【NCAA】カレッジバスケ解説: NCAAトーナメント

うい。現地観戦研究家のB.O. BROS(@b_o_bros)だ。


最初に断っておくが、本来、このブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


ただ、カレッジバスケは何の予備知識も無しには楽しめないし、NBAと比べてプレーの質が遥かに劣る試合を観に行く気にはなれないと思う。


と言うことで、この度、NCAA基礎講座」と題してアメリカのカレッジバスケについて解説&紹介することにした。


これらの記事で基礎知識を身に着けて、自分の好奇心の赴くままに歴史、コーチのスタイル、戦術、各大学のカルチャーetcをディグり、最終的に現地を訪れてもらえれば幸いだ。

今回のNCAA初心者講座ではNCAAトーナメントについて解説する。「どういったチームがトーナメントに出場できるのか?」「専門用語」「トーナメントに対する批判」などについて順を追って説明するつもりだ。

NCAAトーナメント

基本情報

時期: 3月中旬~4月上旬
出場校: 68校
形式: 一発勝負のトーナメント
HP: https://www.ncaa.com/brackets/basketball-men/d1/2019

一言で言えば、NCAAトーナメントは全米No.1を決める大会だ。3月中旬~4月上旬に約3週間かけて行われる。3月はアメリカ中がカレッジバスケに熱狂するためマーチマッドネスと呼ばれている。


で、「なぜこれ程までに盛り上がるのか?」


その答えは何が起こるか分からないことにプライド(&しばしば金)をかけているからである。


トーナメント表はブラケット(bracket)と呼ばれ、アメリカではこのブラケット(勝ち上がり)を予想するのが3月の恒例行事となっている。ESPNや各種メディアは毎年予想サイト(勝敗をポイントに換算してランキングにする)を特設している。これでただ予想を楽しむこともできるが、特質上、仲間内のギャンブルに利用できるようになっているのだ。


こんなこともあって滅茶苦茶盛り上がるのがNCAAトーナメントだ。

トーナメント表=ブラケット

出場枠=68校

NCAAトーナメント(男子)には全部で68校が出場できる。64では無い。


と言うのも、NCAAトーナメントにはファーストフォーと呼ばれる1回戦進出を賭けた”0回戦”ブロックが4つあるためである。


独自の呼び方

各ラウンドの呼称

0回戦: ファーストフォー
1回戦: ファーストラウンド(ラウンド64)
2回戦: セカンドラウンド(ラウンド32)
3回戦: スイートシックスティーン
準々決勝: エリートエイト
準決勝と決勝: ファイナルフォー

NCAAトーナメントの上位ラウンドには独自の呼び名がある。ベスト16が出揃う3回戦をスウィートシックスティーン(Sweet Sixteen)、ベスト8がエリートエイト(Elite Eight)、ベストフォーをファイナルフォー(Final Four)と呼ぶ。各呼称は全て頭文字が揃っているのが特徴だ。


一般的に優勝候補以外はスウィート16に進出すれば成功したシーズンと呼べる。が、一方、優勝候補であれば最低限でもエリート8以上に進めなければ残念なシーズンとされる。


ちなみに、毎年優勝候補のデューク大学のコーチKやケンタッキー大学のジョン・カリパリはファイナルフォーに進出しなければボーナスが支給されないとのことである。

4つのリージョン(地区)

NCAAトーナメントの試合は甲子園のように一か所では行われるわけでは無い。1回戦~4回戦(準々決勝)まではイースト、サウス、ミッドウェスト、ウェストの計4つの会場に分かれて行われる。


これはリージョン(Region)と呼ばれている。日本では地区と訳されることが多い。


ここで重要なのがキャンパスから近いリージョンに入れるかどうかだ。イーストはアメリカ東部のどこか、サウスはアメリカ南部のどこか、ミッドウェスト…(省略)が会場となる。


もしキャンパスから遠いリージョンのブラケットに入ってしまった場合、移動時間が長くなり、ファンが会場に押し寄せにくくなるといった不都合が生じる。


例えば、ウェストリージョン(左下の青枠)の第8シードにSt. ジョセフズ大学が入っている。St.ジョセフズ大学は東海岸のフィラデルフィアにキャンパスを構えているのだが、1回戦、2回戦の会場は真逆の西海岸のワシントン州スポーケンだ。こういった場合は不利な戦いを強いられる。

シード順位

各地区のブラケットには1~16までのシード順位がつけられている。


シード順位は選考委員会によって決められる。選考委員会がどういった方法を用いているのかは明らかにされてはいないが、2019年からはNETと呼ばれるシステム等を用いているとされている。


ブラケットの1回戦は「1位vs16位」、「8位vs9位」、「4位vs13位」、「5位vs12位」「3位vs14位」、「6位vs11位」「7位vs10位」「2位vs15位」と横並びになっている。

選考委員会

ブラケットが決まる流れ

選考委員会が68校を選抜する

全校に1~68位の順位を付ける

トップ4(1~4位)校を各地区の第1シードにする

5~8位校を各地区の第2シードにする

以上を繰り返す

ファーストフォーの位置を決める

微調整

ブラケットは選考委員会によって決定される。つまり、甲子園のようなくじ引きでも無ければ、NBAのプレーオフのような成績によってトーナメント表が埋まるワケではないのだ。


ブラケットの発表日はセレクションサンデーと呼ばれ、毎回日曜日にテレビで大々的に発表される。セレクションサンデーは全32カンファレンスのカンファレンストーナメントが終了後(=各カンファレンスからNCAAトーナメントに出場する代表校が決定後)の次の日曜日に行われる。

NCAAトーナメントに出場する方法

NCAAトーナメント出場の条件
  1. オートマティック・ビッド(Automatic Bid)
    カンファレンストーナメントで優勝する (32枠)
  2. アットラージ・ビッド(At-Large Bid)
    選考委員会から推薦される(36枠)

NCAAトーナメントに出場する方法は2つある。「カンファレンストーナメントで優勝する」or「委員会によって推薦される」だ。では、それぞれを解説する。

方法1: カンファレンストーナメントで優勝する

オートマティックビッド(Automatic Bid)
=カンファレンストーナメントで優勝する

NCAAトーナメントに出場する方法の1つはカンファレンストーナメントで優勝することだ。


NCAAディビジョン1に所属する約350校は必ず32個のカンファレンスのいずれかに所属しているのだが、各カンファレンスでは12月下旬~3月上旬にリーグ戦を行った後、3月上旬に一発勝負のカンファレンストーナメント(チャンピオンシップと呼ばれることもある)を行なうことになっていて、それぞれのカンファレンストーナメントの優勝校にはNCAAトーナメント出場権が与えられる。


各トーナメントの優勝校枠はオートマティックビッドと呼ばれている。

方法2: 委員会によって推薦される

アットラージビッド(At-Large Bid)
=選考委員会によって推薦される

そして、NCAAトーナメント出場のもう1つの方法が選考委員会によって招待されることだ。これはアットラージビッドと呼ばれている。


このアットラージビッドに入れるかどうかは当然ながらそのシーズンに何勝何敗だったかが評価のポイントになる。歴史上、勝率5割以上であることは必至だ。


しかし、カンファレンスには実力差があるため、強いカンファレンスの20勝10敗と弱いカンファレンスの20勝10敗では意味が違ってくる。


そこで、スケジュールのタフさ、つまり、どれだけ強いチームと対戦したかが評価される。当然、ハイメジャー校は同じカンファレンスの強豪との対戦が多いため、ハイメジャー校は評価が高くなり、逆にそうでは無いミッドメジャーやローメジャーの評価は低くなる。その結果、ハイメジャーのカンファレンスに所属している大学のほうがアットラージビッドを獲得しやすい傾向にある


先述した通り、NCAAトーナメントのブラケットはセレクションサンデーに発表される。どのチームがアットラージ・ビッドで選ばれたかはその時に判明する。アットラージビッドの期待がかかるチームは各校のミーティングルームに集まってこのセレクションサンデーを見守るのが恒例だ。

トーナメントの日程

セレクション・サンデー

3月の第三週の日曜日にブラケットが発表される。

ファーストフォー

ファーストフォーはセレクションマンデーの週、つまり2日後の火曜日と3日後の水曜日にオハイオ州デイトンで全4試合が行われる。

1stラウンド&2ndラウンド

セレクションサンデーが行われた週の木、金、土、日に1stラウンドと2ndラウンドが行われる。木曜日に1stラウンドを行ったチームは土曜日に、金曜日に1stラウンドを行ったチームは日曜日に2ndラウンドを戦う。

スイート16&エリート8

スイート16は2ndラウンドが終わった後の次の木曜日に、エリート8は土曜日に行われる。通常は3月最後の週末となる。1stラウンドと2ndラウンドとは別の会場で行われる。学校によってはファーストラウンドとセカンドラウンドよりもスイート16の会場の方が近くなる場合もある。

ファイナル4

準決勝は4月の第一土曜日、決勝は2日後の月曜日に行われる。3位決定戦は行われない。

その他のポストトーナメント

NIT

基本情報

名称: National Invitation Tournament
HP: https://www.ncaa.com/championships/basketball-men/nit

ナショナル・インビ―テーション・トーナメント(通称NIT)はNCAAトーナメントと同じくNCAAが主催しているポストシーズントーナメントだ。NCAAトーナメント出場を逃したD1大学の中から比較的成績が良い32校がNCAAによって招待される。


大会の形式は一発勝負のトーナメントで、トーナメント表はNCAAによって各校にシード順位が決められる。試合会場は1~3回戦は対戦カードの高いシード順位のキャンパス、準決勝と決勝はニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われる。


NITの最大の特徴はFIBAルールに則っている点だ。ちなみに、2017年にテキサス大学が優勝した。

CBI

基本情報

名称: College Basketball Invitational
HP: http://www.gazellegroup.com/main/cbi/

そして、もう1つがカレッジ・バスケットボール・インビテーショナル(CBI)だ。CBIはNCAAトーナメントとNIT両方の出場を逃した16校を招待して行っている。形式は一発勝負のトーナメントで、シード順位は運営組織委員会によって割り振られている。各対戦はシード順の高い大学で行われるが、1、2回戦終了後に再度シード順位を改めて準決勝の対戦カードを決める。決勝戦は2戦先勝形式となっている。

CIT

基本情報

最後の1つがカレッジ・インサイダー・トーナメント(CIT)だ。CITはカレッジバスケットボール情報サイトのCollegeInsider.comがNCAAトーナメントとNIT出場を逃した32校を招待して行っている一発勝負のトーナメントである。各対戦はシード順の高い大学で行われる。特徴は招待されるのが勝率5割以上のミッドメジャー校に限られる点だ。ちなみに、近年は出場を辞退するチームが数校表れているため毎年30校弱でトーナメントを争っている。

D2&D3

ちなみに、NCAAディビジョン2とディビジョン3でも会場や期間は異なるがNCAAトーナメントは行われる。

カレッジフープスの記事

参考

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました