【NCAA】カレッジバスケ解説: 大学以外の進路

NBA&カレッジギアを買う方法

NBAストアの運営会社
NBAストアの姉妹サイト
fanatics.com」「lids.com」「fanatics-intl.com
各々割引とラインナップが微妙に違う!!
※全て日本への発送に対応

NBA Rakutenはハピタス経由がお得!!

↓からの新規登録+申込で+700pt!!
ポイントは1Pt=1円から現金化可能!!

概要

2005年以降、NBAは基本的には高卒選手のNBA入りを禁止している。2005年、NBAとNBA選手会間の団体交渉協約(Collective Bargaining Agreement)更新の結果、NBAドラフトエントリー資格に「高校卒業後NBA1シーズン経過」と「ドラフト年の大晦日までに19歳を迎える」が追加となった。前コミッショナーの故デビッド・スターンが精神的に未熟な若者がNBAに入ってくるのを嫌ったからだ。当時、NBAはMLBを参考にマイナーリーグのファーム化の計画を思いついた。実際、現Gリーグ(元Dリーグ)は「6チーム(2005年)→27チーム(2022)→31チーム(将来)」と計画を進めている。また、2019年には遂にGリーグ・イグナイトがNBAプロスペクトを集めたチームとして新設された。一方、マイナーリーグ計画は上記の通り時間を要している。そのため、2005年以降、NBAプロスペクト達は高校卒業後からNBAドラフトまでの最低1年間を何かしらの方法で時間を潰さなければならなくなった。そして、その結果、大学を1年で辞める「ワン&ダン」が流行し、さらには大学進学以外(オルタナティブ)の方法も次々と編み出された。

第一世代(2006~10年高卒組): ワン&ダンの流行

概要: ワン&ダンの流行

まず、最初に流行したのがワン&ダン(One&Done)だ。ワン&ダンは「ワン=1年/ダン=終える」の意味で1年で大学を後にすることを意味する。第一世代で高校から直接NBA入りしたかった選手達はNBAドラフトエントリー資格を満たした1年間だけプレーしてカレッジを後にした。一方、極々僅かだがカレッジには行かずに他のプロリーグでこのモラトリアムを過ごした選手も出てきた。

ワン&ダン組

ドラフト年ワン&ダン高校生備考
200175
200264
200335
200438ドレル・ライトが高校5年生
2005311高校生最後
20062n/a高校生禁止
20079n/a高校生禁止の影響を最初に受けた組
200814n/a
20095n/a
201011n/a
20119n/a
https://www.thedraftreview.com/index.php?option=com_content&view=category&id=136&Itemid=384

上の表はワン&ダンでNBAドラフトに実際にエントリーした人数だ。撤回者は含まれていない。2005年は高卒ルーキー最後の年だったこともあって高卒エントリー者数が増加している。一方、翌2006年はタイラス・トーマスとショーン・ウィリアムスが高卒ルーキー禁止後初のワン&ダン選手となったが、彼らには2005年の高卒時にもエントリー資格があったので、CBAの影響を受けてのワン&ダンでは無い。そして、CBA改定の影響を受けた最初のクラス以降、ワン&ダンのエントリー者数は「9名(2007)→14名(2008)→5名(2009)→11名(2010)→9名(2011)」と増加し始めた。

OJ・メイヨやマイケル・ビーズリーは大学在学時に不正に金銭等を受け取っていた疑惑の進学も目立つようになった。

プロリーグ組

主な選手モラトリアム(期間)ドラフト
ブランドン・ジェニングスイタリア(2008-09)2009年1巡目9位(MIL)
ラタビアス・ウィリアムスGリーグ(2009-10)2010年2巡目48位(MIA)
ジェレミー・テイラーイスラエル(2009-10)
日本(2010-11)
2011年2巡目39位(CHA)
結局、ラタビアス・ウィリアムスはNBAでは1試合もプレーしなかった。

初めて海外プロリーグの道を開拓したのがブランドン・ジェニングスだ。ジェニングスは学業不振のためにアリゾナ大学への進学を断念してPallacanestro Virtus Romaと契約した。成績は43試合出場で平均20分/6点だった。一方、ラタビアス・ウィリアムス(Latavious Williams)は初の「高卒→Dリーグ→NBAドラフト」選手だ。2009年、ウィリアムスは学業成績不振で大学進学を諦めた後、CBA(中国)のオファーも「アメリカに留まってほしい」という家族の意向で断り、最終的にはDリーグドラフトでタルサ・シックスティシクサーズに加入し、46試合に出場して7.7点/7.7リバウンドを記録した。そして、ジェレミー・タイラーは高校を中退してイスラエルリーグとbjリーグを経由してNBAドラフトに入った。2009年、タイラーは高校最終学年を迎える前にサンディエゴ高校を中退してイスラエルのマッカビ・ハイファに入団して10試合に出場し、翌年にまだエントリー要件を満たしていなかったためbjリーグのボブ・ヒル率いる東京アパッチと契約して合計33試合に出場した。

第二世代(2011~16年高卒組): NCAA以外の道の模索&実行

概略: NCAA以外の道を開拓

第三世代は2011年のCBA更新で引き続き高卒NBA入り禁止が続いたことの影響を受けた。まず、最大の
学年変更(reclassification)制度の利用者が増加した。学年変更制度は読んで字のごとく学年を変更できる制度だ。第二世代ではできるだけ若い年齢でドラフトにエントリーするために高校の卒業を早める動きが出てきた。また、新たなオルタナティブウェイの開拓も始まった。海外プロでは2014年にエマニュエル・ムディエイは中国、テレンス・ファーガソンはオーストラリアに活路を見出した。加えて、サイナム・シンとソーン・メイカーはポスト-グラデュエイト・イヤー(Post-Graduate Year)からのNBAドラフトエントリーをNBAに認めさせた。ポスト-グラデュエイト・イヤーは「高校卒業後に進学準備のために1年間プレップスクールに通う」教育システムだ。

ワン&ダン組

ドラフト年ワン&ダン備考
20129
201310
201410
201513
201615
201720

CBA更新後、ワン&ダンの選手数は微増を辿ったが、2017年に一気に20人へと増加した。リッキー・レドは大学の試合に一度もプレーすること無くNBAドラフトへ進んだ。高校卒業後、レドはプロビデンス・カレッジへ進学したが、学業成績がNCAAの基準に満たなかったため公式戦に出場できなかった。その後、2013年に2巡目43位でバックスに指名されて最終的にはマーベリックスに送られた。

学年変更組(reclassfication)

主な学年変更組
  • アンドレ・ドラモンド(2012年1巡目9位)
    12→11卒→コネチカット大学(11-12)
  • ナーレンズ・ノエル(2013年1巡目)
    2013→2012卒→ケンタッキー大学(12-13)
  • ウェイン・セルデン(2016年ドラフト外)
    14→13卒→カンザス大学(13-16)
  • ノア・ボンレー(2014年1巡目9位)
    14→13卒→インディアナ大学(13-14)

第二世代のNBAプロスペクトはできるだけ若くドラフトにエントリーするために学年変更制度を積極的に利用し始めた。アメリカでは様々な事情でクラスメイトが同年齢とは限らない。特にホームスクーリング、複数回の転校、移民の子どもたちは学力レベルによっては必ずしも元来の学年に入れる訳では無い。そもそも地区によって子ども達が小学校に通い始める年齢も違う。そのため、子どもたちは要件を満たせば学年を変更できる。一方、実はアメリカではスポーツで優位に立てるという理由で敢えて1つ下の学年でプレーするホールドバックス(holdbacks)も横行している。第二世代の中には2011年のCBA合意で高卒ルーキーが引き続き不可能になったことを受けて急遽本来の学年に戻る者が出てきた。

海外プロ組

主な選手モラトリアム(期間/方法)ドラフト
エマニュエル・ムディエイ中国CBA(2014-15)2015年1巡目7位(DEN)
テレンス・ファーガソン豪NBL(2017-18)2018年1巡目24位(OKC)

エマニュエル・ムディエイは中国CBAに行った初めてのトッププロスペクトだ。ムディエイはSMUへの進学を撤回し、家族を養うためにプロへの転向を発表し、CBAのサザン・タイガースと$1.2M(約1.5億円)で契約した。一方、テレンス・ファーガソンはNBL(オーストラリア)ルートを開拓したトップリクルートだ。当初、彼はアリゾナ大学に進学するつもりだったが、家族を養うためにナイキ・フープ・サミットで声を掛けられたアデライデ・サーティーシクサーズと契約した。

ポスト-グラデュエート組

主な選手モラトリアム(期間/方法)ドラフト
サイナム・シンポスト-グラデュエート(2014-15)2015年2巡目52位(DAL)
ソーン・メイカーポスト-グラデュエート(2015-16)2016年1巡目10位(MIL)
サイナム・シンはNBA出場無し

サイナム・シンは初のポスト-グラデュエート to NBAドラフトとなった選手だ。2014-15、シンはNBAとIMGアカデミーのインド進出の思惑で渡米させられてから5年目を迎えていたものの、学業成績不振が続いてNCAAの道が閉ざされたため、NBAはPG生が「高校卒業後1年の経過」と「ドラフト年内に19歳を迎える」の条件を一応は満たしていることを受けてNBAドラフトエントリーを認めた。その後、翌2015-16、ソーン・メイカーが上記の前例を武器にNBAに自身のエントリー資格を主張して2016年のNBAドラフトエントリーを果たした。

第三世代(2017~19年高卒組): カレッジスキップの加速

概要: カレッジスキップの選択肢が増加

第三世代でも引き続きワン&ダンが主流だった。特に2018年高校卒業組はザイオン・ウィリアムソン、RJ・バレット、キャム・レディッシュを筆頭に多くの有望選手が大学進学を選んだ。一方、オルタナティブウェイのバリエーションが急増した。豪NBLはNBAプロスペクト専用のNBL Next Stars契約を立ち上げてNBAプロスペクト達を歓迎し、ポスト-グラデュエートも当たり前となり、敏腕代理人リッチ・ポールはダリアス・ベイズリーをインターンシップと自主トレの道に促して完全に新たな道を切り開いた。その他に「私塾」や「有給リーグ」も誕生した。そして、NBAはようやく重い腰を上げてGリーグにプロスペクト専用の契約を新設した。

ワン&ダン

ドラフト年ワン&ダンオルタナティブ備考
2018204内1人はリアンジェロ・ボール
2019182

2018年は20人、2019年は18人のワン&ダンがNBAドラフトにエントリーした。以前まではドラフト外が濃厚な選手達はエントリーを引き下げて大学に戻ったが、近年はドラフト外になったとしてもエントリーを撤回しない選手が増えてきた。

学年変更

主な選手高卒年高卒時年齢/誕生日進路ドラフト
チャールズ・バッシー201817+8歳/2000年10月WKU2021年2巡目53位(PHI)
DJ・バーンズ201817+8歳/2000年10月テネシー大学等
ニコ・マニオン201918+3歳/2001年3月アリゾナ大学2020年2巡目48位(GSW)

第三世代では学年変更制度の高度な利用法が編み出された。まず、飛び級者が登場した。アメリカでは誕生日や学力次第では大学入学時に17歳の学生もいる。だから、学年変更制度で本来の学年よりも1年早く高校を卒業することも可能になっている。つまり、選手は当人の誕生日次第で「高卒時17歳→ドラフト時18歳→ドラフト年内19歳」の実質的に高卒時と同じ年齢でNBA入りも果たせるのだ。チャールズ・バッシーやDJ・バーンズは結局はワン&ダンしなかったものの上記のルートを実現できる身にいた。一方、留年者も現われた。ジェイレン・レキューは2018年6月に高校を卒業できたにも関わらず1学年下にリクラスし、高校5年目(2018-19)をブリュースターアカデミーで過ごした後、NBAからの許可を獲得し、見事に2019年のNBAドラフトのエントリーに成功した。

海外プロ

主な選手モラトリアム(期間)ドラフト
ラメロ・ボール豪NBL(2019-20)2020年1巡目3位(CHA)
RJ・ハンプトン豪NBL(2019-20)2020年1巡目24位(ORL)
テリー・アームストロング豪NBL(2019-20)2020年ドラフト外
ビリー・プレストンカンザス大→ボスニアヘルツェゴビナ(2017-18)2018年ドラフト外
リアンジェロ・ボールUCLA→リトアニア(2017-18)2018年ドラフト外

海外プロクラブはオーストラリアNBLがNBAプロスペクトの受け入れ先役を買って出た。2019-20にはラメロ・ボール、RJ・ハンプトン、テリー・アームストロング(サウス・イースト・メルボルン・フェニックス/8試合出場)の3名がNBLチームと契約した。特にRJ・ハンプトンは飛び級(2020年→2019年卒)した後のプロ転向のため第三世代の象徴的存在だ。一方、ビリー・プレストンはカンザス大学に進学し、エキシビジョンゲーム3試合に出場したが、交通事故の加害者となって選手資格が一時停止となったことで大学を辞め、ボスニアヘルツェゴビナのKK Igokeaと契約(3試合出場)した。リアンジェロ・ボールはチーム旅行先の中国でチームメイト達との万引き逮捕でUCLAを放校となったため父ラバーと弟ラメロと共にリトアニアへと渡った。

プレップ

主な選手モラトリアム(期間)ドラフト
アンフェニー・サイモンズ(2017-18)2018年1巡目24位(POR)
KJ・マーティンIMGアカデミー(2019-20)2020年2巡目52位(HOU)
ジョシュ・ホールMoravian Prep(2019-20)2020年ドラフト外

アンフェニー・シモンズはポスト-グラデュエート生としてプレップスクールに進んだ。KJ・マーティンはバンダ―ビルト大学進学予定を取り消し、自主練でNBAドラフト準備を宣言を撤回した後、IMGアカデミーにポスト-グラデュエート生として入学した。ジョシュ・ホールは高校時にファイブスターと評されたウィングだ。ルイビル大学等からのオファーはあったが、ホールはオークヒルアカデミー卒業後にノースカロライナ州のプレップスクールに進学し、2020年に代理人と契約してNBAドラフトに臨んだ。

無所属

主な選手モラトリアム(期間)ドラフト
ミッチェル・ロビンソン退学&自主トレ(2017-18)2018年2巡目36位(NYK)
ダリアス・ベイズリーインターン&自主トレ(2018-19)2019年1巡目23位(OKC)

2017-18、ミッチェル・ロビンソンは自主トレでモラトリアムを過ごした初のプロスペクトとなった。主な流れは「夏休みにウェスタンケンタッキー大学に入学→不登校→転校模索→他大学もWKU復帰もレッドシャツ確定(2017-18)→Gリーグ模索→自主トレ」だ。WKU入学後に転校を模索した結果、当時の「転校生は原則的に編入直後のシーズンをレッドシャツで過ごさなければならない」ルール、になると諸々の理由で全ての道が閉ざされた結果、ロビンソンは自主トレでNBAドラフトに備える道を選んだ。一方、ダリアス・ベイズリーはインターンシップでモラトリアムを過ごした。2017年11月、ベイズリーはシラキュース大学にコミットしたが、2018年3月、Gリーグでプレーすると宣言し、まもなくして敏腕代理人リッチ・ポールと契約した。卒業後、ベイズリーはポールの進言でニューバランスで3カ月間のインターンシップ(報酬$100万)を経験し、その後は自主トレーニングでNBAドラフトに備える道を選んだ。

その他

Gリーグ

2017年、Gリーグは2019-20シーズンにのみGリーグ・プロフェッショナル・パス&セレクト契約を新設すると発表したが、給与が低いために選手や家族からの支持を得られず、機能したかどうかの議論すら出ないレベルだった。

ラバー・ボール

2018年夏、ラバー・ボールはNCAAのオルタナティブウェイとして有給のJunior Basketball Associationリーグを開催した。参加者はリアンジェロとラメロの2人の息子と高校卒業直後の和かい選手達だったが、ラメロ以外は才能に欠けた存在ばかりだったため、1シーズンで幕を閉じた。

デビッド・ウェスト

2018年、もう1つのオルタナティブリーグとしてヒストリカル・バスケットボール・リーグ(Historical Basketball League)が密かに産声を上げた。COOには元オールスターのデビッド・ウェストが就任している。その後、同リーグはPCLと名称を変更した。

第四世代(2020~年卒): Gリーグが本腰を入れる

概要: 国内のオルタナティブが充実

2020年、NBAは遂にNBAプロスペクト達を集めたセレクトチームを設立した。特に見直されたのは契約金だ。NBAは先述のプロフェッショナルパスが低い契約金のためにトッププロスペクト達から見向きもされなかったことを受けて数十万ドル程の契約に改善された。一方、スポーツメディアのオーバータイムは新たなオルタナティブウェイとしてオーバータイム・エリートを発足した。

Gリーグ

一期生(2020-21)
主な選手ドラフト備考
ジェイレン・グリーン2021年1巡目2位(HOU)
ジョナサン・クミンガ2021年1巡目7位(GSW)学年変更2021→2020
アイザイア・トッド2021年2巡目31位(MIL)
ダイシェン・ニックス2021年ドラフト外

2020年4月、セレクトチーム発足の発表直後、ジェイレン・グリーンが長い進路先非公表からイグナイト入りを発表し、アイザイア・トッドもミシガン大学入学を撤回してイグナイト入りを決めた。その後、同月末にはダイシェン・ニックス(Daishen Nix)もUCLAをデコミットしてチームへ加入した。そして、同年7月、ジョナサン・クミンガは学年変更で卒業を早めてイグナイトと契約した。2021-22、全4名がNBAデビューを果たした。

二期生(2021-22)
主な選手ドラフト備考
ジェイデン・ハーディー2022年
マイケル・フォスター2022年
マジョーン・ブーチャンプ2022年2020年高卒組
ファンボ・ゼン2022年中国出身
ダイソン・ダニエルズ2022年オーストラリア出身
スクート・ヘンダーソン2023年予定2022年内18歳(誕生日2004年2月3日)

二期生も国内でNBAに近しいことで豪華なラインナップとなった。ファンボ・ゼン(中国出身)やダイソン・ダニエルズ(オーストラリア)の海外選手の獲得も始まった。そして、特筆すべきマジョーン・ブーチャンプは2021年のNBAドラフトにエントリー可能だったものの、2020-21のモラトリアムが「私塾カメレオンBXでトレーニング予定→コロナ禍の行動制限で廃業&NCAAプレー不可(同塾での契約内容が選手資格違反抵触)→地元の短大」と散々だったため、自身の評価を上げるべくチームに加入した形だ。スク-ト・ヘンダーソンは2021年に学年変更で1年早く卒業してイグナイトに加入した。

カイ・ソット(フィリピン出身)も一時的にはGリーグ・イグナイトの加入が決まっていた。

オーバータイム・エリート(OTE)

【徹底解説】オーバータイム・エリート
2021年始動予定のオーバータイム・エリートについて解説&紹介!!

その他

NBL

NBLはGリーグ・イグナイトとオーバータイム・エリートの発足+コロナ禍の渡航制限によって直近2シーズンはプロスペクトの誘致に失敗している。有名所はカイ・ソットとマクーア・メイカーだけだ。前者はフィリピン出身で高校時代に渡米し、一時的にGリーグ・イグナイトとの契約に至ったものの、結局はNBLに落ち着いた。後者は2020-21に”BLM”的思想でHBCU(元黒人大学)のハワード大学に加入したものの、コロナ禍で満足にチームが活動できなかった影響でドラフトエントリーを見送り、評価向上のためにNBLでプロに転向した。

カメレオンBX
主な選手期間その後
カイリー・ウォーカー不明(2020-21)2021年ドラフト外
マジョーン・ブーチャンプ8カ月(2019-20)短大(2020-21)
Gリーグ・イグナイト(2021-22)
マックス・ルイス無しペッパーダイン大学(2020-21)
JD Tsasa無し2023年~

カメレオンBXはコロナの影響で短命に終わったNBAプレーヤー養成塾だ。同プログラムはS&Cコーチのフランク・マトリシアーノ(Frank Matrisciano)のメソッドを高校生向けに転用させて運営される予定だったが、拠点のベイエリア(カリフォルニア州北部)のコロナ対策によってトレーニング施設の使用ができず、2020年夏以降に忽然と姿を消した。同塾で唯一活動していたのはマジョーン・ブーチャンプだ。同選手は8カ月程度プログラムに参加していた。一方、最も有名なカイリー・ウォーカーは結局はどの程度の関わりがあったのかは不明のままだ。マックス・ルイスとJD・ツァサは両者共に入塾の発表こそあったものの実際の活動はほぼなかったようである。

まとめ

2005年以降、NBAは基本的には高卒選手のNBA入りを禁止している。2005年、NBAとNBA選手会間の団体交渉協約(Collective Bargaining Agreement)更新の結果、NBAドラフトエントリー資格に「高校卒業後NBA1シーズン経過」と「ドラフト年の大晦日までに19歳を迎える」が追加となった。前コミッショナーの故デビッド・スターンが精神的に未熟な若者がNBAに入ってくるのを嫌ったからだ。当時、NBAはMLBを参考にマイナーリーグのファーム化の計画を思いついた。実際、現Gリーグ(元Dリーグ)は「6チーム(2005年)→27チーム(2022)→31チーム(将来)」と計画を進めている。また、2019年には遂にGリーグ・イグナイトがNBAプロスペクトを集めたチームとして新設された。一方、マイナーリーグ計画は上記の通り時間を要している。そのため、2005年以降、NBAプロスペクト達は高校卒業後からNBAドラフトまでの最低1年間を何かしらの方法で時間を潰さなければならなくなった。そして、その結果、大学を1年で辞める「ワン&ダン」が流行し、さらには大学進学以外(オルタナティブ)の方法も次々と編み出された。

nbastore.jpと楽天以外でNBAギアを買う方法

NBAストアの運営会社
NBAストアの姉妹サイト
fanatics.com」「lids.com」「fanatics-intl.com
各々割引とラインナップが微妙に違う!!
※全て日本への発送に対応

NBA Rakutenはハピタス経由がお得!!

↓からの新規登録+申込で+700pt!!
ポイントは1Pt=1円から現金化可能!!

関連記事

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
当ブログで紹介しているNCAAディビジョン1の大学一覧

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!
【バスケ留学解説】ゲイ・ドゥドゥ(八王子学園高校卒)
今回は日本の4年制大学(拓殖大学)からNCAA D1へのルートを開拓したゲイ・ドゥドゥの留学を解説する。
【バスケ留学解説】田渡凌
田渡凌選手のバスケ留学の解説!!

NCAAの視聴方法

NCAAの視聴方法
日本からカレッジバスケを視聴する方法を紹介!!

参考

nbastore.jpと楽天以外でNBAギアを買う方法

NBAストアの運営会社
NBAストアの姉妹サイト
fanatics.com」「lids.com」「fanatics-intl.com
各々割引とラインナップが微妙に違う!!
※全て日本への発送に対応

NBA Rakutenはハピタス経由がお得!!

↓からの新規登録+申込で+700pt!!
ポイントは1Pt=1円から現金化可能!!

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました