【NCAA】St.ジョーンズ大学

※本サイトは広告を含んでいます

St.ジョーンズ大学

基本情報
  • 名称: St. John’s University in Queens
  • 愛称: Red Storm
  • 所属: ビッグ・イースト・カンファレンス

近年の話: リック・ピティーノ招聘!!

近年の話
  • コーチ交代(2023)
    in: リック・ピティーノ
    out: マイク・アンダーソン
  • NBA輩出
    ジュリアン・シャンペニー
主な選手(2023-24)経歴
ジョエル・ソリアーノフォーダム大学(2019-21)
St.ジョーンズ大学(2021-)
ジョーダン・ディングル
Jordan Dingle
ペンシルベニア大学(2019-23)
NBAドラフト撤回(2023)
トップ編入生(2023)
RJ・ルイスマサチューセッツ大学(2022-23)
上位編入生(2023)
デニス・ジェンキンスパシフィック大学(2020-22)
アイオナ大学(2022-23)
上位編入生(2023)
グレン・テイラーJrオレゴンステイト大学(2021-23)
上位編入生(2023)
ズビ・エジフォー元★4
カンザス大学(2022-23)
上位編入生(2023)
ナヒーム・アリーンバージニア工科大学(2019-22)
コネチカット大学(2022-23)
上位編入生(2023)
クルーズ・デイビスアイオナ大学(2022-23)
上位編入生(2023)
クイン・スレジンスキールイビル大学(2019-21)
アイオナ大学(2021-23)
上位編入生(2023)
脱退(2023)
デイビッド・ジョーンズ(2022-23)→メンフィス大学
AJ・ストア(2022-23)→ウィスコンシン大学
ポシュ・アレクサンダー(2020-23)→バトラー大学
アンドレ・カーベロ(2022-23)→サザンミシシッピ大学

St.ジョーンズ大学はn度目の古豪復活に絶賛失敗中だ。2019年、SJUは同大レジェンドのクリス・マリンを解雇して現HCマイク・アンダーソンを雇った。同氏は黒人HCノーラン・リチャードソンから1994年にアーカンソー大学で全米制覇を成し遂げた”40 minutes of Hell”ディフェンスを学んだ人物だ。そして、2020-21、同氏はビッグ・イースト・カンファレンスの最優秀コーチ賞獲得しながらも「選手達のNIT出場ボイコット→シーズン終了後9名の編入」+「元ACの『不当解雇』訴訟」とリーダーシップの欠如を露呈した。翌2021-22も微妙な成績に終わっている。潮時は近い。

403 Forbidden

ビッグ・イースト・カンファレンス

基本情報
所属校(大まかな所在地)
プロビデンス大学は多数のバスケ界の功労者を輩出している。
コネチカット大学は2023年に通算5度目のNCAAトーナメント制覇を果たして文句無しのブルーブラッド校になった。
St.ジョーンズ大学(NYC)は1943年と1944年にNITを連覇した。
シートン・ホール大学(NYC)はニュージャージー・ネッツが使用していたアリーナを使用している。
ビラノバ大学(フィラデルフィア)は2016年と2018年にNCAAトーナメントを制覇した。2022年にHCジェイ・ライトが勇退した。
ジョージタウン大学(ワシントンD.C.) はパトリック・ユーイングやディケンベ・ムトンボ等のレジェンドセンターを数多く輩出している。出身者にはアレン・アイバーソンもいる。
ゼイビア大学(シンシナティ)はデビッド・ウェストの母校だ。
バトラー大学(インディアナポリス)はブラッド・スティーブンス時代に2年連続のNCAAトーナメント準優勝を果たした。
デポール大学(シカゴ)は元祖スタービッグマンのジョージ・マイカンの母校だ。
マーケット大学(ミルウォーキー)はドウェイン・ウェイドを輩出している。
クレイトン大学(ネブラスカ州オマハ)のダグ・マクダモートの父がHCを務めている。

ビッグ・イースト・カンファレンスは東海岸の強豪を中心に組織されている。2013年、同カンファレンスは元祖ビッグ・イースト・カンファレンスのメンバー校のアメリカン・アスレティック・カンファレンス離脱&「ビッグ・イースト・カンファレンス」の継承によって再誕した。その後、ビラノバ大学が栄華を極めた。現在はコネチカット大学時代に突入している。

チーム史

第一次ジョセフ・ラップチック時代(1936-47)

主な成績
  • NIT連覇(1943&44)
  • NIT準決勝進出×2(1939&45)
  • NIT出場×3(1940、46、47)

ジョセフ・ラップチック(Joe Lapchick)はカレッジフープス黎明期にSt.ジョーンズ大学を強豪に押し上げた。当時、NIT(National Invitation Tournament)は”世界で最も有名なアリーナ”マディソン・スクエア・ガーデンでの全試合開催だったためにNCAAトーナメントよりも格式が高かった。実際、1940年代は多くの大学がNCAAトーナメントを蹴ってNITに出場している。そして、SJUは地元ニューヨークの期待に応える形で1943年と1944年にNIT連覇を達成した。

フランク・マクガイア時代(1947-52)

主な成績
  • NCAAトーナメント準優勝(1952)
  • NCAAトーナメント出場(1951)
  • NIT準決勝進出×2(1950&51)
  • NIT出場×2(1949、52)

St.ジョーンズ大学はジョセフ・ラップチックがニューヨーク・ニックスに移ってからも全米屈指の実力を保ち続けた。後任は卒業生のフランク・マクガイア(Frank McGuire)が就いた。同氏はその後の1957年にウィルト・チェンバレン擁するカンザス大学を破ってノースカロライナ大学を初のNCAAトーナメント制覇に導く人物だ。1951年と1952年、SJUは当時は可能だったNCAAトーナメント&NITのダブル出場を果たした。

第二次ジョセフ・ラップチック時代(1956-65)

主な成績
NITの評価

NITは1974年までを評価している。1975年、NCAAトーナメントは出場枠を32校に増やした。

第一次ルー・カーネセッカ時代(1965-70)

主な成績
  • スウィート16×2(1967&69)

1965年、ジョセフ・ラップチックは健康上の理由でコーチ職を退いた。1966-67、卒業生ルー・カーネセッカ(Lou Carnesecca)は相続したロイド”ソニー”ドーブの恩恵を受けてチームをスウィート16進出に導いた。そして、1968-69、同氏は今度は自身のリクルートのジョン・ウォーレンとビリー・ポールツを率いて3年連続のNCAAトーナメント出場とスウィート16進出を果たした。

@b_o_bros
@b_o_bros

ABAニューヨーク・ネッツ時代、ルー・カーネセッカは1971-72にロイド・ドーブ、ビリー・ポールツ、ジョー・デプレの教え子3人と共にABAファイナルに進出し、1974年と1976年のジュリアス・アービングと共にABA制覇を果たした際にはケビン・ローアリーがプレーしていた。

第二次ルー・カーネセッカ時代(1973-92)

主な成績
  • ファイナル4(1985)
  • エリート8×2(1979&91)
  • スウィート16(1983)
復帰
主な選手
  • レジー・カーター(1976-80): 1979年2巡目27位

1973年、カーネセッカは再び母校に帰ってきた。

クリス・マリン(1981-85)
主なチームメイト
  • デビッド・ラッセル(1979-83): 1979年2巡目37位
  • ケビン・ウィリアムス(1979-83): 1983年2巡目46位
  • ビル・ウェニントン(1981-85): 1985年1巡目16位
  • ウォルター・ベリー(1984-86): 1986年1巡目14位
  • マーク・ジャクソン(1983-87): 1987年1巡目16位
  • シェルトン・ジョーンズ(1984-88): 1988年2巡目27位

元祖ホワイト・チョコレート
1981年、クリス・マリンが入学してきた。マリンはニューヨークシティ界隈では知られた存在だった。と言うのも、マリンは白人ながらブロンクスやハーレム地区といった黒人が多く住む”フッド”に顔を出してはコート上で暴れまくっていたからだ。1982-83、マリンはビッグイーストの年間最優秀選手賞と評される活躍でチームの東地区第1シード獲得に貢献、翌1983-84、ケビン・ウィリアムスとデビッド・ラッセルの2巡目選手コンビの抜けた穴は大きく、チームは大幅に成績を落としたが、マリンは2年連続のビッグイーストMVPを受賞する活躍だった。

古豪復活(1984-85)
1984-85、St.ジョーンズ大学はウォルター・ベリー、ビル・ウェニントン、マーク・ジャクソンの成長で再び優勝候補へと浮上し、その後は19連勝を飾る等で好調を維持し、本戦ではアーカンソー大学、ケンタッキー大学、NCステイト大学を次々と撃破して30年振りにファイナル4に戻ってきた。そして、準決勝の対戦相手は前年度No.1のジョージタウン大学だった。しかも、パトリック・ユーイングとジョン・トンプソンこそが同シーズン中にSJUから「連勝街道」と「ビッグ・イースト・カンファレンス優勝」を奪った張本人だった。案の定、NCAAトーナメント制覇はお預けとなった。

ポストマリン期(1985-92)

レジェンドのさらに上に行った男(1985-86)

ウォルター・ベリー(1985-86)
  • ジョン・ウッデン賞
  • オスカー・ロバートソン賞
  • コンセンサス・オール-アメリカン(1stチーム)
  • その他の年間最優秀選手賞

1985-86、St.ジョーンズ大学は絶対的エースの離脱で前評判は高くなかったものの、ウォルター・ベリーが第二得点源からベストプレーヤー(平均23得点&11R)へ大躍進し、ビッグ・イースト・カンファレンスのリーグ戦とカンファレンストーナメントの2冠(ジョージタウン大学2勝含む)を達成し、本戦ではオーバーン大学にアップセットされたものの、西地区第1シードでNCAAトーナメントに出場した。

ジェイソン・ウィリアムス(1987-90)
1988-89、将来のNBAオールスターのジェイソン・ウィリアムスはクリス・マリン、ウォルター・ベリー、シェルトン・ジャクソンに続いてレッドメンの長となった。一方、St.ジョーンズ大学自体はビッグ・イースト・カンファレンス内で6勝10敗と負け越し、7年連続出場中のNCAAトーナメントも逃してしまった。

マリーク・シーリー(1989-92)
そして、頭角を現したのがマリーク・シーリーだった。同選手は、1989-90にジェイソン・ウィリアムスの戦線離脱後に得点源として活躍してチームをNCAAトーナメント復帰に導き、翌1990-91には平均得点200位のチームで孤軍奮闘して「最高AP5位」「優勝候補オハイオステイト大学撃破」「エリート8進出」の立役者となり、1991-92にはNCAAトーナメント出場滑り込みに貢献した。

マイク・ジャービス時代(1998-2004途中)

主な成績
  • エリート8(1999)
  • NCAAトーナメント出場×2(2000&02)

1999年、チームはNCAAトーナメントエリート8に進出した。

クリス・マリン時代(2015-19)

主なリクルート
  • シャモリ―・パンズ
  • ジャスティン・サイモン
  • LJ・フィゲロア

マイク・アンダーソン時代(2019-23)

主な成績
  • NBA輩出
    ジュリアン・シャンペニー(2019-22)

その他

主な人物
  • マックス・ザスロフスキー(1945-46): 元最年少NBA 1st チーム
  • アル・マクガイア(1947-51): NCAAトーナメント優勝コーチ
  • フェリペ・ロペス(1994-98):元No.1高校生
  • J.コール(2007年組): ラッパー

マックス・ザスロフスキーは2006年にレブロン・ジェームスが更新するまでNBA 1st チーム入りの最年少記録を保持していた。アル・マクガイアはフランク・マクガイアの下でプレーしていた。両者に血縁関係は無い。J.コールは音楽活動と学業に専念するためウォークオンとしてチームに加入するのを断念した。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: Madison Square Garden
住所: 4 Pennsylvania Plaza, New York, NY 10001

基本情報

名称: Carnesecca Arena
住所: 80-00 Utopia Pkwy, Jamaica, NY 11432

St.ジョーンズ大学はマディソン・スクエア・ガーデンとカーネセッカ・アリーナをホームアリーナとして使用している。

チケット

ハイメジャー校は試合によってはチケットが売り切れる。あるいは、会場購入の場合、列に並ぶ必要が出る。そのため、チケットは事前のオンライン購入が無難だ。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、実は競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品もキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

ボスウォッシュエリア

モントリオール(ケベック州)

メイン州

  • Gリーグ: メイン・レッドクローズ
  • NCAA D1: メイン大学

ニューハンプシャー州

  • NCAA D1: ニューハンプシャー大学
  • NCAA D1: ダートマス大学
  • プレップ: ブリュースターアカデミー

バーモント州

  • NCAA D1: バーモント大学

ボストン(マサチューセッツ州)

スプリングフィールド(マサチューセッツ州)

  • NCAA D1(中堅): マサチューセッツ大学
  • 聖地: バスケットボール殿堂
  • 聖地: スプリングフィールドカレッジ(バスケットボール生誕の地)

プロビデンス(ロードアイランド州)

コネチカット大学(コネチカット州)

ノーウィッチ(コネチカット州)

  • WNBA: コネチカット・サン

ニューヘブン(コネチカット州)

ニューヨーク(ニューヨーク州)

セントラルジャージー(ニュージャージー州)

  • NCAA D1(強豪): ラトガース大学
  • NCAA D1(中堅): プリンストン大学
  • NCAA D1(中堅): ライダー大学
  • NCAA D1(中堅): モンマス大学
  • 聖地: 世界初のプロバスケットボール試合開催地 1896年、興行団体のトレントンズはメイソニック・テンプル・ホールで試合を開催して試合後に売り上げを選手に還元した。

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)

アレンタウン(ペンシルベニア州)

  • NCAA D1(中堅): リーハイ大学
  • NCAA D1(中堅): ラファイエット大学

ボルチモア(メリーランド州)

ワシントンD.C.

【現地観戦ガイド】ボスウォッシュエリア
マサチューセッツ州-ロードアイランド州-コネチカット州-NY州-ニュージャージー州-ペンシルベニア州-メリーランド州-ワシントンD.C.等をバスケに特化して紹介!!

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

アメリカのインターネットテレビの利用方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
Paramount+とMAXの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
TSNの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
ESPN+の利用方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
ESPN PLAYERの利用方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

Mike Anderson Named St. John’s Men’s Basketball Head Coach(redstormsports.com)
Lawsuit alleges St. John’s basketball coach Mike Anderson fired assistant Steve DeMeo for health issues(cbssports.com)
2020 Pomeroy College Basketball Ratings(kenpom.com)
SEC Storied: 40 Minutes of Hell(secsports.com)
Julian Champagnie(basketball.realgm.com)
St. John’s (NY) Red Storm School History(sports-reference.com)
St. John’s Players In The NBA(basketball.realgm.com)
An Issue That Follows the NBA Like a White Shadow(washingtonpost.com)
LeRoy Ellis, rebounding specialist, dies of cancer(expressnews.com)
MAX ZASLOFSKY IS DEAD AT 59; STAR IN EARLY DAYS OF KNICKS(nytimes.com)
LeBron James Named All-NBA First Team(nba.com)
J. Cole Is Training to Be an NBA Player, Says Master P(xxlmag.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました