【NCAA】ゴンザガ大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

今回は世界各国から選手をリクルートして一気に全米でも指折りの強豪にのし上がったゴンザガ大学について紹介する。

ゴンザガ大学

基本情報

名称: Gonzaga University
愛称: Bulldogs
所属: West Coast Conference
18-19: 33勝4敗エリート8
17-18: 32勝5敗スウィート16
16-17: 37勝2敗準優勝
15-16: 28勝8敗スウィート16

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Gonzaga University Bulldogs

近年の話: 世界中にリクルート網を展開!!

ゴンザガ大学は近年非常に強くなったチームだ。HCマイク・ヒューは世界中にリクルート網を張り巡らせて毎年NCAAトーナメントを制覇できるレベルのチームを作り上げている。2020-21は特に強い。スターターを含めたロスター7、8名はデスラインナップと呼ばれている。破壊力はゴールデンステイト・ウォリアーズと呼んでも過言では無い。

注目選手

Jalen Suggs & Corey Kispert Light BYU Up | Full Highlights 1.7.21 | Combined 39 Points

ジェイレン・サッグス(ガード/193cm/1年/#1)

ジェイレン・サッグス(Jalen Suggs)は高校時代にESPNで全体5位に評価されたゴンザガ大学史上最高のリクルートだ。特筆すべきはメンタルだ。デイミアン・リラードやジミー・バトラーの気概が見受けられる。2021年NBAドラフトではトップ5指名が予想されている。

コーリー・キスパート(ウィング/201cm/4年/#24)

コーリー・キスパート(Corey Kispert)は現在のNBAで好まれそうなウィングだ。キスパートはあらゆる場所からもシュートを高確率で沈めることができる。しかも、プルアップもキャッチ&シュートのどちらも一流である。比較はジョー・ハリス、ボヤン・ボグダノビッチ、ボグダン・ボグダノビッチ辺りだ。1巡目指名は間違いない。

その他

ドリュー・ティミー(ビッグ/208㎝/2年/#2)
アンドリュー・ネムハード(ガード/196cm/3年/#3)
ジョエル・アヤイ(ガード/196cm/RS3年/#11)

ドリュー・ティミー(Drew Timme)は多彩なポストムーブを持つNCAA D1のトップレベルのビッグマンだ。フロリダ大学から転校してきたアンドリュー・ネムハード(Andrew Nembhard)とフランス人のジョエル・アヤイ(Joel Ayayi)の両ガードはビッグ3の脇を固めているが、両者共にNBA当落線上のレベルの選手である。加えて、マリ代表の素材系オマー・バロー(Oumar Ballo)もいる。

ウェスト・コースト・カンファレンス

詳細

名称: West Coast Conference
愛称: WCC
設立: 1952年
本部: カリフォルニア州サンブルーノ
HP: wccsports.com

所属校(大まかな所在地)
ゴンザガ大学(ワシントン州スポーケン)は八村塁選手が通っていた大学だ。世界中から選手をリクルートして毎年全米トップレベルのチームを築くことに成功している。
St.メアリーズ大学(ベイエリア)はゴンザガ大学のライバルだ。オーストラリアとのコネクションがある。
サンタ・クララ大学(ベイエリア)はスティーブ・ナッシュとアトランタ・ホークスのロイド・ピアースHCの母校だ。
サンフランシスコ大学(ベイエリア)はビル・ラッセルの母校として知られている。ラッセルは同大をNCAAトーナメント連覇に導いた。
パシフィック大学(カリフォルニア州ストックトン)は現在デイモン・スタウダマイヤーがHCを務めている。リック・バリーの息子で元NBA選手のジョン・バリーや1998年1巡目1位のマイケル・オロウォカンディーを輩出した。
ブリガム・ヤング大学(ソルトレイクシティ)は金持ちの白人が通うハイメジャー級の大学だ。ジマー・フレデッテが在籍していた時は非常に盛り上がっていた。
ポートランド大学(ポートランド)は日本と馴染みがある。伊藤大司選手の母校であり、現在は帝京長岡高校卒のタヒロウ・ディアバテ選手が在籍している。
ロヨラ・メリーマウント大学(ロサンゼルス)は試合中にNBAプロスペクトのハンク・ギャザーズが亡くなったという過去がある。
ペッパーダイン大学(ロサンゼルス)は超敏腕リクルーターのロレンゾ・ラマーがHCに戻ってきた。
サンディエゴ大学(サンディエゴ)

WCCは西海岸の大学で組織されたカンファレンスだ。都市部の大学が多いので現地観戦は行きやすい。ここ数年はゴンザガ大学が支配的だが、2019年はカンファレンストーナメント決勝でSMCがゴンザガ大学を破ってライバルとしての意地を見せた。元帝京長岡高校のタヒロウ・ディアバテ選手と日本代表候補のヒュー・ホグランド選手がプレーしていたポートランド大学も所属している。

チーム史

ダン・フィッツジェラルド時代(1978-81&85-97)

ジョン・ストックトンのリクルート

John Stockton Career Retrospective

1978年、ダン・フィッツジェラルド(Dan Fitzgerald)がHCに昇格した。実はジェラルドこそが今日に続くゴンザガ大学の礎を築いた張本人である。


1980年、フィッツジェラルドは地元スポーケンのスター選手ジョン・ストックトンをリクルートした。高校時代、ストックトンは地元近辺ではそこそこ知られてはいたものの、田舎でバスケットボールが盛んでもないワシントン州東部ということもあってか、全米的には全くの無名選手だったため、強豪大学からのオファーはなく、地元の小さなミッドメジャー校のゴンザガ大学に進学した。


その後、フィッツジェラルドは1981年にゴンザガ大学を離れたため、フィッツジェラルドがストックトンをコーチしたのは1980-81の1シーズンだけだったが、徐々に頭角を現したストックトンは4年次(1983-84)に20.9点、7.8アシスト、3.9スティールの成績を残し、4年間で未だに破られていたに同大史上最高のアシストとスティール数を記録、そして、見事にユタ・ジャズから1巡目16位で指名を受けた。

第二次ダン・フィッツジェラルド時代(1985-97)

主なリクルート
ジェフ・ブラウン(1991-94): アカデミック・オール-アメリカン(1994)
ジョン・ライリー(1992-95)
ポール・ロジャース(1994-97): 1997年2巡目53位

1985年、フィッツジェラルドはHCに復帰した。フィッツジェラルドはダン・モリソン(Dan Morison)とマーク・フュー(Mark Few)と共にワシントン州、オレゴン州、アイダホ州、モンタナ州といったバスケットボール不毛の地から原石の発掘に着手した。


その結果、フィッツジェラルドは安定したチーム作りに成功した。1991~97年間、ザグスは毎年勝率55%以上を記録し、その内4シーズンで20勝以上を達成、1994-95には初のNCAAトーナメント出場も果たし、ゴンザガ大学は無名校から実力校へとランクアップした。


1997年、体調がベストの状態では無かったこともあり、フィッツジェラルドはアスレティックディレクターとなり、HC職は部下のモリソンに譲られた。

ダン・モンソン時代(1997-99): NCAAトーナメントで結果を残す

主な実績
  • エリート8(1999)

1997-98、ザグスは序盤に当時AP5位だったクレムソン大学を破り、強豪ミシガンステイト大学とも接戦を演じ、WCCのレギュラーシーズン1位にも輝いたのだが、惜しくもカンファレンストーナメントで負けてしまったため、NCAAトーナメント出場はお預けとなった。


1998-99、ゴンザガ大学の自信は開幕3試合にカンザス大学、メンフィス大学、パデュー大学をスケジュールしたことからも表れていた。残念ながら勝ち星はメンフィス大学だけだったが、ザグスは残りの名門2校と渡り合い、その後、同州ライバルでPac-12の強豪ワシントン大学から勝利を挙げ、その後のカンファレンスゲームでは他を寄せ付けず、NCAAトーナメント出場権を獲得した。

Gonzaga Bulldogs vs Florida Gators NCAA Tournament (3-18-1999) "Calvary Rescues The Zags"

本戦、与えられたシード順位は中西部地区第10位と低かったが、1回戦でミネソタ大学を破り、2回戦で第2シードのスタンフォード大学をアップセット、そして、3回戦でフロリダ大学を撃破して当時同大史上最高位でミッドメジャー校としては快挙となるエリート8進出を果たした。


その後、一旦は長期の契約延長に合意したモンソンだったが、結局は1回戦で破ったミネソタ大学に移り、モンソン時代は僅か2シーズンで幕を閉じた。

マーク・フュー時代(1999-現在): NCAAトーナメント常連校、そして、全米屈指のパワーハウスへ

NCAAトーナメント常連に(1999-)

1999-2000はアップダウンの激しいシーズンとなった。開幕前、前シーズンの主力が残るザグスはAPで24位と今までの過小評価とは打って変わって高く評されていたものの、強豪校との試合をことごとく落としてしまったため、結果的に獲得したシード順位は西部地区第10位と今までと変わらなかったが、本戦で強豪ルイビル大学と第1シードのSt.ジョーンズ大学をアップセットし、スウィート16進出を果たした。

ストックトン以来の地元スター(2003-06)

Adam Morrison looks back on his legendary college basketball career

2003年、スポーケン育ちのアダム・モリソンがゴンザガ大学に入学した。2005-06、才能が開花したモリソンは平均28.1点、5.5リバウンドの活躍でチームを27勝3敗、AP最終5位に導き、4年連続で下位ラウンド敗退が続いていたザグスを久しぶりのスウィート16進出に貢献した。シーズン終了後、モリソンは数々の賞を受賞、ラリー・バードの再来とも評され、全体3位指名でシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)に入団した。

スウィート16の壁

主な選手
ジェレミー・パーゴ
オースティン・デイ

無名のミッドメジャー校、毎年20勝チーム、NCAAトーナメント常連校、着実に力をつけてきたゴンザガ大学だったが、2010年代に彼らの前に立ちはだかったのはスウィート16以上の壁だった。2008-09、ジェレミー・パーゴ、オースティン・デイ、ジョシュ・ハイトベルト(日立でプレー)のチームは3年振りに3回戦進出を果たしたが、将来のNBA選手7名を誇るノースカロライナ大学に為す術無く敗退を喫した。

パワーハウス期(現在)

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(2017)
  • エリート8(2015、19)

工事中

現地観戦

詳細

ホームアリーナ

基本情報

名称: McCarthey Athletic Center
住所: 801 N Cincinnati St, Spokane, WA 99258

ザグスのホームアリーナはキャンパス内にあるMcCarthey Athletic Centerだ。

チケット

ゴンザガ大学のチケットの入手が困難な原因
  • クラブ会員限定
  • シーズンチケットで販売
  • 一般販売は会場窓口のみ
  • 紙チケット

ゴンザガ大学のホームゲームのチケットは非常に入手が困難だ。と言うのも、ゴンザガ大学のチケットは有料のファンクラブ会員にシーズンチケットとしてしか売られていないからである。だから、シングルゲームチケットはファンクラブ会員から売りに出された物しか無い。しかも、チケットは紙チケットだ。だから、仮に市場にチケットが出回っていたとしてもそれを日本に到着させるのが結構難しい。つまり、ゴンザガ大学のホームで試合を見るのはほぼ不可能だ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

[/su_spoiler]

まとめ

ゴンザガ大学のホームゲームのチケットを日本まで持ってくるのは難しい。しかし、一方、アウェイゲームの試合は簡単だ。ゴンザガ大学の所属するウェスト・コースト・カンファレンスは、ゴンザガ大学が強いので勘違いされがちだが、その他の所属校は普通のミッドメジャー校である。つまり、毎試合の観客数はキャパ5000に対して2、3000人程である。チケットも$15程度だ。だから、ゴンザガ大学はアウェイで観るのがオススメである。


とは言え、そんな入手困難な道をも切り開くのが俺達だ。昨年、奇跡的にワンペアだけ売っていたチケットを購入して観戦してきた。

関連記事

カスカディアエリア

参考

Gonzaga freshman center Oumar Ballo ruled academic redshirt for 2019-20 season(spokenman.com)
Gonzaga Bulldogs School History(sports-reference.com)
2009-10 Gonzaga Men’s Basketball Guide(issuu.com)
Stockton to enroll at Gonzaga(news.google.com)
Fitzgerald will pass off to Monson in 1997(news.google.com)
Few can replace Monson(news.google.com)
Creativity comes in handy when locating tickets to Gonzaga men’s basketball home games(spokenman.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました