NCAAグッズが買える店

概要

基礎知識

NCAAグッズ

主な商品の種類
公式ライセンス商品
NILマーチ
セルフメイド品

アメリカはセルフメイドのレプリカや偽物が多い。主な理由は公式の商品ラインナップが乏しく、なお且つ値段が高いことなのだが、アメリカ人のDIY精神が相まって個人が勝手にジャージーやTシャツを作ったり、あるいはアメリカ人の記念Tシャツ文化から専門業者が本業の傍らそういった個人のオーダーの受注を請け負っている。レプリカ商品は公式ストアや小売店で売られていることはまず無いが、専門サイト、フリマ(サイト)、個人商店、古着屋等では当たり前のように売られている。但し、公式ライセンス商品よりもレプリカの方が質が良い場合もある。

基本戦略: 効率の良い店舗の周り方

優先順位(日本>海外)

「NBAグッズ」「NCAAグッズ」「スニーカー」は、共通して関税や送料の追加コストから、まずは日本の店舗やサイトで探すのが良い。

各店舗の品揃えの特徴
NBANCAAスニーカー掘り出し物
オフィシャルストア◎(1)◎(1)×
メーカー直営店〇(2)
スポーツ用品店〇(2)〇(2)
セレクトショップ◎(1)
スニーカーチェーン×〇(3) 
ファンショップ×
デパート×
リサイクルショップ×
ディスカウントストア
※()優先順位

上記の通り、グッズの種類によって優先順位が異なる。

ショッピングモール: 複数店舗の同時消化

アメリカではショッピングモールや商店街にブティック、スポーツ用品店、ディスカウントストア、リサイクルショップ等が集まっている。例えば、サンタモニカのショッピング地区にはフットロッカー、ナイキ、TJ・マックス、グッドウィル、チャンプス・スポーツやアディダスの店舗がある。

スケジュール

最も効率的な店舗巡りは「リサイクルショップ(朝)→ショッピングモール(昼)→チームストア(試合前後)」だ。まず、リサイクルショップは開店時間が午前9時前後と他よりも早いため最初だ。次に、チームストアは試合時間の前後で良い。その結果、日中(ホテル出待ちをする場合は昼下がり)はショッピングモールや商店街に行くのがベストとなる。

コスト(関税/送料/売上税)

関税(海外旅行)
関税(現地調達)
  • 免税: 海外小売価格20万円以下
  • 簡易税率: 海外小売価格20万円以上
    課税価格: “超過分”6割×関税率15%(衣類)
    例: 合計金額21万円
    超過分1万円×60%×15%=900円
  • 一般税率: 商業利用と判断された場合*
    課税価格: (商品代+送料+保険料)×6割
    関税率: 10%前後

現地で購入した品物を日本に持って帰る場合、「合計購入金額20万円→免税」「合計購入金額20万円以上→超過分に課税価格(海外小売価格6割)×関税率15%の課税」となる。数量等で商業利用と判断された場合、一般税率「課税価格×関税率10%前後」が適用される。

関税(個人輸入)
関税(個人輸入)
  • 免税: 課税価格1万円(海外小売価格16,666円)以内
    課税価格: 海外小売価格60%
    16,666円×60%=約9,999.6円
  • 簡易税率: 課税価格~20万円以下
    課税価格: 海外小売価格6割×関税率10%(衣類)
  • 一般税率: 商業利用と判断された場合
    課税価格: (商品代+送料+保険料)×6割
    関税率: 15%前後

個人輸入の場合、「課税価格1万円以下(購入金額16,666円)→免税」「~20万円程度→海外小売価格6割×関税率10%(衣類)」となる。商業利用と判断された場合、一般税率が適用される。

送料

送料(ヨーロッパ/北米→日本)は$30程度が相場だ。

売上税

実は現地での買い物はオレゴン州とモンタナ州が最もお得だ。アメリカの場合、売上税(日本の消費税に相当)は各州によって税率が異なる。オレゴン州とモンタナ州は売上税が一切無い。実際、ワシントン州の人々は敢えてオレゴン州まで足を運んで買い物をしている。上記2州以外の売上税は8%程度でほとんど変わらない。

主なNCAAグッズの買える店

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズは各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)が最も品揃えが豊富だ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で出てくる。ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。ちなみに、アリーナのショップは品揃えが悪い。

スポーツ用品店

主な店店舗数/旗艦店日本発送店舗受取備考
DICK’S SPORTING GOODS約700店舗×全米最大
WNBA業務提携
NIKE業務提携
MODEL’S SPORTING GOODS約100店舗(東海岸)×
Academy Sports + Outdoor南部~中西部×グッズ(少)
*スポーツオーソリティーは2015年に破綻

スポーツ用品店は公式ストアと同等の訪店価値がある。主な品揃えは「地元のプロチーム」「同州の代表的な大学」「最も近い大学」のアパレルだ。最大の特徴は「型落ち品が公式ストアとは異なって除外されずにセールラックに置かれている」点である。

メイシーズ

メイシーズ(Macy’s)は大手デパートだ。実は結構掘り出し物が多い。店内のスポーツ用品コーナーにNBAグッズが割引価格で置いてある。しかも、近年、同社はスポーツ用品に力を入れている。一部の店舗にはリッズとフィニッシュラインのブースが設けられている。

日本への発送可

ファンショップ

主な店店舗数備考
Lids
Fanzz
Just Sports
約1,000店元祖Lids: 帽子屋
Locker Room By Lids: ファンショップ
オンラインストア1: ファナティクス型
オンラインストア2: Just Sports
Rally House北東部、中西部、南部の計12州で展開

ファンショップはネット通販の普及した現代に敢えて行く理由は無い。主なラインナップはプロもカレッジも人気チームだけだ。実際、2019年にファンショップ業界はファンズリッズ・ホールディングス社の独占状態となってしまった。同社は現在「リッズ」「ファンズ」「ジャストスポーツ」の3ブランドを抱えて実店舗の「リッズ: ニューエラキャップ軸店舗」「Locker room by Lids: ファンショップ型店舗(元Fanzz/Just Sports)」とオンラインストアの「Lids(ファナティクス型)」「Just Sports」を運営している。

古着屋/リサイクルショップ

主な店店舗数備考
Goodwill約3,300店(全国)
Savers/Value Village/UNIQUE約300店
The Salvation Army約200店
Mission Thrift Store約50店カナダ

リサイクルショップはギブアウェイのTシャツがほぼ新品の状態で$5程度で売られている。商品は基本的には近隣住民からの寄付品だ。運営は非営利団体が行っていることが多い。

CtoC(中級者以上向け)

注意
  • CtoCは現金取引のみ
    →$10&20札を大量に持って行くのが良い
ヤードセール(ガレッジセール)

ヤードセール(ガレージセール)は所有者が自宅の庭や車庫で不用品を売る行為だ。現在、ヤードセール情報はクレイグリストに載っている。

スニーカーコンベンション

スニーカーコンベンション(Sneaker Convention)はスニーカー&NBAジャージーの即売会だ。スニーカーコンベンションではマニアや業者がアリーナに集まってスニーカーの売買や交換を行う。最も有名なイベントはスニーカーコン(Sneaker Con)だ。

フリーマーケット(スワップミート)

アメリカでは各地に大規模のフリーマーケットが行われている。「Best Flea Market swap meet 場所名」で検索して探してみると良い。

実はほとんどグッズが無い場所

主なNBAグッズ不毛の店
  • メーカー直営店(アウトレット含)
  • セレクトショップ/アパレル系
  • スニーカーチェーン
  • ディスカウントストア
  • アウトレットモール

上記の店舗はNBA&NCAAアパレルはほとんど取り扱っていない。スニーカーはある。

海外サイトの利用方法(個人輸入)

主な個人輸入の方法

主な個人輸入の方法
  1. 自己完結: 日本への発送可の場合
  2. 転送業者利用: 日本への発送不可の場合
  3. 代行業者利用: 購入先にアクセスすら不可の場合
自己完結型

自己完結型は購入者が自身で「購入~受取」の全てを行うパターンだ。自己完結型は転送業者や代行業者の利用が不要なため最も安く済む。購入先が日本への商品の発送に対応している場合、自己完結型が望ましい。

転送業者利用型

次に、転送業者利用型は「購入先→米国届先(転送業者住所)→日本」を利用するパターンだ。転送業者は「商品の送付先としての海外住所提供」+「商品の日本への発送」を提供している。購入先が日本への発送に対応していない場合、転送業者を利用するのが定番だ。一部の業者は複数の購入先の商品をまとめて日本に発送するサービスも行っている。

登録費&年会費無料!!
輸入代行業者型

そして、輸入代行業者型は「購入&日本への発送」を代行してもらうパターンだ。購入先の利用すらできない場合、輸入代行業者が唯一の方法となる。

主なサイト

公式ストア

公式ストアは最大で「ブックストア」「チームストア」「カンファレンスストア」の3種類がある。

ファナティクス

ファナティクス社はNBAストア+2/3以上のチームストアの運営に携わっている企業だ。同社は自社の「Fanatics」「Fanatics International」「Fanatics Big Tall」「LIDS」で主要スポーツリーグのグッズを販売している。各サイトは商品の値段、セール、在庫が微妙に違う。

イーベイ(eBay)

eBayは全米最大のフリマサイトだ。一部の売り手は日本への発送にも対応している。「日本への発送対応可」だけに絞って検索することも可能だ。

NIL

関連記事

現地観戦の基礎知識

ガイドブック(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

参考

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました