【NCAA】カレッジバスケ解説: ディビジョンⅢ

NBA&NCAAグッズ同時購入にオススメ!!
※全て日本への発送に対応

概要

基本情報
  • 所属校: 約300校
  • カンファレンス: 43
  • シーズン: 11~3月
  • 特徴
    運動部低予算OK→世界トップ大学多数所属
    スポーツ奨学金制度無し→学業優先者の入学
    寛大な選手資格→誰でもプレー可

NCAA D3はNCAAで唯一の”純粋な”学生リーグとなっている。まず、NCAA D3は運動部への予算が低くても所属することが可能だ。そのため、超A級大学(運動部の優先順位低)はNCAA D3に所属している。また、スポーツ奨学金制度が無い。そのため、スポーツの優先順位が高い学生はスポーツ奨学金有のNCAA D2校、NAIA校、JUCO(短大)に進学する。そして、エリジビリティー(eligibility)が緩い。NCAAはD1とD2に関しては選手資格を厳しくチェックしている。一方、NCAA D3の場合、エリジビリティーはカンファレンスや大学に委ねられている。つまり、誰もがD3でプレーすることができる。

NCAA

主な大学体育協会
  • NCAA: 全米最大の大学体育協会
  • NAIA: 小規模校が所属
  • NJCAA: 全米の短大が所属
  • CCCAA: カリフォルニア州の短大が所属
  • NCCAA: 小規模のキリスト教系大学が所属

NCAAは全米最大の大学体育協会だ。大学体育協会は競技大会の運営や各大学運動部の管理を行っている組織である。

【NCAA】カレッジバスケ解説: 大学体育協会
アメリカの大学スポーツを運営するNCAA、NAIA、NJCAAについて解説!!

ディビジョン

三部制

現在、NCAAは三部(DivisionⅠ、DivisionⅡ、DivisonⅢ)制を敷いている。各ディビジョンの所属校数は300~350校だ。一般的にDivisionはDに略される。数字はローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)では無く、算用数字(1、2、3)が使用される。例えば、「DivisonⅠをD1」と書いてDivisionⅠでプレーしている学生アスリートをD1プレーヤーと表記する。

ディビジョンの決定

所属ディビジョンは大学の意向(運動部の予算)で決まる。NCAAは各ディビジョンの所属に際していくつもの条件を大学に課している。例えば、NCAA D1では各大学は男女合計14部以上を運営しなければならない。そして、概して上位ディビジョンはより大きな予算が必要になる。強さは関係無い。例えば、シカゴステイト大学は毎年5勝25敗程度にも関わらずNCAAの条件をクリアしているためD1に居続けている。ちなみに、近年ではNCAA D1は「昇格→毎年数校/降格→数年に1校」のため微増傾向にある。2021年にはSt.トーマス大学が異例のNCAA D3からNCAA D1へジャンプアップした。

ディビジョンの比較

各ディビジョンの所属校の傾向
ディビジョン所属校カンファレンス大学規模
DivisionⅠ約360校32大~小
DivisionⅡ約300校23中~小
DivisionⅢ約300校43

先述した通り、上位ディビジョンでプレーするためにはより大きな予算が必要となる。故に、自然と規模の大きな大学はD1、中規模の大学はD2、小規模の大学はD3に所属する傾向にある。

選手
ディビジョン選手数高校バスケ部員に対する割合
DivisionⅠ約5500名約1.0%
DivisionⅡ約5500名約1.0%
DivisionⅢ約7500名約1.4%

NCAA D1~3プレーヤーはかなり少ない。全ディビジョンを合わせた選手数はアメリカの高校のバスケ部員の約3.5%程だ。

ルール
主なディビジョン間の相違点
  • 各チームのスポーツ奨学生数
  • エリジビリティ(プレー資格)
  • リクルート

各ディビジョン間ではルールが異なる。最も代表的なのはスポーツ奨学金枠数だ。NCAA D1校は最大13名、NCAA D2校は10名、NCAA D3は0名までと決まっている。エリジビリティ(プレー資格)に関するルールは上位ディビジョンの方が厳しい。

【NCAA】カレッジバスケ解説: ルールと制限-エリジビリティ編
NCAAのエリジビリティー(プレー資格)について紹介&解説!!
スケジュール
ディビジョンノンカンファレンス期カンファレンス期ポストシーズン
DivisionⅠ11試合前後
(10~12月下)
18試合前後
(1~3月中)
2月下~4月上
DivisionⅡ8試合前後
(11~12月中)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中
DivisionⅢ5試合前後
(11~12月上)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中

スケジュールはディビジョンが下がるに連れて試合数と開催期間が小さくなっている。D2とD3の場合、冬休み期間(12月中旬~1月上旬)は試合を行わない場合も多い。

【NCAA】カレッジバスケ解説: スケジュール
今回はNCAA D1のスケジュール(1年の流れ)を解説する。
NCAAトーナメント
ディビジョン出場枠開催期間
DivisionⅠ68校3月中~4月上
DivisionⅡ64校3月上~中
DivisionⅢ64校3月上~中

NCAAトーナメントは各ディビジョンごとに開催されている。つまり、D1のNCAAトーナメント、D2のNCAAトーナメント、D3のNCAAトーナメントがある。各ディビジョン共に出場校数はほとんど同じで全6ラウンド制なのも共通している。最大の違いは「D1→2ラウンドごとに会場移動」「D2&D3→3ラウンドごとに会場移動」だ。そのため、前者と後者では開催期間が異なる。

【NCAA】カレッジバスケ解説: NCAAトーナメント
全米No.1の座を争うNCAAトーナメントの仕組みを解説!!

ディビジョンの歴史

ディビジョン制は1956年に各大学を総合大学と単科大学でユニバーシティーディビジョン(現在のD1)とカレッジディビジョン(現在のD2)として始まった。その後、両ディビジョン名は大学の規模と運動部の予算が必ずしも比例しなくなったため現在のD1とD2に改められた。そして、1972年、NCAA D3がD2の予算すら厳しい所属校を集めて組織された。

D3の日本人

鍵冨太雅選手(2018-)

試合数出場時間得点(FG%)リバウンドアシスト
2019-202230.36.9(48.3%)4.51.9

1人目はボウディン大学(Bowdoin College)に通う鍵冨太雅選手だ。高校時代、鍵冨選手は福岡大濠高校でプレーしつつU-19日本代表としてワールドカップにも出場し、卒業後、第十回スラムダンク奨学生としてSt.トーマス・モア・スクール(STM)に進学した。


St.トーマス・モア・スクールとはプレップスクールと呼ばれる学校だ。北米には高校卒業後に大学進学をサポートするポスト-グラデュエート・イヤーと呼ばれる制度があり、一般的にプレップスクールがPG生向けの教育カリキュラムを用意していて、カリキュラムの一環としてスポーツチームも持っている。STMも例に漏れず、鍵冨選手はPG生としてSTMに留学した。


同選手はその後STMでプレーした後、D1のボストン大学とボブ・クージーの母校ホーリー・クロス大学も進学先に挙がっていたが、両校ともに奨学金無しのウォークオン(Walk-on)での入部となり、出場時間が保証されないため、熱心に勧誘を受けたボウディン大学に進学した。


そして、2年目となった2019-20、鍵冨選手は平均30分以上の出場時間で主力の1人として活躍している。また、鍵冨太雅選手や青木龍史選手もその内の1人だろう。ボウディン大学はリトルアイビーと呼ばれる大学群の1校に数えられている。一方、青木選手もアカデミック・オール・アメリカンに選出される程の秀才だ。

木村圭吾選手(2020-)

2020年、木村圭吾選手がコネチカット州のSt.ジョセフズ大学(University of St. Joseph’s)に入学した。木村選手は、2018年に八王子学園高校を卒業後、スラムダンク奨学生としてプレップスクールに入学、1シーズンを経て同大への進学が決まった。


同大はコネチカット大学で3度の優勝を果たした殿堂入りコーチのジム・カルフーン(Jim Calhoun)が指揮を執っている。ちなみに、St.ジョセフズ大学は複数あるので注意が必要だ。

酒井達晶選手(2017-)

酒井達晶選手はメイン州のSt.ジョセフズ大学(Saint Josephs College of Maine)でプレーしている。

小川春太選手(2019-)

3人目は超名門マサチューセッツ工科大学に通う小川春太(Tim Kostolansky)選手だ。小川選手はアメリカで生まれ育ったが、母親が神奈川県川崎市出身のため、2019年夏には日本代表候補合宿にも参加した。


2019-20、小川選手は17試合に出場して平均4.2点の成績を上げている。


同級生でチームメイトには日本のアメリカ人学校に通っていたアーロン・フックス(Aaron Fuchs)選手がいる。

青木龍史選手(2016-19)

PFG3PtFT
12.246.6%39.5%89.3%
成績

2016-19の3年間、ローズ・ハルマン工科大学(Rose-Hulman Institute of Technology) で青木龍史選手がプレーしていた。2018-19シーズン、青木選手は出場した18試合全てで先発出場を果たし、シューティングカテゴリーでは50-40-90クラブ級の成績を残した。

青木選手はクラスルームでも素晴らしい数字を残している。2018-19は競技と学業の両方で優秀な成績を収めた学生アスリートに贈られるアカデミック・オールアメリカンに選出されたのだ。因みに、2017-18のD1部門ではダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソン(ビラノバ大学)が受賞しているのだが、ブランソンと青木選手はStevenson高校時代にチームメイトだった。

NCAA D3 to NBA選手

グレッグ・グラント

基本情報
  • 出身校: ニュージャージー大学(The College of New Jersey)
  • カレッジキャリア: NCAA D3シーズン歴代最多得点(1988-89)
  • NBAキャリア: 合計274試合出場

グレッグ・グラントは1985年にNCAA D2のモリス・ブラウン大学からNCAA D3の現ニュージャージー大学に編入し、4年次(1988-89)に合計1044点でNCAA D3の1シーズン最多得点記録を更新してチームをファイナル4へと導き、同年2巡目52位でフェニックス・サンズから指名を受け、数少ないNCAA D3指名選手となった。

デビン・ジョージ

基本情報
  • 出身校: オーガスバーグ大学(Augsburg College)
  • NBAでの活躍: NBA3連覇(LAL)+ファイナル進出(DAL)に貢献

デビン・ジョージは地元ミネソタ州ミネアポリスのオーガスバーグ大学(Augsburg College)で4年間(1995-99)プレーした後、1999年に1巡目23位でロサンゼルス・レイカーズに指名され、NBA史上唯一のNBAドラフト1巡目指名を受けたNCAA D3選手となった。

ホレイス・ジェンキンス

基本情報
  • 出身校: ウィリアム・パターソン大学
  • カレッジキャリア: NBACの最優秀選手賞×3
  • NBAキャリア: 15試合出場

ホレイス・ジェンキンスは高校卒業後に地元ニュージャージ州エリザベスの短大に進学したものの、経済的な理由で1年で退学せざるを得ななくなった。郵便局員として働き始め、1998年の24歳の時にD3のウィリアム・パターソン大学で復学し、1998-2001にチームを2度のファイナル4に導き、NBAサマーリーグやイタリアやギリシャリーグでプロキャリアを積んだ後、2004年の30歳時にデトロイト・ピストンズと1年契約を勝ち取った。

ダンカン・ロビンソン

基本情報
  • 出身校: Williams College(2013-14)
  • カレッジキャリア:
  • NBAキャリア: 現役

ダンカン・ロビンソンはミシガン大学編入前の2013-14シーズンにウィリアムス大学でプレーしていた。

フレディ・ギリスピー

フレディ・ギリスピーは本格的にバスケットボールをスタートさせたのが中学2年頃と比較的遅く、なお且つ怪我に悩まされていたため、地元ミネソタ州のNCAA D3のカーレトン大学に進学した後、大学2年目終了時に強豪ベイラー大学へと編入し、NCAAのルールでのレッドシャツ期間を経て、2019-20にはビッグ・12・カンファレンスのMIPを受賞し、2020-21にトロント・ラプターズでNBAデビューを飾った。

ライアン・タレル(NBA候補生)

ライアン・タレルはユダヤ教の信仰を理由にイェシバ大学に進学し、2018~22にチームを「50連勝」「NCAA D3のランキング1位」「2020年と2021年のNCAAトーナメント優勝候補(大会自体は中止)」に導き、NBAドラフトにエントリーした。同選手はユダヤ教の教えに従ってプレー中もキッパ(イェムルケ)を着用している。

その他

ジェフ・ギブス(栃木ブレックス)

ジェフ・ギブスも実はD3校からプロで成功した稀有な例として界隈では知られている。同選手はオハイオ州コロンバス付近のオッタービーン大学で2002年にはD3hoops.comオール-アメリカンの1stチームに選出され活躍を見せ、その後はドイツでプロキャリアを歩み、2010-11にアルバルクに入団し、Bリーグで活躍している。

ジェフ・ギブス選手はオハイオステイト大学の城下町コロンバス出身だからなのか、2019年のThe Basketball Tournament(TBT)でオハイオステイト大学OBチームの一員として参加し、OSUの選手よりも活躍した。

エリック・デマース: Gリーグ

ゴードン大学4年のエリック・ディマース(Eric Demers)は2019-20に全3ディビジョントップの平均33点を挙げた希代のスコアラーだ。ノンカンファレンスシーズンにNCAA D1ハートフォード大学戦でトリプルチームを仕掛けられながら42得点を記録したこともある。大学卒業後、同選手は2021-22はGリーグのメイン・セルティックスでプレーしていた。

ディボンテ・フリガ: ユーチューバー

もしNCAA D3の学生アスリートの生活が知りたいのであれば、ディボンテ・フリガ(D’Vontay Friga)のユーチューブチャンネルがオススメだ。フリガは2019-20シーズンまではNCAA D3のマウントユニオン大学のバスケ部員だった。気になる人は彼の2019-20シーズンの動画をチェックすると良い。シーズン中のVlog動画がたくさんある。

まとめ

・D3は純粋な学生リーグ
・スポーツ奨学金が無い
・プロレベルの選手もいる

D3も日本人にとっては十分にレベルが高いリーグだ。どこの大学にも2m/100kg級の選手が複数人は在籍している。日本の関東一部の大学でもD3で超必死になって勝率5割がやっとだと思う。実際、弟が通っているD3校のエースは大学やカンファレンスに内緒で夏休みにクロアチアのプロチームと契約して小遣い稼ぎをしていた。だから、普通の日本人にとってはD3は十分にチャレンジングな環境だ。

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

関連記事

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
当ブログで紹介しているNCAAディビジョン1の大学一覧

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!
【バスケ留学解説】ゲイ・ドゥドゥ(八王子学園高校卒)
今回は日本の4年制大学(拓殖大学)からNCAA D1へのルートを開拓したゲイ・ドゥドゥの留学を解説する。
【バスケ留学解説】田渡凌
田渡凌選手のバスケ留学の解説!!

NCAAの視聴方法

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

参考

St. Thomas to jump from Division III to Division I(espn.com)
Taiga Kagitomi(athletics.bawdin.edu)
第十回奨学生の近況報告(slamdunk-sc.shueisha.co.jp)
【小川春太・独占インタビュー】ナショナルチャンピオンシップを勝ち取りたい(2/24「NBA情報局 DAILY9」にて配信)(nba.rakuten.co.jp)
Tim Kostolansky(mitathletic.com)
Aaron Fuchs(mitathletics)
NCAAディビジョン3アカデミック・オールアメリカン選出:青木龍史は正に学生アスリートの見本(YAHOO!ニュース)
Stevenson 2014-15 Basketball Roster(maxpreps.com)
Greg Grant(tcnjathletic.com)
Horace Jenkins(basketball-reference.com)
Horace Jenkins, Palmer Township resident and former NBA player, recalls going undrafted(lehighvalleylive.com)
Pistons Sign Guard Horace Jenkins(nba.com)
‘I never thought I would end up here’: Baylor’s Freddie Gillespie defies the odds(kcentv.com)
Baylor’s Freddie Gillespie headed to Dallas as NBA free agent(wacotrib.com)
Yeshiva University’s Ryan Turell, nation’s leading college basketball scorer, to enter 2022 NBA draft; aims to be league’s first Orthodox Jewish player(espn.com)
From Way Outside: He’s Averaging 33.3 Points and You Don’t Know His Name(si.com)
Former DIII Guard Eric Demers is Ready to Tap Into His Potential in the G League(slamonline.com)

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました