【NCAA】オレゴン大学

About US

※全て参考文献付き

B.I.B.T.(Bro Institute of Ball&Trip)は「より多くの人々に本場アメリカのバスケ(現地観戦、ピックアップゲーム、留学&etc)の楽しさを体験してもらう」を目標に北米のバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。主なコンテンツは上記の通りである。そして、今回の記事はアメリカの大学の紹介と解説だ。

オレゴン大学

基本情報

名称: University of Oregon
愛称: Ducks
所属: Pac-12 Conference
2020-21: 21勝7敗スウィート16
2019-20: 24勝7敗(NCAAトーナメント中止)
2018-19: 25勝13敗スイート16
2017-18: 23勝13敗NIT2回戦
2016-17: 33勝6敗ファイナル4

https://goducks.com/index.aspx?path=mbball

近年の話: NIKEの総本山

最近の話
  • N’Faly Dante(元ファイブスター)

近年、オレゴン大学は才色兼備に務めている。まず、オレゴン大学はリクルートに強い。理由はNIKE共同創業者フィル・ナイトの母校としてのNIKEによる全面的なバックアップだ。アスリートがNIKEの最新ギアと施設の誘惑を断るのは難しい。実際に「ボル・ボルとルイス・キングのワン&ダンコンビ(2018年)」「エンファリ・ダンテとCJ・ウォーカー(C.J. Walker)のファイブスター2人、フォースター3人、No.1短大生クリス・ダーテ(2019年)」が入学している。一方、リクルートだけのコーチも多い中、現HCダナ・オルトマン(Dana Altman)は有望選手達を無駄にしていない。チームは2016年にエリート8、2017年には1939年の優勝以来のファイナル4進出を果たし、2019年はボル・ボルの離脱でシーズン途中にチームを1から作り直さなければならない状況に陥ったにもかかわらず、ペイトン・プリッチャード中心にまとまりスウィート16で優勝校バージニア大学をあと一歩の所まで追い詰めた。

パック-12・カンファレンス

名称: Pac-12 Conference
愛称: パック12
設立: 1915年
所属校: 12校
放送: Pac-12 Network/ESPN/CBS
HP: pac-12.com

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
UCLA(ロサンゼルス)は1967~73年の7連覇を含む合計11回のNCAAトーナメント制覇を誇る超名門だ。
USCロサンゼルスはUCLAと双璧を成すLAの名門大学だ。最近ではUCLAよりもリクルートに強い。
アリゾナ大学(アリゾナ州ツーソン)は1990年代にPac-12を代表するパワーハウスとなったが、プレー資格の無い選手の起用やリクルートの不正が発覚したためNCAAからの制約を受けて近年は弱体化を余儀なくされた。
アリゾナステイト大学(フェニックス)はジェームス・ハーデンの母校として有名だ。
オレゴン大学(オレゴン州ユージーン)はNIKEのスポンサードによる高いブランド力で毎年リクルートに成功している。
オレゴンステイト大学(オレゴン州コーバリス)はゲイリー・ペイトン父子を輩出した。
ワシントン大学(シアトル)は地元シアトルのキッズをNBA選手に仕立て上げることで有名だ。
スタンフォード大学(ベイエリア)は1980年代後半~00年代前半まではNCAAトーナメント常連校だった。現在は緩やかに下降気味だが、今でもNBA選手をちょいちょい輩出している。卒業生にはコリンズ兄弟(97-01)とロペス兄弟(06-08)の二組の双子ビッグマンがいる。
カリフォルニア大学バークレー校(ベイエリア)はケビン・ジョンソン、ジェイソン・キッド、アブドゥル-ラヒーム、最近ではジェイレン・ブラウン等を輩出している。ただ、2018-19はカンファレンス内で1勝もできなかった。
コロラド大学(デンバー)はコロラド州史上最高のプレーヤーと評されるチャウンシー・ビラップスの母校だ。
ユタ大学(ソルトレークシティー)は1990年代にアンドレ・ミラーやキース・バン・ホーンらを擁して最盛を迎えた。日系人初のNBA選手ワッツ・ミサカ氏の母校でもある。
ワシントンステイト大学(ワシントン州スポーケン)はワシントン州の”じゃない方”大学と評されているPac-12の残念なチームだが、2000年代に現バージニア大学HCのトニー・ベネットが就任して一時期は強かった。当時のエースがクレイ・トンプソンである。

パック12はアリゾナ大学とUCLAに代表されるカンファレンスだ。ただ、現在の勢力図はワシントン大学とオレゴン大学がリードしている状況となっている。PacはPacific(太平洋)の略で、 同連盟は西海岸で唯一のパワーカンファレンスである。Pac-12は各校共にリクルートは優れているのだが強くは無い。

チーム史

ハワード・ホブソン時代(1935-44、45-47)

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(1939)

工事中

アーニー・ケント時代(1997-2010)

主な実績
  • エリート8×2(2002、07)

古語復活&3年連続ロッタリーピック輩出

主な選手
  • フレッド・ジョーンズ(1998-02/4年): 2004年ダンクチャンピオン
  • ルーク・ジャクソン(2000-04/2年): 2004年1巡目10位
  • ルーク・リドナー(2000-03/2年): 2003年1巡目14位

1997年、卒業生のアーニー・ケント(Ernie Kent)がHCに就任した。


2001-02、前年に呼び込むことに成功したマクドナルド・オール-アメリカンのルーク・リドナーに加えて、4年生のフレッド・ジョーンズとルーク・ジャクソンが才能を一気に開花させてダックスはAPランクに名を連ねるようになった。結果的にダックスは14勝4敗でパック-10のレギュラーシーズン優勝を果たし、中西部地区第2シードを獲得、その後、スウィート16で注目のフレッシュマンのTJ・フォード率いるテキサス大学を2点差で下し、1960年以来となるエリート8進出を果たした。その後、ジョーンズは1巡目14位でインディアナ・ペイサーズに指名された。


翌2002-03、リドナーがパック-10の年間最優秀選手賞を受賞する活躍を見せ、ダックスは一時期AP5位に評されるまでに至ったが、結果的にはNCAAトーナメント1回戦敗退に終わり、シーズン終了後、リドナーは1巡目14位で地元ワシントン州にあったシアトル・スーパーソニックスに加入した。


そして、2003-04、チームはNCAAトーナメント出場を逃したが、ジャクソンは孤軍奮闘振りを評価されてコンセンサス・オール-アメリカンの2ndチームに入り、2004年1巡目10位でクリーブランド・キャバリアーズに入団した。

タレント+上級生集団

主な選手
  • アーロン・ブルックス: マクドナルド・オール-アメリカン
  • マリーク・へアストン: ファイブスター
  • 2004年高卒組トップ100選手4名

2006-07、ロスターはロッタリーピック3名を輩出した2001-02以上にタレントと経験に溢れていた。マクドナルド・オール-アメリカンのアーロン・ブルックスが4年生になり、高校時はブルックスよりも評価が高かったマリーク・へアストン、2004年高卒組(Class of 2004)でトップ100に入る選手4名も上級生になっていた。その後、ダックスはPac-12のカンファレンストーナメントを制覇してAP最終10位でNCAAトーナメントに出場、惜しくも優勝したフロリダ大学に敗れたが、エリート進出を果たした。

ダナ・オルトマン時代(2010-現在)

(2010~16)

工事中

レジェンド: ペイトン・プリッチャード(2016-20)

主な実績
  • ボブ・クージー賞(2020)
  • オールアメリカン1stチーム(2020)
  • オレゴン大学歴代1位
    勝利(105)
    出場試合(144)
    スターター(140)

オレゴン大学のレジェンドはペイトン・プリッチャード(Payton Pritchard)だ。2018-2019、オレゴン大学はボル・ボルの離脱でシーズン途中にチームを1から作り直さなければならない状況に陥ったになったが、プリチャードがチームを導き、スウィート16で敗退したものの、優勝校バージニア大学をあと一歩の所まで追い詰めた。そして、後日、プリッチャードはプログラム史上初&パック-12で2人目のボブ・クージー受賞者となった。

その他

トム・ジェーンステド(1966年卒)

トム・ジェーンステド(Tom Jernstedt)は”ファイナル4の父”と呼ばれた人物だ。オレゴン大学時代、ジェーンステドはバスケットボールでは無く、フットボールに精を出していたが、1972年にNCAAに就職して以降、約50年間カレッジフープスに深く携わることとなった。主な功績にはNCAAトーナメントの拡大(出場枠25校→68校)、スタジアムの使用、ブラケット発表のエンターテインメント化等が挙げられる。この尽力によって1970年代前半には$100万(約3億円)だった放映権が引退する2011年には$100億(約1兆円)にまで跳ね上がった。

現地観戦

ユージーン(オレゴン州)

総評: 初級者向け

ユージーンは初級者向けだ。

基本情報

オレゴン大学はポートランドから車で3時間程南にある。標準時時間は太平洋標準時、日本との時差は-17時間だ。

アクセス

飛行機空港長距離バス
鉄道
直行便無しユージーン空港Greyhound
Bolt Bus
Amtrak

最も簡単なアクセス方法はポートランドから長距離バスだ。バスはグレイハウンドとボルトバスがあるが、ボルトバスのバス停の方ががキャンパスに近い。一方、鉄道で行くという手もある。ユージーン駅とキャンパスは約2km程なので歩いて行け無い訳ではない。また、飛行機(国内線)で行く手もあるが、ユージン空港とダウンタウンを繋ぐ公共交通機関は無い。

快適度

規模公共交通機関気候
(11~3月)
カレッジタウン
(大)
ローカルバス最高気温: 10℃
最低気温: -7℃
詳細

ユージンは大きなカレッジタウンだ。大学の周りにはオレゴン大学の学生達が生活を送れるような店や娯楽施設がある。衣食住に困ることはほとんど無い。ホテルはマシュー・ナイト・アリーナの目の前にあるモーテルが近くて安いのでオススメだ。気候はそこまで寒くは無い。

観光: ★

観光で行く場所では無い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Mathew Knight Arena
住所: 1390 Villard St, Eugene, OR 97403

ダックスのホームアリーナはキャンパス内のマシュー・ナイト・アリーナだ。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

カレッジグッズは各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)が最も品揃えが豊富だ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で出てくる。ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。ちなみに、アリーナのショップは品揃えが悪い。

まとめ

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

関連記事

カスカディアエリア

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
当ブログで紹介しているNCAAディビジョン1の大学一覧

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!
【バスケ留学解説】ゲイ・ドゥドゥ(八王子学園高校卒)
今回は日本の4年制大学(拓殖大学)からNCAA D1へのルートを開拓したゲイ・ドゥドゥの留学を解説する。
【バスケ留学解説】田渡凌
田渡凌選手のバスケ留学の解説!!

NCAAの視聴方法

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

参考

Oregon Ducks center N’Faly Dante out for season with torn ACL(sports.yahoo.com)
Oregon 5-Star C N’Faly Dante Ruled Ineligible, Will Reenroll in December(bleacherreport.com)
Oregon Ducks land nation’s No. 4 center Franck Kepnang(nbcsports.com)
Oregon men’s basketball: Reloaded and better than ever?(nbcsports.com)
Oregon 2004 Basketball Commits(247sports.com)
Payton Pritchard Named to the Bob Cousy Award Watch List(addictedtoquack.com)
Payton Pritchard(goducks.com)
Tom Jernstedt, nicknamed ‘Father of the Final Four,’ dies at 75(espn.com)
Mr. March Madness(thetachi.org)

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました