【NCAA】バトラー大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

と言うことで、今回はバトラー大学についてだ。

バトラー大学

基本情報

名称: Butler University
愛称: Bulldogs
所属: Big East Conference
18-19: 16勝17敗NIT出場
17-18: 21勝14敗NCAAトーナメント2回戦
16-17: 25勝9敗NCAAトーナメントスウィート16

https://butlersports.com/schedule.aspx?path=mbball

近年の話: バスケットボールスクール

バトラー大学はバスケットボールスクールとして知られている。つまり、大学で最も盛り上がっている運動部がバスケットボール部ということである。ほとんどの大学はフットボールに最も力を入れている。故に、当然ながら学生やその町の注目はフットボール部に持っていかれてしまうのだが、同大の場合はフットボール部に力を入れていないのだ。ちなみに、バトラー大学の学生総数は4000人程であるが、毎試合8000人程の観客が入る。

ビッグ・イースト・カンファレンス

詳細

名称: Big East Conference
愛称: Big East
設立: 1979年
所属校: 10校
HP: https://www.bigeast.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
St. ジョーンズ大学(NYC) は1943年と1944年に当時はNCAAトーナメントよりも格式が高かったNITを連覇した古豪だ。MSGをホームアリーナとして使用している。
シートン・ホール大学(NYC)はニュージャージー・ネッツが使用していたアリーナを使用している。19-20シーズンはチーム史上ベストのチームだった。
ジョージタウン大学(ワシントンD.C.) はパトリック・ユーイング(現HC)やディケンベ・ムトンボ等のレジェンドセンターを輩出したビッグマンの登竜門だ。アイバーソンの母校としても有名である。
ビラノバ大学(フィラデルフィア) は2016年と2018年にNCAAトーナメントを制覇した。HCのJay Wrightは非常に目利きの優れた人物で近年はNBAに優秀なロールプレーヤー達を多数輩出している。
コネチカット大学(コネチカット州)は過去に4回もNCAAトーナメントを制覇した元超強豪だ。2020年にアメリカン・アスレティック・カンファレンスから移籍してきた。
バトラー大学(インディアナポリス) はブラッド・スティーブンスが率いて2年連続でNCAAトーナメント準優勝を果たした。
ゼイビア大学(シンシナティ) はデビッド・ウェストの母校だ。
デポール大学(シカゴ) は長らくプログラムに力を注いでいなかった。しかし、近年はリクルートに成功している。
マーケット大学(ミルウォーキー)はドウェイン・ウェイドやドック・リバースを輩出した。
クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ)のダグ・マクダモートの父がHCを務めている。今後、注目すべきチームの1つだ。

ビッグ・イースト・カンファレンスは東海岸の強豪が集まったカンファレンスだ。近年の勢力図はビラノバ大学は全米トップクラスに強いが、その他はNCAAトーナメントで1回勝てるかどうかレベルだった。が、19-20シーズンはトップ25に常に3校位が名を連ねていた。ちなみに、ビッグ・イースト・カンファレンスは新旧2つある。旧ビッグ・イースト・カンファレンス(現アメリカン・アスレティック・カンファレンス)からフットボール部を登録していなかった大学が離脱して立ち上げたのがこの新ビッグ・イースト・カンファレンスだ。

チーム史

トッド・リックリタ―時代(2001-07)

主な実績
  • スウィート16×2(2003、07)

2001年、卒業生でACのトッド・リックリタ―(Todd Lickliter)がHCに昇格した。


2002-03、ブルドッグスは、レギュラーシーズンを好成績で終えたにも関わらずカンファレンストーナメントで敗れる結果に終わったが、奇跡的にミッドメジャー校ながら招待枠(At-Large bid)でのNCAAトーナメント出場が決まり、ミシシッピステイト大学とルイビル大学を破ってスウィート16進出を果たした。


2006-07、暫しの再建シーズンを経た後、リックリターは再び上級生を中心とした守備型のチームを作り上げ、中盤以降はAP通信の25位以内をキープする戦いぶりで再び招待枠でNCAAトーナメントに臨み、優勝したフロリダ大学に敗れたが、スウィート16にまで進出した。


その後、リックリターはアイオワ大学にヘッドハンティングされた。

ブラッド・スティーブンス時代(2007-13): 天才が頭角を現す

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝×2(2010、11)
  • スウィート16(2013)

2007年、天才ブラッド・スティーブンスがHCに昇格した。


2007-08、バトラー大学は鉄壁の守備を武器にミシガン大学、バージニア工科大学、テキサス工科大学、オハイオステイト大学を相手に4連勝を達成し、前任者リックリタ―が苦しんだホライゾンリーグもあっさりと制覇してNCAAトーナメントに臨んだ。残念ながら本戦では2回戦でテネシー大学に延長戦の末に敗れたが、同シーズンはスティーブンスの比類なき才能を見せつけられたシーズンとなった。


一方、スティーブンスはリクルートでも才能を発揮し、後にスティーブンスと共に伝説を残すゴードン・ヘイワードとシェルビン・マックの両選手を見出した。


2009-10、ヘイワードとマックの両輪に牽引されたチームはホライゾンリーグ内で20連勝を記録してNCAAトーナメントに臨んだ。本戦、ブルドッグスは修羅と化し、下位ラウンドでミッドメジャー校を蹴散らし、優勝候補シラキュース大学をアップセットし、カンザスステイト大学を破ってファイナル4に上がり、ミシガンステイト大学をも倒し、何と決勝の舞台にまでたどり着いた。

そして、デューク大学との決勝戦は名勝負となった。結論から言えば、バトラー大学は準優勝に終わったが、ヘイワードが最後に放ったブザービーターショットは、惜しくもリムに弾かれてしまったものの、毎年ハイライトが流れるカレッジフープス史に残る名シーンとなった。


その後、ヘイワードはユタ・ジャズでNBA入りを果たした。2010-11、バトラー大学はシェルビン・マックを中心に再びNCAAトーナメントの決勝まで勝ち進んだが、勢いに乗っていたケンバ・ウォーカー率いるコネチカットに大敗してミッドメジャー校の優勝は幻に終わった。


2013年、ブラッド・スティーブンスはボストン・セルティックスのHCに就任した。現在、学生総数4000名程の小規模校バトラー大学の成功は小規模校の成功例として多くの学校経営の研究対象となっている。

クリス・ホルトマン時代(2013-16)

主な実績

2013年、ブランドン・ミラーがHCに就任した。ミラーはバトラー大学の卒業生で人望も厚くコーチとしてのキャリアを期待されていた人物だったが、約1年後、健康上の理由で僅か1シーズンでの退任となり、代役にはACのクリス・ホルトマン(Chris Holtman)が務めることになった。


2014-15、ホルトマンはスティーブンス時代からの教え子達を率いて前年度に加入したビッグ・イースト・カンファレンスを12勝6敗の好成績で終えてNCAAトーナメント出場も果たした。翌2015-16、ホルトマンは守備型から攻撃型のチームに大幅にスタイル変更し、前年度よりも負けは込んだが、何とかNCAAトーナメント出場にはこぎ着けた。


そして、2016-17、ホルトマンはケイラン・マーティンを軸とした攻守のバランスに長けたチームは、王者ビラノバ大学に2回勝利する等の活躍を見せてトップ25位以内をキープし、本戦でも2回勝ってスウィート16に進出した。


その後、ホルトマンは名門復活を任されてオハイオステイト大学にいる。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: HINKLE FIELDHOUSE
住所: 510 W 49th St, Indianapolis, IN 46208

​バトラー大学のホームアリーナはキャンパス内のHinkle Fieldhouseだ。インディアナポリスのダウンタウンからバスが通っている。以前よりも本数が増えたので行きやすくなった。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

関連記事

五大湖エリア

参考

Butler 2019 Basketball Commits(247sports.com)
2020 Pomeroy College Basketball Ratings(kenpom.com)
Butler Bulldogs School History(sports-reference.com)
Butler Players in the NBA(basketball.realgm.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました