【NCAA】ジョージア工科大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、各大学の記事は「近年の話」「チーム史」「現地観戦情報」の構成で各チーム(男子バスケ部)について紹介している。


ちなみに、俺達が記事にしている大学は実際に訪れた場所だけだ。もし俺達に紹介してほしい大学がある場合、サイドバーやフッターの投げ銭から1校につき現地観戦費用5万円で現地訪問して記事にするので、「遠戚を訪ね周る」「中高時代の同級生に急に連絡する」「プロミスに駆け込む」なりで都合をつけてくれ。

と言うことで、今回はステフォン・マーブリーやクリス・ボッシュ等多くのロッタリーピック選手を輩出したジョージア工科大学についてだ。

ジョージア工科大学

基本情報

名称: The Georgia Institute of Technology
愛称: Yellow Jackets/GA Tech/GT
所属: Atlantic Coast Conference
19-20: 17勝14敗(ポストシーズントーナメント出場停止)
18-19: 14勝18敗
17-18: 13勝19敗

Men's Basketball
The Official Athletic Site of the Georgia Tech Yellow Jackets. The most comprehensive coverage of RamblinWreck Men’s Basketball on the web with highlights, scor...

近年の話: ACCのドアマットに

ジョージア工科大学は復活の兆しが見えている。


2010年代は非常に厳しい状況だった。ジョージア工科大学は2010年代に一度もNCAAトーナメント出場を果たすことができなかった。専ら失われた10年間の光は2018年にジョシュ・オコギーの1巡目指名だけだったのだが、2019年にオコギーらへの金品の不正譲渡が発覚し、ジョージア工科大学はNCAAから2020年のポストシーズントーナメント出場停止と今後4年間のスポーツ奨学生枠1名分の減損処分を命じられてしまった。


しかし、2020-21、アトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)のライバル達の相次ぐ凋落でジョージア工科大学は消去法的にACCの上位に食い込むことに成功した。しかも、先述した処分への抗議が認められたため残りの制裁(奨学金減損等)が抹消となった。

注目選手: Michael Devoe(3年/#0/196cm/CG)

Michael DeVoe 2019-20 Season Highlights | Georgia Tech Guard

ジョージア工科大学の注目選手はマイケル・ディボウ(Michael DeVoe)だ。本人も語っている通り、ディボウはディアンジェロ・ラッセルのようなスタイルの選手である。

アトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)

詳細

名称: Atlantic Coast Conference
愛称: ACC
設立: 1953年
所属校: 15校
HP: http://theacc.com/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC0hy7TcR1gGD8nQBqrF2FaA

アトランティック・ディビジョン

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
ルイビル大学(ケンタッキー州ルイビル)は運動部の予算が全米で最も高い。
シラキュース大学(ニューヨーク州シラキュース)は2003年に1年生のカーメロ・アンソニーがチームを率いてNCAAトーナメントを制覇した。
フロリダステイト大学(タラハシー)はタッコ・フォール等規格外ビッグマンをアフリカからリクルートすることで有名だ。
ウェイク・フォレスト大学(ノースカロライナ州ピートモンドトライアド)はティム・ダンカンとクリス・ポールを輩出した。
NCステイト大学(ノースカロライナ州リサーチトライアングル)はノースカロライナ州のカレッジバスケ人気に火をつけた古豪だ。
ボストンカレッジ(ボストン) はACCで唯一の大都会にあるチームだ。
クレムソン大学(サウスカロライナ州アップステイト)はサウスカロライナ州を代表する大学だ。故に、同州出身のザイオン・ウィリアムソンの進学先候補として名前が挙がっていた。
ノートルダム大学(インディアナ州)は女子チームは超強豪だ。

コースタル・ディビジョン

所属校(大まかな所在地)
デューク大学(リサーチトライアングル)は名門中の名門だ。NBA、カレッジ、ライターとバスケ界の至る所にコーチKの息のかかった人間がいる。
ノースカロライナ大学チャペルヒル校(リサーチトライアングル)はマイケル・ジョーダンの母校だ。
バージニア大学()は2019年に悲願の全米制覇を成し遂げた。
バージニア工科大学はデル・カリーの出身校だ。息子ステフに奨学金オファーを出さなかった十字架を背負っている。
ジョージア工科大学(ジョージア州アトランタ)はクリス・ボッシュの母校だ。Bリーガーのシェーファー幸樹選手がウォークオンとして1年半だけチームに在籍していた。
マイアミ大学(マイアミ)
ピッツバーグ大学

ACCはデューク大学とノースカロライナ大学のカンファレンスだ。サザン・カンファレンスで不満を募らせていたデューク大学など計7校が1953年に独立したことで設立された。設立当初からノースカロライナ大学が強く、その後、コーチK率いるデューク大学の台頭があり、近年ではバージニア大学がNCAAトーナメントを制するまでに強くなった。現在はその3校の三つ巴にルイビル大学やFSUが追随する状況となっている。

チーム史

ボビー・クリミンズ時代(1981-2000)

主な実績
  • ファイナル4(1990)
  • エリート8(1985)
  • スウィート16×3(1986、92、96)

ジョージア工科大学が強くなったのはボビー・クリミンズ(Bobby Cremins)がHCに就任してからだ。


クリミンズは選手を見る目に長けていた。彼のリクルートの中で最初に成功したのが後にNBA 1stチーム(1993年)と4度のNBAオールスターに選出されるマーク・プライスとピストンズ、ブルズ、レイカーズで合計4度のNBA制覇を成し遂げるジョン・サリーだ。1984-85、プライスのACC最優秀選手賞の活躍とサリーの献身的プレーでチームはACCトーナメント優勝とエリート8進出を果たし、翌1985-86はチーム史上初のAP1位を獲得した。


その後、ジョージア工科大学は黄金期を迎えた。トム・ハモンズ(1989年)、デニス・スコット(1990年)、ケニー・アンダーソン(1991年)と3年連続でロッタリーピックが誕生し、1989-90にはスコットとアンダーソンの活躍でチームは初のファイナル4進出を果たした。


しかし、良い時代は長くは続かなかった。1995-96、ステフォン・マーブリーとマット・ハープニングを擁してイエロージャケッツはNCAAトーナメント復帰を果たしたが、結果的に1993-2000でNCAAトーナメントに出場できたのは1996年の僅か1度だけだった。

ポール・へウィット時代(2000-11)

ACC Rookie of the Year Chris Bosh | ACC Hidden Gem
主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(2004)

クリミンズの後任にはポール・へウィット(Paul Hewitt)が就任した。ヘイウィットはクリミンズに勝るとも劣らないリクルート力を発揮し、数多くの優秀な高校生をチームに呼び込んではNBAへと送り出した。


最初で最高のリクルートがクリス・ボッシュだ。学業成績も非常に優秀だったボッシュはジョージア工科大学を選んだ。当時、彼は4年間プレーするつもりだったが、1年次に自身も驚くほどの活躍を見せたため、2003年のNBAドラフトにエントリーして、1巡目4位でトロント・ラプターズに指名された。


2003-04、ボッシュを失ったもののボッシュと同級生のジャレット・ジャックやアリゾナ大学から転校してきたウィル・バイナムの活躍で周囲の期待に背いてNCAAトーナメント決勝へと進出した。


その後、2006-07、サディアス・ヤングとジャバリス・クリッテットンのトップリクルートコンビがワン&ダンで1巡目指名選手となった。2009-10、デリック・フェイバースやイマン・シャンパートの活躍で久しぶり&2020年現在では最後となってしまったNCAAトーナメント出場を果たした。

その他

シェーファーアヴィ幸樹選手(2017-18)

ジョージア工科大学では現役Bリーガーのシェーファーアヴィ幸樹選手が2017-18と2018-19シーズンの前半の合計1シーズン半をプレーしていた。


シェーファー選手は、Tokyo Samurai AAUの一員としてAAUサーキット(春夏に開催される中高生のクラブチーム大会)に参加したり、ドノバン・ミッチェル等を輩出した名門ブリュースターアカデミーでプレーした後、2017年秋、スポーツ奨学金無しのウォークオン(Walk-on)としてジョージア工科大学イエロージャケッツの一員となった。


しかし、2017-18は4試合、2018-19は2試合とプレー機会を得られなかったため、2018年12月のシーズン途中にシェーファー選手はチームを離れた。合計6試合のトータルの成績は6分、4リバウンド、FG試投数1本だった。上の動画の7:15~ではそんなシェーファー選手(白#32)の貴重なプレー映像が残されている。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: McCamish Pavilion
住所: 965 Fowler St NW, Atlanta, GA 30318

ホームアリーナはキャンパス内にあるマキャミッシュ・パビリオン(McCamish Pavilion)だ。最寄り駅North Avenue Transit Stationからは約1.5kmの距離にある。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

関連記事

アトランティックエリア

参考

GEORGIA TECH BASKETBALL BANNED FROM 2020 POSTSEASON BY NCAA(accsports.com)
NCAA overturns sanctions against Georgia Tech men’s basketball program on appeal(espn.com)
Michael Devoe(ramblinwreck.com)
Georgia Tech Players In The NBA(basketball.realgm.com)
Georgia Tech Yellow Jackets School History(sports-reference.com)
Chris Bosh — Biography(jockbio.com)
ESPN Recruiting 2002(espn.com)
Avi Schafer(sports-reference.com)
Avi Schafer(ramblinwreck.com)
TOKYO SAMURAI AAU(tokyosamuraibasketball.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました