【現地観戦】NBA選手のサインをゲットする方法

About US

※全て参考文献付き

B.I.B.T.(Bro Institute of Ball&Trip)は「より多くの人々に本場アメリカのバスケ(現地観戦、ピックアップゲーム、留学&etc)の楽しさを体験してもらう」を目標に北米のバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。主なコンテンツは上記の通りである。そして、今回の記事は現地観戦の具体的な方法についての内容になっている。もし同記事が何かしらの役に立てば幸いだ。

基礎知識

サインを貰える場所/タイミング

  1. 出待ち
    a. アリーナ出入口前
    b. アリーナ内練習時
    c. ホテル前
  2. イベント
    サイン会

基本的なサインの貰い方は「出待ち」と「サイン会」だ。「出待ち」はアリーナ出入口、練習時、ホテル前がある。「サイン会」はそれぞれのチームが開くファン感謝祭的なイベントやスポーツ用品店やスーパーマーケットで行われるイベントだ。

ファン対応してくれる選手

出待ちの場合、一般的にチームの選手全員がファンに対応してくれるわけではない。ファン対応はチームによって異なるのだが、チームによってはそれが若手の仕事であったり、当番制で試合ごとにファン対応の選手が違ったりする。

注意: 統一されたルールは無い

出待ちのルールは時と場合によって異なる。NBAで統一されたルールは無い。同じ会場でも「昨日はOKだったのに今日はダメ」なんてこともザラにある。はっきり言って、その時の警備員のさじ加減による場合が大きい。

覚悟: 塩対応で幻滅も往々にしてある

加えて、”塩対応”(ファン対応があまり良くない)の選手もちょいちょい存在する。とある選手の大ファンでその選手目的で現地観戦に行ったにも関わらず、その選手のファン対応が悪すぎて物凄く幻滅することも往々にしてあり得る。だから、自分が傷つく覚悟もしておいた方が良い。

出待ち

アリーナ出入口

目印は柵と警備員

選手にサインや写真を求める手段の1つが会場入り口での出待ちだ。多くの場合、試合当日の午前中~夕方(10:00~15:00)にかけてホームもアウェイチームもアリーナ内で練習をする。その出入りを狙って出待ちが可能だ。アリーナにはいくつもの出入口があるが、選手やコーチが通る出入口にはほぼ必ずが立てられている。だから、もし出待ちをするべき出入口か分からなかったら、とりあえず柵が立てられている出入口で待つと良いだろう。柵では無く警備員や他のファンも目印になる。

試合前のシュートアラウンド(試合のチケット必須)

トンネル付近のチケットの購入推奨

もう1つの手段がアリーナ内でのシュートアラウンド(練習)時だ。通常、ホームもアウェイの両チームの選手達は試合開始前にアリーナのコートで軽い練習を行っている。その練習の出入り時に何人かの選手はファンサービスも行ってくれる。


一般的にNBAのアリーナは試合開始前の2~3時間前に開場する。当然だが、アリーナへはその日の試合のチケットが無ければ入場できない。断言はできないが、試合開始前の練習の見学はどこの座席のチケットでもフロアの近くまで降りることができる。一般的にファンサービスはトンネル(関係者用通路)付近で行われるので、入場後はトンネル付近に陣取れば良い。


この場合も柵、警備員、ファンが目印となる。


しかし、最近はフロア近くに降りられるのは100レベルのチケット所持者に限られる等厳しくなりつつある印象を受ける。厳しい場所であれば、100レベルでなお且つそのセクションのチケット所持者でなければ、フロア近くまで近づけなくなている。だから、マジで出待ちしてサインが欲しいのであれば、トンネル付近のチケットの購入を推奨する。

ホテル前

NBA関係者の利用が多いホテル

NBAチームの宿泊先は「空港からホテルまでのバスを追走」「関係者のSNSの投稿」「口コミ」で独力でホテルを割り出す必要がある。NBAチームはNBAの労使協定(Collective Bargaining Agreement)によって一流ホテルに宿泊することは約束されているのだが、プライバシーの保護のために宿泊先は基本的には公開されておらず、また、アメリカは地方都市ですらも高級ホテルが10件以上もあるため、事前に利用ホテルの特定 or 目星をつける必要がある。

宿泊先の特定方法

主な宿泊先の特定方法
  • 業務提携
  • SNSのチェック
  • プライベートジェットの到着から追跡
  • ホテルが少ない町

SNSのチェック

最もメジャーな宿泊先の特定方法は球団関係者のSNSのチェックだ。チームアカウントの投稿にすらホテル名が映っている場合もある。例えば、上記のロサンゼルス・レイカーズのツイートの場合、ホテル名の「LOEWS」がはっきりと出ている。しかも、投稿日時や投稿内容から場所は遠征先のミネアポリス(ミネソタ州)であることもほぼ確定だ。そして、一般的に宿泊先は数年間は同じだ。つまり、今後数年間はロサンゼルス・レイカーズはミネアポリスではLOEWSを利用する可能性が高い。

ホテルの少ない町

次に、ホテル特定は小さな町の方がホテル数が少ないため簡単だ。オクラホマシティ、メンフィス、インディアナポリス、シャーロット、サクラメントはサインハントの狩場になっている。

プライベートジェットの追跡

一方、最も確実な方法はチームジェットの到着を空港で待ち伏せしてホテルへ向かうバスを追跡する方法だ。チームジェットのフライト情報はトラッキングサイトで手に入れられる。

FlightAware - フライトトラッカー/フライトステータス
最高のフライト追跡機能:リアルタイム追跡マップ、フライトステータス、空港におけるフライト遅延、プライベート/GA便、空港などの情報を提供。

業務提携

主な提携
  • The Westin Memphis Beale Street
  • Hyatt House Charlotte/Center City
  • Courtyard Boston Downtown/North Station

NBAの各球団とホテルは予め提携を結んでいる。各チームは毎年8月の全レギュラーシーズンの日程の発表直後にホテルと宿泊先の調整を行うようだ。また、各球団は毎年同じホテルやブランドを利用することが多い。

主な高級ホテルブランド

マリオット・インターナショナル

基本情報
  • JW・マリオット
  • ザ・リッツ・カールトン
  • ウェスティン
  • ハイアット
  • スターウッド

マリオット・インターナショナルは全米3位の規模を誇る超巨大ホテルチェーンだ。同社は2015年からNBAのパートナー企業として「世界各国でファンとNBA選手の交流の設定」「グローバルゲームでの宿泊先の提供」等でNBAと親しい。また、ボストン・セルティックス、メンフィス・グリズリーズ、シャーロット・ホーネッツは地元のマリオット系列のホテルと提携している。そして、上記の球団は遠征先でもマリオット系列のホテルを利用することが多い。

ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス

基本情報
  • ヒルトン
    マイアミ・ヒート
    フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
  • コンラッド

ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは全米第4位のホテルチェーンだ。同社も例に漏れず多数のホテルブランドを展開している。特にフロリダ州マイアミは42か所のホテルが存在する”シマ”だ。無論、NBAマイアミ・ヒートはヒルトンと提携している。だから、マイアミ・ヒートは遠征先ではヒルトンやコンラッドホテルの利用が見受けられる。

IHGホテルズ&リゾーツ

IHGホテルズ&リゾーツも大手ホテルチェーンだ。同ホテルグループではオレゴン州ポートランドのキンプトン・ホテル・モナコとウィスコンシン州ミルウォーキーのキンプトン・ジャーニーマン・ホテルがバスケットボール関係者の利用率が高いことで知られている。

ソネスタ・インターナショナル・ホテル

ソネスタ・インターナショナル・ホテルはコロナ禍に急成長を遂げた大注目のホテルグループだ。同社はコロナ以前は約80軒程のチェーンだったが、2020~21年にサービス・プロパティーズ・トラスト社が約200軒以上の不動産をマリオット・インターナショナル社とIHGホテルズ&リゾーツ社から同社に鞍替えし、その後、レッド・ライオン・ホテル社の買収も敢行したため、最終的に直近1~2年で約1,200軒もホテル数を増加させた。そして、その中にはNBA御用達のキンプトン・ホテル・モナコ・ポートランドも含まれている。今後、NBAチームがソネスタを利用する可能性は十分にある。

スモールチェーン

主なスモールチェーン
  • フォー・シーズンズ・ホテル
  • ザ・グランド・アメリカ・ホテル: ユタ州ソルトレークシティ
  • ロウズ・ホテル
  • トランプ・ホテル: NY&シカゴ
  • MGMリゾーツ

各球団はスモールチェーンの利用も目立つ。フォー・シーズンズ・ホテル&リゾートはトロントに本社を構える高級ホテルだ。2016年にクリーブランド・キャバリアーズはサンフランシスコのフォーシーズンズに宿泊した。ザ・グランド・アメリカ・ホテルはユタ州ソルトレークシティで最も大きなホテルだ。ロウズ・ホテルズは全米に26店舗を構える高級ホテルチェーンだ。

ブティックホテル

主なブティックホテル
  • ザ・フィスター・ホテル(ミルウォーキー)
  • ザ・ドミニック・ホテル(NY)

そして、NBA球団はブティックホテルの利用も好む。ザ・フィスター・ホテルは最もNBA関係者が利用する可能性が高いホテルの1つだ。同ホテルは1893年から100年以上もミルウォーキー市を見守っている。また、ザ・ドミニック・ホテル(元トランプ・ソーホー・ニューヨーク)は2016年11月のドナルド・トランプの大統領就任以前は多くのNBA球団が利用していたホテルだ。2012年のブルックリン・ネッツの本拠地移転以降、同ホテルはニューヨーク・ニックスとブルックリン・ネッツの連戦の場合にどちらにもアクセスが良いという理由で多くのチームに利用されていたのだが、その後は政治的な理由から複数の球団に利用を控えられるようになってしまった。そして、その後、同ホテルはトランプの悪評を回避すべく2017年12月にザ・ドミニック・ホテルに名前を変更した。現在もNBA関係者の利用がゼロな訳ではない。

イベント

公式イベント

NBAの各チームは公式のサイン会を開いている。ただ、そのほとんどが特定のチケット購入者限定のイベントだ。例えば、コートサイドやスウィートルームといった高額チケット、あるいはシーズンチケットである。だから、年に1度渡米して数試合見るだけの日本のファンでは参加するのが難しい。が、そういったイベントの参加権利も売られている場合も無いとは言い切れないので、ググる価値はある。

サイン会

地元のスーパーマーケットやスポーツ用品店では選手のサイン会がちょいちょい行われている。経験上、公式のイベントなので出待ちよりも選手の応対がフレンドリーな場合が多い。しかも、エース級の選手でなければあまり人が来ないので狙い目でもある。こういったイベントはチームの公式アカウントやHPで告知している。しかし、何かの購入者限定になっている場合もあるので注意が必要だ。

NBAサマーリーグ

7月にラスベガス等で行われるNBAサマーリーグでは毎日選手数人のサイン会を行っている。加えて、NBA関係者(選手、コーチ、GM、オーナー)が普通にアリーナ内の至る所にいるので、仕事の邪魔にならないようなタイミングを狙って声を掛ければ、ファンサービスをしてくれる人もいる。

最近の流行り(サインのオルタナティブ)

最近、アメリカではサインのオルタナティブとして特注のメッセージ動画が流行っている。以前から選手のメッセージ動画が商品や何かの特典になってはいたが、近年では「ファンが映画俳優やスポーツ選手にメッセージ動画を特注できる」専用サービスのキャメオ(cameo)が登場し、特注動画がコロナ禍の新たなファングッズとして注目されている。

まとめ

基本的なサインの貰い方は「出待ち」と「イベント(サイン会)の参加」だ。但し、あまり説教臭いことは言いたくは無いのだが、「プレーヤーファースト」と「子どもに譲る」の精神は大切にしてほしい。特に大人げない行動はアメリカではかなり厳しい。逆にヒーロー的行動は激賞される。

関連記事

マップ(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

現地観戦術

※ワクチン接種証明書(英語)は厚生労働省の当該ページをチェック!!

参考

HOTELS(tdgarden.com)
How the former Trump SoHo New York became the Dominick(hotelmanagement.net)
Hilton is the Home for Philadelphia 76ers Fans(travel.hilton.com)
Udonis Haslem Event to Meet Heat Fans(nbcmiami.com)

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました