【NBA】フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ (フィラデルフィア#2)

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はフィラデルフィア・セブンティーシクサーズを紹介する。

フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ

魅力1: スーパースター2人

Joel Embiid & Ben Simmons Best Plays | 2018 NBA Playoffs

シクサーズの魅力は若きスーパースターのジョエル・エンビートとベン・シモンズだ。前者は派手なダンク、後者はダンクとクリエイティブなパスで”魅せる”ことができる。

魅力2: 若手

Matisse Thybulle Lockdown Defensive Highlights – 4 stl, 2 blk, deflections – 10.15.2019 vs Pistons

シクサーズは近年良い若手を拾えている。特に2019年の1巡目指名選手マティース・ツァイブルはディフェンスで魅せられる数少ない選手の1人だ。彼のスティールやディフレクションなどボールへの反応の速さは見る者を感動させる。

魅力3: コスパ良し!!

チケットはシクサーズの公式HP(もちろんスポンサーのStubHub)で買える。俺調べでは、チケットの価格はNBA全体の真ん中あたりだ。少なくとも、決して高くは無い。人気チーム戦以外は最安値$10以下から販売されている。シモンズとエンビートを見られると考えれば、かなりコストパフォーマンスは高い。

基本情報

ウェルズ・ファーゴ・センター

基本情報

名称: Wells Fargo Center
住所: 3601 S Broad St, Philadelphia, PA 19148
開場: 試合開始1時間前
閉場: 試合開始1時間後

​ウェルズ・ファーゴ・センターへはダウンタウンから地下鉄でアクセスできる。ウェルス・ファーゴ・センターはちょうど地下鉄の終点にあるので行くのは簡単だ。

チームストア

基本情報

営業日: ゲームデイのみ
営業時間: 試合開始2時間前~試合終了後1時間

最も品揃えが豊富なのはウェルス・ファーゴ・センターに併設されているチームストアだ。ただ、シクサーズのチームストアは試合のある日しか営業していない


当日の試合のチケットを持っていなくても入店は可能だが、入店できるのはアリーナの開場までである。アリーナのHPによれば、通常のアリーナの会場時間は試合開始の1時間前なので、実質、約1時間しか入店できないことになる。


チームストアにはスポーツショップでは売っていないチームの4番手位の選手のジャージーも置いてある場合もある。俺が行った14-15シーズンはトニーローテンとKJマクダニエルズのTシャツがあった(笑)もしかしたらセール品ラックに置いてある可能性もある。


また、ネクタイやシャツといった普段使いできるアパレルやコップやペンなどの日用品も売っている。これもまたスポーツショップでは中々置いてはいない。日常をチーム色に染めたい場合は、行く以外の選択肢は無いだろう。

アリーナルール

入場時の格好: 基本的には手ぶらで

主な持ち込み禁止物

・14″×14″×6″以上のバッグ
・バックパック
・スーツケース
・タブレット
・プロ用カメラ+レンズ
・ベビーカー
・飲食物
・自撮り棒
・マスク

NBAゲームへはできるだけ軽装で行くのが基本だ。男ならスマホ、財布、チケット、身分証明証(パスポート)の四種の神器が現地人の基本的な入場スタイルである。もちろん公共のマナーに反しない程度に衣類は纏っておかなければならない。

サインボードのルール: 内容は選手やチームへの応援に

サインボードのルール

・棒をつけるのは禁止
・18インチ以内
・政治、中傷、性的なメッセージ
・他のファンの観戦の妨げになる

そして、もし選手やチームを応援するためにサインボードを作成するつもりであれば、サインボードは、メッセージ性があるという特徴上、厳しいルールが敷かれているので、注意が必要だ。基本的なルールは上に羅列したが、詳しくは下のQ&AのSign Policyを読んでくれ。

Guest Services A to Z | Wells Fargo Center
Learn more about our building policies and frequently asked questions.

まとめ

シクサーズは他のNBAチームと異なる点は2つある。1つはチケットの公式サプライヤーがTicketmasterでは無く、Stubhubであること、もう1つが今どき珍しくチームストアがゲームデイしかオープンしていないことだ。

こぼれ話

ウェルズ・ファーゴ・アリーナのコートには8つに分断された蛇が描かれている。これはアメリカ建国の父ベンジャミン・フランクリン($100札の人物)の作品が元になっている。その蛇はイングランドからアメリカが独立するためには現在バラバラになっている8つのエリアが一丸となって戦う必要があると主張して描かれた。

合わせて行きたい: ボスウォッシュエリア

現地観戦観の記事

参考

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました