【NCAA】プロビデンスのミッドメジャー3校

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はロードアイランド州プロビデンスのミッドメジャー3校(ロードアイランド大学、ブラウン大学、ブライアント大学)を紹介する。

ロードアイランド大学

基本情報

名称: University of Rhode Island
愛称: Rams/URI/Rhody
所属: Atlantic 10 Conference
19-20: 21勝9敗
18-19: 18勝15敗
17-18: 26勝8敗NCAAトーナメント2回戦

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the

近年の話: ダン・ハーレイ時代終了

2018年、ロードアイランド大学はトレイ・ヤング率いるオクラホマ大学を破ってNCAAトーナメント2回戦に進出した。その後、ダン・ハーレイ(Dan Hurley)がコネチカット大学HCとなったため、アシスタントのデビッド・コックス(David Cox)がHC昇格となった。

アトランティック・10・カンファレンス

名称: Atlantic 10 Conference
愛称: A10(エーテン)
設立: 1976年
本部: バージニア州ニューポートニュース
HP: atlantic10.com

大学(大まかな所在地)※太字は注目校
デビッドソンカレッジ(ノースカロライナ州シャーロット)はステフィン・カリーの母校だ。韓国人のLee Hyun Junが在籍している。
デイトン大学(オハイオ州デイトン)はNCAAトーナメントのファースト4の会場になっている。
バージニアコモンウェルス大学(バージニア州リッチモンド)
フォーダム大学(NYC)はスマッシュ・パーカーの母校だ。
ジョージ・ワシントン大学(ワシントンD.C.)は渡邉雄太選手の母校だ。
ジョージ・メイソン大学(ワシントンD.C.)はGWのライバル校だ。2006年にNCAAトーナメントファイナル4に進出して一世を風靡した。
ラセール大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)
St. ジョセフズ大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)はジャミーア・ネルソンの母校だ。
セントルイス大学(セントルイス)
ロードアイランド大学(キングストン)は1998年にUCLAから都落ちした名将ジム・ハリックに率いられてカンザス大学を破りエリート8に進出した。出身者にはラマー・オドムがいる。
リッチモンド大学(バージニア州リッチモンド)はNCAAトーナメント当落線上を行き来する実力がある。
ディキュエンス大学(ペンシルベニア州ピッツバーグ)ではレブロンの高校時代の恩師Keith DambrotがHCを務めている。
マサチューセッツ大学(マサチューセッツ州アマースト)は名将ジョン・カリパリが自身の名を挙げた大学だ。出身者にはDr. Jことジュリアス・アービングもいる。
St.ボナベンチャー大学(ニューヨーク州)はボブ・レイニアーが率いて1970年にファイナルフォーに進出した。

A10は主に北東部の大学が集まったカンファレンスだ。渡邉雄太選手の母校ジョージ・ワシントン大学もここに所属している。最近は全体的に弱体化の傾向にあるが、A10をパワーカンファレンスとして見なす場合もある。VCUとステフィン・カリーの母校のデビッドソン・カレッジが強い。

チーム史

フランク・キーニー時代(1919-48): カレッジバスケットボール界を牽引

主な実績
  • NIT準優勝(1946)
  • NIT第4位(1945)
  • NIT出場×2(1941、42)

URIは早期のカレッジバスケットボールを牽引したチームの1つだった。当時HCフランク・キーニーは当時NCAAトーナメントよりも格式が高く、なお且つ今よりも出場することが困難だったNITに合計4度、1945年には第4位、1946年には第2位へと導いた。

スライ・ウィリアムス(1976-79): 不幸なカレッジスター

スライ・ウィリアムスは同大初の1巡目指名選手となった選手だ。ウィリアムスは1年次から平均20得点、8リバウンドの活躍でチームを牽引し、2年次にはNCAAトーナメントへと導き、3年次にはコンセンサス・オール-アメリカンの2ndチームに選ばれ、1979年のNBAドラフトでニックスから1巡目21位指名を受けた。


ウィリアムスはNBAでも平均二桁得点を挙げる活躍で成功を収めつつあった。が、コートから一歩外に出れば、遠縁から金をせびられる、家族が無理心中を図る等のトラブルが尽きなかったため、1985年にセルティックスから解雇されたことを機にバスケットボールから引退して誰も自分を知らないシャーロットでの新生活を始めた。


しかし、その後、ウィリアムスは家族と再会して再び地元近くに戻った。ウィリアムスは工場で役職に就いていたが、万引きやレイプなどで逮捕された後、2002年に懲役5年の刑に処された。

ジム・ハリック時代(1997-99): 2人のNBAスターを輩出

1997年、URIはリクルートの不正でUCLAを解雇されたジム・ハリック(Jim Harrick)を拾った。就任1年目、前任者アル・スキナーが築き上げたRS4年生カティーノ・モーブリーを中心としたチームを引き継いだハリックは水を得た魚だった。躍進したラムスはNCAAトーナメント本戦でカンザス大学をアップセットしてエリート8に進出した。


その後、ハリックはラマー・オドムのリクルートに成功した。オドムの活躍でチームは2年連続のNCAAトーナメント出場を果たした。が、オドムはワン&ダンでNBA入りを果たし、ハリックはジョージア大学のオファーを受けたため、ハリック時代は僅か2年で幕を閉じた。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Ryan Center
住所: 1 Lincoln Almond Plaza, Kingston, RI 02881

ロードアイランド大学は実はプロビデンスの隣町のキングストンにある。ホームアリーナはキャンパス内にあるRyan Centerだ。アムトラックのキングストン駅から徒歩20分程の距離にある。

ブラウン大学

基本情報

名称: Brown University
愛称: Bears
所属: Ivy League
19-20: 15勝12敗
18-19: 20勝12敗CBI出場
17-18: 11勝16敗

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Brown University Bears

近年の話: CBI出場

ブラウン大学は日本では馴染みが薄いが実はアイビーリーグ所属の優秀な大学だ。アイビースクールは基本的にはスポーツにはあまり力を入れていない。

アイビー・リーグ

名称: Ivy League
愛称: アイビー
設立: 1954年
本部: ニュージャージー州プリンストン
HP: ivyleague.com

所属校(大まかな所在地)
ハーバード大学(マサチューセッツ州ボストン)は実はバスケットボールもそこそこ強い。ジェレミー・リンがプレーしていた。
イェール大学(コネチカット州ニューヘブン)
コロンビア大学(ニューヨーク州ニューヨーク)はKJ松井選手の母校だ。
プリンストン大学はプリンストンオフェンスが発明された場所だ。
ペンシルベニア大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)はバスケットボールが強い。
コーネル大学(ニューヨーク州)は2010年にテンプル大学とウィスコンシン大学を破ってスウィート16に進出した。
ブラウン大学(ロードアイランド州プロビデンス)は2019年にCBIに出場した。
ダートマス大学(バーモント州)は1940年代に2度NCAAトーナメント準優勝を果たしたが、1959年を最後にNCAAトーナメントから遠ざかっており、現在最長の不出場記録を更新し続けている。

アイビーリーグは東海岸の世界的に優秀な大学が集まったカンファレンスだ。アイビーリーグはスポーツ以外の活動も推奨しているため、スポーツ奨学金制度が無く、大学院生のプレーを許していない。しかし、ハーバード大学やペンシルベニア大学には勉強、運動、その他の活動も有能な学生が世界中から集まって来るため、ミッドメジャーの中でもそこそこ強い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Pizzitola Sports Center
住所: Hope St & Lloyd Ave Providence, RI 02906

ブラウン大学はプロビデンスのダウンタウンにある。ホームアリーナはキャンパス内にあるPizzitola Sports Centerだ。

​ブライアント大学

基本情報

名称: Bryant University
愛称: Bulldogs
所属: Western Athletic Conference
19-20: 15勝17敗
18-19: 10勝20敗
17-18: 3勝28敗

Bryant University Bulldogs
Bryant University Bulldogs

近年の話: 台湾人プレーヤー

[#林庭謙一月完整Highlights🇺🇸🔥]Benson Lin Bryant University

2019年、ポスト-グラデュエートイヤーでロードアイランド州のプレップスクールでぷれーしていた台湾人プレーヤーのベンソン・リン(Benson Lin)がブライアント大学に加入した。2-19^20、リンはフレッシュマンながら32試合に出場して平均8.6点を挙げている。

NEC

名称: Northeast Conference
愛称: NEC
設立: 1981
HP: https://northeastconference.org/

大学(大まかな所在地)
フェアリー・ディキンソン大学(NYC)は昨季はプログラム史上ベストプレーヤーの1人のダーネル・エッジがチームをNCAAトーナメントに率いた。
ロングアイランド大学(NYC)は19-20シーズンから2つのキャンパスを統合して1つのチームとなった。
ワグナー大学(NYC)は新進気鋭のHCベイサー・メイソンが指揮を執るチームだ。メイソン就任以降の8年間で6シーズンを勝率5割で終えている。
St.フランシス大学(NYC)はローメジャー校にしてはガード陣が優秀で18-19シーズンはCITに出場した。
ブライアント大学(ロードアイランド州プロビデンス)は2010年にNCAA D1に昇格した。台湾人プレーヤーのBenson Linがプレーしている。
St.フランシス大学(ペンシルベニア)
セントラル・コネチカット・ステイト大学
メリマック大学は19-20シーズンからNECに加入した。
ロバート・モリス大学(ペンシルベニア州ピッツバーグ)は2013年にNITでケンタッキー大学を破った。
スカーレッド・ハート大学
マウント・St.マリーズ大学

NECは「レベルの高いバスケットボールリーグの設立」を目標として発足されたが、30年以上経った今もローメジャーカンファレンスに甘んじている。2018-19シーズンから”All In, Ball Out”というキャッチコピーを掲げてバスケットボールのブランディングに力を入れ始めた。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Chase Athletic Center
住所: 1150 Douglas Turnpike, Smithfield, RI 02917

​ブライアント大学はプロビデンスの郊外にある。ホームアリーナはキャンパス内のChase Athletic Centerだ。プロビデンスのダウンタウンからローカルバスで40分程の場所にある。

現地観戦

チケット

今回紹介したようなミッドメジャー校のチケットは会場で買うのがオススメだ。理由は手数料約$10(約1100円)を節約できるからである。


チケットはTicketmasterStubHubVIVIDSEATSで$10~で買えるのだが、チケット売買サイトは手数料と送料で約$10程は余計に取られる。ミッドメジャーやローメジャー校のチケットは売り切れる心配がほとんど無いので、そんなチケットに$10も余計に払うのはバカらしい。その$10は飲食代やガソリン代などに充てた方が良い。ミッドメジャーのチケットは会場での購入一択だ。


因みに、各大学の公式サイトで手数料と送料が無いチームもある。そういった場合は、むしろ各大学の公式サイトから事前に購入した方が良い。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

ロードアイランド大学だけは観る価値は十分にある。

合わせて行きたい: ボスウォッシュエリア

カレッジフープスの記事

参考

Rhode Island Rams School History(sports-reference.com)
Rhode Island NBA Draft Selections(basketball.realgm.com)
What the Hell Happened to…Sly Williams?(celticslife.com)
Brown Bears School History(sports-reference.com)
Bryant Bulldogs School History(sports-reference.com)
Benson Lin(bryantbulldogs.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました