【NCAA】デューク大学

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回は名門デューク大学を紹介する。

デューク大学

基本情報

名称: Duke University
愛称: Blue Davils
所属: Atlantic Coast Conference
19-20: 25勝6敗(NCAAトーナメント中止)
18-19: 32勝6敗エリート8
17-18: 29勝8敗エリート8

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Duke University

近年の話: ワン&ダン時代の終焉とコーチKの引退

今後のデューク大学の注目すべき点は「ポストワン&ダン時代をどうするのか?」と「コーチKの後任者選び」だ。


2010年のNCAAトーナメント優勝以降、ブルーデビルズはタレント不足に陥りエリート8止まりのシーズンが続いた。故に、コーチKは苦悩の末にワン&ダンを受け入れ、2015年にジャリル・オカフォー、タイウス・ジョーンズ、ジャスティス・ウィンズローのフレッシュマントリオでNCAAトーナメントを制覇し、これに味を占め…自信を得たコーチKはワン&ダン候補生を次々と受け入れるようになった。


しかし、この2015年の優勝以降、ブルーデビルズはエリート8以上には進めていない。しかも、Gリーグセレクトチームの設立でファイブスターのリクルート自体が難しくなるかもしれない。


加えて、コーチKの引退も囁かれて久しい。直近2年は無かったが、シャセフスキーは体調不良で試合を欠席することがあり、既に73歳となっている。


後任者の筆頭候補はピッツバーグ大学HCのジェフ・キャペル(Jeff Capel)だ。キャペルは選手時代(1993-97)にコーチKの下でプレーした後、2010年代(2011-18)はACとしてコーチKを支えてきた。

アトランティック・コースト・カンファレンス

名称: Atlantic Coast Conference
愛称: ACC
設立: 1953年
所属校: 15校
HP: http://theacc.com/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC0hy7TcR1gGD8nQBqrF2FaA

アトランティック・ディビジョン

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
ルイビル大学(ケンタッキー州ルイビル)は運動部の予算が全米で最も高い。
シラキュース大学(ニューヨーク州シラキュース)は2003年に1年生のカーメロ・アンソニーがチームを率いてNCAAトーナメントを制覇した。
フロリダ・ステイト大学(タラハシー)はタッコ・フォール等規格外ビッグマンをアフリカからリクルートすることで有名だ。
ウェイク・フォレスト大学(ノースカロライナ州ピートモンドトライアド)はティム・ダンカンとクリス・ポールを輩出した。
NCステイト大学(ノースカロライナ州リサーチトライアングル)はノースカロライナ州のカレッジバスケ人気に火をつけた古豪だ。
ボストン・カレッジ(ボストン) はACCで唯一の大都会にあるチームだ。
クレムソン大学(サウスカロライナ州アップステイト)はサウスカロライナ州を代表する大学だ。故に、同州出身のザイオン・ウィリアムソンの進学先候補として名前が挙がっていた。
ノートルダム大学(インディアナ州)は女子チームは超強豪だ。

コースタル・ディビジョン

所属校(大まかな所在地)
デューク大学(リサーチトライアングル)は名門中の名門だ。NBA、カレッジ、ライターとバスケ界の至る所にコーチKの息のかかった人間がいる。
ノースカロライナ大学チャペルヒル校(リサーチトライアングル)はマイケル・ジョーダンの母校だ。
バージニア大学()は2019年に悲願の全米制覇を成し遂げた。
バージニア工科大学はデル・カリーの出身校だ。息子ステフに奨学金オファーを出さなかった十字架を背負っている。
ジョージア工科大学(ジョージア州アトランタ)はクリス・ボッシュの母校だ。Bリーガーのシェーファー幸樹選手がウォークオンとして1年半だけチームに在籍していた。
マイアミ大学(マイアミ)
ピッツバーグ大学

ACCはデューク大学とノースカロライナ大学のカンファレンスだ。サザン・カンファレンスで不満を募らせていたデューク大学など計7校が1953年に独立したことで設立された。設立当初からノースカロライナ大学が強く、その後、コーチK率いるデューク大学の台頭があり、近年ではバージニア大学がNCAAトーナメントを制するまでに強くなった。現在はその3校の三つ巴にルイビル大学やFSUが追随する状況となっている。

チーム史

ビック・バブス時代(1959-1969)

The Greatest Duke Basketball Players Ever
主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1964)
  • ファイナルフォー(1963、66)
  • 主な選手
    アート・ヘイマン(デューク大学最初のスタープレーヤー)
    ジェフ・ムリンズ(NBAオールスター×3)

ビック・ブバス(Vic Bubas)はデューク大学のパワーハウス基礎を築いた。ブバスは特にリクルートに秀でていた。他のコーチ達が選手が高校最終学年を迎えてからリクルートを始めていた中、ブバスは彼らが高校を卒業する1年以上も前から唾をつけていた。


ブバスの努力の結果、アート・ヘイマンとジェフ・ムリンズのデュオが完成した。両者の活躍でブルーデビルズは1963年にファイナルフォーまで進んだ。その後、ヘイマンは1巡目1位指名でNBA入りしたが、ブルーデビルズはムリンズの孤軍奮闘で決勝の舞台まで進んだ。


その後、1963年にデューク大学は黒人学生の受け入れを開始した。そして、1965年、CB・クレイボーン(C.B. Claiborne)がデューク大学初のアフリカ系アメリカ人選手となった。

ビル・フォスター時代(1974-80)

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1978)
  • エリート8(1980)
  • AP1位(1978-79)
  • 主な選手
    ジム・スパナーケル(スコアラー)
    マイク・グミンスキー(永久欠番#43)

ビル・フォスター(Bill Foster)はコーチの交代に失敗したブルーデビルズを再び全米トップチームに押し戻した。フォスターはジム・スパナーケル(Jim Spanarkel)やマイク・グミンスキー(Mike Gminski)をリクルートして着実にチームを強化し、1978年、ブルーデビルズをNCAAトーナメント決勝の舞台に戻した。

コーチK時代(1980-現在)

レイトナー前(1980-88)

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1986)
  • ファイナルフォー(1988)
  • 主な選手
    ジョニー・ドウキンス(永久欠番#24)
    ジェイ・ビラス(ESPNアナリスト)
    ダニー・フェーリー(コーチK最初の全体2位指名バスト)

その後、フォスターはサウスカロライナ大学へ移り、空いたポジションに33歳のコーチKが就いた。最初の5シーズンは、フォスターの残した選手が自分好みで無かったり、自身がリクルートした選手達が成長過程にあったため、上手くはいかなかった。


しかし、1985-86シーズン、ジョニー・ドウキンス、マーク・アラリー、デイブ・ヘンダーソン、そして、ジェイ・ビラスが4年生になり、コーチKの哲学を実行できるメンバーが揃ったブルーデビルズは覚醒した。チームは29勝2敗でレギュラーシーズンを終え、将来のNBA選手5人を擁するジョージア工科大学をACCトーナメント決勝で破って東地区第1シードを獲得し、本戦でも決勝まで進んだ。


その後、1987-88シーズン、ダニー・フェーリーやクイン・スナイダーの活躍でチームはファイナルフォーに進出した。

クリスチャン・レイトナー&グラント・ヒル(1988-92)

The Shot
主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(1991、92)
  • NCAAトーナメント準優勝(1990、94)
  • ファイナルフォー(1989)
    クリスチャン・レイトナー
    グラント・ヒル
    アントニオ・ラング

クリスチャン・レイトナーとグラント・ヒルがコーチKとデューク大学に悲願の初タイトルをもたらした。


1988年、デューク大学史上最高の選手の呼び声高いレイトナーが加入した。レイトナーは1年次にファイナルフォー、2年次に準優勝に貢献した。加えて、レイトナーは容姿端麗で学業も優秀だったため、全米中でレイトナーフィーバーが巻き起こった。


しかし、優勝まではあと一歩届かなかった。


そんな中、1990年にヒルがデューク大学の門を叩いた。1990-91シーズン、ライバル校達から計7回も黒星を喫する苦しいシーズンを送っていたが、ブルーデビルズはNCAAトーナメント本戦を順調に勝ち進み、ファイナルフォーで優勝候補のラリー・ジョンソン率いるUNLVを死闘の末に破り、勢いそのままに初優勝を果たした。


翌年、NCAAトーナメント準々決勝でGヒルからのパスを受けたレイトナーがブザービータージャンパーを決めてケンタッキー大学を撃破し、準決勝でボブ・ナイト率いるインディアナ大学、決勝でファブファイブのミシガン大学を破って2連覇を達成した。


その後、レイトナーはシャキール・オニールを押しのけて1992年にドリームチームの一員となって金メダルを獲得した。

アーリーエントリーの承認(1998-2009)

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(2001)
  • NCAAトーナメント準優勝(1999)
  • ファイナルフォー(2004)
  • 主な選手
    コーリー・マゲッティ(初のワン&ダン選手)
    エルトン・ブランド
    シェーン・バティーエ
    ジェイ・ウィリアムス(事故でキャリアを断たれた悲劇のスター候補)
    カルロス・ブーザー
    ルオル・デング(2人目のワン&ダン)
    JJ・レディック(歴代最高のシューター)

レイトナーとヒルの卒業後、腰の手術でコーチKが現場から離れる等もあり、数年間ブルーデビルズは優勝候補からは一歩後退していた。


しかし、最大の理由はコーチKが下級生(1,2年生)のアーリーエントリーを歓迎していなかったためにトップリクルート達がデューク大学を避けていたことだった。


故に、シャセフスキーは遂に下級生のアーリーエントリーを承認した。1999年のNBAドラフトではコーリー・マゲッティーがコーチKの教え子として初めてワン&ダンでNBA入りし、同年、2年生だったエルトン・ブランドもアーリーエントリーでチームを離れた。

ワン&ダン(2009-現在)

2009-10カイリー・アービング
2011-12オースティン・リバース
2013-14ジャバリ・パーカー
2014-15ジャリル・オカフォー
タイウス・ジョーンズ
ジャスティス・ウィンズロー
2015-16ブランドン・イングラム
2016-17ジェイソン・テイタム
ハリー・ジャイルズ
フランク・ジャクソン
2017-18マービン・バグリー三世
ウェンデル・カーターJr
ゲイリー・トレントJr
トレボン・デュバル
2018-19ザイオン・ウィリアムソン
RJ・バレット
キャム・レディッシュ
主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(2010、15)

2010年代、コーチKはワン&ダンを積極的に受け入れるようになった。主な理由は高校卒業後1年の経過しなければNBAドラフトへエントリーできなくなったため、才能のある高校生達が大学を探し始めたことだが、一方でデューク大学自体もタレント不足故に優勝から遠ざかっていたことも要因の1つだ。


2013年、コーチKは渋っていたワン&ダンで1シーズンでチームを去るプロスペクトのリクルートを開始した。最初にリクルートされたのがジャバリ・パーカーだ。案の定、パーカーはワン&ダンでチームを去ったが、同年、ジャリル・オカフォー、タイウス・ジョーンズ、ジャスティス・ウィンズローの3人が一気に入学してきた。


このフレッシュマントリオが大当たりだった。上級生の多いチームの方が勝てると言われている中、高校生に毛が生えた程度の10代の選手達がNCAAトーナメントを制覇したのだ。これに味を占め…自信を得たコーチKはワン&ダン候補生を次々と受け入れるようになった。

現地観戦

ホームアリーナ

Cameron Crazie Moments (2/8/16)
基本情報

名称: Cameron Indoor Stadium
住所: 115 Whitford Dr, Durham, NC 27708

​ブルーデビルズのホームアリーナはキャンパス内にあるCameron Indoor Stadiumだ。デューク大学の試合は学生と言えども簡単に見ることはできない。故に、ライバルのノースカロライナ大学戦前、キャメロン・クレイジーズ(The Cameron Crazies)と呼ばれる学生達はアリーナ横のシャセフスキー広場で数週間前からテントを張っている。

チケット

デューク大学のホームゲームのチケットは1、2位を争う位高価だ。ライバルのノースカロライナ大学戦はセカンダリーマーケットにチケットが出回らない可能性もある。チケットは見つけたら即買いで良いと思う。


一方、キャパの大きい大学のアウェイゲームは、それでもカレッジゲームとしては高いが、NBAの試合と同程度だ。手の届かないレベルでは無い。もしデューク大学を見たいだけなのであれば、アウェイゲームに足を運ぶのが良い。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

合わせて行きたい: サウスエリア

カレッジフープスの記事

参考

End of an Era: What’s Next for Coach K(si.com)
Duke Blue Devils School History(sports-reference.com)
Vic Bubas’ Great Run – Part I(dukebasketballreport.com)
C.B. Claiborne on being Duke’s first black basketball player(indyweek.com)
Duke names Krzyzewski(news.google.com)
Duke Thriving In Early Entry Era(goduke.com)
Duke NBA Draft Selections(basketball.realgm.com)

こぼれ話(有料)

Bro's Knowledge
 

以下、こぼれてしまった話は有料だ。最初に断っておくが、有料部分は重要な話では無い。有料部分は情報商材では無く、どちらかと言えば、”投げ銭”だと思ってくれれば良い。

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました