【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: マイル編

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

と言うことで、今回は航空会社が発行しているポイントサービスのマイルについてだ。

概要

  • マイル=各航空会社のポイントサービス
  • メリット: 航空券、名産品、その他のポイントへの交換
  • 主なマイルの貯め方
    飛行機搭乗
    クレジットカード利用

マイル(mile)は各航空会社の発行するポイントのことだ。


主なマイルの貯め方は「飛行機の搭乗」と「クレジットカードの利用」だ。飛行機の搭乗の場合、基本的にどこの航空会社も移動距離1マイル毎に1マイルを付与している。例えば、日本-ロサンゼルス間は片道約5500マイルなので往復で11,000マイルが貯まる。クレジットカードの場合、クレジットカードの中に利用額に応じてマイルが貯まるか、あるいはマイルに交換できる別のポイントやサービスが付帯しているカードを普段使いに利用する。


そして、貯まったマイルは航空券、名産品、優待券への交換、座席のグレードアップ、あるいは別のポイントへの換金等に利用できる。現地観戦の場合、1度の訪問で移動距離は往復1~1.5万マイル程度のため1~1.5万マイルが貯まる。つまり、1度の現地観戦で実質的に1~1.5万円の得になる。

基礎知識: マイル

マイル=航空会社が発行するポイント

マイル(mile)は各航空会社の発行するポイントのことだ。


マイルは「飛行機の搭乗」と「クレジットカードの利用」で貯まる。利用者は各航空会社の専用アカウントを作成してマイルを貯める。ANAマイルを貯める場合は「ANAマイレージクラブ」、JALマイルを貯める場合は「JALマイレージバンク」への登録が必要だ。マイルは自動的に貯まる場合もあるが、利用者が自ら搭乗便等を打ち込んでマイルの登録をしなければならない。事後登録も可能だ。


そして、貯めたマイルは航空券、送迎やラウンジ利用等の空港サービス、物品、他のポイントに交換できる。

ANAマイルとJALマイル

  • ANAマイルとJALマイルはほぼ交換不可
    →片方に絞るのが賢明

マイルは世界中の航空会社がマイルを発行しているが、日本人の場合は全日空(ANA)と日本航空(JAL)のどちらか(あるいは両方)のマイルを貯めるのが一般的だ。


まず、片方のマイルに寄せる理由はANAマイルとJALマイルは交換が”ほぼ”不可能だからだ。例えば、ANA1000マイルをJAL1000マイルに交換することはできない。プロフェッショナル達は別のポイントを経由して強引に交換しているらしいが、ポイントの交換は1:1とは限らないため、例えば、ANAマイル(1000)→Tポイント(900)→ポンタポイント(800)→楽天ポイント(700)→JALマイル(600)といった具合に交換する度に減る。だから、片方に絞る方が賢明なのである。


そして、日本の航空会社のマイルを貯める理由はシンプルに両社のマイルの方が他国の航空会社のマイルよりも貯まりやすいからである。両社は他業界とコラボしたクレジットカードを複数発行している。例えば、JALはイオンとコラボしたイオンJMBカードはイオンでの買い物でマイルが貯まる。このようなコラボが多数存在する。だから、日本人は自国の航空会社のマイルを貯めやすいのだ。

交換

  • ANAとJALマイルの有効期限: 3年(36カ月)
  • 登録から加算までのラグ

マイルは貯めたマイルは航空券、ギフトカード、送迎やラウンジ利用等の空港サービス、物品、他のポイント等ありとあらゆる物やサービスに交換できる。


但し、ANAもJALもマイルの有効期限は3年だ。両社のマイルは搭乗月から36ヶ月間である。つまり、2020年3月1日のマイルは2023年3月末日まで有効だ。


日本-北米の往復航空券をマイルで手に入れるのには意図的なマイル稼ぎが必至である。例えば、ANAの場合は最低60,000マイルが必要になる。もし仮に毎年1度現地観戦に行く場合、1度の往復を15,000マイルとして3年間で45,000マイルしか貯まらない。だから、クレジットカードの普段使いで残りの15,000マイルを補填する訳だが、ソラチカカード(10マイル/1,000円)の場合、3年間で総額150万円の利用が必要になる。50万円/年間の支払いは難しくはないが、家賃や光熱費の支払いをソラチカカードに集中させる必要がある。


しかも、マイルは実際に加算されるまでにラグがある。例えば、搭乗マイルの場合は登録日から数日~1週間程度を要する。登録日とは事前登録の場合は搭乗日、事後登録の場合は登録を行った日だ。提携会社の航空便の場合は1ヶ月も掛かる。クレジットカードの利用や他のポイントからの交換で手に入れたマイルも申し込みから数週間を要する。つまり、厳密には2年10ヶ月程で60,000マイルを稼がなければならない。


結論、現地観戦に行く場合はマイルは貯めた方が得だが、日本と北米の往復航空券をマイルで手に入れるのは努力が必要になるため、ほとんどの場合は1度の旅で1~1.5万円程度の得だ。

マイルの貯め方1: 飛行機搭乗

概要

マイルは飛行機に乗る事で貯まる。基本的にどこの航空会社も距離1マイル毎に1マイルを付与している。例えば、日本-ロサンゼルス間は片道約5500マイルなので往復で11,000マイルが貯まる。

提携会社の飛行機でも加算可

マイルは提携している航空会社の飛行機に乗った場合も貯めることができる。例えば、ANAは中国国際航空と提携しているため中国国際航空の飛行機に乗った場合でもマイルが貯まる。

マイル積算率

マイルの積算率は飛行距離とマイルの換算率だ。積算率は基本的には100%である。例えば、ANAの正規航空券で往復10,000マイルを搭乗した場合はANAマイル10,000が加算される。


しかし、マイルの積算率は100%とは限らない。先述した通り、提携会社の登場でもマイルは貯まる訳だが、提携会社の飛行機のマイル積算率は100%ではない場合が多い。例えば、中国国際航空で移動した日本-ロサンゼルス間のマイルをANAマイルに変更する場合、仮に積算率が50%であれば、貯蓄されるANAマイルは5500マイルとなる。その他、航空券の種類(格安航空券や正規割引航空券)によっても積算率が異なる場合がある。


一方、積算率はビジネスクラスやファーストクラスの場合は150~200%に上昇する場合もある。

マイルの貯め方2: クレジットカードの利用

概要

もう1つがクレジットカードの利用だ。クレジットカードの中には利用額に応じてマイルが自動的に貯まる、あるいは何かしらの方法でマイルに交換できるサービスが付帯しているカードが存在する。

飛行機に乗らずにマイルを貯める人種は陸マイラーと呼ばれている。

マイルが貯まるクレジットカード

ソラチカカード

  • オススメ: 東京近郊在住で都内に通勤
  • 特徴: 2種類のポイントがANAマイルになる
  • 注意点: ブランドがJCBのみ(=北米ではほぼ使えない)

ソラチカカードはOki Dokiポイント(JCB発行)とメトロポイント(東京メトロ発行)の2種類のANAマイル変換可能ポイントが貯まるクレジットカードだ。


まず、Oki DokiポイントはJCBが発行しているポイントサービスだ。付与は利用額1000円につき1ポイントとなっている。Oki Dokiポイントはソラチカカードに限らずJCBのクレジットカード全てに付与されるのだが、ソラチカカードはOki Dokiポイントの代わりにANAマイルが付与される。但し、変換されるマイル数はマイルコースで異なる。5マイルコース(「Oki Dokiポイント→ANAマイル」の変換手数料無し)は1000円につき5マイル、10マイルコース(変換手数料年間5000円)は1000円につき10マイルが貯まる。つまり、ソラチカカードは1000円で5 or 10ANAマイルが貯まる。


そして、メトロポイントは東京メトロが発行しているポイントサービスだ。ソラチカカードはPASUMOが付いている。メトロポイントは東京メトロの乗車(5~15ポイント)とメトロポイントPlus加盟店や自動販売でのPASUMO支払い(1ポイント/100~200円)でメトロポイントが貯まる。メトロポイントはANAマイルへの交換(100メトロポイント=90ANAマイル)が可能だ。


但し、当然だがブランドはJCBしかない。先述した通り、JCBは北米ではほとんど使えない。だから、旅行先ではほとんど使えない。つまり、ソラチカカードは日本でマイルを貯めるためのカードだ。実際、ソラチカカードは陸マイラー必携の1枚とされている。

イオンJMBカード

  • オススメ: 電子マネーWAONユーザー
  • 特徴: イオン系列店でJALマイルが貯まる

イオンJMBカードは電子マネーWAONの利用でJALマイルが貯まるクレジットカードだ。JMBはJAL MILAGE BANKの略称である。


最大のメリットはJALマイルが貯まりやすい点だ。クレジットカードショッピング or WAON(イオンの電子マネー)の利用額200円毎に1JALマイル貯まる。しかも、もし「お客様わくわくデー(毎月5、15、25日)」にイオン系列店で買い物をした場合、付与は200円毎に2JALマイルに上がる。


しかも、実はWAONはイオン系列のスーパー以外でもあらゆる場所で利用可能だ。コンビニ(イオングループのセブンイレブン以外)、多くのドラッグストア、飲食店(マクドナルド、吉野家、ココ壱番屋等)、ヤマト運輸、楽天ペイ加盟店等全国8万弱の店舗で利用可能だ。


しかも、ブランドは「VISA」「MASTER CARD」「JCB」から選べる。だから、旅行先でも利用が可能だ。さらには、年会費も無料である。ちなみに、俺は「まいばすけっと」を頻繁に利用するため所持している。

JMB JQ SUGOCAカード

  • オススメ: JALマイラー
  • 特徴: 交通ICでJALマイルが貯まる

JMB JQ SUGOCAカードは交通系ICでJALマイル交換可能ポイントが貯まるクレジットカードだ。


JQ SUGOCAはJR九州が発行している交通系IC(全国各地で利用可能)なのだが、200円毎にJR九州が発行しているJRキューポが1ポイント貯まる。JRキューポは1000ポイントで500JALマイルに変換可能だ。つまり、交通系IC400円毎に1JALマイルが貯まる。


ブランドは「VISA」「MASTER CARD」「JCB」から選べる。だから、旅行先でも利用が可能だ。さらには、年会費は初年度は無料だ。2年目以降はクレジットカードを1度でも使えば無料になる。その他にJR九州の商業施設での買い物は5%オフといった特典もある。

まとめ

  • マイル: 航空会社のポイント単位
  • 有効期限: 3年
  • 交換: 航空券、サービス、物品、他のポイント
  • 貯め方: 搭乗&クレジットカード利用

マイル(mile)は各航空会社の発行するポイントのことだ。


主なマイルの貯め方は「飛行機の搭乗」と「クレジットカードの利用」だ。飛行機の搭乗の場合、基本的にどこの航空会社も移動距離1マイル毎に1マイルを付与している。例えば、日本-ロサンゼルス間は片道約5500マイルなので往復で11,000マイルが貯まる。クレジットカードの場合、クレジットカードの中に利用額に応じてマイルが貯まるか、あるいはマイルに交換できる別のポイントやサービスが付帯しているカードを普段使いに利用する。


そして、貯まったマイルは航空券、名産品、優待券への交換、座席のグレードアップ、あるいは別のポイントへの換金等に利用できる。つまり、現地観戦の場合、1度の訪問で移動距離は往復1~1.5万マイル程度のため、1~1.5万マイルが貯まり、実質的には1~1.5万円相当の利益が得られる。

関連記事

夏に行ける

現地観戦術

参考

使えるお店を探す(waon.net)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました