【NCAA】St.ジョーンズ大学

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はMSGをホームアリーナとする古豪St.ジョーンズ大学を紹介する。

St. ジョーンズ大学

基本情報

名称: St. John’s University in Queens
愛称: Red Storm
所属: ビッグ・イースト・カンファレンス
19-20: 17勝15敗
18-19: 21勝13敗NCAAトーナメント1回戦
17-18: 16勝17敗
16-17: 14勝19敗

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the St. John's University Red Storm

近年の話: マイク・アンダーソンが就任1年目に実力を示す

2019-20、クリス・マリンに代わりマイク・アンダーソンがHCに就任した。アンダーソンは1994年にアーカンソー大学で全米制覇を成し遂げた黒人HCノーラン・リチャードソンの一番弟子だった人物で、リチャードソンの”40 minutes of Hell”と呼ばれるタフなディフェンススタイルを継承している。


開幕前、シャモリ―・パンズとジャスティン・サイモンの2人がアーリーエントリーでチームを去たSJUはほとんど勝てないと予想されていたが、早々にチームにディフェンス意識を根付かせたアンダーソンはタレントに欠くチームでウェスト・バージニア大学とアリゾナ大学から大金星を挙げる等、最終的には17勝15敗とまずまずの成績でシーズンを終えた。


しかし、2020年、チームトップスコアラーのL.J. Figueroaがオレゴン大学へ転校してしまった。

注目選手: Julian Champagnie(201cm/2年/#2)

St. Johns University All-Big East Freshman Julian Champagnie 19-20 Season Highlights

注目選手はビッグ・イースト・オール-ルーキー・チーム入りを果たしたフォワードのジュリアン・シャンペーンだ。2019-20、シャンペーンは平均9.9P、6.5Rの成績を残した。

ビッグ・イースト・カンファレンス

名称: Big East Conference
愛称: Big East
設立: 1979年
所属校: 10校
HP: https://www.bigeast.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は注目のチーム
St. ジョーンズ大学(NYC) は1943年と1944年に当時はNCAAトーナメントよりも格式が高かったNITを連覇した古豪だ。MSGをホームアリーナとして使用している。
シートン・ホール大学(NYC)はニュージャージー・ネッツが使用していたアリーナを使用している。19-20シーズンはチーム史上ベストのチームだった。
ジョージタウン大学(ワシントンD.C.) はパトリック・ユーイング(現HC)やディケンベ・ムトンボ等のレジェンドセンターを輩出したビッグマンの登竜門だ。アイバーソンの母校としても有名である。
ビラノバ大学(フィラデルフィア) は2016年と2018年にNCAAトーナメントを制覇した。HCのJay Wrightは非常に目利きの優れた人物で近年はNBAに優秀なロールプレーヤー達を多数輩出している。
コネチカット大学(コネチカット州)は過去に4回もNCAAトーナメントを制覇した元超強豪だ。2020年にアメリカン・アスレティック・カンファレンスから移籍してきた。
バトラー大学(インディアナポリス) はブラッド・スティーブンスが率いて2年連続でNCAAトーナメント準優勝を果たした。
ゼイビア大学(シンシナティ) はデビッド・ウェストの母校だ。
デポール大学(シカゴ) は長らくプログラムに力を注いでいなかった。しかし、近年はリクルートに成功している。
マーケット大学(ミルウォーキー)はドウェイン・ウェイドやドック・リバースを輩出した。
クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ)のダグ・マクダモートの父がHCを務めている。今後、注目すべきチームの1つだ。

ビッグ・イースト・カンファレンスは東海岸の強豪が集まったカンファレンスだ。近年の勢力図はビラノバ大学は全米トップクラスに強いが、その他はNCAAトーナメントで1回勝てるかどうかレベルだった。が、19-20シーズンはトップ25に常に3校位が名を連ねていた。ちなみに、ビッグ・イースト・カンファレンスは新旧2つある。旧ビッグ・イースト・カンファレンス(現アメリカン・アスレティック・カンファレンス)からフットボール部を登録していなかった大学が離脱して立ち上げたのがこの新ビッグ・イースト・カンファレンスだ。

チーム史

第一次ジョセフ・ラップチック時代(1936-47)

主な実績
  • NIT連覇(1943、44)
  • NIT準決勝進出×2(1939、45)
  • NIT出場×3(1940、46、47)

1936年、ジョセフ・ラップチック(Joe Lapchick)がHCに就任した。当時、ナショナル・インビテーション・トーナメント(National Invitation Tournament)は、マジソン・スクエア・ガーデンで全試合を開催していたため、NCAAトーナメントよりも格式が高かったのだが、NITは地元ニューヨークの強豪プログラムだったSJUを毎年のように招待し、その期待に応えるようにSJUは1943年と1944年にNIT連覇を達成した。

フランク・マクガイア時代(1947-52)

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1952)
  • NCAAトーナメント出場(1951)
  • NIT準決勝進出×2(1950、51)
  • NIT出場×2(1949、52)

1947年、ニューヨーク・ニックスのHCになったラップチックに代わって卒業生のフランク・マクガイア(Frank McGuire)がHCに就任した。1951年と1952年、チームはNITとNCAAトーナメントのどちらにも出場し、1952年にはNCAAトーナメントで準優勝を果たした。その後、この手腕を買われたマクガイアはノースカロライナ大学のHCに招聘され、1957年にウィルト・チェンバレン擁するカンザス大学を破ってNCAAトーナメント制覇を成し遂げた。

第二次ジョセフ・ラップチック時代(1956-65)

主な実績

工事中

NITの評価

NITは1974年までを評価している。1975年、NCAAトーナメントは出場枠を32校に増やした。

第一次ルー・カーネセッカ時代(1965-70)

主な実績
  • スウィート16×2(1967、69)

1965年、健康状態が思わしくないラップチックに代わって卒業生のルー・カーネセッカ(Lou Carnesecca)がHCに就任した。1966-67、カーネセッカはラップチックから相続したロイド”ソニー”ドーブを無駄にすること無く、チームをスウィート16進出に導き、1968-69、自身がリクルートしたジョン・ウォーレンとビリー・ポールツを率いて3年連続のNCAAトーナメント出場とスウィート16進出を果たし、上記の実績を評価されてニューヨーク・ネッツ(ABA)のHCに就任した。

第二次ルー・カーネセッカ時代(1973-92)

主な実績
  • ファイナルフォー(1985)
  • エリート8×2(1979、91)
  • スウィート16(1983)

1973年、カーネセッカは再び母校に帰ってきた。

クリス・マリン(1981-85)

1981年、クリス・マリンが入学してきた。マリンはニューヨークシティ界隈では知られた存在だった。と言うのも、マリンは白人ながらブロンクスやハーレム地区といった黒人が多く住む”フッド”に顔を出してはコート上で暴れまくっていたからだ。1982-83、マリンはビッグイーストの年間最優秀選手賞と評される活躍でチームの東地区第1シード獲得に貢献、翌1983-84、ケビン・ウィリアムスとデビッド・ラッセルの2巡目選手コンビの抜けた穴は大きく、チームは大幅に成績を落としたが、マリンは2年連続のビッグイーストMVPを受賞する活躍だった。


1984-85、ウォルター・ベリー、ビル・ウェニントン、マーク・ジャクソンといった選手達が成長したSt.ジョーンズ大学は再び優勝候補となった。レッドメンはレギュラーシーズン中には19連勝を飾り、ビッグイーストのタイトルこそ取りこぼしたが、続く本戦でもアーカンソー大学、ケンタッキー大学、NCステイト大学といった強豪を破って30年振りのファイナル4進出を果たした。


そして、準決勝、対戦相手は同じビッグイーストのライバルでありながら前年度NCAAトーナメント制覇を果たして絶大な人気を誇っていたパトリック・ユーイングとジョン・トンプソン率いるジョージタウン大学だった。しかも、彼らこそがSJUの19連勝を止め、なお且つカンファレンストーナメント優勝を奪った張本人だった。


案の定、苦手意識を拭えていなかったSJUはジョージタウン大学に苦戦、軍配はジョージタウン大学に上がった。

クリス・マリンの主なチームメイト
デビッド・ラッセル(1979-83): 1979年2巡目37位
ケビン・ウィリアムス(1979-83): 1983年2巡目46位
ウォルター・ベリー(1984-86): 1986年1巡目14位
マーク・ジャクソン(1983-87): 1987年1巡目16位
シェルトン・ジョーンズ(1984-88): 1988年2巡目27位

ポストマリン期(1985-92)

レジェンドのさらに上に行った男(1985-86)
This Week in SJUBB History: Walter Berry

ウォルター・ベリー(1985-86)
ジョン・ウッデン賞
オスカー・ロバートソン賞
コンセンサス・オール-アメリカン(1stチーム)
その他の年間最優秀選手賞

1985年、絶対的エースのマリンが抜けたSt.ジョーンズ大学の評価は高くなかった。しかし、マリンに次ぐ第二の得点源に過ぎなかったウォルター・ベリーがマリンのさらに上を行くカレッジベストプレーヤーに成長した。1985-86、ベリーは平均23得点、11リバウンドの活躍でレッドメンをジョージタウン大学に2勝、ビッグイーストのレギュラーシーズンとカンファレンストーナメントの両方で優勝、西地区第1シードに導き、残念ながら本戦ではオーバーン大学にアップセットされたが、自身は数々の賞を総なめした。

ジェイソン・ウィリアムス(1988-89)

1988-89、マリン、ベリー、ジャクソンに続いてレッドメンの長となったのが1998年にNBAオールスターに選出されることになるジェイソン・ウィリアムスだ。しかし、ウィリアムスは平均20点近い活躍を見せたが、チームはビッグイースト内で6勝10敗と負け越し、7年連続で出場していたNCAAトーナメントも途切れてしまった。

マリーク・シーリー(1989-92)

1989-90、戦線離脱を余儀なくされたエースのウィリアムスに代わって頭角を現したのがマリーク・シーリーだった。シーリーの活躍でNCAAトーナメント出場を果たしたレッドメンは準優勝のデューク大学にあと一歩のところまで追い詰めた。


1990-91、ウィリアムスがNBA入りを果たしたチームの平均得点はリーグ200位に落ち込んでいたが、シーリーの獅子奮迅の活躍で一時期AP5位に評される程の好成績を残し、本戦では優勝候補のオハイオステイト大学をアップセットしてエリート8進出を果たした。


しかし、レッドメンは初優勝に燃えるデューク大学に今度は完敗、翌1991-93は19勝11敗のNCAAトーナメント1回戦敗退を喫し、カーネセッカ時代は幕を閉じた。

その他

フェリペ・ロペス(1994-98):アイバーソンより高い評価を受けたNo.1高校生

マイク・ジャービス時代(1998-2004)

1999年、チームはNCAAトーナメントエリート8に進出した。

クリス・マリン時代(2015-19)

現地観戦

ホームアリーナ

MSG

基本情報

名称: Madison Square Garden
住所: 4 Pennsylvania Plaza, New York, NY 10001

St.ジョーンズ大学

基本情報

名称: Carnesecca Arena
住所: 80-00 Utopia Pkwy, Jamaica, NY 11432

SJUはマディソン・スクエア・ガーデンをホームアリーナとして使用している。ただ、試合によっては下記の大学キャンパス内のアリーナで試合をするので注意が必要だ。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

40 Minutes of Hell - ESPN Player
Explore the rise, fall and re-birth of legendary Arkansas men's basketball coach Nolan Richardson. Includes interviews with former president Bill Clinton, form...

HCマイク・アンダーソンが如何に重要な人物かを知るためにもノーラン・リチャードソン時代のアーカンソー大学のドキュメンタリー”40 minutes of Hell”の視聴はマストだ。リチャードソンが分かればアンダーソンが分かる。

合わせて行きたい: ボスウォッシュエリア

カレッジフープスの記事

参考

Mike Anderson Named St. John’s Men’s Basketball Head Coach(redstormsports.com)
2020 Pomeroy College Basketball Ratings(kenpom.com)
SEC Storied: 40 Minutes of Hell(secsports.com)
Julian Champagnie(basketball.realgm.com)
St. John’s (NY) Red Storm School History(sports-reference.com)
St. John’s Players In The NBA(basketball.realgm.com)
An Issue That Follows the NBA Like a White Shadow(washingtonpost.com)
LeRoy Ellis, rebounding specialist, dies of cancer(expressnews.com)

こぼれ話(有料)

Bro's Knowledge
 

以下、こぼれてしまった話は有料だ。最初に断っておくが、有料部分は重要な話では無い。有料部分は情報商材では無く、どちらかと言えば、”投げ銭”だと思ってくれれば良い。

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました