【NCAA】南カリフォルニア大学(ロサンゼルス#5)

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回は南カリフォルニア大学(USC)を紹介する。

南カリフォルニア大学(USC)

基本情報

名称: University of Southern California
愛称: Trojans/USC
所属: Pac-12 Conference
18-19: 16勝17敗
17-18: 24勝12敗NIT2回戦
16-17: 26勝10敗NCAAトーナメント出場
15-16: 21勝13敗NCAAトーナメント出場

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the University of Southern California Trojans

近年の話: トップクラスのリクルート力

Evan Mobley highlights – No. 1 player from 2020

USCは実力こそイマイチだがリクルートはかなり強い。特に現HCアンディー・エンフィールド(Andy Enfield)が就任して以降はそれがより顕著になった。毎年NBA候補生が入学してくると言っても過言では無い。実際、2018年はチメジー・メトゥが、2019年はケビン・ポーターJrがアーリーエントリーでNBA入りを果たし、2020年はOneka Okongwuがその予定だ。


加えて、2018年、USCはエリック・モーブリーをACとして雇った。彼はファイブスターリクルートの息子を2人も持つ元プロバスケットボール選手だ。これによって2019年にアイザイア・モーブリー(Isaiah Mobley)をリクルートすることに成功し、Class of 2020(2020年に高校を卒業する学年)のNo.1プレーヤーと評されるエバン・モーブリー(Evan Mobley)のコミットを取り付けた。

パック12

名称: Pac-12 Conference
愛称: パック12
設立: 1915年
所属校: 12校
HP: pac-12.com

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
UCLA(ロサンゼルス)は1967~73年の7連覇を含む合計11回のNCAAトーナメント制覇を誇る超名門だ。
USCロサンゼルスはUCLAと双璧を成すLAの名門大学だ。最近ではUCLAよりもリクルートに強い。
アリゾナ大学(アリゾナ州ツーソン)は1990年代にPac-12を代表するパワーハウスとなったが、プレー資格の無い選手の起用やリクルートの不正が発覚したためNCAAからの制約を受けて近年は弱体化を余儀なくされた。
アリゾナステイト大学(フェニックス)はジェームス・ハーデンの母校として有名だ。
オレゴン大学(オレゴン州ユージーン)はNIKEのスポンサードによる高いブランド力で毎年リクルートに成功している。
オレゴンステイト大学(オレゴン州コーバリス)はゲイリー・ペイトン父子を輩出した大学だ。
ワシントン大学(シアトル)は地元シアトルのキッズをNBA選手に仕立て上げることで有名だ。
スタンフォード大学(ベイエリア)は1980年代後半~00年代前半まではNCAAトーナメント常連校だった。現在は緩やかに下降気味だが、今でもNBA選手をちょいちょい輩出している。卒業生にはコリンズ兄弟(97-01)とロペス兄弟(06-08)の二組の双子ビッグマンがいる。
カリフォルニア大学バークレー校(ベイエリア)はケビン・ジョンソン、ジェイソン・キッド、アブドゥル-ラヒーム、最近ではジェイレン・ブラウン等を輩出している。ただ、2018-19はカンファレンス内で1勝もできなかった。
コロラド大学(デンバー)はコロラド州史上最高のプレーヤーと評されるチャウンシー・ビラップスの母校だ。
ユタ大学(ソルトレークシティー)は1990年代にアンドレ・ミラーやキース・バン・ホーンらを擁して最盛を迎えた。日系人初のNBA選手ワッツ・ミサカ氏の母校でもある。
ワシントンステイト大学(ワシントン州スポーケン)はワシントン州の”じゃない方”大学と評されているPac-12の残念なチームだ。が、2000年代に現バージニア大学HCのトニー・ベネットが就任して一時期は強かった。当時のエースがクレイ・トンプソンである。

パック12はアリゾナ大学とUCLAに代表されるカンファレンスだ。ただ、現在の勢力図はワシントン大学とオレゴン大学がリードしている状況となっている。PacはPacific(太平洋)の略で、 同連盟は西海岸で唯一のパワーカンファレンスである。Pac-12は各校共にリクルートは優れているのだが強くは無い。

チーム史

サム・バリー時代(1929-41): バスケをエキサイティングに!!

主な実績
  • トライアングル・オフェンスの考案者
  • ファイナルフォー(1940)
  • バスケットボールのルールの変更

USCが最初に大きく発展したのは1929年にサム・バリー(Sam Barry)がHCに就任してからだ。


走力が重視しされていた時代にバリーは戦術的なバスケットボールを追求していた。最も有名なのがトライアングル・オフェンスの基礎概念を生み出したことであるが、バリーはセンターライン、10秒ルール、得点後のジャンプボールなどのルール整備を行ってバスケットボールをよりエキサイティングなスポーツにブラッシュアップしたことでも知られている。


1940年、そんなバリーの先駆的なスタイルで西海岸で随一の強豪となっていたUSCはNCAAトーナメントに招待されることとなった。残念ながら本大会準決勝でUSCはコーチの父フォグ・アレン率いるカンザス大学に敗れてしまった。が、後にHelms Athletic Foundationによって1939-40シーズンのチームは全米1位と評価された。


しかし、1950年、対戦相手のカリフォルニア大学バークレー校をスカウト中に心臓発作で倒れて57歳という若さで帰らぬ人となってしまった。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

その後、トライアングル・オフェンスは教え子のテックス・ウィンターによって1950年代にカンザス・ステイト大学で実戦化された。しかし、トライアングルが一般的に認知されるようになったのはウィンターに手解きを受けたフィル・ジャクソンがシカゴ・ブルズで優勝した1990年代であった。

ポスト・ヘンリー・ビビー時代(2005-現在): トップ高校生がちょいちょい入学!!

入学年選手名(リクルート順位)備考
2004Gabe Pruitt(33)
ニック・ヤング(89)
両者共にLA出身
2005タージ・ギブソン(46)ビビー解雇
2007OJ・メイヨ(1)
Davon Jefferson(40)
フロイドのリクルート開始
2008デマー・デローザン(3)
2014ジョーダン・マクラーリン(41)
Elijah Stweart(71)
Malik Marquette(100)
エンフィールドのリクルート開始
2015チミジー・メトゥ(35)
Bennie Boatwright(55)
2017チャールズ・オバノンJr(36)
2018ケビン・ポーターJr(28)
Elijah Weaver(43)
2019アイザイア・モーブリー(18)
Onyeka Okongwu(19)
Max Agbonkpolo(54)
※順位はsports-reference.com

2005年、UCLAのレジェンドで元NBA選手マイク・ビビーの父ヘンリー・ビビーがチームを去った後、USCは1998年にユタ大学をNCAAトーナメント決勝まで導いたリック・マジェラス(Rick Majerus)を呼び込んだ。が、健康状態を理由に本人から辞退の申し入れがあったため、USCは急遽ティム・フロイド(Tim Floyd)をHCに擁立した。


当初、フロイドは本命が決まるまでの繋ぎとして見られていたが、初年度(2006-07)にビビーが残したニック・ヤング、タージ・ギブソン、ゲイブ・プリットを率いて久しぶりのNCAAトーナメントに進出し、本戦の2回戦ではケビン・デュラント率いるテキサス大学を下してスウィート16に導いた。


同時に、彼はトップリクルートの1人であるOJ・メイヨを含めたトップ100プレーヤーをにを合計3人も入学させることに成功し、翌2008年には地元LAのスーパー高校生デマー・デローザンのコミットメントを取り付け、USCは一気に全米中の注目を集めるチームとなった。


故に、フロイドの評価は上昇の一途をたどっていた。


しかし、2009年夏、メイヨがLAを拠点とするプロモーターから金銭等を不正に受け取っていたことが発覚して事件に関与していたフロイドは解雇となった。


その後、しばらくの低迷期を経た後、USCは2013年に現HCのアンディ・エンフィールド(Andy E)をHCに採用して再びリクルートに強い学校になった。今の所、黒い話は出ていない。

その他
  • ビル・シャーマン(1946-50)
    NBA優勝(1957、59-61/ボストン・セルティックス)
    NBA25周年&50周年チーム
  • ガス・ウィリアムス(1972-75)
    NBA優勝(1979/シアトル・スーパーソニックス)
    NBA1stチーム(1980)

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: Galen Center
住所: 3400 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90089

​ホームアリーナはゲイレン・センターだ。USCはダウンタウンの少し外れにあってアクセスは良い。ダウンタウンからは路面電車、ローカルバス、徒歩(危険ではあるが)で行ける。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

USCはあまり強くは無いが毎年NBAプロスペクトが入学してくる大学だ。だから、ブラケットロジー(NCAAトーナメントの勝ち上がり予想)を重視した場合は注力して観る必要は無い。が、NBA候補生に注目している場合は高頻度で見るに値する。一方、現地観戦はロサンゼルスのダウンタウンから路面電車で行けるためUCLAよりも行きやすい。

合わせて行きたい: カリフォルニアエリア

カレッジフープスの記事

参考

2019 ESPN 100(espn.com)
Eric Mobley(usctrojans.com)
NBA & ABA Players Who Attended USC(basketball-reference.com)
Justin M. “Sam” Barry(hoophall.com)
Sam Barry (1892-1950)(coachesdatabase.com)
Sam Barry Dies, Returned to LA(news.google.com)
Southern California Trojans School History(sports-reference.com)
Majerus cites health as reason for USC exit(Seattletimes.com)
DEMAR DEROZAN(rivals.com)
2007 Rivals150 Prospect Ranking(rivals.com)
Mayo denies ex-confidant’s claims of gifts, including TV, cash(espn.com)
Bill Sharman(hoophall.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました