【NBA】サクラメント・キングス

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

と言うことで、今回はサクラメント・キングスについてだ。

サクラメント・キングス

サクラメント・キングスは新GMモンテ・マクネイアー体制が「全員、無能」時代を脱却できるかに注目だ。


新世紀突入直後、サクラメント・キングスはウェスタン・カンファレンス屈指の強豪に成長していた。キングスはクリス・ウェバー、ペジャ・ストヤコビッチ、ブラデ・ディバッツの攻撃的な布陣を揃え、2001-02に若き司令塔マイク・ビビーを加え、2003-04にはオールスターのブラッド・ミラーを補強し、マイク・ビビー+オールスター経験者4名の球団史上最強の布陣で優勝を目論んでいた。


しかし、優勝の夢はことごとく打ち砕かれた。2001-02、キングスはNBAトップの61勝21敗を記録したが、カンファレンスファイナルでコービー&シャックのロサンゼルス・レイカーズに激戦の末に敗れ、翌2002-03はナッシュ&ノビツキーの前に敗退し、2003-04はケビン・ガーネット率いるミネソタ・ティンバーウルブスに屈した。


そして、チームは再建という名の出口の見えない暗黒期に突入した。キングスは2004-05にブラデ・ブラッチとクリス・ウェバーを放出し、翌2005-06にペジャ・ストヤコビッチもトレードし、HCリック・アデルマンも解雇して解体こそ終えたのだが、タイリーク・エバンスは怪我で新人王獲得がピークとなり、ジマー・フレデッテやジェイソン・トンプソンも期待外れに終わったため、最後はGMジェフ・ペトリ―も辞職する形で最初の再建は幕を閉じだ。


その後、2013年にピート・ディアレサンドロがGMに就任したが、選手やオーナーと仲違いになった末、アイザイア・トーマスを放出し、僅か2年でお役御免となった。一方、後任のブラデ・ディバッツはディアーロン・フォックスの指名は良かったものの、ガードが試合を支配する時代にウィリー・コーリ-スタイン、ハリー・ジャイルズ、マービン・バグリー3世と立て続けにPFを獲得し、さらにはデマーカス・カズンズを手放し、フランチャイズを散らかしに散らかした。


その結果、2020年に現GMネイト・マクネイアーが招聘された。現在、キングスはようやくディアーロン・フォックスとタイリース・ハリバートンのガード主体の現代的なチームの様相を帯びるようはなったが、今後上手く行くかは不明だ。

チケット

  • チケット価格: やや安い~平均
  • 平均価格: $88
  • 最安価格: $15
  • 公式プロバイダー: Ticketmaster

キングスはカリフォルニア州で唯一チケットがお手頃なチームだ。


チケット価格は主に「フランチャイズ」と「チーム」の価値で決まる。フランチャイズとは本拠地を置いている経済圏の規模だ。往々にしてチケット価格は「人口」「物価」「バスケ熱」に相応する。一方、チームは「球団の強さ」と「スター選手の有無」だ。NBAの試合にはバスケファン以外も足を運ぶのだが、概して彼らは「チームが強い」or「スターがいる」場合に観に行くため、どちらかがあれば、需要が高まり、それに応じてチケット価格は上昇する。


サクラメント・キングスの場合、サクラメントはカリフォルニア州の州都ではあるが、非常に小さな町だ。しかも、チームの状況は先述した通り散々なものである。故に、約15年間チケット価格はかなり安価な位置を推移している。


一方、ロサンゼルス・レイカーズは兼ねてよりチケットが高かったが、2000年代までは地味なチーム仲間だったゴールデンステイト・ウォリアーズも「LAで安くNBAが観られる」を売りにしていたクリッパーズも今では最もラグジュアリーなチームとなってしまった。


その結果、キングスはディアーロン・フォックスと新アリーナのおかげで近年は平均レベルにまで上昇しているが、それでもカリフォルニア州で唯一のお手頃チームには変わりない。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

アリーナ

ゴールデン・ワン・センター

基本情報

名称: Golden One Center
住所: 500 David J Stern Walk, Sacramento, CA 95814
詳細: https://www.golden1center.com/about/faqs

​キングスのホームアリーナはダウンタウンにあるゴールデン・ワン・センターだ。現在、サクラメント・キングスはテクノロジーを活用して来場者の満足度を上げようと試みているのだが、その一環として無人コンビニ、ビットコインでの支払い、財布アプリ経由でのチケットのアップグレードや飲食物の割引といったサービスをスポーツ業界の先陣を切って行っている。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物
・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール
・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

FAQs | Golden 1 Center

グッズ

チームストア

基本情報

名称: Sacramento Kings Team Store
営業: 月~金(9:00~17:00)/土(10:00~18:00)/日(10:00~17:00)
HP: https://www.golden1center.com/about/faqs

キングスのグッズはゴールデン・ワン・センターに併設されているチームストアで購入することが可能だ。基本的にはチームストアが最も取り扱っている商品数は多い。


ただ、実はゴールデン・ワン・センターの横にあるMacy’sでもサクラメント・キングスのアパレルを取り扱っている。しかも少し古い型の商品がセールとなっている。


また、サクラメントのダウンタウンには古着屋やリサイクルショップがある。運が良ければ、思わぬ掘り出し物にも出会えるかもしれない。ちなみに、俺も数件を周ったのだが、サンフランシスコに近い土地とあってウォリアーズの商品の方が多かった。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

サイン

サインを貰える場所
  1. 出待ち
    a. アリーナ出入口前
    b. アリーナ内練習時
    c. ホテル前
  2. イベント

出待ち

アリーナ出入口

選手にサインや写真を求める手段の1つが会場入り口での出待ちだ。多くの場合、試合当日の午前中~夕方にかけてホームもアウェイチームもアリーナ内で練習をする。その出入りを狙って出待ちが可能だ。アリーナにはいくつもの出入口があるが、選手やコーチが通る出入口にはほぼ必ず柵が立てられている。だから、もし出待ちをするべき出入口か分からなかったら、とりあえず柵が立てられている出入口で待つと良いだろう。柵では無く警備員や他のファンも目印になる。

試合前の練習時(試合のチケット必須)

もう1つの手段がアリーナ内での練習時だ。試合開始前のアリーナ内での練習時、何人かの選手はファンサービスも行ってくれる。基本的にアリーナは試合開始前の2~3時間前に開場するので、その日の試合のチケットを見せて開場時間と同時に入場する。断言はできないが、試合開始前の練習の見学はどこの座席のチケットでもフロアの近くまで降りることができるので、入場したらトンネル(関係者用通路)付近に行ってそこで陣取れば良い。この場合も柵、警備員、ファンが目印となる。

ホテル前

アウェイチームの選手達が宿泊するホテル前でもサインを貰うことができる。チーム御用達のホテルは基本的にはその街の最高級ホテルだ。ホテルの場合もアリーナ出入口と同様に警備員、ファン、柵が目印になる。

注意
  • 出待ちのルールは時と場合によって異なる。NBAで統一されたルールは無い。同じ会場でも「昨日はOKだったのに今日はダメ」なんてこともザラにある。警備員のさじ加減による場合が大きい。
  • 選手全員がファンに対応してくれるわけではない。ファン対応はチームによって異なるので、若手の仕事であったり、試合ごとにファン対応の当番が交代していたり、それはチームで異なるようだ。

イベント

地元のスーパーマーケットやスポーツ用品店では選手のサイン会がちょいちょい行われている。チームの公式アカウントやHPで告知している。出待ちと違って公式のイベントなので選手の応対もフレンドリーな場合が多い。

Sacramento Kings | The Official Site of the Sacramento Kings
The official site of the Sacramento Kings. Includes news, scores, schedules, statistics, photos and video.

Gリーグ: ストックトン・キングス

基本情報

名称: Stockton Arena
住所: 248 W Fremont St, Stockton, CA 95203
詳細: https://stockton.gleague.nba.com/

サクラメント・キングスは傘下にGリーグチームのストックトン・キングスを持っている。ストックトンはサクラメントの隣町である。


ただ、俺達はストックトンに行ったことが無い。俺達には実際に足を運んだことが無い場所は紹介しないポリシーがある。だから、ここではストックトン・キングスというチームが存在するということだけに留める。


もし今後ストックトンに行った際には追記して紹介する。

まとめ

  • カリフォルニア州の球団で最安
  • サンフランシスコに近い

キングスはカリフォルニア州のチームで唯一チケットが安いチームだ。現地観戦はサンフランシスコが本拠地のゴールデンステイト・ウォリアーズと一緒に周るプランがオススメである。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

関連記事

カリフォルニアエリア

NBA

イースタンカンファレンス
ウェスタンカンファレンス

※2021年4月現在、CHI、OKC、PORのみ無観客試合を実施中

現地観戦術

参考

Monte McNair General Manager(nba.com)
Ex-Kings exec Geoff Petrie blasts owner Vivek Ranadive(usatoday.com)
How To Find The Cheapest NBA Tickets For The 2020-21 Schedule + Onsale Dates & More(blog.ticketiq.com)
How To Find The Cheapest Sacramento Kings Tickets + Face Value Options(blog.ticketiq.com)
Sacramento Kings Ticket(seatgeek.com)
Sacramento Kings(forbes.com)
An NBA arena is opening an Amazon Go-style store where fans can grab beer and food in under 30 seconds — and never wait in line(businessinsider.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました