【NBA】ロサンゼルス・レイカーズ(ロサンゼルス#2)

うい。現地観戦研究家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回はロサンゼルス・レイカーズの現地観戦について紹介する。

ロサンゼルス・レイカーズ

魅力1: レブロン

LeBron drops 37 in showdown with Giannis in Lakers vs. Bucks | 2019-20 NBA Highlights

現地観戦の観点から見たレイカーズの見所は何と言ってもレブロン・ジェームスだ。レブロンは今年で35歳・・・いつ衰えが来るか分からない年齢にいる。昨18-19シーズンのパフォーマンスは未だにトッププレーヤーではあったが、20代の頃に比べれば休息時間が増えており、身体的にきつくなっているのは間違いない。衰えは急に来るものだ。いつレブロンがレブロンたらしめられなくなるかは分からない。それまでにレブロンを拝めることが現地観戦的観点から見たレイカーズの見所だ。

魅力2: 熱狂的なアリーナ

熱狂的なファンもレイカーズの魅力の1つだ。コービーが在籍時はプレーオフが絶望的なシーズンのレギュラーシーズンの普通の試合ですらプレーオフ並の熱狂に包まれていた。コービー引退後、少し静かだった時期もあったが、レブロンが来てからはその熱狂が戻ってきた。個人的にステイプルズ・センターは最も熱いアリーナだと思う。


しかし、レイカーズのチケットは基本的には高いBarry’s Ticketによれば、コービーもレブロンも不在だった暗黒の2016-17ですらレイカーズ戦の平均チケット価格はNBA平均の2倍以上だった。


今後はレブロンとチームのパフォーマンス次第だが、チケット価格は上昇すると思われる。理由はス―パースターが来てチームが強くなったからだ。日本のラグビーやバスケがそうだったように万国共通で人々は強いチームを観に行く。だから、少なくともヤングコア(笑)時代よりは強い今後数シーズンのチケットは高くなるはずだ。


因みに、ステイプルズ・センターは座席によって客層が全然違う。300レベル(3階席)は輩も多いので敵チームのユニフォームを着ていると野次られることもある。一方、100レベル(1階席)は富裕層のジェントルマンとレディ―が多く、アリーナの熱狂も感じつつ、割とゆったりと試合観戦ができる。

基本情報

ステイプルズ・センター

基本情報

名称: Staples Center
住所: 1111 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015
HP: https://www.nba.com/lakers/tickets/things-to-do-at-staples-center?ls=nav_extended_tickets

​ステイプルズ・センターはダウンタウンの少し外れにある。徒歩5分の場所に路面電車のPico駅がある。

チームストア

基本情報

正式名称: TEAM LA STORE
営業: 月~金(9:00~18:00)土日(9:00~17:00)
住所: Staples Center
HP: https://lakersstore.com/apps/store-locator

レイカーズのメインのチームストアは試合の無い日も営業している。試合のある日は開始の2時間前から外からは入れなくなってしまうので注意が必要だ。その日の試合のチケットがあれば入場してアリーナ内から入店できる。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物

・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール

・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

A-Z Guide | STAPLES Center
Sports and entertainment center of the world. Home to the Los Angeles Kings, Los Angeles Lakers, Los Angeles Clippers and Los Angeles Sparks.

その他

狙い目は不人気チームとの試合

対戦相手最低価格
ゴールデンステイト・ウォリアーズ$333
ボストン・セルティックス$263
デンバー・ナゲッツ$239
サクラメント・キングス
マイアミ・ヒート
シャーロット・ホーネッツ
オーランド・マジック
$100

しかし、実は対戦相手によってチケット代は大きく違う。barrystickets.comによれば、上の表にある通り、ウォリアーズやセルティックス戦は鬼のように高いが、マジックやホーネッツはリーズナブルな値段となっている。だから、狙い目は不人気チームとのゲームだ。

ドワイト・ハワードの試合後のシューティング

ドワイト・ハワードは試合後にシューティングを行うようだ。

セクシー過ぎる格好はアウト

2019年12月8日のウルブス戦に登場したシンガーのLizzoがケツ丸出しの衣装でTwerkというセクシーなダンスをカメラの前で披露し、それが不適切だったとして「ステイプルズ・センターを出禁になった」というデマが流れる程の話題となった。しばしば会場のモニターに自身が映り出される機会があるのだが、後々面倒なことになるので、子ども達が目にしても問題の無い挙動を心掛けることを強く推す。

まとめ

レイカーズ戦は四の五の言わずにレブロンが衰える前に行くべきだ。チケットは確かに物凄く高い。が、NBAで1、2位を争う盛り上がりを見せるステイプルズセンターはその価値はある。

合わせて行きたい: カリフォルニアエリア

現地観戦観の記事

参考

How Much Are Lakers Tickets at the Staples Center?(barrystickets.com)
Which NBA Teams Offer the Most Affordable Home Games?(nerdwallet.com)
Lizzo Is Not Banned from Staples Center After Viral Twerk in Thong Dress at Lakers Game(yahoo.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました