NCAAグッズ購入の基礎知識

概要

基礎知識

基本戦略: 店舗の周り方

優先順位(海外>日本)

NCAAグッズは、関税や送料の追加コストからまずは日本の店舗やサイトで見つかるのが望ましいものの、日本では良品がほとんど流通していないため、最初から海外サイトで探すのが良い。

最良の購入方法: オンライン購入(店舗受取)
主な購入方法
  1. 実店舗購入
  2. オンライン購入
  3. オンライン購入(店舗受取)

結論、最良のグッズ購入方法は「オンライン購入(店舗受取)」だ。オンライン購入(店舗受取)の場合、購入者は「1.豊富な品揃えからの商品選択」「2.送料不要」「3.大幅な免税」の恩恵を受けられる。つまり、具体的な流れは「オンラインストアでグッズ購入→渡米時に指定店舗でグッズ受取→日本にグッズ持ち返り」となる。

各店舗の品揃えの特徴
NBANCAAスニーカー
オフィシャルストア×
メーカー直営店
スポーツ用品店×
ブティック
アパレルチェーン
スニーカーチェーン×〇 
ファンショップ×
デパート×
リサイクルショップ×
ディスカウントストア

主な店舗の「NBAグッズ」「NCAAグッズ」「スニーカー」の充実度は上記の通りだ。二重丸絶対に外せない。他は無理してまで行く必要は無い。

ショッピングモール(複数店舗の同時消化)

1つのショッピングモールで複数の店舗のチェックが可能だ。例えば、サンタモニカのショッピング地区には「NIKE(メーカー直営店)」「Foot Locker(アパレルチェーン)」「TJ・マックス(ディスカウントストア)」「Goodwill(リサイクルショップ)」がある。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

最も効率的な店舗巡りは「リサイクルショップ(朝)→モール(昼)→チームストア(試合前後)」である。リサイクルショップは開店時間が午前9時前後と他よりも早いため最初だ。次に、チームストアは試合前後で良い。その結果、日中(ホテル出待ちをする場合は昼下がり)はショッピングモールや商店街に行くのがベストとなる。

NCAAグッズの種類

主な商品の種類
主な商品
  • ジャージー(選手名+番号無し)
  • Tシャツ
  • ショーツ
  • スウェット
公式サプライヤー商品

公式サプライヤー商品は当該大学の運動部の実用品を提供しているメーカーの製品だ。NCAA D1の場合、各大学運動部は主要スポーツメーカー1社と公式サプライヤー契約を数年単位で結んでいる。

公式ライセンス商品

公式ライセンス商品は各大学からロゴ等の使用許可を得て販売されている商品だ。NCAA D1の場合、ライバル社も積極的にライセンス商品を販売している。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品が当たり前の様にキャンパス内で売られている。

NILマーチ
主なNIL商品
  • 実着品
  • サイン
  • 写真
  • 選手名+番号入りジャージー/Tシャツ
  • プライベートブランド品
  • ビデオメッセージ

NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリートが自身のNIL(Name-Image-Likeness)を活用したマネタイズを解禁した。

レプリカ

現存のカレッジプレーヤージャージーはほぼ100%がカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or NCAA非公認のレプリカ品だ。実は2021年7月までNCAAは現役選手の名前や番号を模した商品の販売を禁止していた。そして、現在、主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は2022‐23シーズンに超人気校のフットボールで始まったばかりだ。

コスト(関税/送料/売上税)

関税(持ち帰り)
関税(現地調達)
  • 免税: 海外小売価格20万円以下
  • 簡易税率: 海外小売価格20万円以上
    課税価格: “超過分”6割×関税率15%(衣類)
    例: 合計金額21万円
    超過分1万円×60%×15%=900円
  • 一般税率: 商業利用と判断された場合*
    課税価格: (商品代+送料+保険料)×6割
    関税率: 10%前後

現地で購入した品物を日本に持って帰る場合、「合計購入金額20万円→免税」「合計購入金額20万円以上→超過分に課税価格(海外小売価格6割)×関税率15%の課税」となる。数量等で商業利用と判断された場合、一般税率「課税価格×関税率10%前後」が適用される。

関税(取り寄せ)
関税(個人輸入)
  • 免税: 課税価格1万円(海外小売価格16,666円)以内
    課税価格: 海外小売価格60%
    16,666円×60%=約9,999.6円
  • 簡易税率: 課税価格~20万円以下
    課税価格: 海外小売価格6割×関税率10%(衣類)
  • 一般税率: 商業利用と判断された場合
    課税価格: (商品代+送料+保険料)×6割
    関税率: 15%前後

個人輸入の場合、「課税価格1万円以下(購入金額16,666円)→免税」「~20万円程度→海外小売価格6割×関税率10%(衣類)」となる。商業利用と判断された場合、一般税率が適用される。

送料

送料(ヨーロッパ/北米→日本)は$30~が相場だ。

売上税

実は現地での買い物はオレゴン州とモンタナ州が最もお得だ。アメリカの場合、売上税(日本の消費税相当)は各州によって税率が異なる。オレゴン州とモンタナ州は売上税が一切無い。実際、ワシントン州の人々は敢えてオレゴン州まで足を運んで買い物をしている。上記2州以外の売上税は8%程度でほとんど変わらない。

個人輸入の方法

主な個人輸入の方法
  1. 自己完結: 日本への発送可
  2. 転送業者利用: 日本への発送不可
  3. 代行業者利用: サイトのアクセス不可

自己完結型は購入者が自身で全行程購入を行うパターンだ。自己完結型は転送業者や代行業者の利用が不要なため最も安く済む。次に、転送業者利用型は「購入先→米国届先(転送業者住所)→日本」のパターンだ。転送業者は「商品送付先としての海外住所提供」+「商品の日本への発送」を提供している。一部の業者は別々の商品をまとめて日本に発送するサービスも行っている。そして、輸入代行業者型は「購入&日本への発送」を代行してもらうパターンだ。

登録費&年会費無料!!

支払方法: クレジットカード

引用: クレジットカードの選び方、クレカの専門家が解説します!(smbc-card.com)

多くの海外サイトはクレジットカードを支払方法に指定している。クレジットカードは「クレジットカード会社が支払いを代払い」→「利用者は1ヶ月の利用分を翌月以降にクレジットカード会社に支払う」の仕組みになっている。そして、最強の万人向けが楽天カードだ。楽天Pは普段から貯まりやすい。年会費は無料だ。入会特典数千Pだけでも作成の価値がある。

必須

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズは各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)が最も品揃えが豊富だ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で出てくる。ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。ちなみに、アリーナのショップは品揃えが悪い。

公式ストア

公式ストアは最大で「ブックストア」「チームストア」「カンファレンスストア」の3種類がある。

ファナティクス

ファナティクス社はNBAストア+2/3以上のチームストアの運営に携わっている企業だ。同社は自社の「Fanatics」「Fanatics International」「Big & Tall Fanatics」で主要スポーツリーグのグッズを販売している。各サイトは商品の値段、セール、在庫が微妙に違う。

NIL

非必須

スポーツ用品店

主な店店舗数/旗艦店日本発送店舗受取備考
DICK’S SPORTING GOODS約700店舗×全米最大
WNBA業務提携
NIKE業務提携
MODEL’S SPORTING GOODS約100店舗(東海岸)×
Academy Sports + Outdoor南部~中西部×グッズ(少)
*スポーツオーソリティーは2015年に破綻

スポーツ用品店は公式ストアと同等の訪店価値がある。主な品揃えは「地元のプロチーム」「同州の代表的な大学」「最も近い大学」のアパレルだ。最大の特徴は「型落ち品が公式ストアとは異なって除外されずにセールラックに置かれている」点である。

デパート

主な店店舗数備考
Macy’s全米Lid’s&Finish Lineと提携
JCPenny全米Fanatics型サイト完備
Kohl’s全米
Dillard’s約300店
belk約250店

デパートはアクティブウェア/ファンショップコーナーに地元チームのアパレルを置いている。最大の特徴は高い割引率+掘出物率だ。特にメイシーズは一部の店舗でのリッズとフィニッシュラインのブース設置等でスポーツ用品に力を入れている。そして、多くの店が日本への発送に対応している。

ファンショップ

主な店店舗数備考
Lids
Fanzz
Just Sports
約1,000店元祖Lids: 帽子屋
Locker Room By Lids: ファンショップ
オンラインストア1: ファナティクス型
オンラインストア2: Just Sports
Rally House北東部、中西部、南部の計12州で展開

ファンショップはネット通販の普及した現代に敢えて行く理由は無い。主なラインナップはプロもカレッジも人気チームだけだ。実際、2019年にファンショップ業界はファンズリッズ・ホールディングス社の独占状態となってしまった。同社は現在「リッズ」「ファンズ」「ジャストスポーツ」の3ブランドを抱えて実店舗の「リッズ: ニューエラキャップ軸店舗」「Locker room by Lids: ファンショップ型店舗(元Fanzz/Just Sports)」とオンラインストアの「Lids(ファナティクス型)」「Just Sports」を運営している。

古着屋/リサイクルショップ

主な店店舗数備考
Goodwill約3,300店(全国)
Savers/Value Village/UNIQUE約300店
The Salvation Army約200店
Mission Thrift Store約50店カナダ

リサイクルショップはギブアウェイのTシャツがほぼ新品の状態で$5程度で売られている。商品は基本的には近隣住民からの寄付品だ。運営は非営利団体が行っていることが多い。

その他

CtoC

注意
  • CtoCは現金取引のみ
    →$10&20札を大量に持って行くのが良い
ヤードセール(ガレッジセール)

ヤードセール(ガレージセール)は所有者が自宅の庭や車庫で不用品を売る行為だ。現在、ヤードセール情報はクレイグリストに載っている。

フリーマーケット(スワップミート)

アメリカでは各地に大規模のフリーマーケットが行われている。「Best Flea Market swap meet 場所名」で検索して探してみると良い。

イーベイ(eBay)

eBayは全米最大のフリマサイトだ。一部の売り手は日本への発送にも対応している。「日本への発送対応可」だけに絞って検索することも可能だ。

NBA現地観戦を”お得に”する方法

ポイントサイトの活用

「クレジットカード」「旅行グッズ」「航空券」「ホテル予約」はポイントサイト経由がかなり得だ。ポイントサイトは「ポイントサイト経由での買物や申込→ポイントサイトのポイント付与」がある。無論、ポイントサイトのポイントは「現金」「マイル」「他ポイント」等に交換可能だ。

NBA現地観戦のためのマイルとポイントの基礎知識
「マイル」「クレジットカード」「ANA派/JAL派」「ルート」「ポイ活」「楽天経済圏」「マイル修行」等について解説!!
アメリカン・エキスプレス・カード
主なアメックス所有者の特典
  • 一部アリーナの特別体験(入場門/割引)
    バークレイズ・センター(BKN)
    ユナイテッド・センター(CHI)
    ビビント・アリーナ(UTH)
    クリプトドッドコム・アリーナ(LAL)
  • NBAチケットの限定/先行販売
    ボストン・セルティックス
    ブルックリン・ネッツ
    シカゴ・ブルズ
    マイアミ・ヒート
    ロサンゼルス・レイカーズ
  • NBAジャージー交換@NBAストア

アメリカン・エキスプレス・カードは「大元NBA/WNBA/Gリーグ」&「一部NBA球団/アリーナ」とパートナー契約を結んでいる。アメックスカード所有者は「一部のアリーナ→特別入場門/店舗利用&特別割引」「一部の球団→チケットのプレセールや限定販売」の特典を受けられる。NBAストアは「NBAジャージーをアメックスカードで購入→同ジャージーの選手の移籍(購入後一定期間内)→新チームのジャージーと交換」のジャージー保険も行っている。申込はポイントサイト経由で「クレジットカードの入会特典」&「ポイントサイトのポイント」の両取りが得だ。

アメリカン・エキスプレス・カードの詳細 | ポイ活するならモッピー|ポイントサイトの副業で副収入・お小遣い稼ぎ
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細です。広告利用すると、1P=1円のモッピーポイントを獲得できます。貯まったポイントは、現金やAmazonギフト券、Apple Gift Cardに交換できます。
ペイパル(PayPal)
主なメリット
  • 初利用の店でもクレカや住所の入力不要
    →個人情報入力の手間省略
    →安全(返金制度充実)

ペイパルはオンライン決済サービスだ。使い方はクレジットカードや銀行口座をペイパルに登録して支払うだけである。最大の魅力は手間の軽減と安全性だ。手数料も買い手側には発生しない。また、全支払いに利用可能なクーポンがちょいちょい手元に届く。そのため、アカウントは持っているだけで多少のメリットがある。

初決済時有効の500円クーポン配布中!!

まとめ

海外旅行の御守りと言えばコレ!!

関連記事

現地観戦の基礎知識

ガイドブック(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

NBA

イースタンカンファレンス
アトランティックサウスイーストセントラル
ボストン
セルティックス
ワシントン
ウィザーズ
シカゴ・ブルズ
ブルックリン
ネッツ
シャーロット
ホーネッツ
ミルウォーキー
バックス
ニューヨーク
ニックス
アトランタ
ホークス
インディアナ
ペイサーズ
フィラデルフィア
セブンティーシクサーズ
オーランド
マジック
クリーブランド
キャバリアーズ
トロント
ラプターズ
マイアミ
ヒート
デトロイト
ピストンズ
ウェスタンカンファレンス
ノースウェストサウスウェストパシフィック
ポートランド
トレイルブレイザーズ
ダラス
マーベリックス
ロサンゼルス
レイカーズ
ミネソタ
ティンバーウルブス
ヒューストン
ロケッツ
ロサンゼルス
クリッパーズ
オクラホマシティ
サンダー
メンフィス
グリズリーズ
フェニックス
サンズ
ユタ・ジャズニューオーリンズ
ペリカンズ
サクラメント
キングス
デンバー・ナゲッツサンアントニオ
スパーズ
ゴールデンステイト
ウォリアーズ
NBAサマーリーグ
【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)
NBAサマーリーグの現地観戦について紹介&解説!!

参考

Searching NCAA online shop connects player names to jerseys(cbssports.com)

カテゴリー

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

タイトルとURLをコピーしました