ってた?(airtrip.jp)


アメリカ電子渡航認証システムESTA(日本語版)記入の手引き(arukikata.co.jp)
電子渡航認証(eTA)の概要(canada.ca)

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました