【NCAA】ボルチモアのミッドメジャー6校

※本サイトは広告を含んでいます

メリーランド大学ボルチモアカウンティ校

基本情報
  • 名称: University of Maryland, Baltimore County
  • 愛称: Retrivers/UMBC
  • 所属: アメリカ・イースト・カンファレンス
  • 成績
    2022-23: 18勝14敗
    2021-22: 18勝14敗
General
The official General page for the University of Maryland, Baltimore County

近年の話

2021年、UMBCはライアン・オドムの去就を受けてジム・フェリーをHCに迎えた。同氏はロングアイランド大学、デュケイン大学、ペンステイト大学と豊富なHC経験を持っている。複数名の留学生が在籍している。

アメリカ・イースト・カンファレンス

基本情報
大学(大まかな所在地)
バーモント大学はトップ25位以内も射程圏内の強豪だ。
ニューハンプシャー大学
メイン大学
マサチューセッツ大学ローウェル校(ボストン)
ブライアント大学(ロードアイランド州プロビデンス)は2022年にNECから移籍してきた。
ニューヨークステイト大学アルバーニー校
ニューヨークステイト大学ビンガムトン校は2008-09にNCAAトーナメント出場を果たした。
ニュージャージー工科大学(NYC)は2020年にエーサン・カンファレンスから移籍してきた。
メリーランド大学ボルチモアカウンティ校は2018年にNCAAトーナメント1回戦にてバージニア大学を相手にNCAA史上初の第16シード-第1シードアップセットを果たした。

AECは北東部の大学が集まっている。現在、バーモント大学の一強が続いている。

チーム史

ライアン・オドム時代(2016-21)

NCAAトーナメント史上初の快挙(2017-18)

主な成績
  • NCAAトーナメント初勝利(2018)

2017-18、UMBCは第16シードながら第1シードのバージニア大学に20点差をつけて勝利した。第16シードが第1シードを破ったのはNCAAトーナメント史上初の快挙である。

ダーネル・ロジャース(2018-22?)

ダーネル・ロジャース(Darnell Rogers)は156㎝ながらNCAA D1で通算平均10点近くを記録している。昨2022-23はロスターにいなかった。一応、選手資格は2023-24&2024-25まではある。

タウソン大学

基本情報
  • 名称: Towson University
  • 愛称: Tigers
  • 所属: コロニアル・アスレティック・アソシエーション
  • 成績
    2022-23: 21勝12敗
    2021-22: 25勝9敗
    2020-21: 4勝14敗
    2019-20: 19勝13敗(NCAAトーナメント中止)
https://towsontigers.com/sports/mens-basketball

近年の話: 典型的なミッドメジャー校

近年の話
  • 菅野ブルース選手にオファー(2022)

タウソン大学は、2019-20にコロナ禍の制限で苦しいシーズンを送ったものの、翌2021-22に主力メンバーを引き留めてコロニアル・アスレティック・アソシエーションの1位通過を果たした。ゼイン・マーティンが「タウソン大学(2016-18)→ニューメキシコ大学(2018-20)→タウソン大学(2020-21)」と非常に珍しい出戻りを行った。

コロニアル・アスレティック・アソシエーション

基本情報
  • 名称: Colonial Athletic Association
  • 愛称: CAA
  • 設立: 1979年
  • 本部: バージニア州リッチモンド
  • 放送: CBS/FloSports
  • HP: caasports.com
所属校(大まかな所在地)
ノースイースタン大学(ボストン)はレジー・ルイスやホセ・バレアを輩出した。
ホフストラ大学(NYC)は2019年にジャスティン・ライト-フォーマンが現HCスピディー・クラクストン以来のNBA入りを果たした。
ストニーブルック大学*(NYC)はケイン・ロバーツ選手がプレーしていた。
モンマス大学*(セントラルジャージー)
ドレクセル大学(フィラデルフィア)は2021年に約30年振りにNCAAトーナメント出場を果たした。
デラウェア大学(ウィルミントン)
タウソン大学(ボルチモア)はゲイリー・ニールがプレーしていた。
ハンプトン大学*(バージニア州ノーフォーク)は初出場の2001年のNCAAトーナメントで第2シードのアイオワステイト大学をアップセットした。
ウィリアム&メアリー大学(バージニア州)はハーバード大学に次ぐ米国で2番目に古い大学だ。
ノースカロライナ大学ウィルミントン校はテーブス海選手が所属していた。
NCAT大学*(ピートモンドトライアド)はアル・アットルズ氏の母校だ。
イーロン大学(ノースカロライナ州ピードモントトライアド)
キャンベル大学(ノースカロライナ州リサーチトライアングル)**はNCAA D1得点歴代3位のクリス・クレモンズを輩出した。
カレッジ・オブ・チャールストン(サウスカロライナ州)は2019&2020年に2年連続でNBAドラフト指名選手を出した。
新加入(*2022年)(**2023年)

CAAは大西洋側の大学が集まっている。近年は混戦が続いている。最も堅実なのはノースイースタン大学とホフストラ大学だ。一方、直近3年のNCAAトーナメント出場校はCofC、デラウェア大学、ドレクセル大学となっている。そして、2022~23年に一気に5校の新加入が敢行された。今後も戦国時代が続くだろう。

チーム史

ゲイリー・ニール(2006-08)

レジェンドはサンアントニオ・スパーズなどで活躍したゲイリー・ニールだ。ニールは2006-08の2シーズンを同大の一員としてプレーし、RS4年時には25.9P/4.2R/3.5Aという数字を残し、その後、ヨーロッパを経由して2010年にスパーズに見出された。

ロヨラ大学(メリーランド)

基本情報
  • 名称: Loyola University Maryland
  • 愛称: Greyhounds/Loyola(MD)
  • 所属: Patriot League
  • 成績
    2022-23: 13勝20敗
    2021-22: 14勝16敗
    2020-21: 6勝11敗
    2019-20: 15勝17敗(NCAAトーナメント中止)
https://loyolagreyhounds.com/index.aspx?path=mbball

近年の話: サンティ・アルダマの輩出

近年の話
  • NBA輩出
    サンティ・アルダマ(2019-21): 全体30位指名

HCタバラス・ハーディーはそろそろヤバい。前任者は5シーズンでチームを去った。一応、有名選手にゴールデン・ダイク(Golden Dike)がいる。同選手はナイジェリア移民でレアルマドリードの下部組織やU20スペイン代表の経験を持っている。

ペイトリオット・リーグ

基本情報
所属校(大まかな所在地)
ボストン大学は2020年にNCAAトーナメント出場の切符を手に入れた。
ホーリー・クロス大学(ボストン)は1947年にボブ・クージーがチームを率いてNCAAトーナメント制覇を果たした。近年はマルコム・ミラーがプレーしていた。
コルゲイト大学(ニューヨーク州シラキュース)
アーミー陸軍学校(NY)は1965~71年まで名将ボブ・ナイトが指揮を執っていた。その時の教え子の1人がコーチKである。
バックネル大学(ペンシルベニア州ハリスバーグ)は同カンファレンスの覇者だ。マイク・マスカーラが4年間在籍していた。
ラファイエット大学(ペンシルベニア州アレンタウン)
リーハイ大学(ペンシルベニア州アレンタウン)はCJ・マカラムの母校だ。
ロヨラ大学(メリーランド)(ボルチモア)は近年にサンティ・アルダマを輩出した。
ネイビー海軍学校(ボルチモア)はデビット・ロビンソンの母校だ。
アメリカン大学(ワシントンD.C.)は2017-18に32歳にしてNBAデビューを果たしたアンドレ・イングラムの母校だ。

ペイトリオット・リーグは東海岸付近の伝統校と士官学校のカンファレンスだ。同リーグは「学業>スポーツ」の方針から2001年までスポーツ奨学金制度を禁じていた。最近はバックネル大学とコルゲート大学の二強だ。

チーム史

マイク・マローン(1989-93)

NBAコーチのマイク・マローンは暗黒期を過ごした。最終学年次の成績は2勝25敗だった。

スキップ・プロッサー時代(1993-94)
主な成績
  • NCAAトーナメント初出場(1994)

1993‐94、ロヨラ大学(メリーランド)はスキップ・プロッサーの抜擢が大当たりしてNCAAトーナメント初出場にこぎ着けた。

@b_o_bros
@b_o_bros

その後、スキップ・プロッサーは実力校のゼイビア大学をハイメジャーに押し上げ、ウェイク・フォレスト大学ではクリス・ポールと共にAP通信1位を獲得し、出世を重ねたものの、2007年7月に心筋梗塞で56歳の若さでこの世を去ってしまった。

ネイビー海軍学校

基本情報
  • 名称: United States Naval Academy
  • 愛称: Navy Midshipmen/Navy
  • 所属: Patriot League
  • 成績
    2022-23: 18勝13敗
    2021-22: 21勝11敗
    2020-21: 15勝3敗
    2019-20: 14勝16敗
https://navysports.com/sports/mens-basketball?path=mbball

近年の話

ネイビーは2021-22はNCAAトーナメントまであと一歩のところまで進んだ。

チーム史

ベン・カーネベル時代(1946-66)
デビッド・ロビンソン(1983-87)

デビッド・ロビンソンはネイビー史上最高の選手だ。同選手は1985-86にリバウンドとブロックの二冠の活躍を見せてチームをエリート8に導き、翌1986‐87はHCポール・エバンスがピッツバーグ大学に栄転してしまったものの、28P/11Rの活躍で年間最優秀選手に輝き、NBAドラフト1巡目1位でサンアントニオ・スパーズに加入した。

@b_o_bros
@b_o_bros

全ては高校4年~大学1年の間に身長が175→216㎝に伸びたことに始まる。まず、本格的にバスケを始めたのが身長が伸び始めた高校4年次だった。また、ネイビーへの入学も身長が2mに届いていなかったため可能だった。当時はネイビーでは船上での活動に支障が出るため入学資格に最高198㎝の身長制限を設けていた。

ダレン・モーニングスター(1987-88)

ダレン・モーニングスターは1992年のNBAドラフト2巡目47位指名選手だ。同選手はピッツバーグ大学編入前の1987-88に5試合のみネイビーの一員としてプレーした。

ダン・デボウ時代(1992‐2004)
主な成績
  • NCAAトーナメント出場×3(1994、97、98)

1992年、ネイビーはダン・デボウ(Don DeVoe)をHCに迎え入れた。同氏は名将ボブ・ナイトとオハイオステイト大学時代の先輩/後輩関係から1965~70年にアーミー陸軍士官学校でアシスタントを務め、バージニア工科大学とワイオミング大学HCを経て、”フットボールスクール”のテネシー大学をNCAAトーナメント常連校に押し上げた人物だ。同氏の指導の下、チームは3度のNCAAトーナメント出場を果たした。

コピンステイト大学

基本情報
  • 名称: Coppin State University
  • 愛称: Eagles/CSU
  • 所属: MEAC
  • 成績
    2022-23: 9勝23敗
    2021-22: 9勝23敗
    2020-21: 9勝13敗
    2019-20: 11勝20敗(NCAAトーナメント中止)
https://coppinstatesports.com/sports/mens-basketball

近年の話: まずはMEAC内で勝率5割

現HCファン・ディクソンの首がそろそろ危うい。同氏は2002年にエースとしてメリーランド大学をNCAAトーナメント制覇に導いた経験を持っている。一方、チームの成績は就任5季を終えて未だに5割を超えていない。2021-22、同校はドレクセル大学戦でユニフォームを忘れてしまったために対戦相手の練習ビブスを着用して試合を行った。2022-23、サム・セッサムズが平均20点越えを記録した。

MEAC

基本情報
  • 名称: Mid-Eastern Athletic Conference
  • 愛称: MEAC
  • 設立: 1970年
  • 本部: バージニア州ノーフォーク
  • 放送: ESPN等
  • HP: meacsports.com
大学(大まかな所在地)
コピンステイト大学(メリーランド州ボルチモア)は1997年のNCAAトーナメントで第15-第2シードのアップセットを果たした。
モーガンステイト大学(メリーランド州ボルチモア)は1974年にマービン・ウェブスターを擁してNCAA D2トーナメントを制覇した。
ハワード大学(ワシントンD.C.)はHBCUの名門大学だ。
デラウェアステイト大学(デルマーバ半島)はフィラデルフィアのストリートボールレジェンドのエマニュエル・デイビスがプレーしていた。
メリーランド大学イースタンショア校(デルマーバ半島)
ノーフォークステイト大学(バージニア州)は2012年のNCAAトーナメント1回戦でカイル・オクインの活躍で第2シードのミズーリ大学をアップセットした。
NCセントラル大学(リサーチトライアングル)は人種隔離政策時代のデューク大学医学部と通称”シークレットゲーム”を開催した。
サウスカロライナステイト大学(コロンビア)

ミッド-イースタン・アスレティック・カンファレンスは東海岸の歴史的黒人大学(Historical Black Colleges and Universities)のカンファレンスだ。HBCUは人種隔離時代の有色人種向けの大学である。2019年以降、合計5校が脱退している。

チーム史

ジョン・ベイツ時代(1974-86)
主な成績
  • NAIA優勝(1976)
  • NBA選手輩出
    ジョー・ペイス(1974-76)

1974年、コピンステイト大学はHCジョン・ベイツをHCに迎えた。同氏は前1973-74にメリーランド大学イースタンショア校をミッド-イースタン・アスレティック・カンファレンスのリーグ戦とカンファレンストーナメント制覇に導いていた。一方、同校初のNBA選手ジョー・ペイスも恩師の後を追って編入してきた。そして、1975-76、同校はNAIAトーナメント優勝を果たした。

@b_o_bros
@b_o_bros

MEACは1979-80までNCAAトーナメント出場権を与えられていなかった。そのため、1973-74にメリーランド大学イースタンショア校は泣く泣くNIT出場に甘んじた。

ファング・ミッチェル時代(1986-2014)
主な成績
  • NCAAトーナメント初勝利(1997)
  • NCAAトーナメント出場×4(1990、93、97、2008)

ファング・ミッチェルはコピンステイト大学の功労者だ。1996-97、同氏はNCAAトーナメント1回戦で第15シードながら第2シードのサウスカロライナ大学をアップセットに導いてHBCUの底力を証明した。

モーガンステイト大学

基本情報
  • 名称: Morgan State University
  • 愛称: Bears
  • 所属: MEAC
  • 成績
    2022-23: 15勝16敗
    2021-22: 13勝15敗
    2020-21: 14勝8敗
    2019-20: 15勝16敗(NCAAトーナメント中止)
Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Morgan State University Bears

近年の話: セブンス・ウッズがラストシーズンを過ごす

近年の話
  • セブンス・ウッズの編入(2021-22)

モーガンステイト大学は2019年にケビン・ブローダス(Kevin Brodus)を新HCに迎えた。同氏は2008-09にHC歴2年目にしてニューヨークステイト大学ビンガムトン校をNCAAトーナメント初出場に導いた。2021-22、元スター高校生のセブンス・ウッズがサウスカロライナ大学から編入してきた。

チーム史

ナット・フレイジャー時代(1971-77/1985-89)
主な成績
  • NCAA D2トーナメント優勝(1974)
  • NBA輩出
    マービン・ウェブスター

ナット・フレイジャー(Nat Frazier)は1975年NBAドラフト全体3位指名のマービン・ウェブスターをリクルートしてモーガンステイト大学をNCAA D2トーナメント優勝に導いた。同選手は1975年に「NBAドラフト3位(アトランタ・ホークス)」+「ABAドラフト1位(デンバー・ナゲッツ)に指名された。その後、NCAAはMEACをNCAA D1に昇格させた。そして、同氏も1985年にニューヨーク・ニックスのアシスタント等を経て数年間チームを指揮した。

トッド・ボーズマン時代(2006-19)
主な成績
  • NCAAトーナメント出場×2(2009&10)

トッド・ボーズマン(Todd Bozeman)はモーガンステイト大学をNCAAトーナメント初出場に導いた。2008-09&2009-10、同大は主力の多くが地元ボルチモア出身のチームでMEACを圧倒して2年連続のNCAAトーナメント出場を果たした。

現地観戦

ホームアリーナ

チケット

ミッドメジャー/ローメジャー校のチケットは会場購入で良いだろう。理由はオンライン購入時の手数料約$10程度の節約だ。概してチケットの購入の手数料は「会場: 無」「オンライン: 有」となっている。ミッドメジャー/ローメジャー校のチケットの売切れはほぼ起こらない。そのため、チケットの事前購入は不要だ。オンライン購入時の手数料は払い損になる。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品がキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • ECサイト
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

ボスウォッシュエリア

モントリオール(ケベック州)

メイン州

  • Gリーグ: メイン・レッドクローズ
  • NCAA D1: メイン大学

ニューハンプシャー州

  • NCAA D1: ニューハンプシャー大学
  • NCAA D1: ダートマス大学
  • プレップ: ブリュースターアカデミー

バーモント州

  • NCAA D1: バーモント大学

ボストン(マサチューセッツ州)

スプリングフィールド(マサチューセッツ州)

  • NCAA D1(中堅): マサチューセッツ大学
  • 聖地: バスケットボール殿堂
  • 聖地: スプリングフィールドカレッジ(バスケットボール生誕の地)

プロビデンス(ロードアイランド州)

コネチカット大学(コネチカット州)

ノーウィッチ(コネチカット州)

  • WNBA: コネチカット・サン

ニューヘブン(コネチカット州)

ニューヨーク(ニューヨーク州)

セントラルジャージー(ニュージャージー州)

  • NCAA D1(強豪): ラトガース大学
  • NCAA D1(中堅): プリンストン大学
  • NCAA D1(中堅): ライダー大学
  • NCAA D1(中堅): モンマス大学
  • 聖地: 世界初のプロバスケットボール試合開催地 1896年、興行団体のトレントンズはメイソニック・テンプル・ホールで試合を開催して試合後に売り上げを選手に還元した。

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)

アレンタウン(ペンシルベニア州)

  • NCAA D1(中堅): リーハイ大学
  • NCAA D1(中堅): ラファイエット大学

ボルチモア(メリーランド州)

ワシントンD.C.

【現地観戦ガイド】ボスウォッシュエリア
マサチューセッツ州-ロードアイランド州-コネチカット州-NY州-ニュージャージー州-ペンシルベニア州-メリーランド州-ワシントンD.C.等をバスケに特化して紹介!!

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

アメリカのインターネットテレビの利用方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
Paramount+とMAXの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
TSNの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
ESPN+の利用方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
ESPN PLAYERの利用方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

Maryland-Baltimore County Retrievers Men’s Basketball School History(sports-reference.com)
What life has been like at UMBC since that incredible upset of No. 1 Virginia(ncaa.com)
Towson Tigers Men’s Basketball School History(sports-reference.com)
Spurs Sign Gary Neal(nba.com)
Loyola (MD) Greyhounds School History(sports-reference.com)
Navy Midshipmen School History(sports-reference.com)
Coppin State Eagles Men’s Basketball School History(sports-reference.com)
UMES coaching legend John Bates dies(delmarvanow.com)
Morgan State Bears Men’s Basketball School History(sports-reference.com)
Morgan State University Names Kevin Broadus Next Head Coach of Men’s Basketball(morganstatebears.com)
Nat Frazier, who coached Morgan State men’s basketball to national title, dies at 84(baltimoresun.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました