【NCAA】サザンカリフォルニア大学(USC)

※本サイトは広告を含んでいます

基本情報

基本情報
  • 名称: University of Southern California
  • 愛称: Trojans/USC
  • 所属: Pac-12 Conference
  • 成績
Men's Basketball - Monday, November 29 - Eric Musselman Named New USC Trojans Men's Basketball Head Coach
Monday, November 29: Eric Musselman Named New USC Trojans Men's Basketball Head Coach for University of Southern Califor...

近年の話: HC交代&カンファレンス移籍

近年の話
  • HC交代(2024)
  • カンファレンス移籍(2024)
未確定ロスター(2024-25)
DJ・ロドマン
ワシントンステイト大学(2019-23)
USC(2023-)
→選手資格満了?
ブロニー・ジェームス
レブロン・ジェームス息子
★4-5(2023)
USC(2023-)
→NBAドラフトエントリー
→編入意思表明
Kijani Wright
★4
USC(2022-)
→編入意思表明
デズモンド・クロード(Desmond Claude)
ゼイビア大学(2022-24)
トップ編入生(2024)
USC(2024-)
セント・トーマス(Saint Thomas)
ロヨラ大学シカゴ(2021-23)
ノーザンコロラド大学(2023-24)
上位編入生(2024)
チブゾー・アボー(Chibuzo Agbo)
テキサス工科大学(2020-22)
ボイシステイト大学(2022-24)
優良編入生(2024)
テレンス・ウィリアムス
ミシガン大学(2020-24)
優良編入生(2024)
ジョシュ・コーエン
セントフランシス大学(ペンシルベニア)(2019-23)
マサチューセッツ大学(2023-24)
優良編入生(2024)
クラーク・スラッシャート(Clark Slajchert)
ペンシルベニア大学(2021-24)
優良編入生(2024)
ラショーン・エイジー(Rashaun Agee)
ニューメキシコ大学(2020-22)
ボウリンググリーンステイト大学(2022-24)
優良編入生(2024)
ブライス・ポープ(Bryce Pope)
UCサインディエゴ(2019-24)
マット・ノウリング(Matt Knowling)
イェール大学(2021-24)
脱退(2024)
ブギー・エリス
メンフィス大学(2019‐21)
USC(2021-24)
→選手資格満了
アイザイア・コリアー
★5(2023)
USC(2023-24)
→NBAドラフトエントリー
コービー・ジョンソン
USC(2021-24)
→UCLA(2024)
ビンセント・イチュクウ(Vincent Iwechukwu)
★4-5リクルート
USC(2022-24)
→セントジョーンズ大学
アーリントン・ペイジ(Arrinten Page)
★4
USC(2023-24)
→シンシナティ大学

2024年、USCはHCアンディー・エンフィールド(Andy Enfield)のSMU転職を受けてエリック・マッスルマン(Eric Musselman)をHCに迎えた。同氏は超豊富なコーチ経験と超優秀なリクルート力を持っている。2024年5月現在、昨シーズン平均二桁得点の選手9名が編入予定だ。

パック-12・カンファレンス

基本情報
  • 名称: Pac-12 Conference
  • 設立: 1915年
  • 所属校: 12校
  • 放送: Pac-12 Network/ESPN/CBS
  • HP: pac-12.com
所属校(大まかな所在地)
ワシントン大学**(シアトル)は多数の地元のキッズをNBAに送り込んでいる。
ワシントンステイト大学****(スポーケン)は2000年代のトニー・ベネット就任時に瞬間的に強かった。最も有名な選手はクレイ・トンプソンだろう。
オレゴン大学**(ユージーン)は初代NCAAトーナメント王者&NIKEのお膝元だ。
オレゴンステイト大学****(コーバリス)はゲイリー・ペイトン父子を輩出した。
カリフォルニア大学バークレー校*(ベイエリア)はケビン・ジョンソン、ジェイソン・キッド、アブドゥル-ラヒーム、ジェイレン・ブラウン等を輩出している。
スタンフォード大学*(ベイエリア)は1980年代後半~00年代前半まではNCAAトーナメント常連校だった。今でもNBA選手の輩出率は高い。
UCLA**は1967~73年の7連覇を含む合計11回のNCAAトーナメント制覇を誇る超名門だ。
USC**(ロサンゼルス)はリクルートに優れている。
コロラド大学***(デンバー)はチャウンシー・ビラップスの母校だ。
ユタ大学***(ソルトレイクシティ)は1990年代にアンドレ・ミラーやキース・バン・ホーンらを擁して最盛を迎えた。日系人NBA選手ワッツ・ミサカ氏も同校出身だ。
アリゾナステイト大学***(フェニックス)はジェームス・ハーデンの母校として知られている。
アリゾナ大学***(ツーソン)は1990年代に西海岸随一のパワーハウスとなった。現在、元ゴンザガ大学ACのトミー・ロイドがHCを務めている。
*ACC移籍/**B1G移籍/***ビッグ12/****WCC

パック-12・カンファレンスは2024年に100年以上の歴史に幕を閉じる。同カンファレンスは西海岸~西部各州の代表校で組織され、数多の競技の全米王者を輩出し、最盛期にはトップカンファレンス”Conference of Champions”の名をほしいままにしていた。一方、近年、収益が悩みだねとなっていた。そして、唯一の稼ぎ頭のUCLAとUSCがビッグ・テン・カンファレンス移籍を決めた。その後、ドミノ倒しが始まった。2024年8月、全校がカンファレンス移籍を予定している。

チーム史

サム・バリー時代(1929-41): バスケをエキサイティングに!!

主な成績
  • トライアングル・オフェンス原案者
  • ファイナル4(1940)
  • バスケットボールのルール改善

サム・バリー(Sam Barry)は現在のバスケットボールの面白さと深みの開祖だ。当時、バスケットボールは思考停止の走力重視だった。そんな中、同氏はいち早く戦術的なバスケットボールを追求し、トライアングルオフェンスの基礎概念を編み出した。そして、1939-40、USCは西海岸随一の強豪となって「NCAAトーナメント招待」+「全米1位評価 by エルメス財団(Helms Athletic Foundation)」を勝ち取った。一方、同氏は「センターライン導入」「10秒ルール」「得点後のジャンプボール廃止」等を数々のルール整備を発案してバスケットボールをエキサイティングなスポーツにブラッシュアップした。

ボブ・ボイド時代(1966-1979)

ボブ・ボイドは1966年にサザンカリフォルニア大学HCに就任し、1969年3月8日にUCLAに1968年1月20日のゲーム・オブ・センチュリーのヒューストン大学戦以来&ルー・アルシンドラー(カリーム・アブドゥル-ジャバー)のキャリア2敗目の黒星を与え、1979年まで任期を全うした。

ジョージ・ラベリング(1986-94)

主な成績
  • NCAAトーナメント出場×2(1991&92)
  • リクルート
    クリス・ムンク(1986-90): NBAドラフト外
    デュワン・クーパー(1987-92): 1992年2巡目36位
    ロバート・パックJr(1989-91): NBAドラフト外
    ハロルド・マイナー(1989-92): 1992年1巡目12位
眉唾物

1986年、USCはジョージ・ラベリング(George Raveling)のコーチングキャリア挫折から救った。同氏は初のパック-10・カンファレンス黒人HCとしてワシントンステイト大学を約40年振り2度目のNCAAトーナメント出場に導き、1983年にアイオワ大学にルート・オルソン(Lute Olson)の後を任され、翌1984年にLA五輪の米国代表ACとして金メダルを獲得し、マイケル・ジョーダンと親密な関係を築き、キャリアを駆け上っていた。一方、実績の大半は運や人間関係構築力によってもたらされていた。僅か2年後、3季連続のイマイチな成績の結果、人々はコーチングの力量に疑念を抱き始めていた。つまり、メッキが剝がれつつあった。

@b_o_bros
@b_o_bros

ジョージ・ラベリングはサニー・バッキャーロにマイケル・ジョーダンを紹介している。

唯一の実績: ベビージョーダンのリクルート

案の定、ハイメジャー校の器は存在しなかった。最初の4シーズンは負越しに終わっている。唯一の功績はNBAスラムダンクコンテスト2回制覇のハロルド・マイナーのリクルートだけだ。同選手は1年次から平均20点以上を記録し、2年次にチームを6シーズン振りの勝ち越しとNCAAトーナメント出場に導き、最終3年次にコンセンサス・オール-アメリカンの1stチーム選出の大活躍でPac-10内15勝3敗、AP最終8位、NCAAトーナメント第2シードをもたらし、ベイビージョーダンの愛称通りのパフォーマスを見せた。

@b_o_bros
@b_o_bros

ハロルド・マイナーは残念ながら膝の故障で僅か4シーズンでNBAキャリアを終えてしまった。

限界の自覚

ハロルド・マイナー以降、成績はイマイチに戻った。そんな中、1994年9月、ジョージ・ラベリングは交通事故に見舞われ、リハビリで長期離脱を余儀なくされ、11月にHCを辞任した。

@b_o_bros
@b_o_bros

ジョージ・ラベリングはコーチ復帰を考えていた。一方、第一線のオファーはなかったようだ。結局、次の仕事はナイキのコンサルタントだった。以降、コーチ復帰は達成されていない。そして、2015年、同氏はバスケットボール殿堂入りとなった。

ヘンリー・ビビー時代(1995途中-2005途中)

主な成績

ティム・フロイド時代(2005-09): ジェットコースターのような4年間

計画とん挫

2005年、USCは急遽ティム・フロイド(Tim Floyd)をHCに迎え入れた。当初、次期HCはリック・マジェラス(Rick Majerus)に決まっていた。同氏は1998年にユタ大学をNCAAトーナメント決勝に導いている。人柄も申し分無しだった。そんな矢先、本人からの辞退の申し出があった。理由は健康状態の悪化だ。

まさかの躍進

当初、ティム・フロイドは本命までの繋ぎとして見られていた。そんな中、2006-07、同氏は前任者ヘンリー・ビビーの置き土産残ニック・ヤング、タージ・ギブソン、ゲイブ・プリットを十二分に活用してNCAAトーナメント出場を果たし、2回戦でケビン・デュラントとテキサス大学を下し、久しぶりのスウィート16にチームを導いた。一方、最大の驚きはリクルートだった。当時、既にトップリクルートのOJ・メイヨ+トップ100選手2名のコミットがあった。また、翌2008年、地元LAのスーパー高校生デマー・デローザンの勧誘も成功している。その結果、USCは一気に全米の注目の的となった。

不正発覚

しかし、幸せは長くは続かなかった。2009年夏、OJメイヨとLAのプロモーター間の金品の授受が発覚した。そして、ティム・フロイドも事件の関与から解雇となった。

アンディ・エンフィールド時代(2013-24): トップリクルーター!!

主な成績
  • エリート8(2021)
  • NCAAトーナメント出場×4(2016、17、22、23)
  • リクルート
    ジョーダン・マクラーリン(2014-18)
    チメジー・メトゥ(2015-18)
    ディアンソニー・メルトン(2016-17)
    ケビン・ポーターJr(2018-19)
    オニェカ・オコング(2019-20)
    エバン・モーブリー(2020-21)
    アイザイア・モーブリー(2019-22)
USC is Back!!
主なリクルート
  • ジョーダン・マクラーリン(2014-18)
  • チミジー・メトゥ(2015-18)
  • ディアンソニー・メルトン(2016-17)
  • デリック・ソーントン(2016-19): ★5

2013年に現HCのアンディ・エンフィールドをHCに採用して再びリクルートに強い学校になった。

アディダスリクルート不正事件
主な人物処分
アディダス
ACトニー・ブランド
ディアンソニー・メルトン
+選手2名
観察処分(2021-23)
罰金$5,000
奨学金枠2名分削減(2018-19)*
リクルート日20日削減(2018-19)*
公式訪問自粛(2018-19)*
当該ACショーコーズ3年(2018-21)
*自罰

2017年9月27日、ACトニー・ブランドはフィナンシャルアドバイザーのサービスを選手に斡旋して見返りを受け取っていた。ディアンソニー・メルトンは金品授受で選手資格停止に追い込まれた後に自主退部した。その後、USCは自罰として2018-19に2名分の奨学金枠、合計20日のリクルート活動可能日、選手の公式訪問(大学負担でのキャンパス案内)等の自粛を行った。そして、2021年4月、NCAAはUSCに「観察処分(2年間)」「罰金$5,000」の処分を下した。一方、ブランドは2018年に3年間のショーコーズ処分が下された。

禊期間
主なリクルート
  • チャールズ・オバノンJr(2017-20): マクドナルド・オールアメリカン
  • イライジャ・ウィーバー(2018-20): ★4-5
  • オニェカ・オコング(2019-20)
モーブリー兄弟(2020-21)
主なリクルート
  • アイザイア・モーブリー(2019-22)
  • エバン・モーブリー(2020-21)

HCアンディー・エンフィールド(Andy Enfield)は2018年にエリック・モーブリーをスタッフに抱え、息子アイザイア・モーブリーとエバン・モーブリーのリクルートに成功し、2020-21にエリート8進出を果たした。

その他

ハーマン・ヒル(1929-30)

ハーマン・ヒル(Herman Hill)は同大初の黒人プレーヤーだ。ハーマンは1929-30にバスケ部員になったことだけは記録されている。保守的な南部の大学では1960年代後半まで黒人学生の入学すら許可されていなかった。如何に南カリフォルニア大学が先進的だったかが伺える。ちなみに、ハーマンは1931年に大学を卒業した後にジャーナリスト兼活動家となり、1949年にはNFLのロサンゼルス・ラムスの初の黒人選手となったウッディ・ストローデとケニー・ワシントンの契約の後押しをする等、黒人の地位向上に大きく貢献した。

テックス・ウィンター(1947-48)

テックス・ウィンターは1960年代にカンザスステイト大学でトライアングルオフェンスを実戦導入して成功を収めた後、フィル・ジャクソンのメンターとしてシカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズの黄金期を陰ながら支えた。

ビル・シャーマン(1946-50)

NBA優勝(1957、59-61/ボストン・セルティックス)
NBA25周年&50周年チーム

ガス・ウィリアムス(1972-75)

NBA優勝(1979/シアトル・スーパーソニックス)
NBA1stチーム(1980)

現地観戦

ホームアリーナ

ホームアリーナ
  • 名称: Galen Center
  • 住所: 3400 S Figueroa St, Los Angeles, CA

​ホームアリーナはギャレン・センターだ。アクセスは良い。ダウンタウンからは路面電車、ローカルバス、徒歩(危険ではあるが)で行ける。

チケット

ハイメジャー校は試合によってはチケットが売り切れる。あるいは、会場購入の場合、列に並ぶ必要が出る。そのため、チケットは事前のオンライン購入が無難だ。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品がキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • ECサイト
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

カリフォルニアエリア

ベイエリア(カリフォルニア州)

サクラメント/ストックトン(カリフォルニア州)

リノ(ネバダ州)

  • NCAA D1(中堅): ネバダ大学リノ校
  • 観光: カジノタウン

サンホアキンバレー(カリフォルニア州)

  • NCAA D1(中堅): フレズノステイト大学
  • NCAA D1(中堅): CSUベイカーズフィールド校

セントラルコースト(カリフォルニア州)

  • NCAA D1(中堅): カリフォルニア大学サンタバーバラ校
  • NCAA D1(中堅): カリフォルニア・ポリテクニック・ステイト大学

ロサンゼルス(カリフォルニア州)

サンディエゴ(カリフォルニア州)

  • NCAA D1(実力校): サンディエゴステイト大学
  • NCAA D1(中堅): サンディエゴ大学
  • NCAA D1(中堅): カリフォルニアステイト大学サンディエゴ校
  • NCAA D1(中堅): カリフォルニア大学サンディエゴ校
  • プロアマリーグ: Swish Pro-Am League

ラスベガス(ネバダ州)

リザベーションエリア(複数州)

  • NCAA D1(中堅): サザンユタ大学
  • NCAA D1(中堅): ユタ工科大学
  • NCAA D1(中堅): ノーザンアリゾナ大学

フェニックス(アリゾナ州)

トゥーソン(アリゾナ州)

  • NCAA D1(強豪): アリゾナ大学
【現地観戦ガイド】西海岸エリア
カリフォルニア州-ネバダ州-アリゾナ州+周辺をバスケに特化して紹介!!

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

アメリカのインターネットテレビの利用方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
Paramount+とMAXの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
TSNの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
ESPN+の利用方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
ESPN PLAYERの利用方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

Southern California Trojans School History(sports-reference.com)
Justin M. “Sam” Barry(hoophall.com)
Sam Barry (1892-1950)(coachesdatabase.com)
Sam Barry Dies, Returned to LA(news.google.com)
Remembering former USC basketball coach Bob Boyd(espn.com)
Retracing the Histories of “The Next Michael Jordans”(theringer.com)
Raveling step down at SC(The-Spokesman-Review)
Majerus cites health as reason for USC exit(Seattletimes.com)
DEMAR DEROZAN(rivals.com)
2007 Rivals150 Prospect Ranking(rivals.com)
Mayo denies ex-confidant’s claims of gifts, including TV, cash(espn.com)
Herman Hill; USC’s First Black Basketball Player Was Activist(latimes.com)
Bill Sharman(hoophall.com)
NCAA Hits USC With Two-Year Probation After Ethical Conduct Violation(si.com)
Eric Mobley(usctrojans.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました