【現地観戦ガイド】ポートランド編

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回は日本から最も近いNBA都市オレゴン州ポートランドを紹介する。

ポートランド(オレゴン州)

基本情報

オレゴン州ポートランドは太平洋側の北部にある。近くにはワシントン州シアトル、オレゴン大学、オレゴン・ステイト大学がある。標準時間は太平洋標準時、日本との時差は-17時間だ。

総評: 初心者向け

ポートランドは初級者(初心者-初級者-中級者-上級者)にもオススメできる

快適度: ★★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
地方都市路面電車
ローカルバス
最高気温: 10℃
最低気温: 2℃

ポートランドは結構栄えている。衣食住で困ることは無い。市内はバスと路面電車が走っていてポートランド国際空港、モダ・センター、ダウンタウンは路面電車で繋がっている。気候は冬は雨が多い。

アクセス

飛行機空港長距離バス
鉄道
直行便有りポートランド国際空港Greyhound
Bolt Bus
Amtrak

日本とポートランドは直行便が就航している。​一方、シアトル(日本との直行便有り)等から長距離バスという手もある。乗降場はグレイハウンドはバスステーション、ボルトバスは路肩だ。鉄道も通っている。北はバンクーバーとシアトル、東はゴンザガ大学、南はオレゴン大学やカリフォルニア州北部と繋がっている。

観光: ★★★★

ビールが有名だ。スティーブ・ジョブスが通っていたリードカレッジがある。

ポートランドのバスケットボール

NBAポートランド・トレイルブレイザーズ

NBAポートランド・トレイルブレイザーズがある。チケットはリーズナブルだ。

【NBA】ポートランド・トレイルブレイザーズ
NBAポートランド・トレイルブレイザーズの現地観戦について紹介!!

NCAA

ポートランドにはポートランド大学とポートランド・ステイト大学がある。前者は日本と馴染みが深い。現ロスターには帝京長岡高卒のタヒロウ・ディアバテ選手が在籍している。加えて、11月の感謝祭週にはフィル・ナイト・インビテーショナルと呼ばれる招待大会が開催される予定だ。

【NCAA】ポートランド大学他
今回は伊藤大司選手、渡辺飛勇選手、帝京長岡高校卒のタヒロウ・ディアバテ選手と日本と馴染み深いポートランド大学を紹介する。

高校

ほぼ毎年4月にブレイザーズの本拠地モダ・センターでは2つの高校生オールスターゲームが行われる。1つはアメリカ国内のトッププレーヤーを集めたマクドナルド・オール・アメリカン(2020年はヒューストンで開催)、もう1つは世界選抜とアメリカ選抜で試合を行うNIKE HOOP SUMMITだ。

ポートランド出身選手

ポートランド出身のNBAプレーヤーはそこそこ多い。最も有名な選手はAC・グリーンで間違いない。現役プレーヤーではドマンタス・サボニス、ジェラミ・グラント、テレンス・ロスがいる。さらに、ケビン・ラブとクレイ・トンプソンはポートランド近くのレイクオスウィーゴで幼少期を過ごしている。ちなみに、2人は同じ野球チームに所属していた。

聖地巡礼

ナイキ本社

基本情報

名称: Nike World Headquaters
住所: One Bowerman Dr, Beaverton, OR 97005

ナイキ本社(歴史博物館付き)はポートランドにある。オレゴン州がナイキの創設者フィル・ナイトの地元であることが理由だ。ポートランドのダウンタウンから路面電車で1時間ほどだ。


ただ、行く意味はあまり無いかもしれない。なぜなら実はナイキ従業員の連れ添いが無ければ敷地内には入れないからだ。俺たちはそれを知らずに勝手に入ってしまったのだが、その時は幸運にも親切な管理人が俺達を温かく迎えてくれたため、展示物をじっくり見ることができた。


故に、オススメはしない。が、ナイキ関係者のコネがある人も珍しい。もし行きたくて仕方がないのであれば、この俺たち流のゲリラ訪問にトライしてみてはどうだろうか。

ウォレス・パーク

基本情報

名称: Wallace Park
住所: 1516 NW 25th Ave, Portland, OR 97210

ダウンタウンの外れにあるウォレス・パークはブレイザーズのレジェンドのビル・ウォルトンの行きつけだった。1970年代後半、ウォルトンはポートランドの北西エリアに住んでいた。wweek.comによれば、当時、ウォルトンは自宅近くのこの公園でシューティングをしたりフリスビーを楽しんでいたとのことである。ダウンタウンから路面電車やローカルバスでアクセスできる。

買い物

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズの購入は各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

NBAオンリー型

NBAオンリー型の現地観戦の場合、陸路で行ける範囲に他のチームは無いので、飛行機で片道数時間程度のユタ、デンバー、サンフランシス、サクラメント、ロサンゼルス辺りに行くのが良いと思う。

カテゴリー不問型

カテゴリー不問の場合、ワシントン大学、オレゴン大学、オレゴン・ステイト大学、ゴンザガ大学など強豪大学に行くのがオススメだ。

耳寄り情報

ポートランドのグレイハウンドステーションではキャリーバッグを$10(約1100円)弱で預けることができる。バスを予約していなくてもできる。

合わせて行きたい: カスカディアエリア

現地観戦観の記事

参考

The Best Places in Portland to Ball Out this Summer(wweek.com)
The Best NBA Players from Oregon(ranker.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました