【NBA】サクラメント・キングス(サクラメント#2)

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はカリフォルニア州で最もチケットが安いサクラメント・キングスについて紹介する。

サクラメント・キングス

魅力1: 会場の雰囲気が良い

キングスの魅力として推したいのは会場(ファン)の雰囲気だ。レイカーズやニックスなどが最たる例だが、人気チームの試合には憂さ晴らしや騒ぎたいだけで試合をほとんど見ていないファンが結構な数いる。


(彼らが会場を盛り上げているのは間違いないし、ビジネスとしてそういった層を取り込むことは重要だ。だから、彼らの存在を否定している訳では無い。)


しかし、人気が無いキングスの試合には本当のバスケ好きorキングスファンしか来場しない。相手チームの良いプレーにも拍手が起こるし、会場全体もチームを応援する人々で溢れている。日本人は結構気に入るはずだ。


ちなみに、2016年竣工のゴールデン・ワン・センターは音響設備などがかなり良く、スリープ・トレイン・アリーナも昔ながらの会場でそれはそれで味わい深かったのだが、それも雰囲気作りに一役買っている。

魅力2: サンフランシスコから日帰りで行ける

もう1つの魅力はサクラメントはサンフランシスコから日帰りで行けることだ。サンフランシスコは観光地かつゴールデンステイト・ウォリアーズの本拠地である。サンフランシスコからサクラメントへは長距離バスで片道3時間程、運賃も最安で往復$20、運行本数も多く、深夜便も走っている。だから、昼間に出発して試合後の夜中にサンフランシスコに戻ってくることも可能だ。

魅力3: カリフォルニアで唯一チケットが安い

キングスはカリフォルニア州のチームで唯一チケットが安いTicketIQによれば、2019-20シーズンのセカンダリーマーケットでの平均チケット価格はトップ3がレイカーズ($473)、ウォリアーズ($458)、クリッパーズ($267)でカリフォルニア州のチームが1~3位を独占してしまった。


一方、キングスは$107とやや安い部類だ。ロサンゼルス・レイカーズは兼ねてよりチケットが高かった。が、2000年代までは地味なチーム仲間だったゴールデンステイト・ウォリアーズはリーグでダントツにラグジュアリーなチームになり、「LAで安くNBAが観られる」を売りにしていたクリッパーズもオーナーの交代でスーパースターを抱えたリーグの顔の1つとなってしまったため、キングスはカリフォルニア州で唯一チケットが安いチームになってしまった。

基本情報

ゴールデン・ワン・センター

基本情報

名称: Golden One Center
住所: 500 David J Stern Walk, Sacramento, CA 95814
詳細: https://www.golden1center.com/about/faqs

​キングスのホームアリーナはダウンタウンにあるゴールデン・ワン・センターだ。

チームストア

基本情報

名称: Sacramento Kings Team Store
営業: 月~金(9:00~17:00)/土(10:00~18:00)/日(10:00~17:00)
HP: https://www.golden1center.com/about/faqs

キングスのグッズはゴールデン・ワン・センターに併設されているチームストアで購入することが可能だ。基本的にはチームストアが最も取り扱っている商品数は多い。


ただ、実はゴールデン・ワン・センターの横にあるMacy’sでもサクラメント・キングスのアパレルを取り扱っている。しかも少し古い型の商品がセールとなっている。


また、サクラメントのダウンタウンには古着屋やリサイクルショップがある。運が良ければ、思わぬ掘り出し物にも出会えるかもしれない。ちなみに、俺も数件を周ったのだが、サンフランシスコに近い土地とあってウォリアーズの商品の方が多かった。

サブストアと出店

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物

・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール

・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

FAQs | Golden 1 Center

Gリーグ: ストックトン・キングス

基本情報

名称: Stockton Arena
住所: 248 W Fremont St, Stockton, CA 95203
詳細: https://stockton.gleague.nba.com/

サクラメント・キングスは傘下にGリーグチームのストックトン・キングスを持っている。ストックトンはサクラメントの隣町である。


ただ、俺達はストックトンに行ったことが無い。俺達には実際に足を運んだことが無い場所は紹介しないポリシーがある。だから、ここではストックトン・キングスというチームが存在するということだけに留める。


もし今後ストックトンに行った際には追記して紹介する。

まとめ

キングスはカリフォルニア州のチームで唯一チケットが安いチームだ。現地観戦はサンフランシスコが本拠地のゴールデンステイト・ウォリアーズと一緒に周るプランがオススメである。

合わせて行きたい: カリフォルニアエリア

現地観戦観の記事

参考

How To Find The Cheapest NBA Tickets For The 2019-20 Schedule + Onsale Dates & More(blog.ticketiq.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました