【NCAA】カレッジバスケ解説: ディビジョンⅠ

うい。現地観戦研究家のB.O. BROS(@b_o_bros)だ。


最初に断っておくが、本来、このブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


ただ、カレッジバスケは何の予備知識も無しには楽しめないし、NBAと比べてプレーの質が遥かに劣る試合を観に行く気にはなれないと思う。


と言うことで、この度、NCAA基礎講座」と題してアメリカのカレッジバスケについて解説&紹介することにした。


これらの記事で基礎知識を身に着けて、自分の好奇心の赴くままに歴史、コーチのスタイル、戦術、各大学のカルチャーetcをディグり、最終的に現地を訪れてもらえれば幸いだ。

今回はNCAAのディビジョンⅠ(以下D1)について解説する。

大学体育協会(おさらい)

主な大学体育協会
NCAA: 全米最大の大学体育協会
NAIA: 小規模校が所属
NJCAA: 短大が所属
NCCAA: キリスト教系の大学が所属

アメリカには大学体育協会が複数存在する。大学体育協会とは大学スポーツを管理する組織だ。一般的に「アメリカのカレッジスポーツ=NCAA」だと思われがちだが、実はNCAAは数ある大学体育協会中の1つに過ぎない。


ただ、とは言え、NCAA以外の大学体育協会はアメリカ国内でも注目されていないので、NCAA以外を詳しく知る必要は無く、NCAA以外の大学体育協会が「存在する」ということだけ知っていれば問題は無い。

【NCAA】カレッジバスケ解説: 大学体育協会
今回はアメリカの大学スポーツを運営するNCAA、NAIA、NJCAAについて解説する。

ディビジョン

スリーディビジョン制

現在、NCAA内にはスリーディビジョン(DivisionⅠ、DivisionⅡ、DivisonⅢ)制を敷いていて、それぞれのカンファレンスに300~350校が所属している。

一般的にDivisionはDに略される。数字はローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)では無く、算用数字(1、2、3)が使用される。例えば、「DivisonⅠをD1」と書いてDivisionⅠでプレーしている学生アスリートをD1プレーヤーと表記する。

ディビジョンの決定

ディビジョンは強さでは無く、大学の意向(運動部の予算)で決まる。NCAAは大学に各ディビジョンでプレーするための条件を課している。例えば、D1でプレーするためには各大学は男女合計14部以上を運営しなければならず、所属するディビジョンは複数ある条件のクリア状況に応じて決定するのだが、概してディビジョンが上がるにつれてより大きな予算が必要となるため、所属するディビジョンは実質的に大学の予算の大きさで決まる。


繰り返しになるが、ディビジョンの昇格や降格もNCAAが設けている各ディビジョンに所属するための条件をクリアしているかどうかで決まる。例えば、シカゴステイト大学は毎年5勝25敗程度の成績だが、NCAAの条件をクリアしているためD1に居続けられるが、逆に毎年20勝10敗程度でも条件を満たすことができなければ、そのチームはD2やD3、あるいは他の体育協会に移らなければならない。


ちなみに、近年ではD1への昇格が毎年0~5校程度、降格が数年に1、2校程度となっているので、NCAA D1の総数は微増している。

ディビジョン制は1972年に始まった。当初、所属は大学の規模で2つのディビジョンに分類された。故に、最初の名称は総合大学を表すユニバーシティーを用いたユニバーシティーディビジョン(現在のD1)と単科大学を意味するカレッジを用いたカレッジディビジョン(現在のD2)であった。が、大学の規模と運動部の予算は必ずしも比例しないため、名称が現在の形に変更され、その後、D2の予算すら厳しい所属校を集めてD3が組織された。

ディビジョンの比較

各ディビジョンの所属校の傾向

ディビジョン所属校カンファレンス大学規模
DivisionⅠ約350校32大~小
DivisionⅡ約300校23中~小
DivisionⅢ約300校43

先述した通り、上位ディビジョンでプレーするためにはより大きな予算が必要となる。故に、自然と規模の大きな大学はD1、中規模の大学はD2、小規模の大学はD3に所属する傾向にある。

奨学金

ディビジョン奨学生(男子バスケ部)
DivisionⅠ13人
DivisionⅡ10人
DivisionⅢ0人

最大の特徴の1つがスポーツ奨学金(Athletic Scholarship)枠数の違いだ。NCAA D1では各チームは最大13名にまでスポーツ奨学金を与えることができるが、NCAA D2では10名まで、NCAA D3では0名までと決まっている。

スケジュール

ディビジョンノンカンファレンス期カンファレンス期ポストシーズン
DivisionⅠ11試合前後
(10~12月下)
18試合前後
(1~3月中)
2月下~4月上
DivisionⅡ8試合前後
(11~12月中)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中
DivisionⅢ5試合前後
(11~12月上)
18試合前後
(1~2月中)
2月下~3月中

スケジュールはディビジョンが下がるに連れて試合数と開催期間が小さくなっている。加えて、D2とD3の場合、冬休み期間(12月中旬~1月上旬)は試合を行わない場合も多い。と言うのも、冬休み期間中に大学の施設を開けるのにはコストがかかり、なお且つ冬休み期間中はクリスマスシーズンということもあり、ほとんどの学生達は実家に帰ってしまうため、盛り上がりにも欠けるからだ。

NCAAトーナメント

ディビジョン出場枠開催期間
DivisionⅠ68校3月中~4月上
DivisionⅡ64校3月上~中
DivisionⅢ64校3月上~中

NCAAトーナメントは各ディビジョンごとに開催されている。つまり、D1のNCAAトーナメント、D2のNCAAトーナメント、D3のNCAAトーナメントがある。各ディビジョン共に出場校数はほとんど同じで全6ラウンド制なのも共通しているが、D1の場合は2ラウンドごとに会場を移す一方、D2とD3の場合は3ラウンドごとに会場を移して行われ、それに伴い、開催期間も前者は3週間以上、後者は2週間程と差がある。

ディビジョンⅠ(D1)

基本情報

基本情報

所属校: 約350校
カンファレンス: 32
シーズン: 11月~4月
HP: http://www.ncaa.org/about?division=d1

現在、NCAA D1には約350校が所属している。先述した通り、どこのディビジョンに所属するかは大学の予算の大きさで決まるので、D1には運動部に予算を投じることのできる比較的規模の大きい大学が所属している。


しかし、350校全校が拮抗している訳では無い。D1内でもピンからキリまで存在する。ケンタッキー大学のようなNBAレベルのアリーナとファンを持つ大学から高校に毛が生えたようなキャパシティーが1000人程度の運動場をホームとしている大学まである。

カンファレンス

概要

NCAA D1には全部で32個のカンファレンスが存在する。カンファレンスとはリーグ戦を行う大学の連盟だ。以前はどこのカンファレンスにも所属しないインディペンデント(Independent)校が存在したが、現在のルールではD1校は必ずどこかのカンファレンスに所属しなければならない。

カンファレンスの組織

各カンファレンスは「同じような実力」でなお且つ「地理的に近い」大学で組織される傾向が強い。カンファレンスの所属校数は8~16校と幅広い。カンファレンスの移籍はしばしば起こる

カンファレンスの重要性

強いカンファレンス弱いカンファレンス
カンファレンストーナメント
優勝
(Automatic Bid)
32校
難しい簡単
招待
(At-Large Bid)
36校
簡単難しい

カンファレンスはNCAAトーナメント出場に大きく関わっている。NCAAトーナメントへ出場するためには「カンファレンストーナメントで優勝する」か「シーズン中に良い成績を残して選考委員会に招待される」かのどちらかをクリアしなければならない。端的に言えば、弱いカンファレンスに所属していれば、カンファレンストーナメントで優勝する可能性は高いのだが、一方、弱いカンファレンスに所属しているとシーズン中の戦いがあまり評価されないため招待を受けにくい。

メジャー

メジャー: 強さを表す際に使われる専門用語
強豪校: ハイメジャー
中堅校: ミッドメジャー
弱小校: ローメジャー

カンファレンスは同じような実力の大学で集まる傾向にある。つまり、強い大学は強い大学同士で、弱い大学は弱い大学同士でカンファレンスを組織しているのだ。故に、同じD1でも各カンファレンスの間には実力の差がある。


ブラケットロジー界では強さを表す際にメジャー(major)という単語が用いられる。具体的には強豪校はハイメジャー、中堅校はミッドメジャー、弱小校はローメジャーと呼ばれている。例えば、強豪ハイメジャー校が集まっているカンファレンスはハイメジャーカンファレンスといった表現がされる。


ただ、このメジャーの定義は非常に曖昧だ。例えば、渡邉雄太選手の母校ジョージワシントン大学が所属しているA10カンファレンスは一般的にはミッドメジャーカンファレンスの扱いなのだが、実力校が集まっているためハイメジャーカンファレンスとして扱っている人やメディアがあり、ローメジャーを避けてハイメジャーとミッドメジャーだけでのみ区別している場合もある。

【NCAA】カレッジバスケ解説: カンファレンス-ハイメジャー(強豪)編
今回はNCAAのカンファレンスの中でも実力と人気を兼ね備えた7つのハイメジャーカンファレンスを紹介する。
【NCAA】カレッジバスケ解説: カンファレンス-ミッドメジャー(中堅)編
今回はカリー、レナード、リラード、PG13等実はNBAスターを多く輩出しているミッドメジャーについて紹介する。
【NCAA】カレッジバスケ解説: カンファレンス-ローメジャー(下位)編
今回はNCAA DivisionⅠのローメジャー(下位校)について解説する。個人的には日本人でも奨学生になれるレベルだと思っている。

スケジュール

基本情報

概要
  • レギュラーシーズン(ノンカンファレンス期)
  • レギュラーシーズン(カンファレンス期)
  • ポストシーズン

NCAA D1のシーズンにはノンカンファレンス期、カンファレンス期、ポストシーズンの3つの期間が存在する。

レギュラーシーズン: ノンカンファレンス期(11月中~12月下旬)

所属場所に関係無く試合をする期間

シーズンはノンカンファレンス期から始まる。ノンカンファレンス期は所属している大学体育協会、ディビジョン、カンファレンスに関係無く試合を行う期間だ。各大学は自由にスケジュールを組めるので、例えば、D1校がD2やD3校と対戦したり、NAIA校と試合をすることも可能だ。試合数は12試合前後である。

レギュラーシーズン: カンファレンス期(12月下~3月上旬)

カンファレンス内のリーグ戦期間

そして、年末年始付近からカンファレンス期(カンファレンス内でのリーグ戦)が始まる。試合数はどこのカンファレンスでも18試合前後だ。このカンファレンス内の戦績で3月に始まるカンファレンストーナメントのシード順位が決まる。

ポストシーズン: カンファレンストーナメント(3月上~中旬)

レギュラーシーズンの全日程が終了したら、随時、各カンファレンスでカンファレンストーナメントが行われる。カンファレンストーナメントはNCAAトーナメント出場校を決める一発勝負の大会だ。各カンファレンスの優勝校は自動的にNCAAトーナメント出場権を獲得できる。

ポストシーズン: セレクションサンデー(3月中旬)

次に、全てのカンファレンストーナメントが終了した後、NCAAトーナメントのトーナメント表(ブラケット)を発表するセレクション・サンデーが行われる。ブラケットは選考委員会がカンファレンストーナメントを制した32校と選考委員会が選んだ36校を独自に組み合わせてテレビで一気に発表する。その後、NIT、CBI、CITといったNCAAトーナメント以外のポストトーナメントも大会への招待校を発表する。

ポストシーズン: ポストシーズントーナメント

そして、3月下旬から4月の第1週の週末にかけてNCAAトーナメントが行われる。裏ではNIT、CBI、CITも同時に開催される。

チーム解散

シーズン終了後、チームは解散となる。NBAにアーリーエントリー、卒業、転校でチームから離脱する選手や解任される。

【NCAA】カレッジバスケ解説: スケジュール
今回はNCAA D1のスケジュール(1年の流れ)を解説する。

D1プレーヤー

基本情報

D1アスリートはエリート中のエリートだ。NCAAによれば、D1プレーヤーは高校生プレーヤーの僅か1%しかいない。

リクルート

D1校の部活はほぼ完全招待制だ。コーチからリクルートされた選手だけが入部を許可される。おおよそD1バスケ部の部員数は20~25名だ。その内訳は奨学生と奨学金無しのWalk-on(ウォークオン)に分けられる。NCAA D1のバスケ部が迎え入れるスポーツ奨学生は13人までとなっている。だから、コーチたちは安易に選手をリクルートしたりはしない。コーチ達は選手の性格、態度、家庭、勉強を徹底的に調べ上げて問題が無い場合のみ奨学金オファーを提示する。一方、ウォークオンと呼ばれる奨学金無しの練習生も同じだ。彼らも基本的にはコーチにリクルートされてチームに加入する。ただ、まれに一般入試で入学してきてチームのトライアウトに合格して入部する者や学生スタッフとして入部してからプレーヤーに転向する学生もいる。

プレー資格

NCAAにはエリジビリティー(eligibility)と呼ばれるプレー資格がある。基本的には最初に大学生になってから5年間で合計4シーズンしかプレーできない。

日本人DⅠプレーヤー

現役D1選手

現役日本人DⅠプレーヤー
  • ヒュー・ホグランド(UCデイビス校/2020~)
  • 弓波英人(ジョージア・サザン大学/2018~)

現在、現役の日本人D1プレーヤーは2人しかいない。1人は日本のビッグマンとして期待される渡辺飛勇(ヒュー・ホグランド)選手だ。


渡辺選手は2017年にポートランド大学に入学し、1年目(2017-18)をレッドシャツで過ごした後、2年目(2018-19)にローテーションプレーヤーとなったが、3年目(2019-20)のシーズン途中にチームを離脱した。その後、グラデュエート・スチューデントとしてカリフォルニア州サクラメントにあるUCデイビス校に編入することが本人から発表された。渡辺選手のエリジビリティーは来季(2020-21)から2シーズン分となっている。


一方、弓波英人選手は2018年にウォークオンとしてジョージア・サザン大学に入学した。弓波選手はこれまでの2シーズンで合計16試合の出場を果たした。今後、同選手が他大学に転校したり、日本に戻ってくる可能性もあるが、現状維持であればエリジビリティーは来季(2020-21)から2シーズン分残っている。

D1経験者

主な元日本人DⅠプレーヤー

  • 高橋マイケル(CS Northridge/93-95/元日本代表)
  • 桜木JR(UCLA/94-98/シーホース三河)
  • ニック・ファジーカス(Nevada/03-07/川崎ブレイブサンダース)
  • 松井啓十郎(Columbia/05-09/シーホース三河)
  • 伊藤大司(Portland/06-10/滋賀レイクスターズ)
  • 渡邉雄太(George Washington/14-18/メンフィス・グリズリーズ)
  • シェーファー幸樹(Georgia Tech/17-18/アルバルク東京)
  • 八村塁(Gonzaga/16~19/ワシントン・ウィザーズ)
  • (UNCW/17~19/宇都宮ブレックス)

まとめ

  • NCAA D1だけでも約350校
  • D1校全校が拮抗している訳では無い

カレッジフープスの記事

参考

Underrated(theplayerstribune.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました