日本から「ESPN PLAYER」を利用する方法

概要

主な手順
  1. VPNの契約(無料期間有り)
  2. ロケーションをESPN PLAYERのサービス圏内に設定
  3. ESPN PLAYERの契約
  4. VPNを無料期間中に解約

現在、最もNCAAをカンタンに視聴する方法は「ESPN PLAYER」&「VPN」の組み合わせとなっている。ESPN PLAYERは、北米以外向けのカレッジスポーツの視聴サービスなのだが、2020年11月からアジア圏でのサービスを止めてしまったため、現在は視聴だけは日本からでも可能なものの、加入は不可能な状態になっている。一方、VPNは通信を暗号化する目的で通信者の国のIPアドレスを変更できる。つまり、VPNで自分の通信をあたかもヨーロッパ等のESPN PLAYERのサービス圏内からの通信に見せかけてESPN PLAYERを利用するという訳だ。

ESPN Player: Watch live and on demand sports video online

基本情報

ESPN PLAYER

ESPN PLAYERは北米以外向けのカレッジスポーツの視聴サービスだ。

主なコンテンツ

放映権有放映権無
ハイメジャー
ACC/AMERICAN/B1G/BIG12/SEC/Pac-12
ミッド/ローメジャー
A10/Ivy/WCC/OVC/MVC/MAC/SoCon等
その他
NCAAトーナメント(海外)
BIG EAST
MWC
C-USA
CAA

ESPN PLAYERはハイメジャーからローメジャー校まで1シーズンに最低でも5試合程度+NCAAトーナメント全試合を放送している。特にACC、アメリカン、B1G、SEC、BIG12とWCCの人気校は10試合程度ある。カレッジフープスの場合、主要校だけでも50校程度はあるため1校の試合は精々5試合を見るのがやっとだ。だから、試合数は十分以上である。放送はライブとアーカイブ(1~2カ月)の両方が基本だ。また、男子バスケだけでなく女子バスケやフットボール等の他競技、ドキュメンタリー、高校の試合も放送される。試合のダウンロードは不可能だ。

ESPN PLAYERにはビッグ・イースト・カンファレンスとマウンテン・ウェスト・カンファレンスの試合はほとんどない。両カンファレンスはFOXと契約しているからだ。但し、両カンファレンスのチームがESPN校を訪れた試合はESPN PLAYERに搭載される場合はある。

日本からではサブスクリプションに加入できない

しかし、残念ながらESPN PLAYERは2020年11月からアジア圏でのサービスを止めてしまったため、現在は視聴だけは日本から(VPN無し)でも可能なものの、上記の様にサブスクリプションの加入は日本からでは不可能な状態になっている。つまり、ESPN PLAYERとの契約時にのみVPN(=ロケーションを変更するサービス)が必要になる。

VPN=ロケーションを変更できるシステム

VPNは通信を暗号化するサービスだ。VPNは通信者の国のIPアドレスを変更できるため特定の国限定のサービスを国外から使用する場合によく用いられる。要するに、VPNで自分があたかもヨーロッパ等のESPN PLAYERのサービス圏内から通信しているように見せかけてESPN PLAYERを利用するという訳である。無論、VPNの利用は日本の法律上は合法だ。

VPN経由でESPN PLAYERにアクセスしてもダメな場合はブラウザやデバイスを変えてみると良い。俺達が確認した限りではパソコンとタブレットでは可能だが、スマートフォン(iPhone)用のSafari、 Google Chrome、Fire Fox、Microsoft Edgeでは無理だった。

代替案

アメリカのTVプロバイダー: NBA&NCAA in 1サービス視聴
主なストリーミングテレビジョンサービス
  • hulu with LIVE TV(400万人): 動画配信+TV
  • YoutubeTV(300万人): 動画配信+TV
  • Sling TV(270万人): TVサービス界のLCC
  • DirecTV Strem: 衛生放送DirecTVのインターネットテレビ版
  • FuboTV: アメフトとサッカー特化型
  • Philo: 映画やドラマ特化型

アメリカのインターネットテレビとの契約で1つのサービスでNBAとNCAAの両方の視聴が可能だ。インターネットテレビはインターネットでテレビ放送が視聴できる月額課金制サービスである。一般的に日本からのNBAとNCAA視聴にはRakuten NBAとESPN PLAYERの2つのサービスとの契約が必要になる。一方、アメリカではNBAもNCAAも基本的にはテレビで放送されている。

日本からアメリカのインターネットテレビでNBAとNCAAを視聴する方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
BIG10+

もしネブラスカ大学の富永啓成選手が見たいだけならば、B1G+の方が良いだろう。B1G+はネブラスカ大学の所属するビッグ・10・カンファレンスのサブスクリプションサービスだ。ESPN PLAYERでネブラスカ大学の男子バスケ部の試合は1シーズンに多くても8試合程度だ。一方、B1G+のスクールパスのネブラスカ大学の場合、ほぼ全試合が放送される。料金は「$9.95/月」だ。B1G+も契約にはVPNが必要になる。

契約の流れ

  1. VPN契約
  2. VPNアプリダウンロード
  3. VPNアプリ起動
  4. ESPN PLAYERの契約
  5. ESPN PLAYERの利用(動画再生時にはVPN必要無し)

VPN業者(日本語サイト有)

月額料金年額料金国数無料/返金期間
セカイVPN1,100円10ヵ国2カ月
Private Internet Access1,304円636円/月不明30日間
Nord VPN1,256円517円/月50ヵ国以上30日間
Millen VPN1,628円1,078円/月不明不明
Surfshark1,415円不明30日間
AVAST7,030円35ヵ国以上30日間
ExpressVPN$12.95$8.3290ヵ国以上30日間
CyberGhost VPN1,425円425円/月90ヵ国以上45日間
※料金は全て税込価格

まず最初にやるべきことはVPNとの契約だ。VPNは数多くの業者がサービスを提供している。相場は「月額1000円前後」+「約1カ月程の無料体験期間」といったところだ。

オススメ
年額最安+90ヵ国以上+ 返金保証45日間

アプリのダウンロード&起動

VPN契約後、次にすべきがVPNのアプリケーションのダウンロードだ。ダウンロードの方法は公式サイトや契約完了後のメールに掲載されている。そして、アプリのダウンロード後は「アプリ起動→ロケーションをヨーロッパやアフリカのサービス圏内に設定→スタートを押す」だけだ。

VPN起動後

VPNの起動中、サブスクリプションの申込ページが登場するようになる。プランは「月額」「年額」の2つある。両プラン共に7日間の無料期間がある。プラン選択後、主な流れは「アカウント作成→支払い方法の選択(クレジットカード or ペイパル)→情報入力」となる。

ESPN PLAYER契約終了後

先述した通り、実は2020年12月頃からVPNでロケーションを変えなくてもESPN PLAYERでの動画の再生が可能になったため、VPNは契約終了後はほとんど必要がなくなった。つまり、VPN無しでもESPN PLAYERで試合観戦は可能だ。

ESPN PLAYERとVPNの解約

ESPN PLAYERの解約方法は「My Account→My Subscriptions→Cancel Subscription」だけだ。

その他のVPNの利用方法

日本未配信の作品の鑑賞

VPNでロケーションをイギリス等に設定した場合、日本からでも日本未配信のジブリ作品の鑑賞が可能だ。

YouTubeで無料映画視聴

YouTubeは国によっては無料で映画を公開している。アメリカの場合、「ハード・チェック(原題Blue Chips)」や「モア・ザン・ア・ゲーム」が公開されている。

YouTubeでBリーグを無料視聴

実はBリーグは海外向けにフルゲームをYouTubeでライブとアーカイブで配信している。だから、VPNで通信者の通信国を海外に変更した場合、日本からでもYouTubeでBリーグの試合がライブ&アーカイブで視聴可能になる。

NBAチームパスの加入

VPNはNBAチームパスへの加入をも可能にする。チームパスは選択した1球団の試合のみが視聴可能なプランだ。そして、現在、チームパスは日本では提供されていない。料金($119.99/年)は楽天NBAのシーズンパス(19,800円/年)よりも約5,000~6,000円程も安い。

まとめ

ESPN Player: Watch live and on demand sports video online
主な手順
  1. VPNの契約(無料期間有り)
  2. ロケーションをESPN PLAYERのサービス圏内に設定
  3. ESPN PLAYERの契約
  4. VPNを無料期間中に解約

現在、最もNCAAをカンタンに視聴する方法は「ESPN PLAYER」&「VPN」の組み合わせとなっている。ESPN PLAYERは、北米以外向けのカレッジスポーツの視聴サービスなのだが、2020年11月からアジア圏でのサービスを止めてしまったため、現在は視聴だけは日本からでも可能なものの、サブスクリプションの加入は日本からでは不可能な状態になっている。一方、VPNは通信を暗号化する目的で通信者の国のIPアドレスを変更できる。つまり、VPNで自分の通信をあたかもヨーロッパ等のESPN PLAYERのサービス圏内からの通信に見せかけてESPN PLAYERを利用するという訳だ。

オススメ
年額最安+90ヵ国以上+ 返金保証45日間

関連記事

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
当ブログで紹介しているNCAAディビジョン1の大学一覧

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!
【バスケ留学解説】ゲイ・ドゥドゥ(八王子学園高校卒)
今回は日本の4年制大学(拓殖大学)からNCAA D1へのルートを開拓したゲイ・ドゥドゥの留学を解説する。
【バスケ留学解説】田渡凌
田渡凌選手のバスケ留学の解説!!

NCAAの視聴方法

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

参考

特に無し

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました