【NCAA】ゴンザガ大学

※本サイトは広告を含んでいます

ゴンザガ大学

基本情報
  • 校名: Gonzaga University
  • 愛称: Bulldogs/Zags/GU
  • 所属: West Coast Conference
  • 成績
    2023-24: 27勝8敗スウィート16
    2022-23: 31勝6敗スウィート16
    2021-22: 28勝4敗スウィート16
    2020-21: 31勝1敗準優勝

近年の話: 優勝候補→一歩後退

近年の話
  • ジョン・ストックトン出禁(2021-22)
  • リクルートの変化
    右腕トミー・ロイド去就(2021年)
    北米トップリクルート加入(2020年~)
  • NBA輩出
    チェット・ホルムグレン(2021-22)
    アンドリュー・ネムハード(2020-22)
主な選手(2023-24)経歴
アントン・ワトソン
Anton Watson
ゴンザガ大学(2019-)
NBAドラフト撤回(2023)
ライアン・ネムハードクレイトン大学(2021-23)
トップ編入生(2023)
グラハム・イケワイオミング大学(2021-23)
トップ編入生(2023)
スティール・べンタース
Steele Venters
イースタンワシントン大学(2019-23)
NBAドラフト撤回(2023)
上位編入生(2023)
Jun Seok Yeo高麗大学()
ゴンザガ大学(2022-)
-RS(2022-23)
ダスティ・ストローマ―★4
脱退(2023)
ドリュー・ティミー(2019-23)→NBAドラフト
ジュリアン・ストラウダー(2020-23)→NBAドラフト
ラシア・ボルトン(2021-23)→選手資格満了
エフトン・リード(2022-23)→ウェイク・フォレスト大学
ハンター・サリス(2021-23)→ウェイク・フォレスト大学

現在、ゴンザガ大学は優勝候補筆頭から一歩後退している。主因は右腕の喪失だ。2021年、ACトミー・ロイド(Tommy Lloyd)がアリゾナ大学に栄転してしまった。同氏は、北米のトップ選手達にそっぽを向かれていた状態の中、留学生や編入生でチームを編成し、近年は国内トップ選手をもリクルートに成功していた。そんな中、同大は直近3年間で再三の優勝機会をことごとくつかみ損ねた。そして、2022‐23、選手の質は明らかに落ちている。

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Gonzaga University Bulldogs

ウェスト・コースト・カンファレンス

基本情報
  • 名称: West Coast Conference
  • 愛称: WCC
  • 設立: 1952年
  • 本部: カリフォルニア州サンブルーノ
  • 放送: CBS/ESPN
  • HP: wccsports.com
所属校(大まかな所在地)
ゴンザガ大学(ワシントン州スポーケン)は世界中から選手をリクルートして毎年全米トップレベルのチームを築いている。
ポートランド大学は岡山恭崇氏、伊藤大司選手、渡辺飛勇選手、タヒロウ・ディアバテ(帝京長岡高卒)、山之内ウィリアムス選手と日本と馴染みが深い。
St.メアリーズ大学(ベイエリア)はオセアニアとのコネクションで知られている。
サンタ・クララ大学(ベイエリア)はスティーブ・ナッシュの母校だ。
サンフランシスコ大学(ベイエリア)はビル・ラッセル時代にNCAAトーナメント連覇を達成した。
パシフィック大学(カリフォルニア州ストックトン)はジョン・バリーや1998年1巡目1位のマイケル・オロウォカンディの出身校だ。
ロヨラ・メリーマウント大学(LA)はNBAプロスペクトのハンク・ギャザーズが試合中に命を落とした。
ペッパーダイン大学(LA)は超敏腕リクルーターのロレンゾ・ラマーがHCに戻ってきた。
サンディエゴ大学はしばしば米国代表やNBA球団のキャンプ地として利用される。

WCCは西海岸の小規模校で組織されている。2010年代以降、ゴンザガ大学が圧倒的だ。St.メアリーズ大学やサンフランシスコ大学はハイメジャー級の実力を持っている。近年はサンタ・クララ大学も実力をつけてきている。そして、強豪ブリガム・ヤング大学が遂にビッグ・12・カンファレンスへ移籍してしまった。

チーム史

ダン・フィッツジェラルド時代(1978-81&85-97)

ジョン・ストックトンのリクルート(1978-81)

ダン・フィッツジェラルド(Dan Fitzgerald)はゴンザガ大学の礎を築いた張本人だ。1980年、同氏は地元のスター選手ジョン・ストックトンをリクルートした。高校時代、同選手は地元近辺では知られてはいたものの、田舎+バスケ不毛のワシントン州東部だったため、強豪校からのオファーはなかった。

ジョン・ストックトン(1980-84)

その後、ダン・フィッツジェラルドの離脱中、ジョン・ストックトンは徐々に頭角を現し、4年次(1983-84)には20.9点、7.8アシスト、3.9スティールの成績を残し、ユタ・ジャズから1巡目16位で指名を受けた。

第二次ダン・フィッツジェラルド時代(1985-97)
主なリクルート
  • ジェフ・ブラウン(1991-94): アカデミック・オール-アメリカン(1994)
  • ジョン・ライリー(1992-95)
  • ポール・ロジャース(1994-97): 1997年2巡目53位

1985年、ダン・フィッツジェラルドはダン・モリソン(Dan Morison)とマーク・フュー(Mark Few)と共に”バスケットボール不毛の地”北西部から原石の発掘に着手した。その結果、ゴンザガ大学は良質な選手の確保に成功し、1991~97年間に「毎年勝率55%以上」「4シーズンで20勝以上」「初のNCAAトーナメント初出場(1994-95)」を果たし、無名校から実力校へと出世した。その後、1997年、同氏は健康上の理由もあってHCからアスレティックディレクターに移った。

ダン・モンソン時代(1997-99): NCAAトーナメントで結果を残す

主な成績
  • エリート8(1999)
夜明け前

1997-98、ゴンザガ大学は序盤にAP5位クレムソン大学を破り、強豪ミシガンステイト大学とも接戦を演じ、WCCのリーグ戦1位にも輝いたものの、惜しくもカンファレンストーナメントで負けてしまったため、NCAAトーナメント出場はお預けとなった。

@b_o_bros
@b_o_bros

1998年夏、ゴンザガ大学は財政難の打開策として運動部のNCAA D3降格を検討していた。最終的にNCAA D3降格案は「北西部ですらも無名校になる」との結論で廃案になっている。一方、NCAA D3降格は$100万のコストカットが見込まれていた。

ミッドメジャーの快挙

1998-99、自信は開幕3連戦(カンザス大学、メンフィス大学、パデュー大学)に表れていた。ゴンザガ大学は全て接戦で1勝2敗と渡り合った後、同州ライバルのワシントン大学から勝利を挙げ、カンファレンスシーズンでは他を寄せ付けず、NCAAトーナメント出場権を獲得した。そして、本戦、同大は中西部地区第10位ながら1回戦でミネソタ大学、2回戦で第2シードのスタンフォード大学、3回戦でフロリダ大学を撃破して当時同大史上最高成績のエリート8進出を果たした。その後、ダン・モンソンはミネソタ大学に移った。

@b_o_bros
@b_o_bros

1999年夏、 マット・スタンジェロとダン・モリソンはワールド・ユニバーシティ・ゲームのアメリカ代表として同大会9連覇に貢献した。同大会は世界各国の大学選抜が競い合う大会だ。その他にはケニョン・マーティン、マイケル・レッド、ブランダン・ヘイウッドらが出場していた。

マーク・フュー時代(1999-現在): NCAAトーナメント常連校から全米屈指のパワーハウスへ

NCAAトーナメント常連に(1999-)

1999-2000はアップダウンの激しいシーズンとなった。開幕前、前シーズンの主力が残るザグスはAPで24位と今までの過小評価とは打って変わって高く評されていたものの、強豪校との試合をことごとく落としてしまったため、結果的に獲得したシード順位は西部地区第10位と今までと変わらなかったが、本戦で強豪ルイビル大学と第1シードのSt.ジョーンズ大学をアップセットし、スウィート16進出を果たした。

ストックトン以来の地元スター(2003-06)

2003年、スポーケン育ちのアダム・モリソンがゴンザガ大学に入学した。2005-06、才能が開花したモリソンは平均28.1点、5.5リバウンドの活躍でチームを27勝3敗、AP最終5位に導き、4年連続で下位ラウンド敗退が続いていたザグスを久しぶりのスウィート16進出に貢献した。シーズン終了後、モリソンは数々の賞を受賞、ラリー・バードの再来とも評され、全体3位指名でシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)に入団した。

スウィート16の壁
主な選手
  • ジェレミー・パーゴ
  • オースティン・デイ

無名校、毎年20勝チーム、NCAAトーナメント常連校、着実に力をつけてきたゴンザガ大学だったが、2010年代に彼らの前に立ちはだかったのはスウィート16以上の壁だった。2008-09、ジェレミー・パーゴ、オースティン・デイ、ジョシュ・ハイトベルト(日立でプレー)のチームは3年振りに3回戦進出を果たしたが、将来のNBA選手7名を誇るノースカロライナ大学に為す術無く敗退を喫した。

優勝候補期(2012-現在)
主な成績
  • 32勝5敗スウィート16
  • 2016-17: 37勝2敗準優勝
  • 2012-13: 32勝3敗スウィート16
初の第1シード獲得(2012-13)
エリート8進出(2014-15)
初の決勝進出(2016-17)
八村塁選手の成長(2018-19)
主な選手(2018-19)
  • 八村塁(2016-19)
  • ブランドン・クラーク(2017-19)
  • ザック・ノーベル(2017-19)
  • ジョシュ・パーキンス(2014-19)

+キリアン・ティリー/コーリー・キスパート/ジョエル・アヤイ

2018-19、ゴンザガ大学は八村塁選手の成長とブランドン・クラークのレッドシャツからの解放によって新たなチームへと生まれ変わった。

スーパーチーム(2020-21)
スーパーチーム(2020-21)
  • ジェイレン・サッグス(ガード/193cm/1年/#1)
  • コーリー・キスパート(ウィング/201cm/4年/#24)
  • ドリュー・ティミー(ビッグ/208㎝/2年/#2)
  • アンドリュー・ネムハード(ガード/196cm/3年/#3)
  • ジョエル・アヤイ(ガード/196cm/RS3年/#11)

2020‐21、ゴンザガ大学はスーパーチームを結成することに成功した。最大の理由はジェイレン・サッグスの加入だ。国内のトップリクルートの加入はゴンザガ大学が一流校として認められたことを意味している。

その他

フランク・バーゲス(1958-61)

フランク・バーゲス(Frank Burgess)は、1953-54のアーカンソーAM&N大学(現アーカンソー大学パインブラフ校)+4年間の空軍での軍務の後、ゴンザガ大学に入学し、1960-61に平均32.4点でNCAAの得点王に輝き、同大初のスター選手となった。

デビッド・ストックトンの子ども

息子デイビッド・ストックトンと娘ラウラ・ストックトンもゴンザガ大学のバスケットボール部でプレーした。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報
  • 名称: McCarthey Athletic Center
  • 住所: 801 N Cincinnati St, Spokane, WA

ホームアリーナはキャンパス内にある。

チケット

高難易度のチケット入手
  • クラブ会員限定
  • シーズンチケットで販売
  • 一般販売は会場窓口のみ
  • 紙チケット

ゴンザガ大学のホームゲームチケットは入手が超困難だ。まず、チケットは有料のファンクラブ会員にシーズンチケットとしてしか売られていない。そのため、シングルゲームチケットはファンクラブ会員のばら売りしかない。しかも、チケットは紙チケットだ。無論、多くの売主は発送を米国内に限定している。そのため、チケットを日本に持ってくるのが難しい。つまり、ゴンザガ大学のホームで試合を見るのはほぼ不可能だ。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品がキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • ECサイト
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

カスカディアエリア

バンクーバー(カナダ)

シアトル(ワシントン州)

ポートランド(オレゴン州)

コーバリス(オレゴン州)

【NCAA】オレゴンステイト大学
オレゴンステイト大学を紹介!!

ユージーン(オレゴン州)

【NCAA】オレゴン大学
オレゴン大学を紹介!!

スポーケン(ワシントン州)

ミュズーラ(モンタナ州)

  • NCAA D1(中堅): モンタナ大学

ボーズマン(モンタナ州)

  • NCAA D1(中堅): モンタナステイト大学

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

アメリカのインターネットテレビの利用方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
Paramount+とMAXの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
TSNの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
ESPN+の利用方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
ESPN PLAYERの利用方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

John Stockton Says Gonzaga Suspended His Season Tickets Over Refusal to Wear Mask(si.com)
Gonzaga freshman center Oumar Ballo ruled academic redshirt for 2019-20 season(spokenman.com)
Gonzaga Bulldogs School History(sports-reference.com)
2009-10 Gonzaga Men’s Basketball Guide(issuu.com)
Stockton to enroll at Gonzaga(news.google.com)
John Stockton’s Son & Daughter Have the Gonzaga Basketball Gene(heavy.com)
Fitzgerald will pass off to Monson in 1997(news.google.com)
Few can replace Monson(news.google.com)
Gonzaga faltered in NCAA championship, but its rise remains one of college basketball’s amazing tales(espn.com)
TWENTIETH WORLD UNIVERSITY GAMES — 1999(usab.com)
FRANK BURGESS(gozags.com)
Creativity comes in handy when locating tickets to Gonzaga men’s basketball home games(spokenman.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました