【NCAA】「シンシナティのもう1つの強豪」ゼイビア大学(シンシナティ#3)

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はシンシナティのもう1つの強豪ゼイビア大学を紹介する。

ゼイビア大学

基本情報

名称: Xavier University
愛称: Musketeers
所属: ビッグ・イースト・カンファレンス
18-19: 19勝16敗NIT
17-18: 29勝6敗NCAAトーナメント2回戦
16-17: 24勝14敗NCAAトーナメントエリート8
出身選手: デビッド・ウエスト、タイロン・ヒル、ジェームス・ポージー、ジョーダン・クロフォードなど

2019-20 Men's Basketball Schedule - Xavier University Athletics
The official 2019-20 Men's Basketball schedule for the Xavier University Musketeers

新HCトラビス・スティール

18-19シーズンはトラビス・スティール(Travis Steele)にとってD1校のHCとして迎える初めてのシーズンだっが、勝ち越しでシーズンを終えて、なお且つ2019年のリクルートも良かった。スティールは注目すべき人物かもしれない。

注目選手: Paul Scruggs(191cm/コンボガード/3年/#1)

WATCH | Paul Scruggs Scores 23 in Butler Win

ゼイビア大学の注目選手はPaul Scruggsだ。スクラグスは本来はPGの役割をこなすハンドラーなのだが、スリーポイントアーチの外でコートをストレッチさせる役目も担えるため、非常に使い勝手が良い。NBAプロスペクトでは無いが、今後の活躍次第では2巡目指名~ドラフト外から2ウェイ契約まではあり得るだろう。


その他、4年生フォワードのTyrique Jones、Naji Marshall、スティールがリクルートした中のトッププレーヤーが4スターガード1年生のKyKy Tandyも面白い存在だ。

ビッグ・イースト・カンファレンス

名称: Big East Conference
愛称: Big East
設立: 1979年
所属校: 10校
HP: https://www.bigeast.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
St. ジョーンズ大学(NYC) は1943年と1944年に当時はNCAAトーナメントよりも格式が高かったNITを連覇した古豪だ。MSGをホームアリーナとして使用している。
シートン・ホール大学(NYC)はニュージャージー・ネッツが使用していたアリーナを使用している。19-20シーズンはチーム史上ベストのチームだった。
ジョージタウン大学(ワシントンD.C.) はパトリック・ユーイング(現HC)やディケンベ・ムトンボ等のレジェンドセンターを輩出したビッグマンの登竜門だ。アイバーソンの母校としても有名である。
ビラノバ大学(フィラデルフィア) は2016年と2018年にNCAAトーナメントを制覇した。HCのJay Wrightは非常に目利きの優れた人物で近年はNBAに優秀なロールプレーヤー達を多数輩出している。
コネチカット大学(コネチカット州)は過去に4回もNCAAトーナメントを制覇した元超強豪だ。2020年にアメリカン・アスレティック・カンファレンスから移籍してきた。
バトラー大学(インディアナポリス) はブラッド・スティーブンスが率いて2年連続でNCAAトーナメント準優勝を果たした。
ゼイビア大学(シンシナティ) はデビッド・ウェストの母校だ。
デポール大学(シカゴ) は長らくプログラムに力を注いでいなかった。しかし、近年はリクルートに成功している。
マーケット大学(ミルウォーキー)はドウェイン・ウェイドやドック・リバースを輩出した。
クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ)のダグ・マクダモートの父がHCを務めている。今後、注目すべきチームの1つだ。

ビッグ・イースト・カンファレンスは東海岸の強豪が集まったカンファレンスだ。近年の勢力図はビラノバ大学は全米トップクラスに強いが、その他はNCAAトーナメントで1回勝てるかどうかレベルだった。が、19-20シーズンはトップ25に常に3校位が名を連ねていた。ちなみに、ビッグ・イースト・カンファレンスは新旧2つある。旧ビッグ・イースト・カンファレンス(現アメリカン・アスレティック・カンファレンス)からフットボール部を登録していなかった大学が離脱して立ち上げたのがこの新ビッグ・イースト・カンファレンスだ。

チーム史

ファイナル4の壁

ゼイビア大学は1980年代から度々NCAAトーナメントに出場し、21世紀に入ってからは3度もエリート8に進出しているが、一度もファイナル4以上に進んだことが無い。2017年に第11シードから第3シードのFSUと第2シードのアリゾナをアップセットしたが、エリート8でゴンザガ大学に敗れて初のファイナル4へは一歩及ばなかった。

レジェンド: デビッド・ウェスト(1998-2003)

主な実績
  • オスカー・ロバートソン・トロフィー
  • 永久欠番No.30

同プログラムのレジェンドは元NBAオールスターでNBAチャンピオンのデビッド・ウェストだ。ウェストは4年次にはオスカー・ロバートソン・トロフィーを含む多くの賞を獲得する活躍だった。


卒業後、ウェストは2003年NBAドラフトで1巡目18位でニューオーリンズ・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)に指名され、2008年と2009年にはチームメイトのクリス・ポールと共にNBAオールスターに選ばれた。


その後、移籍したインディアナ・ペイサーズでも主力メンバーの1人としてチームをイースタン・カンファレンスの強豪にのし上げ、2017年と2018年にはゴールデン・ステイト・ウォリアーズのメンバーとして念願の優勝リングを手にした。


ちなみに、2005-06にはアーロン・ウィリアムス、2009-10にはジェームス・ポージーの2人の同窓生とチームメイトになっている。

クリス・マック時代(2009-18)

主な実績
  • エリート8(2008、16)
  • スウィート16(2009、12、15)

クリス・マック(Chris Mack)がHCに就任した。マックはチームをエリート8とスウィート16に2度ずつ導いた。


一方、マック時代のベストリクルートはセマジ・クリストンだったが、クリストンがプレーしていた2012-14はあまり芳しい成績を残せなかった。2014年、クリストンは2巡目55位でオクラホマシティー・サンダーに指名された後、2016-17にRS64試合+プレーオフ2試合に出場した。


その後、マックはスキャンダルでHCリック・ピティーノが解雇されたルイビル大学のHCとなった。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Cintas Center
住所: 1624 Herald Ave, Cincinnati, OH 45207

​ホームアリーナはのシンタス・センターはキャンパス内にある。キャンパス↔ダウンタウンはローカルバスで行けるが、運行本数は少ないので、配車サービスを使ったほうが良いだろう。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

合わせて行きたい: オハイオバレーエリア

シンシナティ(オハイオ州)

シンシナティはオハイオ州の南端の都市だ。シンシナティ大学ゼイビア大学の強豪2校がキャンパスを構えている。インディアナポリスオハイオ・ステイト大学、ケンタッキー大学、ルイビル大学に近い。

ルイビル(ケンタッキー州)

ルイビルはケンタッキー州最大の町だ。

ケンタッキー大学

ケンタッキー大学はシンシナティを南下したレキシントンにある。

ナッシュビル(テネシー州)

テネシー州ナッシュビルはバンダ―ビルト大学、ベルモント大学、テネシーステイト大学がキャンパスを構えている。

メンフィス(テネシー州)

テネシー州メンフィスにはNBAメンフィス・グリズリーズ、Gリーグチームのメンフィス・ハッスル、ペニー・ハーダウェイがHCのメンフィス大学がある。

参考

Xavier 2019 Basketball Commits(247sports.com)
KyKy Tandy(247sports.com)
2020 Pomeroy College Basketball Ratings(kenpom.com)
Xavier Musketeers School History(sports-reference.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました