【NCAA】カレッジバスケ解説: ディビジョンⅢ

うい。現地観戦研究家のB.O. BROS(@b_o_bros)だ。


最初に断っておくが、本来、このブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


ただ、カレッジバスケは何の予備知識も無しには楽しめないし、NBAと比べてプレーの質が遥かに劣る試合を観に行く気にはなれないと思う。


と言うことで、この度、NCAA基礎講座」と題してアメリカのカレッジバスケについて解説&紹介することにした。


これらの記事で基礎知識を身に着けて、自分の好奇心の赴くままに歴史、コーチのスタイル、戦術、各大学のカルチャーetcをディグり、最終的に現地を訪れてもらえれば幸いだ。

今回はNCAAで唯一の純粋な学生リーグのNCAA Division Ⅲ(以下D3)について扱う。

大学体育協会(おさらい)

主な大学体育協会
NCAA: 全米最大の大学体育協会
NAIA: 小規模校が所属
NJCAA: 短大が所属
NCCAA: キリスト教系の大学が所属

アメリカには大学体育協会が複数存在する。大学体育協会とは大学スポーツを管理する組織だ。一般的に「アメリカのカレッジスポーツ=NCAA」だと思われがちだが、実はNCAAは数ある大学体育協会中の1つに過ぎない。


ただ、とは言え、NCAA以外の大学体育協会はアメリカ国内でも注目されていないので、NCAA以外を詳しく知る必要は無く、NCAA以外の大学体育協会が「存在する」ということだけ知っていれば問題は無い。

【NCAA】カレッジバスケ解説: 大学体育協会
今回はアメリカの大学スポーツを運営するNCAA、NAIA、NJCAAについて解説する。

ディビジョン

スリーディビジョン制

現在、NCAA内にはスリーディビジョン(DivisionⅠ、DivisionⅡ、DivisonⅢ)制を敷いていて、それぞれのカンファレンスに300~350校が所属している。

一般的にDivisionはDに略される。数字はローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)では無く、算用数字(1、2、3)が使用される。例えば、「DivisonⅠをD1」と書いてDivisionⅠでプレーしている学生アスリートをD1プレーヤーと表記する。

ディビジョンの決定

ディビジョンは強さでは無く、大学の意向(運動部の予算)で決まる。NCAAは大学に各ディビジョンでプレーするための条件を課している。例えば、D1でプレーするためには各大学は男女合計14部以上を運営しなければならず、所属するディビジョンは複数ある条件のクリア状況に応じて決定するのだが、概してディビジョンが上がるにつれてより大きな予算が必要となるため、所属するディビジョンは実質的に大学の予算の大きさで決まる。


繰り返しになるが、ディビジョンの昇格や降格もNCAAが設けている各ディビジョンに所属するための条件をクリアしているかどうかで決まる。例えば、シカゴステイト大学は毎年5勝25敗程度の成績だが、NCAAの条件をクリアしているためD1に居続けられるが、逆に毎年20勝10敗程度でも条件を満たすことができなければ、そのチームはD2やD3、あるいは他の体育協会に移らなければならない。


ちなみに、近年ではD1への昇格が毎年0~5校程度、降格が数年に1、2校程度となっているので、NCAA D1の総数は微増している。

ディビジョン制は1972年に始まった。当初、所属は大学の規模で2つのディビジョンに分類された。故に、最初の名称は総合大学を表すユニバーシティーを用いたユニバーシティーディビジョン(現在のD1)と単科大学を意味するカレッジを用いたカレッジディビジョン(現在のD2)であった。が、大学の規模と運動部の予算は必ずしも比例しないため、名称が現在の形に変更され、その後、D2の予算すら厳しい所属校を集めてD3が組織された。

ディビジョンの比較

各ディビジョンの所属校の傾向

ディビジョン所属校カンファレンス大学規模
DivisionⅠ約350校32大~小
DivisionⅡ約300校23中~小
DivisionⅢ約300校43

先述した通り、上位ディビジョンでプレーするためにはより大きな予算が必要となる。故に、自然と規模の大きな大学はD1、中規模の大学はD2、小規模の大学はD3に所属する傾向にある。

奨学金

ディビジョン奨学生(男子バスケ部)
DivisionⅠ13人
DivisionⅡ10人
DivisionⅢ0人

最大の特徴の1つがスポーツ奨学金(Athletic Scholarship)枠数の違いだ。NCAA D1では各チームは最大13名にまでスポーツ奨学金を与えることができるが、NCAA D2では10名まで、NCAA D3では0名までと決まっている。

スケジュール

ディビジョンノンカンファレンス期カンファレンス期ポストシーズン
DivisionⅠ11試合前後
(10~12月下)
18試合前後
(1~3月中)
2月下~4月上
DivisionⅡ8試合前後
(11~12月中)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中
DivisionⅢ5試合前後
(11~12月上)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中

スケジュールはディビジョンが下がるに連れて試合数と開催期間が小さくなっている。加えて、D2とD3の場合、冬休み期間(12月中旬~1月上旬)は試合を行わない場合も多い。と言うのも、冬休み期間中に大学の施設を開けるのにはコストがかかり、なお且つ冬休み期間中はクリスマスシーズンということもあり、ほとんどの学生達は実家に帰ってしまうため、盛り上がりにも欠けるからだ。

NCAAトーナメント

ディビジョン出場枠開催期間
DivisionⅠ68校3月中~4月上
DivisionⅡ64校3月上~中
DivisionⅢ64校3月上~中

NCAAトーナメントは各ディビジョンごとに開催されている。つまり、D1のNCAAトーナメント、D2のNCAAトーナメント、D3のNCAAトーナメントがある。各ディビジョン共に出場校数はほとんど同じで全6ラウンド制なのも共通しているが、D1の場合は2ラウンドごとに会場を移す一方、D2とD3の場合は3ラウンドごとに会場を移して行われ、それに伴い、開催期間も前者は3週間以上、後者は2週間程と差がある。

ディビジョンⅢ(D3)

基本情報

所属校: 約300校
カンファレンス: 43
シーズン: 11~3月
オススメサイト: https://www.d3hoops.com/landing/index

特徴1: 純粋な学生リーグ

D3はNCAAで唯一の”純粋な”学生リーグとなっている。純粋な学生リーグとは普通の学生がプレーしているリーグという意味だ。D1とD2はプロ養成所的側面がある一方、D3にはそういった面はあまり見られない。


D3では「将来的にはバスケットボールとは違う道を考えているが、バスケットボールもできる限り高いレベルでプレーしたい」と考えている学生がプレーしている。実際、学術的に優れた大学はスポーツに予算を割いていない場合が多く、シカゴ大学、マサチューセッツ工科大学、ジョンズ・ホップキンス大学等、多くの優秀な大学はNCAA D3に所属している。

アイビーリーグ(ハーバード大学、イェール大学、コロンビア大学等が所属するカンファレンス)は超例外的にNCAA D1に所属している。

鍵冨太雅選手も青木龍史選手もその内の1人だと思われる。鍵冨選手の通うボウディン大学はリトルアイビーと呼ばれる大学群の1校に数えられる程に優秀な大学だ。一方の青木選手もアカデミック・オール・アメリカンに選出される程の秀才であり、実際にエンジニアで秀でた大学を3年で卒業してしまった。

特徴2: スポーツ奨学金が無い

D3が純粋な学生リーグでいられる大きな理由の1つにD3にはスポーツ奨学金制度が無いからである。教科書代や学食無料の免除、その他の奨学金、学資ローンはある。故に、D3にはプロやD1を目指す学生アスリートはあまり来ない。代わりに、彼らはスポーツ奨学金を提供してくれるD2校、NAIA校、JUCOに進学する。

特徴3: エリジビリティ(プレー資格)が緩い

エリジビリティー(プレー資格)が緩い

D3の最大の特徴は選手のエリジビリティー(eligibility)が緩いことだ。エリジビリティーとは選手のプレー資格のことだ。例えば、「在学5年間で4シーズンしかプレーできない」、「転校後1年間はプレーできない」、「プロ経験者はプレーできない」といったルールがあり、NCAAはD1とD2に関してはエリジビリティを厳密にチェックしている。


しかし、NCAAはD3に関してはノータッチなのだ。D3のエリジビリティーはカンファレンスや大学に任せている。故に、誰もがD3でプレーすることができる。言ってしまえば、現役生活引退後に学びに来た元プロ選手や一旦大学を休学して25歳以上で復学したような学生でも許可さえ下りればプレーできるのだ。


つまり、交換留学等の短期留学で行った場合もそのチームでプレーできるかもしれない。

D3の日本人

鍵冨太雅選手(2018-)

試合数出場時間得点(FG%)リバウンドアシスト
2019-202230.36.9(48.3%)4.51.9

1人目はボウディン大学(Bowdoin College)に通う鍵冨太雅選手だ。高校時代、鍵冨選手は福岡大濠高校でプレーしつつU-19日本代表としてワールドカップにも出場し、卒業後、第十回スラムダンク奨学生としてSt.トーマス・モア・スクール(STM)に進学した。


St.トーマス・モア・スクールとはプレップスクールと呼ばれる学校だ。北米には高校卒業後に大学進学をサポートするポスト-グラデュエート・イヤーと呼ばれる制度があり、一般的にプレップスクールがPG生向けの教育カリキュラムを用意していて、カリキュラムの一環としてスポーツチームも持っている。STMも例に漏れず、鍵冨選手はPG生としてSTMに留学した。


同選手はその後STMでプレーした後、D1のボストン大学とボブ・クージーの母校ホーリー・クロス大学も進学先に挙がっていたが、両校ともに奨学金無しのウォークオン(Walk-on)での入部となり、出場時間が保証されないため、熱心に勧誘を受けたボウディン大学に進学した。


そして、2年目となった2019-20、鍵冨選手は平均30分以上の出場時間で主力の1人として活躍している。

酒井選手

現在D3所属のUniversity of St. Joseph’sでは殿堂入りコーチが指揮を執っている。コネチカット大学で3度の優勝を果たしたJim Calhounだ。同大のバスケ部は創部2年目なのだが、上のTweetのよれば、現在(2020年1月18日)11連勝中とのことである。流石の一言に尽きる。ちなみに、St.ジョセフズという大学は複数あるので注意が必要だ。

小川春太選手(2019-)

『Next Gen(小川春太&アーロン光龍フックス)』2020.02.24 | NBA情報局 DAILY9 特別企画 | NBA Rakuten

3人目は超名門マサチューセッツ工科大学に通う小川春太(Tim Kostolansky)選手だ。小川選手はアメリカで生まれ育ったが、母親が神奈川県川崎市出身のため、2019年夏には日本代表候補合宿にも参加した。


2019-20、小川選手は17試合に出場して平均4.2点の成績を上げている。


同級生でチームメイトには日本のアメリカ人学校に通っていたアーロン・フックス(Aaron Fuchs)選手がいる。

青木龍史選手(2016-19)

Ryuji Aoki 青木龍史 Top Highlights of 2018-2019 Season
PFG3PtFT
12.246.6%39.5%89.3%
成績

2016-19の3年間、ローズ・ハルマン工科大学(Rose-Hulman Institute of Technology) で青木龍史選手がプレーしていた。2018-19シーズン、青木選手は出場した18試合全てで先発出場を果たし、シューティングカテゴリーでは50-40-90クラブ級の成績を残した。

青木選手はクラスルームでも素晴らしい数字を残している。2018-19は競技と学業の両方で優秀な成績を収めた学生アスリートに贈られるアカデミック・オールアメリカンに選出されたのだ。因みに、2017-18のD1部門ではダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソン(ビラノバ大学)が受賞しているのだが、ブランソンと青木選手はStevenson高校時代にチームメイトだった。

D3出身のプロ選手

D3からプロキャリアを歩む者は少ない

グレッグ・グラント

グレッグ・グラントはNBAドラフトで名前が呼ばれた数少ないD3選手の1人だ。1985年、グラントはD2のモリス・ブラウン大学からD3のニュージャージーカレッジに編入した。1988-89、グラントは合計1044点のD3シーズン最多得点の活躍でチームをファイナル4へと導き、1989年2巡目52位でフェニックス・サンズから指名を受け、NBAで合計274試合に出場した。

デビン・ジョージ(元ロサンゼルス・レイカーズ)

devean dunks on gasol vs memphis

70年以上のNBAの歴史の中でNBAドラフトで1巡目指名を受けたD3選手はロサンゼルス・レイカーズ等でプレーしたデビン・ジョージしかいない。ジョージはミネソタ州ミネアポリスにあるオーガスバーグカレッジ(Augsburg College)で4年間(1995-99)プレーした後、1999年に1巡目23位でロサンゼルス・レイカーズに指名され、ロールプレーヤーとして2000~2002年のレイカーズの3連覇と2006年のマーベリックスのNBAファイナル進出に貢献した。

ホレイス・ジェンキンス(元デトロイト・ピストンズ)

ホレイス・ジェンキンスは郵便局員からD3経由で30歳でNBAプレーヤーになった超苦労人だ。高校卒業後、ジェンキンスは地元ニュージャージ州エリザベスのコミュニティカレッジに進学したが、経済的な理由で1年で退学して郵便局員として働き始め、その後、1998年の24歳の時にD3のウィリアム・パターソン大学に復学した。


1998-2001、ジェンキンスはチームをファイナルフォーに2度導く活躍で三年連続でNBACの最優秀選手賞を受賞し、大学卒業後はNBAサマーリーグやキャンプに参加しつつ、イタリアやギリシャリーグで腕を磨く日々が続いていたが、2004年、30歳の時にジョー・ディーマスの目に留まり、ピストンズと1年契約を結んで晴れてNBA選手となった。合計15試合に出場した。

ダンカン・ロビンソン

Michigan's Sharpshooter: Duncan Robinson | B1G Basketball | The Journey

そして、ジョージの以降、久しぶりにNBAに現れたD3経験者がマイアミ・ヒートで絶賛ブレイク中のダンカン・ロビンソンだ。ロビンソンはミシガン大学出身だが、同大に編入する前の2013-14シーズンはD3のWilliams Collegeでプレーしていた。

ジェフ・ギブス(栃木ブレックス)

【B.LEAGUE】ジェフ・ギブス プレー集【オールスター】

栃木ブレックスのジェフ・ギブスも数少ないD3 to Pro選手の1人だ。ギブス選手と言えば、188㎝のサイズに見合わぬプレースタイルと見た目の愛くるしさも相まって、日本では広く知られている存在だが、実はギブス選手はD3校からプロで成功した稀有な例としてもバスケオタク界隈では有名な選手だ。


ギブスはオハイオ州コロンバス付近のオッタービーン大学でプレーし、2002年にはD3hoops.comオールアメリカン1stチームにも選出された。卒業後、ギブスはドイツでプロキャリアを歩み、2010-11にトヨタアルバルクに入団、Bリーグ誕生後も栃木ブレックスでプレーしている。


ちなみに、ギブス選手はオハイオステイト大学のあるコロンバス出身だからなのか、2019年のThe Basketball Tournament(TBT)でオハイオ・ステイト大学OBチームの一員として参加した。

まとめ

・D3は純粋な学生リーグ
・スポーツ奨学金が無い
・プロレベルの選手もいる

D3も日本人にとっては十分にレベルが高いリーグだ。どこの大学にも2m/100kg級の選手が複数人は在籍している。日本の関東一部の大学でもD3で超必死になって勝率5割がやっとだと思う。実際、弟が通っているD3校のエースは大学やカンファレンスに内緒で夏休みにクロアチアのプロチームと契約して小遣い稼ぎをしていた。だから、普通の日本人にとってはD3は十分にチャレンジングな環境だ。

カレッジフープスの記事

参考

Taiga Kagitomi(athletics.bawdin.edu)
第十回奨学生の近況報告(slamdunk-sc.shueisha.co.jp)
【小川春太・独占インタビュー】ナショナルチャンピオンシップを勝ち取りたい(2/24「NBA情報局 DAILY9」にて配信)(nba.rakuten.co.jp)
Tim Kostolansky(mitathletic.com)
Aaron Fuchs(mitathletics)
NCAAディビジョン3アカデミック・オールアメリカン選出:青木龍史は正に学生アスリートの見本(YAHOO!ニュース)
Stevenson 2014-15 Basketball Roster(maxpreps.com)
Greg Grant(tcnjathletic.com)
Horace Jenkins(basketball-reference.com)
Horace Jenkins, Palmer Township resident and former NBA player, recalls going undrafted(lehighvalleylive.com)
Pistons Sign Guard Horace Jenkins(nba.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました