NBA選手のサインをゲットする方法

概要

  1. 出待ち
    a. ホテル前
    b. アリーナ出入口前
    c. アリーナ内練習時
  2. イベント
    ファン感謝祭/サイン会
    NBAサマーリーグ
    NBAチーム主催キャンプ(子ども向け)

基本的なサインの貰い方は「出待ち」と「サイン会」だ。「出待ち」はアリーナ出入口、練習時、ホテル前がある。出待ちの場合、選手全員がファンに対応してくれるわけではない。また、NBAで統一されたルールは無い。同じ会場でも「昨日はOKだったのに今日はダメ」なんてこともザラにある。その時の警備員のさじ加減による場合が大きい。そして、”塩対応”(ファン対応があまり良くない)の選手もちょいちょい存在する。幻滅の覚悟は前もってしておいた方が良い。一方、サイン会は「ファン感謝祭」「地元のスポーツ用品店等とのタイアップイベント」「特定チケットの限定イベント」等がある。

ホテル前

概要

基本情報
  • 日時: 試合当日の午前10~11時/午後1~2時
  • 場所: ホテル前
  • チーム: アウェイチーム

試合当日のホテル前の出待ちもサイン獲得の1つの方法だ。一般的にNBAチームは試合当日の昼頃に軽い練習を行う。だから、午前10時~午後2時頃の出入りの時間に出待ちが狙える。但し、ホテル出待ちは対戦相手限定だ。なぜならホームチームの選手達はホームゲームの日は自宅に居るからである。しかも、宿泊先は非公開情報のため自身で特定する必要がある。ちなみに、基本的にロードチームは試合終了後にそのまま移動するため試合翌日の出待ちは不可能だ。

宿泊先の特定方法

基本
  • 非公開
    宿泊先はプライバシーの保護の観点から公開されていない。
  • 高級ホテル限定
    NBAの労使協定によって一流ホテルは約束されている。
  • 地方都市>大都市
    地方都市の方がホテルが少ないため特定がカンタンだ。

最もメジャーな宿泊先の特定方法はSNSのチェックだ。チームアカウントの投稿にすらホテル名が映っている場合もある。例えば、上記のロサンゼルス・レイカーズのツイートの場合、ホテル名の「LOEWS」がはっきりと出ている。しかも、投稿日時や投稿内容から場所は遠征先のミネアポリス(ミネソタ州)であることもほぼ確定だ。そして、一般的に宿泊先は数年間は同じだ。つまり、今後数年間はロサンゼルス・レイカーズはミネアポリスではLOEWSを利用する可能性が高い。

最も確実な方法は「飛行機の到着をトラッキングサイト(https://ja.flightaware.com/)で追跡→空港で待ち伏せ→ホテルへ向かうバスを追走」だ。

各都市の利用頻度の高いホテル

地方都市

都市(アルファベット順)ホテル
シャーロットRitz-Carlton
クリーブランドRitz-Carlton
デンバーFour Seasons/Ritz-Carlton
デトロイトWESTIN/Townsend
インディアナポリスCONRAD/JW Marriott
メンフィスWESTIN/Hyatt/Peabody
ミルウォーキーPfister/KIMPTON/Saint Kate
オクラホマシティOmni
ポートランドNINES
サクラメントKIMPTON
ソルトレイクシティ(ユタ州)Grand America

最もオススメの狩場は小~中規模都市だ。まず、地方都市はそもそもホテルが少ない。だから、候補は自ずと1~3か所程度に絞られる。また、近い将来、高級ホテルが急増する可能性も低い。つまり、各球団は半永久的に地方都市では毎年1~3択の中からホテルを選ばざるを得ない。しかも、小規模都市はホテル同士の距離も短いため間違えた際の別への移動もカンタンだ。

1~2択の大都市

都市(アルファベット順)ホテル
アトランタFour Seasons
ダラスCrescent Court
マイアミFour Seasons
ニューオーリンズFour Seasons/Ritz-Carlton
フィラデルフィアFour Seasons/Ritz-Carlton
ワシントンD.C.Four Seasons

次にオススメなのがほぼ全球団が同じホテルを利用している大都市だ。ダラス、マイアミ、ワシントンD.C.に至っては選手がサインに応じてくれることでも知られている。但し、大都市は他の選択肢が多いため急遽別のホテルに変わる危険性を常に孕んでいる。

3択以上の大都市

都市(アルファベット順)ホテル
ボストンFour Seasons/Four Seasons 1 Dalton St/RITZ-CARLTON/Marriott Long Wharf
シカゴFour Seasons/Peninsula
サンフランシスコ(GSW)Four Seasons/St. REGIS
トロントFour Seasons/Ritz-Carlton/他
ニューヨークFour Seasons/LANGHAM/PENDRY/DOMINICK

一方、上記の4都市はサインのゲットが難しい。まず、ホテルの選択肢が多い。次に、上記の都市の場合、ホテルやチーム側が交通状況への影響を配慮してファンサービスを控える傾向にある。また、ファンが多すぎてチャンスも少ない。

広大都市

都市(アルファベット順)ホテル
ヒューストンPost Oak/Four Seasons
LARitz-Carlton LA/Ritz-Carlton Marina del Ray/Beverly Wilshire/Maybourne
オーランドGrand Bohemian/Ritz-Carlton
フェニックスCAMBY/KIMPTON/Waldorf Astoria
サンアントニオWESTIN/THOMPSON/La Cantera

そして、広大な都市圏を持つ都市もリスクが大きいため微妙だ。上記の都市の場合、ホテルの選択肢が多いため的を絞るのが難しい。また、ホテル自体が町の中心地からかなり離れている場合もある。つまり、最初の的を外した際に別の場所に移動するのが難しい。

海外

NBAチームがアメリカとカナダ以外で試合を行う場合、マリオット・インターナショナル系列のホテルが利用される。同社は2015年からとして「世界各国でファンとNBA選手の交流の設定」「グローバルゲームでの宿泊先の提供」等いった形でNBAのパートナー企業を務めている。

利用が減少したホテル

主なホテル
  • トランプ・ホテル: NY&シカゴ
  • ザ・ドミニック・ホテル(元トランプ・ソーホー・ニューヨーク)
  • キンプトン・モナコ・ポートランド
  • ザ・スカービン・ヒルトン・ホテル(オクラホマシティ)

一方、逆に利用が減少しているホテルもある。まず、ドナルド・トランプ元米国大統領のトランプホテル系は同氏の人種差別的発言等への抗議から利用が控えられてしまった。また、キンプトン・ホテル・モナコ・ポートランドはソネスタ・インターナショナル・ホテルに鞍替えして以降は利用が見られない。そして、ザ・スカービン・ヒルトン・ホテルもオムニ・ホテルの登場で最近は使われなくなった。

アリーナ出入口

基本情報
  • 日時: 試合当日の10~16時/試合終了後
  • 場所: アリーナ出入口
  • チーム: 両チーム
  • 目印: ファン/柵/警備員/バス

選手にサインや写真を求める手段の1つが会場入り口での出待ちだ。多くの場合、試合当日の午前中~夕方(10:00~15:00)にかけてホームもアウェイチームもアリーナ内で練習をする。その出入りを狙って出待ちが可能だ。また、逆に試合後も一部のアリーナでは出待ちが可能だ。アリーナにはいくつもの出入口があるが、選手やコーチが通る出入口にはほぼ必ずが立てられている。だから、もし出待ちをするべき出入口か分からなかったら、とりあえず柵が立てられている出入口で待つと良いだろう。柵では無く警備員や他のファンも目印になる。

試合前のシュートアラウンド(試合のチケット必須)

基本情報
  • 日時: 試合当日の10~16時
  • 場所: アリーナ内
  • チーム: 両チーム
  • 目印: ファン/柵/警備員
  • 備考: チケット必須

そして、最も一般的なサイン獲得方法がアリーナ内での練習時だ。通常、両チームの選手達は試合開始数時間前にアリーナのコートで軽い練習を行っている。練習前後の出入り時がファンサービスタイムになっている。一般的にアリーナは試合開始前の2~3時間前に開場する。無論、その日の試合のチケットが無ければ入場できない。そして、練習の見学はどこの座席のチケットでもフロアの近くまで降りることができる。一般的にファンサービスはトンネル(関係者用通路)付近で行われるので、入場後はトンネル付近に陣取れば良い。

フロア近くに降りられるのは100レベルのチケット所持者に限られる等厳しくなりつつある印象を受ける。厳しい場所であれば、100レベルでなお且つそのセクションのチケット所持者でなければ、フロア近くまで近づけなくなている。だから、マジで出待ちしてサインが欲しいのであれば、トンネル付近のチケットの購入を推奨する。

イベント

公式イベント

各チームは公式サイン会を開いている。まず、最も多いのが特定のチケット購入者限定のイベントだ。高額チケット(コートサイドやスウィートルーム)やシーズンチケットにはサイン会への参加権が付与されている場合がある。次に、オフシーズンのイベントも多い。各球団はファンとの関係性の維持や強化のために夏にしばしば交流会を開催している。特に子ども向けのクリニックやキャンプが多い。

サイン会

地元のスーパーマーケットやスポーツ用品店では選手のサイン会がちょいちょい行われている。経験上、公式のイベントなので出待ちよりも選手の応対がフレンドリーな場合が多い。しかも、エース級の選手でなければあまり人が来ないので狙い目でもある。こういったイベントはチームの公式アカウントやHPで告知している。しかし、何かの購入者限定になっている場合もあるので注意が必要だ。

NBAサマーリーグ

NBAサマーリーグは若手選手のサインをゲットする良い機会となっている。NBAサマーリーグは毎年7月頃にラスベガス(サクラメント+ユタでも小規模で開催)で開催される若手やFA選手達の品評会だ。同イベントでは朝から夕方まで選手のサイン会が行われている。また、NBA関係者(選手、コーチ、GM、オーナー)が普通にアリーナ内の至る所にいるので、仕事の邪魔にならないようなタイミングを狙って声を掛ければ、ファンサービスをしてくれる場合もある。

【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)
NBAサマーリーグの現地観戦について紹介&解説!!

サマーキャンプ(子ども向け/夏)

また、NBAのチームはオフシーズンに5~15歳程度向けのバスケットボールクリニックを開催している。その際、現役選手、コーチ、レジェンドと交流する機会がある。

最近の流行り(サインのオルタナティブ)

最近、アメリカではサインのオルタナティブとして特注のメッセージ動画が流行っている。以前から選手のメッセージ動画が商品や何かの特典になってはいたが、近年では「ファンが映画俳優やスポーツ選手にメッセージ動画を特注できる」専用サービスのキャメオ(cameo)が登場し、特注動画がコロナ禍の新たなファングッズとして注目されている。

まとめ

基本的なサインの貰い方は「出待ち」と「イベント(サイン会)の参加」だ。但し、あまり説教臭いことは言いたくは無いのだが、「プレーヤーファースト」と「子どもに譲る」の精神は大切にしてほしい。特に大人げない行動はアメリカではかなり厳しい。逆にヒーロー的行動は激賞される。

関連記事

現地観戦の基礎知識

ガイドブック(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

参考

HOTELS(tdgarden.com)
How the former Trump SoHo New York became the Dominick(hotelmanagement.net)
Hilton is the Home for Philadelphia 76ers Fans(travel.hilton.com)
Udonis Haslem Event to Meet Heat Fans(nbcmiami.com)
NBA advises players to avoid high-fives, autographs as coronavirus concern grows(foxsports.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました