【NCAA】カレッジバスケ解説: トランスファー(転校/編入)

うい。


現地観戦研究家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

最初に断っておくが、本来、このブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


ただ、カレッジバスケは何の予備知識も無しには楽しめないし、NBAと比べてプレーの質が遥かに劣る試合を観に行く気にはなれないと思う。


と言うことで、この度、NCAA基礎講座」と題してアメリカのカレッジバスケについて解説&紹介することにした。


これらの記事で基礎知識を身に着けて、自分の好奇心の赴くままに歴史、コーチのスタイル、戦術、各大学のカルチャーetcをディグり、最終的に現地を訪れてもらえれば幸いだ。

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

今回はトランスファー(転校)についてだ。

概要

  • トランスファー: 転校
  • 主な転校生
    四年制大学→四年制大学
    短大→四年制大学
    四年制大学→大学院
  • レッドシャツ: 転校直後の1年間は公式戦に出場不可
  • 例外条項: レッドシャツ免除のパターン
  • トランスファー=補強法
  • 近年の傾向: ルールの緩和

トランスファー(transfer)とは「他大学への転校(編入)」or「転校生」という意味の単語だ。アメリカで転校は日本でバイト先を変える位に当たり前に行われている。


但し、NCAAの場合、編入直後に試合に出場できるとは限らない。学生アスリート達はいくつかの例外条項のどれかに当てはまらない限りは編入後1年間はレッドシャツと呼ばれる公式戦に出場できない状態になる。


しかし、近年はトランスファーを表明する選手の数は増加の一途を辿っている。最大の理由が各大学のコーチ達が身体的にも精神的にも成熟している上級生の編入を好むようになったからだが、一方、近年はNCAAがトランスファーのルールを緩和しているため、トランスファー自体がやりやすくなったことも挙げられる。

トランスファー

基本情報

他大学へ転校すること

トランスファー(transfer)とは「他大学への転校(編入)」or「転校生」という意味の単語だ。アメリカで転校は日本でバイト先を変える位に当たり前に行われている。


転校の理由はコーチとのそりが合わなかったり、自分をリクルートしたコーチが解雇されたり、チームルールを破って放校等様々だ。


重要なのは「編入先でいつからプレーできるのか」である。NCAAはD1とD2の学生アスリートにおいてはエリジビリティーと呼ばれるプレー資格を規定していて、誰しもが編入先で即座に公式戦に出場できる訳では無い。いつからプレーできるかはその学生アスリートの状況に応じて決まる。


最も典型的なD1校からD1校への編入の場合、その選手は編入先での初年度をレッドシャツ(redshirt)として過ごさなければならない。レッドシャツとは公式戦に出場できない選手である。


編入した直後シーズンから公式戦に出場できる場合は即刻プレー可能(immediately eligible)、編入した直後のシーズンをプレーできない場合はプレー不可能(ineligible)と呼ばれる。

トランスファーポータル

もし編入を望む場合、選手は編入の意思をコーチに伝えた後、トランスファーポータル(transfer portal)と呼ばれる編入希望者名簿に名前を載せる。通常、各大学のスタッフは他大学の選手とコミュニケーションを取ることを禁じられているが、トランスファーポータルに名前が載っている選手とだけは連絡が許されている。選手側からコーチに連絡することも可能だ。

転校生1: 四年制大学の学部生

シーズン終了後の転校

編入初年度はレッドシャツ

基本的に選手が転校の意思を表明するのはシーズン終了後だ。先述した通り、四年制大学の学部生が他大学へ編入する場合、その選手は編入した最初のシーズンをレッドシャツで過ごさなければならない。例えば、A選手が〇大学で2019-20シーズンをプレーした後に×大学に転校した場合、A選手は2020-21シーズンは公式戦に出場できず、公式戦に出場できるのは2021-22シーズンからとなる。

シーズン途中の転校

シーズンの残り+翌シーズンの前半

一方、シーズン途中に転校した場合、その選手はそのシーズンの残りと翌シーズンの前半をレッドシャツで過ごさなければならない。例えば、A選手が〇大学で2019-20シーズン前半に転校を表明してチームを離れた場合、A選手が公式戦に出場できるのは2020-21シーズンの後半からとなる。

但し、2021年4月からワン-タイム例外条項がNCAA D1全てのスポーツで解禁となった。ワン-タイム例外条項は一度目の転校(四年制大学→四年制大学)の場合はレッドシャツが免除される例外条項だ。

転校生2: JUCO(短大)生

卒業した場合→即プレー可
卒業していない場合→レッドシャツ

短大を卒業して4年制大学に編入した場合、その選手は編入初年度から即プレー可能となる。しかし、卒業せずに編入した場合、その選手は四年制大学の編入生と同様に編入先での最初のシーズンをレッドシャツで過ごさなければならない。つまり、2020年にA選手が〇短期大学を卒業して4年制の×大学に編入した場合、A選手は2020-21からプレーすことができるが、卒業していない場合は2020-21はレッドシャツとなり、公式戦に出場できるのは2021-22からとなる。

転校生3: 大学院生

編入後、即刻プレー可能

NCAAでは学部生と同様に大学院生(Graduate Student)もプレーすることができる。もし四年制大学を卒業して他大学の大学院に転校する場合、その学生は編入初年度にレッドシャツになる必要は無く、即刻プレー可能となる。例えば、A選手が2020年に〇大学を卒業して×大学の大学院に進学した場合、A選手は2020-21シーズンに×大学の選手としてプレーすることができる。

レッドシャツを免除されるケース

  • 例外条項に該当
  • ウェイバーの認可

例外条項

パターン1: 最初の転校(NEW)

2021年4月、NCAAは遂にNCAA D1の全てのスポーツでワン-タイム例外条項(One-Time Exception)を認めた。ワン-タイム例外条項は最初の転校の場合はレッドシャツが免除される例外条項だ。ワン-タイム例外条項はフットボール、バスケ、野球、アイスホッケー以外の競技とNCAA D2には既に実装されていたのだが、近年のNCAAの保守的ルールに対する厳しい目や実験的に行っていたウェイバー緩和の影響の低さから「問題無し」と判断されたのか、遂に解禁となった。但し、ワン-タイム例外条項は「四年制大学から四年制大学」への転校に限られる

NCAA D3の場合、選手のエリジビリティー(プレー資格)等は各大学やカンファレンスに委ねられているので、一概には言えないが、即プレー可能となる可能性が高い。

パターン2: 他大学を卒業した選手

先述した通り、JUCOを卒業して編入した場合や四年制大学を卒業して大学院に編入した場合はレッドシャツを免除されるのだが、実はこれはグラデュエートエクセプション(Graduate Exception)と呼ばれる例外条項の1つである。

パターン3: レッドシャツ経験済み選手

既にレッドシャツを経験済み選手は編入初年度からプレーすることができる。例えば、2018-19をレッドシャツで過ごしたA選手が2019年に〇大学から×大学に編入した場合、その選手は2019-20から×大学の選手としてプレーすることができる。その際、怪我、学業不振、自主などレッドシャツの理由は問われない。

パターン4: ウォークオン

2019年秋から編入前の学校でウォークオン(Walk-on)だった選手は編入先で即プレー可能だ。ウォークオンとはスポーツ奨学金を受け取っていない選手のことである。ちなみに、少額や一部であれば奨学金を受け取っていた場合でも編入先で即プレー可能だ。

パターン5: 秋学期開始前に編入した1年生

2019年から秋学期開始前に編入した1年生は即プレー可能となった。一般的にアメリカの大学の新学期は8月中旬以降に始まるのだが、学生アスリート達は新学期が始まる前の夏休みから入寮してキャンパス内でトレーニングに励むのが常なのだ。つまり、夏休み中に転校を表明すればその学生は編入先で即プレー可能となる。例えば、ミッチェル・ロビンソンは2017年の夏休み中にウェスタンケンタッキー大学から転校を表明し、一旦はルイビル大学への編入が決まったのだが、当時のルールでは2017-18をレッドシャツで過ごさなければならず、結局は大学に通うこと辞退を諦めてNBAドラフトまでを自主練で過ごした。

ウェイバー

ウェイバー1: シーズン途中に転校を表明する

ウェイバー(Waiver)とは自身のプレー資格を放棄した者という意味だ。NCAAにウェイバーとして認めた転校生は編入先で初年度から即プレー可能となる。シーズン序盤に現在所属するチームでプレーするのを止めてトランスファーを表明した選手はウェイバーとして認められることが多い。


通常、シーズン途中に転校した場合、その選手はそのシーズンの残りと翌シーズンの前半をレッドシャツで過ごさなければならないが、早い時期にトランスファーの意思を発表した場合、編入先が決まる/決まらないに関わらず、そのシーズンの後半がプレーできない代わりに翌シーズンはシーズンの最初からプレーすることが可能となる。


例えば、2018年12月、ケンタッキー大学1年のクアッド・グリーンは秋学期終了後にケンタッキー大学を離れて年明けの春学期からワシントン大学に通い始めた。通常であれば、グリーンは2学期分をレッドシャツで過ごさなければならないので、プレーできるのは2019-20シーズンの後半からなのだが、NCAAはグリーンをウェイバーとして認めたため、グリーンは2019-20シーズンの最初からプレーすることが可能となった。


一方、2020年1月、ケンタッキー大学1年のカリル・ウィットニーも転校を表明したが、春学期開始直後だったため、ウィットニーがプレー可能となるのは約1年後の2021年春学期からとなってしまった。

ウェイバー2: 怪我でシーズンの多くを欠場

シーズン終了後に転校を表明した選手でも怪我でシーズンの中盤以降を欠場した場合はウェイバーとして認められることもある。

ウェイバー3: 本人以外の要因で転校せざるを得ない場合

家族の事情

家族の看病等で実家近くに住まざるを得ず、それ故に実家近くの大学に転校せざるを得ない場合、その選手は即プレー可能となる。例えば、アイザイア・ワシントンは2017-19の2シーズンをミネソタ大学でプレーした後に地元ニューヨークにあるアイオナカレッジに編入した。通常であれば、ワシントンは編入初年度の2019-20はレッドシャツとして過ごさなければならないが、転校の理由が家族の看病のためだったため、ワシントンは編入直後の2019-20をプレーした。ちなみに、家族の事情を理由に地元の大学に編入するのはレッドシャツを免除するためによく利用される常套手段である。

先日、ワシントンは再び他大学への転校を表明した。ワシントンはGS生でも無く、なお且つレッドシャツが未経験なため、2020-21はレッドシャツとなり、プレーが可能になるのは2022-23シーズンとなる。

所属チームのスキャンダル

あるいは、所属チームのHCやチームメイトのスキャンダルが発覚してチームがNCAAからNCAAトーナメント出場停止処分等の制裁を受けた場合、その選手は「転校せざるを得ない状況に陥ってしまった」として転校先でのレッドシャツを免除される。

健康状態

加えて、NCAAは2022年1月からウェイバーのガイドラインを更新する予定だ。新ガイドラインでは選手は健康上の理由で転校せざるを得ない場合にウェイバーの申請が可能になる。例えば、選手が現在在籍している大学で怪我の治療が出来ない場合、あるいは近隣住民から脅迫などを受けて命の危険が迫っている場合、ウェイバーの申請が可能だ。

近年のウェイバー事情

ウェイバー審査の緩和

近年、NCAAからウェイバーとして認められるケースが増加している。特に2020年はコロナの影響で2019-20が中止となり、2020-21がシーズン短縮(&今後の先行きが不透明)となったため、遂にはシーズン途中にNCAAが全員にウェイバーを配布することを発表した。

不明瞭な基準

一方、ウェイバーの基準が不明瞭な点は度々指摘されている。例えば、2019年、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)のHCが交代したため、それに伴って6名の選手が他大学へと転校することになったのだが、テキサス工科大学に編入したジョエル・ンタブウェ(Joel Ntabwe)だけがウェイバーを獲得できなかったのだ。

トランスファーの重要性: 補強法

手っ取り早い補強法

編入生を呼び込むことはチームを強化する手っ取り早い方法となっている。カレッジバスケでは上級生が多いチームが強いという通念がある。と言うのも、上級生の方が下級生よりも身体的にもメンタル的にも成熟しているからだ。直近の例を挙げれば、ネバダ大学を負け越しチームから常勝軍団に仕立て上げたエリック・ミュゼルマン(Erick Musselman)だ。2018-19、ネバダ大学の主力4人が大学5年目の転校生達で構成されていた。

最も好まれるトランスファー

編入生の中で特に好まれるのがレッドシャツになる必要が無く即戦力として期待できる学生なのだが、その中でもエリジビリティーを2年残したGS生かなり希少価値が高い。と言うのも、大学を卒業できるのが最短でも3年が必要なため、多くGS生のエリジビリティーは残り1年しかないからである。


しかし、在学3年中1シーズンをレッドシャツで過ごした大学院生の場合、エリジビリティー2年を有した最強のGS生が誕生する。先日、ポートランド大学からカリフォルニアエリア大学デイビス校の大学院へ編入した渡辺飛勇選手はこれに該当していた。

まとめ

  • トランスファー: 転校
  • 主な転校生
    四年制大学→四年制大学
    短大→四年制大学
    四年制大学→大学院
  • レッドシャツ: 転校直後の1年間は公式戦に出場不可
  • 例外条項: レッドシャツ免除のパターン
  • トランスファー=補強法
  • 近年の傾向: ルールの緩和

トランスファー(transfer)とは「他大学への転校(編入)」or「転校生」という意味の単語だ。アメリカで転校は日本でバイト先を変える位に当たり前に行われている。


但し、NCAAの場合、編入直後に試合に出場できるとは限らない。学生アスリート達はいくつかの例外条項のどれかに当てはまらない限りは編入後1年間はレッドシャツと呼ばれる公式戦に出場できない状態になる。


しかし、近年はトランスファーを表明する選手の数は増加の一途を辿っている。最大の理由が各大学のコーチ達が身体的にも精神的にも成熟している上級生の編入を好むようになったからだが、一方、近年はNCAAがトランスファーのルールを緩和しているため、トランスファー自体がやりやすくなったことも挙げられる。

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

関連記事

NCAA基礎講座

大学一覧

大学名所属所在地
デューク大学ACCリサーチトライアングル
ノースカロライナ大学ACCリサーチトライアングル
ノースカロライナステイト大学ACCリサーチトライアングル
ウェイク・フォレスト大学ACCピードモントトライアド
(ノースカロライナ州)
ボストンカレッジACCボストン
ジョージア工科大学ACCアトランタ
シンシナティ大学AMERICANシンシナティ
テンプル大学AMERICANフィラデルフィア
メンフィス大学AMERICANメンフィス
南メソジスト大学
SMU
AMERICANダラス
ウィチタステイト大学AMERICANウィチタ
ヒューストン大学AMERICANヒューストン
タルサ大学AMERICANタルサ
メリーランド大学B1GワシントンD.C.
オハイオステイト大学B1G
ミシガンステイト大学B1G
ミシガン大学B1G
ミネソタ大学B1G
ノースウェスタン大学B1Gシカゴ
テキサス・クリスチャン大学
TCU
BIG 12ダラス
カンザス大学BIG 12
オクラホマステイト大学BIG 12
オクラホマ大学BIG 12
カンザスステイト大学BIG 12
ベイラー大学BIG 12
テキサス大学BIG 12
ビラノバ大学BIG EASTフィラデルフィア
シートン・ホール大学BIG EASTニューヨーク
St.ジョーンズ大学BIG EASTニューヨーク
プロビデンス大学BIG EASTプロビデンス
(ロードアイランド州)
ジョージタウン大学BIG EASTワシントンD.C.
デポール大学BIG EASTシカゴ
マーケット大学BIG EASTミルウォーキー
バトラー大学BIG EASTインディアナポリス
カリフォルニア大学Pac-12ベイエリア
スタンフォード大学Pac-12ベイエリア
ワシントン大学Pac-12シアトル
オレゴン大学Pac-12
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
UCLA
Pac-12ロサンゼルス
南カリフォルニア大学Pac-12ロサンゼルス
アリゾナステイト大学Pac-12フェニックス
オレゴンステイト大学Pac-12
ケンタッキー大学SEC
テキサスA&M大学SEC

大学名所属所在地
デビッドソン大学A10シャーロット
フォーダム大学A10ニューヨーク
ラセール大学A10フィラデルフィア
St.ジョセフズ大学
SJU
A10フィラデルフィア
ロードアイランド大学A10プロビデンス
(ロードアイランド州)
ジョージ・ワシントン大学
GW
A10ワシントンD.C.
ジョージ・メイソン大学
GMU
A10ワシントンD.C.
デイトン大学A10デイトン
(オハイオ州)
アラバマ大学バーミンガム校C-USAバーミンガム
ノースカロライナ大学シャーロット校C-USAシャーロット
ノーステキサス大学C-USAダラス
ライス大学C-USAヒューストン
ホフストラ大学CAAニューヨーク
ドレクセル大学CAAフィラデルフィア
タウソン大学CAAフィラデルフィア
イーロン大学CAAピードモントトライアド
(ノースカロライナ州)
ノースイースタン大学CAAボストン
イリノイ大学シカゴ校
UIC
HORIZONシカゴ
ノーザンケンタッキー大学HORIZONシンシナティ
ヤングタウンステイト大学HORIZONクリーブランド
クリーブランドステイト大学HORIZONクリーブランド
オークランド大学HORIZONデトロイト
デトロイト・マーシー大学HORIZONデトロイト
インディアナ大学-パデュー大学インディアナポリス校
IUPUI
HORIZONインディアナポリス
ウィスコンシン大学ミルウォーキー校
UWM
HORIZONミルウォーキー
ライトステイト大学HORIZONデイトン
(オハイオ州)
ハーバード大学IVYボストン
コロンビア大学IVYニューヨーク
ペンシルベニア大学IVYフィラデルフィア
ブラウン大学IVYプロビデンス
(ロードアイランド州)
バッファロー大学MACバッファロー
マイアミ大学(オハイオ)MACシンシナティ
ケントステイト大学MACクリーブランド
アクロン大学MACクリーブランド
オハイオ大学MACオハイオ州南西部
ロヨラ大学(シカゴ)MVCシカゴ
サンノゼステイト大学MWCベイエリア
ネバダ大学ラスベガス校
UNLV
MWCラスベガス
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校
UNCG
SoConピードモントトライアド
(ノースカロライナ州)
ジョージアステイト大学Sun Beltアトランタ
テキサス大学アーリントン校Sun Beltダラス
ゴンザガ大学WCC
St.メアリーズ大学(カリフォルニア)WCCベイエリア
サンフランシスコ大学WCCベイエリア
サンタ・クララ大学WCCベイエリア
ペッパーダイン大学WCCロサンゼルス
ロヨラ・メアリーマウント大学WCCロサンゼルス
ポートランド大学WCCポートランド

大学名所属所在地
ニュージャージー工科大学
NJIT
AECニューヨーク
メリーランド大学ボルチモアカウンティ校
UMBC
AECボルチモア
カリフォルニアステイト大学サクラメント校Big Skyサクラメント
ポートランドステイト大学Big Skyポートランド
キャンベル大学Big Southリサーチトライアングル
ウィンスロップ大学Big Southシャーロット
ノースカロライナA&Tステイト大学Big Southピードモントトライアド
ハイポイント大学Big Southピードモントトライアド
カリフォルニア大学デイビス校BIG WESTサクラメント
カリフォルニア大学アーバイン校BIG WESTロサンゼルス
カリフォルニア大学リバーサイド校BIG WESTロサンゼルス
カリフォルニアステイト大学ノースリッジ校BIG WESTロサンゼルス
カリフォルニアステイト大学ロングビーチ校BIG WESTロサンゼルス
カリフォルニアステイト大学フラートン校BIG WESTロサンゼルス
カリフォルニアステイト大学フラートン校BIG WESTロサンゼルス
マンハッタン大学MAACニューヨーク
アイオナ大学MAACニューヨーク
St.ピーターズ大学MAACニューヨーク
ナイアガラ大学MAACバッファロー
カニシアス大学MAACバッファロー
ノースカロライナセントラル大学MEACリサーチトライアングル
ハワード大学MEACワシントンD.C.
モーガンステイト大学MEACボルチモア
コピンステイト大学MEACボルチモア
ワーグナー大学NECニューヨーク
ロングアイランド大学
LIU
NECニューヨーク
フェアリー・ディキンソン大学
FDU
NECニューヨーク
St.フランシス大学(ブルックリン)NECニューヨーク
アメリカン大学PATRIOTワシントンD.C.
ボストン大学PATRIOTボストン
ロヨラ大学(メリーランド)PATRIOTボルチモア
サム・ヒューストン・ステイト大学SLCヒューストン
ヒューストン・バプテスト大学SLCヒューストン
オーラル・ロバーツ大学SUMMITタルサ
ミズーリ大学カンザスシティ校
UMKC
SUMMITカンザスシティ
テキサスサザン大学SWACヒューストン
プレイリービューA&M大学SWACヒューストン
カリフォルニア・バプティスト大学WACロサンゼルス
シアトル大学WACシアトル
グランドキャニオン大学WACフェニックス
シカゴステイト大学WACシカゴ

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!
【バスケ留学解説】ゲイ・ドゥドゥ(八王子学園高校卒)
今回は日本の4年制大学(拓殖大学)からNCAA D1へのルートを開拓したゲイ・ドゥドゥの留学を解説する。
【バスケ留学解説】田渡凌
田渡凌選手のバスケ留学の解説!!

NCAAの視聴方法

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

参考

Summary of NCAA Regulations NCAA Division I(fs.ncaa.org)
Transfer terms(ncca.org)
Notification of Transfer: What Division I Student-Athletes Should Know(ncaa.org)
Auburn makes the cut for Georgetown transfer Mac McClung(al.com)
Kentucky basketball’s Kahlil Whitney, a former top recruit, announces plans to leave school(usatoday.com)
NCAA Transfer Exceptions and Waivers(athleticscholaships.net)
DI Council adjusts transfer rules(ncaa.org)
Sources: Five-star recruit Mitchell Robinson not expected to play college basketball this season(sports.yahoo.com)
Mitchell Robinson will bypass college, begin training for Draft(247sports.com)
Sources: NCAA one-time transfer proposal, notification deadlines being finalized(theathletic.com)
Waiver granting hoops transfers immediate eligibility in 2020 set to be approved(theathletic.com)
Beard “floored” and “sick stomach” after hearing Ntambwe’s transfer waiver appeal denied(kcbd.com)
NCAA Division I One-Time Transfer FAQs(nabc.com)
DI Council adopts new transfer legislation(ncaa.org)
DI Council adjusts transfer waiver guidelines(ncaa.org)

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!
Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました