【NCAA】ミシガンステイト大学

うい。現地観戦研究家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回はミシガン・ステイト大学を紹介する。

ミシガンステイト大学

基本情報

名称: Michigan State University
愛称: Spartans/MSU
所属: Big 10 Conference
19-20: 22勝9敗
18-19: 32勝7敗ファイナル4
17-18: 30勝5敗NCAAトーナメント2回戦

M. Basketball
The official M. Basketball page for the Michigan State University Spartans

近年の話: トム・イゾーの再評価

近年、現HCトム・イゾー(Tom Izzo)が再評価されている。詳しくは後述するが、イゾーは1995年からスパルタンズの指揮を執り、これまでにファイナル4に8回(内1回優勝)に導いた超々々名将だ。


一方、2012年のドレイモンド・グリーンが出るまで2006年を最後にNBAドラフトに引っ掛かる選手がしばらく出てこなかった。と言うのも、イゾー自体はワン&ダン選手を好ましく思っておらず、逆にリクルート達もケンタッキー大学、デューク大学、ノースカロライナ大学といったブルーブラッドに惹かれてしまっていたからだ。


しかし、ゴールデンステイト・ウォリアーズの大躍進とその核となっている教え子のグリーンが、しかもブルーカラースタイルで、NBAのスターダムに駆け上がったことでリクルート達のイゾーの評価が変わった。最たる例がジェイレン・ジャクソンJrとマイルズ・ブリッジスだ。彼らのようなアーリーエントリーが濃厚なリクルートもイゾーの下に来るようになった。

注目選手

ジョシュア・ランフォード(RS4年/#1/196cm/コンボガード)

Joshua Langford's Road to Recovery | Michigan State | B1G Basketball | The Journey

もう1人の注目選手はマクドナルド・オールーアメリカンやナイキ・フープ・サミットのメンバーにも選ばれた元スーパー高校生のジョシュア・ランフォードだ。ランフォードは、2018-19に脚を負傷して以降1年半以上もコートに立っていなかったが、2020年6月にコートでワークアウトしているニュースが舞い込んだ。

ロケット・ワッツ(2年/#2/188cm/コンボガード)

Rocket Watts 2019-20 Full SZN Highlights | 2020-21 Player to Watch!

もう1人の注目選手がロケット・ワッツ(Rocket Watts)だ。ワッツは2018-19にスパイア高校(Spire Institute)でラメロ・ボールとチームメイトだった選手で、2019-20は主に起爆剤としてしばしばスパルタンズのオフェンスを牽引した。ちなみに、本名はマーク(Mark)、ロケットは5歳の時にフットボールしていた際に友達からそう呼ばれたことに由来している。

イモニ・ベイツ

Emoni Bates OFFICIAL Sophomore Year Mixtape!! The BEST High School Prospect Since LeBron!?

イモニ・ベイツ(Emoni Bates)は2022年高卒組のトップリクルートの1人だ。2019-20、ベイツはまだ高校2年生にも関わらずゲータレードの年間最優秀選手に選ばれ、2020年6月にミシガン・ステイト大学へコミットしたことを早々に発表した。ベイツはこのまま行けば2022-23から、学年変更すれば2021-22からイゾーの下でプレーすることになる。

ビッグ10・カンファレンス

名称: Big 10 Conference
愛称: B1G
設立: 1896年
所属校: 14校
HP: www.bigten.org

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
オハイオステイト大学(コロンバス)は全米最大規模を誇る大学だ。グレッグ・オデン、マイク・コンリー、エバン・ターナー、ディアンジェロ・ラッセルなど一昔前まではトッププロスペクトをリクルートできたが、近年はそのブランド力が少し陰りを見せている。
ミシガン大学(デトロイト)は2019-20シーズンから元ファブファイブのジュワン・ハワードが指揮を執ることとなった。
ミシガンステイト大学(デトロイト)はマジック・ジョンソンとドレイモンド・グリーンの母校だ。現HCトム・イゾーはファイナル4進出8回を誇る超名将である。
パデュー大学(インディアナ州)
インディアナ大学(インディアナ州)は名将ボブ・ナイト(1971-2000)が率いて3度のNCAAチャンピオンに輝いた。
メリーランド大学カレッジパーク校(ワシントンD.C.)はジョージタウン大学と並ぶワシントンD.C.の強豪だ。同大のNBAドラフト高順位指名者はバストになる傾向がある。
アイオワ大学(アイオワシティ)は対戦車砲でも止められないルカ・ガルーザが在籍している。
ミネソタ大学(ミネアポリス)は1980年代のセルティックスとレイカーズの時代に両チームにビッグマン(ケビン・マクヘイルとマイカル・トンプソン)を送り込んだ。
イリノイ大学()
ウィスコンシン大学は2015年に38勝0敗のケンタッキー大学を破ってNCAAトーナメント決勝に進出した。
ノースウェスタン大学(シカゴ)はビッグ10の古株だが、運動部には注力しておらず、初めてNCAAトーナメント出場したのは2017年のことだった。
ペンシルベニアステイト大学
ネブラスカ大学(ネブラスカ州リンカーン)は2019年にISUを再建したフレッド・ホイバーグがHCに就任した。2021年秋、桜丘高校出身の富永選手が入学予定となっている。
ラトガース大学(ニュージャージー州)は1991年を最後にNCAAトーナメントから遠ざかっているが、19-20シーズンは快進撃を続けていた。

ビッグ10は北東部から中西部のマンモス校で結成されているカンファレンスだ。ミシガン大学、ミシガン・ステイト大学、オハイオ・ステイト大学が所属している。近年の勢力図はミシガン大学とミシガン・ステイト大学が飛びぬけて強く、その後をメリーランド大学が追っている形となっている。フィジカルなリーグで各校はタフなビッグマンを揃えている。

チーム史

フォーディー・アンダーソン時代(1954-65)

主な実績
  • ファイナル4(1959)
  • エリート8(1957)

1950年、ミシガン・ステイト大学は既に創設50年を迎えていたビッグ・10・カンファレンスに遅ればせながら加入し、1954年、ブラッドリー大学をNCAAトーナメントとNITの両方で決勝に導いたフォーディー・アンダーソン(Forddy Anderson)をHCに招聘した。1957年、アンダーソン率いるスパルタンズは初のNCAAトーナメントで第4位の成績を収め、1959年に再びNCAAトーナメントの舞台に立った。

ジュド・ヒースコート時代(1976-95): 暗黒の20年間からマジック・ジョンソン加入で一気に優勝へ

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(1978)
  • エリート8(1977)

約20年間の暗黒期を過ごしたミシガン・ステイト大学はモンタナ大学で成功を収めていたジュド・ヒースコートを採用した。ヒースコートはイーストランシングに足を踏み入れたことが無かったが、何とかライバルのミシガン大学を制して地元出身のスーパー高校生アービン”マジック”ジョンソンのリクルートに成功した。


1977-78、マジックの加入したスパルタンズはあれよあれよと勝ち上がりエリート8へと進出し、翌1978-79、さらに成長したマジックの個人の力であっさりとNCAAトーナメント制覇を成し遂げた。


マジックはNBA入り後はスタープレーヤーが矢継ぎ早に登場した。ルーキー時に平均22.4点を挙げて引退後にインターネット詐欺で捕まったジェイ・ビンセント(1977-81)、44歳でNBAのコートに立った元オールスターのケビン・ウィリス(1981-84)、実は大学時代は素行不良だったスコット・スカイルズ(1982-86)、ウィリスと2003年にNBAチャンピオンになったスティーブ・スミス(1987-91)などだ。


しかし、NCAAトーナメントでの結果はスウィート16に2度進出しただけと物足りなさは否めなかった。


そして、1995年、ショーン・リスパート(1990-95)とエリック・スノウ(1990-95)をNBAに送り出してヒースコートは引退した。

トム・イゾー時代(1995-): 本当の黄金期の到来!!

フリントストーンズ期(1995-2001)

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(2000)
  • ファイナル4×2(1999、2001)

11年間の長い下積み期間を経てトム・イゾーがHCに就任した。イゾーはモーリス・パターソン、アントニオ・スミス、チャーリー・ベル、マティーン・クリーブスらミシガン州フリント出身の選手達を集めたフリントストーンズ(Flintstones)を結成した。


1998-99、フリントストーンズはファイナル4に進出した。


1999-2000、オリジナルメンバーのスミスは卒業してしまったが、フリントストーンズはそのままチームの愛称として使用され、オリジナルメンバー4名とにジェイソン・リチャードソン等が加わったフリントストーンズ2.0は、シーズン中盤にライト・ステイト大学に敗れる等のハプニングに見舞われるも、ビッグ10を制し、勢いそのままにNCAAトーナメント制覇を成し遂げて、昨季の借りを返した。


2000-01、フリントストーンズのメンバーと交代する形で2000年高卒組トッププロスペクトのザック・ランドルフとマーカス・テイラーが加入した。ランドルフ、リチャードソン、テイラー、そしてフリントストーンズ最後の生き残りベルの活躍でファイナル4へと進出したが、惜しくも2連覇とはいかなかった。


そして、リチャードソン、ランドルフ、チャーリー・ベルはこぞってNBA入りしたため、フリントストーンズは幕を閉じた。

リクルート大成功期(2001-06)

主な実績
  • ファイナル4(2005)

フリントストーンズの大成功のかいあって毎年トップリクルート達がMSUに入学するようになった。2006年NBAドラフト組のシャノン・ブラウン、モーリス・エイガ―、ポール・デイビス、2001年のゲータレード年間最優秀選手(高校生No.1プレーヤーの称号)に選ばれたケルビン・トーバート(Kelvin Torbert)などである。


しかし、試合には勝てなかった。一応、2005年にファイナル4に進出してはいるが、ビッグ10トーナメントでは1回戦敗退、最終成績は22勝6敗でシード順位5位での本戦出場だったため、この結果は実力というよりは運が味方した物にほかならない。


その結果、イゾーは自身の哲学に沿った選手の獲得にリクルートの路線を変更した。

No NBA期(2006-12)

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(2009)
  • ファイナル4(2010)
  • スウィート16(2008、12)

2006-12、MSUからは1人もNBAには行っていない。しかし、2009年にはNCAAトーナメント決勝、翌2010年にもファイナル4へと進出し、2012年には第1シードを獲得した。

リクルート2.0期(2012-)

主な実績
  • ファイナル4×2(2015、19)

2012年、ドレイモンド・グリーンがNBA入りを果たし、数年後にはゴールデンステイト・ウォリアーズの核としてNBAに大旋風を巻き起こした。これによって再びトッププロスペクト達はイーストランシングに来るようになった。


しかし、同じ轍を踏まないイゾーは自分好みでなお且つ才能のある選手を獲得するようになった。その結果、ゲイリー・ハリスやマイルズ・ブリッジスを輩出しつつ、NCAAトーナメントでも結果を残せるチームへと変貌を遂げた。

現地観戦

イーストランシング(ミシガン州)

基本情報

ミシガン州イーストランシングはデトロイトの北西にある。標準時間は東部標準時、日本との時差は-14時間だ。

総評: 中級者向け

イーストランシングは初級者向けだ。

快適度: ★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
カレッジタウン
(大)
ローカルバス最高気温: 12℃
最低気温: -9℃
詳細

イーストランシングは大きなカレッジタウンだ。 故に、衣食住には困らない。公共交通機関はローカルバスしか走っていないが、専らキャンパス以外には行く場所は無いので、問題は無い。気候は寒い。

アクセス: ★★★★

アクセスは結構簡単だ。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ国際空港からはミシガンフライヤー(Michigan Flyer)、デトロイトのダウンタウンからはグレイハウンドという長距離バスで1時間弱程だ。デトロイトやシカゴから鉄道Amtrakを乗り継いで行くこともできる。

観光: ★

観光で行く場所では無い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Breslin Student Events Center
住所: 534 Birch Rd, East Lansing, MI 48824

スパルタンズのホームアリーナはキャンパス内にあるブレスリン・センターだ。ミシガンフライヤーのバス停からキャンパス内を歩いて1.5km程の場所にある。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

トム・イゾーが現役でいる限り、ミシガン・ステイト大学はチェックすべきチームであり続けるはずだ。

合わせて行きたい: 五大湖エリア

カレッジフープスの記事

参考

イーストランシングにおける平均的な気候(jp.wetherspark.com)
Tom Izzo: Next 4 weeks ‘critical’ for Joshua Langford’s return(247sports.com)
Emoni Bates, 2022 top basketball recruit, commits to Michigan State(espn.com)
Rocket Watts: 5 things to know about the Michigan State basketball guard(lansingstatejournal.com)
Michigan State Spartans School History(sports-reference.com)
NBA & ABA Players Who Played For Michigan State(basketball-reference.com)
Former Michigan State basketball coach Jud Heathcote dies at age 90(freep.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました