【NCAA】カレッジバスケ解説: ブラケットロジー(勝ち上がり予想)入門

うい。現地観戦研究家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。


最初に断っておくが、本来、このブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


ただ、カレッジバスケは何の予備知識も無しには楽しめないし、NBAと比べてプレーの質が遥かに劣る試合を観に行く気にはなれないと思う。


と言うことで、この度、NCAA基礎講座」と題してアメリカのカレッジバスケについて解説&紹介することにした。


これらの記事で基礎知識を身に着けて、自分の好奇心の赴くままに歴史、コーチのスタイル、戦術、各大学のカルチャーetcをディグり、最終的に現地を訪れてもらえれば幸いだ。

【NCAA】カレッジバスケ解説: NCAAの視聴方法
今回は有料と無料問わず今季の日本からのNCAAの視聴方法を紹介する。

と言うことで、今回はカレッジフープスの神髄であるブラケットロジーについて紹介する。

ブラケットロジー

基本情報

Bracket + ology = Bracketology

bracket…トーナメント表(NCAAトーナメント)の意
-ology…学問等を意味する接尾辞

ブラケットロジー(bracketology)とはNCAAトーナメントの出場校や勝ち上がりを予想することだ。ブラケットロジーはトーナメント表を意味するブラケット(bracket)と学問を意味する接尾辞(-ology)が組み合わさった造語だ。ブラケットロジーを嗜んでいる人々はブラケットロジストと呼ばれている。

予想1: 出場校の予想

ブラケットロジーの予想の1つが出場校の予想だ。NCAAトーナメントに出場するための条件は「カンファレンストーナメント優勝」or「選考委員会からの招待」なのだが、後者の選考委員会の招待を受けるのはどこかを予想するのがブラケットロジーの楽しみの1つとなっている。


特に盛り上がるのはバブルチーム(Bubble Team)と呼ばれる当落線上のチームの予想だ。バブルチームの中でギリギリ合格するチームはラストフォーイン(Last Four In)、ギリギリ不合格となるチームはファーストフォーアウト(First Four Out)と呼ばれていて、各スポーツメディアのブラケットロジスト達は上記のツイートの様に各々のバブルチーム論を展開している。


一方、レギュラーシーズン終盤からは上位シードの話も出てくる。NCAAトーナメントでは全68校が16~18チームずつの4地区に分かれてホームでもアウェイでも無い場所で試合を行うのだが、キャンパスに近い地区の高いシード順位になることが大会を勝ち上がるのに重要になるのだ。第1シードが濃厚なチーム群はティアワン(Tier 1)、第2シードが濃厚なチーム群はティアツー(Tier 2)と呼ばれ、こちらもブラケットロジスト達が持論を語り、大いに盛り上がる。

予想2: NCAAトーナメントの勝ち上がり予想

CBB: President Obama Fills in his 2012 Bracket

そして、最大の肝となるのがNCAAトーナメントの勝ち上がり予想だ。NCAAトーナメント表は3月中旬の日曜日にTV放送で一気に発表される。このセレクションサンデーからNCAAトーナメントの1回戦が始まるまでの5日前後の間で人々はNCAAトーナメントの勝ち上がりを予想する。


予想で最も重要視されるのは準決勝戦に進むカード(ファイナル4)までだ。ファイナル4以降はやや惰性気味である。


ちなみに、バスケ好きで知られるバラク・オバマは毎年自身のブラケットをTV放送で発表していて、任期を終えた現在でもSNS等で自身のブラケットを公開している。

ブラケットチャレンジ

勝ち上がり予想コンテスト

毎年、全米各地ではブラケットチャレンジ(Bracket Challenge)と呼ばれる勝ち上がり予想コンテストが行わている。NCAA、ESPNなどのスポーツメディア、スポーツギャンブルサイトは勿論、バスケットボールとは無関係のスーパーマーケットや町の床屋なども開催している。


ブラケットチャレンジでは最も予想率の高かった人やパーフェクトブラケットを作った人には賞金や賞品が与えられる。賞金は$100万、リゾートツアーチケット、はたまたその店で使える5%引きのクーポンまで様々だ。


日本在住の日本人でも気軽に参加できる。ブラケット発表日から1回戦開始までの間、各社がブラケットチャレンジの特設サイトをオープンする。やり方はGメールアカウントやFacebookアカウントでログインして各サイトでブラケットを埋めるだけだ。参加は一部掛け金を必要とする場所もあるが、NCAA、ESPN、Yahoo Sportsなど大手は無料だ。


ちなみに、投資家のウォーレン・バフェットは自社のバークシャー・ハサウェイの従業員向けにブラケットチャレンジを開催し、2018年度では精度の高かった8名が賞金$10万を分かち合った。

ブラケットロジーの面白さ

「甲子園」「有馬記念」「駅伝」の全要素

ブラケットロジーが面白い理由は「甲子園」「有馬記念」「駅伝」の要素が全て詰まっているからだ。

「甲子園」要素

おらがチーム

日本の甲子園と同じように母校や地元のチームを応援するからというのもある。

上手さ+拙さ=ワイルド

さらに、予想が全く当たらないワイルドさが盛り上がる要因だ。大学生は確かにハイレベルではあるのだが、NBA選手と比べれば全く洗練されていないため、優勝候補筆頭と呼ばれるチームであってもパフォーマンスに波があり、それ故にアップセットが起こりやすいのだ。


NBAでは終盤にリードしているチームが勝ちを取りこぼすことはほとんど無い。NBA選手にはダブルチームを切り抜けるスキル、フリースローを80%以上で成功させる決定力、時間を有効に使うタイムマネジメント力があるため、負けているチームがトラップやファールゲームを仕掛けてもほぼほぼ意味をなさない。


しかし、NBA程の修練されたスキルを持たない大学生達にはラップやファールゲームが高確率で効果を発揮する。残り1分で7点リードを溶かすなんてのはザラだ。上の動画では残り45秒で12点リードを奪っていたノーザンアイオワ大学がアレックス・カルーソ率いるテキサスA&M大学に延長戦に持ち込まれて結果的に敗退を喫している。

「有馬記念」要素: 金とプライドをベットしろ!!

そして、ブラケットロジーは金(少額で良い)とプライドを掛ければより盛り上がれる。金はギャンブルサイトでブラケットチャレンジをすれば良いし、プライドは自身のブラケットをSNSで自信満々に公開すれば良い。実際、俺達はTwitterとブログで自身のブラケットを公開している。失うものがある分、1プレーや1試合の結果に一喜一憂することができるのだ。

「駅伝」要素: 見るのが当たり前に

勝ち上がりを予想することが文化となっているからというのも否めない。例えば、地元のスーパーが勝ち上がり予想の的中率に応じた値引き等を開催していたりする。ちなみに、的中率をポイント化するウェブサービスが山ほどある。

まとめ

ブラケットロジーが面白い理由はシンプルに感情が揺れ動かされるからである。と言うのも、カレッジでは本当に何が起こるか分からない。だから、普段感情の起伏が少ないサイコパス傾向のある俺達ですら1プレーや1試合の結果に謎のダンスを始めたり、無神論者にも関わらずOh My Godと叫んだり、情緒が不安定なヤバい奴になる。この未熟さ故のワイルドさによって引き起こされる感情の起伏がカレッジフープスの魅力である。固い予想が外れることもあれば、ロマンが叶うこともあり、人間が狂喜乱舞せざるを得ない。

観戦方法

有料

VPN(数百円/月)+ESPN Player(.99/月)

最も簡単に多くの試合を観る方法は「VPNサービス&ESPN PLAYER」だ。


ESPN PLAYERは北米以外に向けたサービスなのだが、現在、アジアからESPN PLAYERを利用することができない。2020年11月からESPNはアジア圏でのサービスを止めてしまったのだ。


一方、VPNは本来は通信を暗号化することが目的のサービスらしいのだが、特性上、VPNは通信者の国のIPアドレスを変更できる。つまり、VPNは自分があたかもヨーロッパ等のESPN PLAYERのサービス圏内から通信しているように偽ることができる。


ちなみに、俺は「ExpressVPNに登録→ロケーションをアメリカに設定→ESPN+」で試合を見ようとしたのだが、ESPN+はTVプロバイダーも求められるのでほとんどの試合を観ることができなかったため、結果的に「ロケーションをヨーロッパ諸国に設定→ESPN PLAYER」で試合を観戦している。月額はESPN PLAYERExpressVPNで合わせて約2500円程だ。

ESPN Player: Watch live and on demand sports video online

FloHoops(.50/月)

フローフープス(FloHoops)はコロニアル・アスレティック・アソシエーション(CAA)の試合をどうしても見たければ登録する必要がある。CAAとはテーブス海選手が通っていたノースカロライナ大学ウィルミントン校などが所属するミッドメジャーカンファレンスの1つだ。ブラケットロジーの観点からすれば登録する必要は無いが、高校バスケ、Jr. NBA、ユーロリーグなども放送しているので、カレッジフープス以外も興味があるのであれば登録するのも良いと思う。

Basketball | Games, News, & Articles - FloHoops
Basketball games, videos, news, & articles. Watch & stream live basketball games on FloHoops.com. High School & NCAA basketball games & news coverage.

無料

Stadium

スタジアム(Stadium)はライブストリーミングで試合を放送している。

Stadium
Your source for sports news and information.

SNS(Facebook、Twitterなど)

たまにFacebookやTwitterのカンファレンスやチームのアカウントが試合を放送している場合がある。試合は少なくともシーズンが終了するまでの数カ月間はアーカイブで残している。

ACC Digital Network(YouTube)

ACCは後日YouTubeに試合をアップロードしている。俺はYouTubeのプレミアム会員なのでACCの試合はACCデジタルネットワークがYouTubeにアップロードした試合をスマホに一時保存して観戦している。

ACC Digital Network
The ACC Digital Network (ACCDN) is the official YouTube home for all of the best Atlantic Coast Conference (ACC) action. Live games along with regular daily pro...

Big 12(公式HP)

ビッグ12は有難いことに公式HPで試合のアーカイブを残している。

TCU vs Kansas State Replay

ブラケットを作る

計画的に試合を見る

概要

ブラケットは一日にして成らず」という言葉がある。要するに「トーナメントの予想は1日ではできない」という意味だ。理由はシンプルにチームが多いからである。NCAA D1には約350校が所属していて、NCAAトーナメントにはその内68校が出場する。故に、ブラケットの発表から1回戦までの数日間で全チームの実力を把握してブラケットを埋めるのは不可能に近い。だから、シーズンを通して計画的且つ効率的に出場校の試合を見ていく必要があるのだ。

指標

アソシエイティドプレス投票(Associated Press Poll)

NCAA college basketball rankings, polls from the AP and Coaches
Get NCAA college basketball rankings from the NET Rankings, Associated Press and USA Today Coaches poll.

アソシエイテッドプレス投票(通称AP)は毎週65名のスポーツ記者とブロードキャスターの投票によって出される上位25校だ。

コーチズ投票(Coaches Poll)

NCAA Men’s College Basketball Coaches Poll | USA Today Sports
Weekly results from the USA TODAY Sports NCAA Men’s College Basketball coaches poll, conducted weekly using a panel of head coaches at Division I schools.

コーチズ投票はUSA TODAY誌が主催している上位25校だ。毎週、全米コーチ協会所属でNCAA D1のヘッドコーチ達が1~25位のチームを選び、1位には25点、2位には24点~25位には1点が加算され、最終的に得点の高い上位25校がランキング形式で発表される。

ケンポン(kenpom.com)

2021 Pomeroy College Basketball Ratings

ケンポンは独自に算出してNCAA D1全350校以上をランキングにしている。

NET

DI Men's Basketball Rankings - NCAA Men's Basketball NET Rankings | NCAA.com
Get NCAA college basketball rankings from the Associated Press, USA Today Coaches poll and the NCAA NET Rankings.

NETはNCAAがオフェンスとディフェンスの効率性と試合のレベル(相手の強さ、会場の場所、結果)を独自に算出して出しているNCAA D1全校のランキングだ。

予想

Bracketology with Joe Lunardi
Get the latest NCAA college basketball bracketology breakdown from ESPN's Joe Lunardi

ESPNのブラケットロジーというカテゴリーでは毎週ブラケットとバブルのチームを発表している。

ノンカンファレンスシーズン

ノンカンファレンスシーズンは前評判の良いチームを手当たり次第に見る。目的は各チームの選手層の厚さをざっくりとチェックすることだ。


勝敗やチームとしての完成度は無視して良い。と言うのも、カレッジは基本的にシーズン序盤と終盤で見違える程チームが改善されるからだ。D1プレーヤーはバスケの才能がある。しかもコーチは超優秀だ。だから、多くのチームが短期間で成長するため、シーズン序盤で決めつけてしまうと痛い目に遭う。


どちらかと言えば悪い部分よりは良い部分に注目する。チームがちぐはぐな状態にも関わらず得点を重ねている選手は本当に得点力があるかもしれない等である。


コツはトップ校同士の試合を見ることだ。こうすれば一気に2チームずつチェックができて効率が良い。ミッドメジャーとローメジャー校は無視して大丈夫だ。

カンファレンスシーズン

好成績のチーム同士の試合

カンファレンスシーズンは好成績のチーム同士の試合をチェックする。


ノンカンファレンスシーズン終了後、そのシーズンの輪郭が浮き上がってくる。チェックすべきチームはハイメジャーでは各カンファレンスで5校程、ミッドメジャーでは各カンファレンスで1~3校、ローメジャーでは各カンファレンスで0~2校に絞られるはずだ。要するに、ハイメジャー35校、ミッドメジャー50校程になる。


言い換えれば、成績が良くないチームは一旦見限る。たとえ好きなチームやNBAプロスペクトがいてもだ。理由は単純に強いチーム同士の試合だけでも見なければならない試合が山ほどあるからだ。先述した通り、ハイメジャーだけでも35校をチェックしなければならない。


ただ、カンファレンスシーズンの中盤から上がってくるチームもので、見限るのはあくまで仮である。一度見限ったチームでも調子を上げてきた場合は再びチェック校に昇格させる。

カンファレンストーナメント(ポストシーズン)

ミッドメジャー校をチェック

カンファレンストーナメント期間はNCAAトーナメントの出場が確定したミッドメジャー校をチェックする。


チェックするのはカンファレンストーナメント決勝である必要は無い。オススメはカンファレンス代表校(カンファレンストーナメントを制覇してNCAAトーナメントに出場するチーム)とそのカンファレンスのリーグ戦の成績が1位だったチームの試合だ。


NCAAトーナメント出場校はカンファレンスで最も強いチームが出るとは限らない。


ハイメジャーのカンファレンストーナメントはチェックする必要は無い。勝っても負けてもどうせ出場するからだ。加えて、そもそもミッドメジャーのチェックで忙しいのでハイメジャーまで手が回らないはずだ。1回戦敗退が濃厚なローメジャー校は後回しにする。

セレクションサンデー

セレクションサンデーでブラケットが発表後、まずはざっくりとエリート8やファイナル4までの予想を作る。その後、自分の中で自信が持ていない予想が出てくるので、その曖昧になっているチームの試合を見返したり、他人の予想を参考にしたりして、どんどん予想を確定させる。この作業を繰り返して1回戦が始まるまでの4、5日間でブラケットを完成させる。

NCAAトーナメント中

NCAAトーナメント中は兎にも角にも試合を見る。とは言え、大会期間中に全試合観戦するのはかなり大変なので、応援しているチーム、注目カード、盛り上がっている試合を中心に見ると良い。

まとめ

カレッジバスケは金とプライドを掛けて予想をするから結果に一喜一憂できて面白い。

関連記事

カレッジフープスの記事

参考

College basketball live stream: how to watch 19-20 NCAA games online from anywhere(techradar.com)
The Bracket Project – Ranking the Bracketologists(bracketmatrix.com)
List of 2019 March Madness Bracket Challenges to Fill Out & Prizes(boydsbets.com)
Warren Buffett’s March Madness Bracket Challenge: What Are the Odds?(investpedia.com)
The NET, explained: NCAA adopts new college basketball ranking(ncaa.org)

更新情報

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました