【NCAA】シンシナティ大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

今回は現在6年連続でNCAAトーナメントに出場している名門シンシナティ大学を紹介する。

シンシナティー大学

基本情報

名称: University of Cincinnati
愛称: Cincy/Bearcats/UC
所属: アメリカン・アスレティック・カンファレンス
2019-20: 20勝10敗

https://gobearcats.com/roster.aspx?roster=1200&path=mbball

近年の話: ミック・クローニンが退任

2019年4月、シンシナティ大学を再建したミック・クローニン(Mick Cronin)がUCLAに転任した。後任はNCAA D2から昇格したノーザンケンタッキー大学をホライゾンリーグのトップチームに押し上げたジョン・ブランネン(John Brannen)が抜擢された。


ブランネンに期待されているのはエリート8以上の結果だ。クロ―ニンはシンシナティ大学を9年連続でNCAAトーナメントに導いてはいたが、トーナメントではスイート16が限界だった。


そして、2019-20、ブランネンはカンファレンスシーズンを13勝5敗で切り抜け、初陣ながらアメリカン・アスレティック・カンファレンスのレギュラーシーズン同率1位(テュレーン大学)を果たし、幸先の良いスタートを切った。

注目選手

ザック・ハーベイ(ガード/2年/196cm/#1)
マイク・サンダースJr(ガード/1年/183cm/#3)
タリ・イーソン(フォワード/1年/203cm#13)

主な注目選手は以上だ。

アメリカン・アスレティック・カンファレンス

詳細

名称: American Athletic Conference
愛称: AMERICAN
設立: 1979年
所属校: 12校
HP: http://theamerican.org/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
メンフィス大学(テネシー州メンフィス) は現在ペニー・ハーダウェイがHCを務めている。出身者にはデリック・ローズやタイリーク・エバンスなどがいる。
ヒューストン大学(テキサス州ヒューストン)は1980年代にクライド・ドレクスラーとアキーム・オラジュワン等を擁したダンカ―集団”Phi Slama Jama”で一世を風靡した。
シンシナティ大学(オハイオ州シンシナティ) は過去にNCAAトーナメント2連覇とオスカー・ロバートソンを輩出した古豪だ。
ウィチタ・ステイト大学(カンザス州ウィチタ)は2014年にレギュラーシーズン無敗を達成した。当時の主力にはフレッド・バンブリートがいる。
セントラル・フロリダ大学はタッコ・フォールの出身校だ。
サウス・フロリダ大学
テンプル大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)は最初期からバスケ部に力を入れ始め、1938年にNITを制覇して全米初の全米No.1に輝いた古豪だ。未だに歴代勝利数はトップ10付近にいる。
テュレーン大学(ルイジアナ州ニューオーリンズ)
タルサ大学(オクラホマ州タルサ)はノーラン・リチャードソン、トゥビー・スミス、ビル・セルフの3人が自身の実力を証明したチームだ。3人共にその後他大学でNCAAトーナメントを制覇している。
イースト・カロライナ大学
SMU(テキサス州ダラス)は名将ラリー・ブラウンが指揮を執っていて一気に強くなったが、ブラウンの十八番「不正」が発覚して再び転落してしまった。

アメリカンはいわゆる旧ビッグ・イースト・カンファレンスだ。ビッグ・イースト・カンファレンスとして活動していたのだが、フットボール部を登録している大学と登録していない大学とで不都合が生じたため、ジョージタウン大学等のノンフットボール7校がビッグ・イースト・カンファレンスという名前と共に新ビッグ・イースト・カンファレンスとして独立した。その結果、同カンファレンスは名前をアメリカン・アスレティック・カンファレンスに改めた。現在はメンフィス大学とヒューストン大学が強い。

チーム史

ジョージ・スミス時代(): オスカー・ロバートソン

主な実績
  • ファイナル4×2(1959、60)

シンシナティ大学のレジェンドと言えばオスカー・ロバートソンだ。

エド・ジャッカー時代(1960-64): ビッグオー卒業後に連覇を達成

主な実績
  • NCAAトーナメント連覇(1961、62)
  • NCAAトーナメント準優勝(1963)

しかし、奇しくもチームはロバートソンが去った翌1960-61シーズンにNCAAトーナメント初優勝、翌61-62シーズンに連覇を達成した。

ボブ・ハギンズ時代(1989-2005)

主な実績
  • ファイナル4(1992)
  • エリート8×2(1993、96)

開幕前1位(1995-96)

1995年、グレート・ミッドウェスト・カンファレンスとメトロ・カンファレンスが合併してカンファレンス-USAとなり、シンシナティ大学はルイビル大学、マーケット大学、メンフィス大学等の強豪校が集うカンファレンスでの戦いに臨むこととなった。


1995-96、ベアキャッツはC-USA内で11勝3敗で終えてカンファレンス内1位に輝き、続くカンファレンストーナメントを制してC-USAの初代王者となり、続くNCAAトーナメントでもエリート8まで勝ち進んだ。しかも、対戦相手は今回が4度目のNCAAトーナメント参戦の非バスケットボール校のミシシッピステイト大学だった。ファイナル4は目前だった。


しかし、ミシシッピステイト大学は奇跡的にエリック・ダンピアとドンタエ・ジョーンズの2人の1巡目指名選手が在籍している確変状態だった。結果、軍配はMSUに上がった。

優勝候補筆頭(1999-2001)

同大史上最も才能に溢れたロスター
ケニョン・マーティン: 2000年1巡目1位
デマー・ジョンソン: 2000年1巡目6位
ピート・ミキャール: 2000年2巡目58位
スティーブ・ローガン: 2001年2巡目30位
ケニー・スタッターフィールド: マクドナルド・オール-アメリカン

1999-00、シンシナティ大学は同大史上最も才能に溢れたロスターとなった。トップ指名を目指して大学に残ったケニョン・マーティン、デマーデマー・ジョンソン、ケニー・スタッターフィールドに4年生3人が脇を固めていた。


しかも、ロング&アスレティックで魅力的なスタイルがジョーダンブランドの目に留まり、シンシナティ大学はジョーダンブランドと契約した最初の1校となった。


そして、1999-2000、ジョーダンブランドを身に纏ったベアキャッツはレギュラーシーズンを28勝2敗で終え、半数以上の週でAP1位に輝き、古豪復活を果たした。ジョーダンブランドの経営陣もさぞかし満足だったはずだ。


しかし、カンファレンストーナメント1回戦、ベアキャッツは数日前にダブルスコアで完勝したSt.ルイス大学にまさかの惜敗を喫した。しかも、マーティンが負傷退場してしまった。その後、エースを失ったベアキャッツは2回戦で現カンザス大学HCビル・セルフ(Bill Self)率いるタルサ大学にあっさりと敗退し、優勝の夢は儚く散った。


翌2000-01、ローガンがマーティンに代わってエースになり、ジェイソン・マキシエルが加わった。当初、シンシナティ大学はAP通信でラング外に評価されていたが、レギュラーシーズンを19連勝を含む26勝3敗で終え、カンファレンストーナメントも制覇し、最終的には西地区第1シードを獲得した。


しかし、またしても2回戦で第8シードのUCLAにアップセットを食らってシンシナティ大学は早々に会場を後にした。

優勝候補脱落&学長との関係悪化(2001-05)

その後、シンシナティ大学が優勝候補の位置をキープすることはできなかった。しかも、ハギンズとシンシナティ大学の学長との関係が悪化していた。原因はハギンズの飲酒運転の逮捕や選手の学業成績不振とされている。その結果、2005年夏にハギンズは$300万のバイアウトを受け入れた。

ミック・クロ―ニン時代(2006-19)

主な実績
  • スウィート16×2(2011、12)

下積み時代(2006-10)

2006年、ミック・クロ―ニンがHCに就任した。当初、クロ―ニンは全く勝てなかった。理由はビッグ・イースト・カンファレンスへの移籍とクロ―ニンの実績不足だ。当時のビッグイーストはジム・べハイム(シラキュース大学)やリック・ピティーノ(ルイビル大学)が率いるチーム同士が鎬を削るNCAA随一のカンファレンスだった。マレーステイト大学で少し成功した程度のHCが立つべき土俵では無かった。その結果、就任2006-07~2009-10の4シーズンは全て負け越しで通算成績は25勝45敗だった。

リクルートの改善と武器の発見(2010-13)

一方、クロ―ニンは徐々にハイメジャー校の戦い方を学習していた。特に大幅に改善されたのはリクルートとディフェンスだった。クロ―ニンは地元シンシナティ出身の有望高校生イェンシー・ゲイツとショーン・パトリックのリクルートすることに成功し、さらにはディフェンスという武器を手に入れた。


その結果、2010-11、クロ―ニンは少しマシになったロスターと鉄壁を武器に開幕15連勝を達成し、ビッグイースト内を11勝7敗と初の勝ち越しで終え、さらにはNCAAトーナメントでスウィート16に登り詰めた。翌2011-12も両者の活躍で2年連続のスウィート16進出を達成した。

アメリカンに移籍(2013-19)

Former AAC POY Jarron Cumberland Is A Big Time Playmaker | 2019-20 Season Highlights | 15.5 PPG

ジェイコブ・エバンス(2015-18):2018年1巡目28位
ゲイリー・クラーク(2014-18)
トロイ・カウペイン(2013-17)
ジャロン・カンバーランド(2016-20)

2013年、シンシナティ大学は新設のアメリカン・アスレティック・カンファレンス(通称アメリカン)にオリジナルメンバーとして参加した。アメリカンには旧ビッグ・イースト・カンファレンスのフットボール部を持っている大学とC-USAやSECの大学が加わった。


その後もリクルートはやや改善した。ジェイコブ・エバンス、ゲイリー・クラーク、トロイ・カウペインの3名がNBAデビューを果たし、ジャロン・カンバーランドは3年次の2018-19にアメリカンの最優秀選手賞を獲得した。


しかし、9年連続でNCAAトーナメント出場を果たしてはいるものの、2012年以降は7年連続で下位ラウンド敗退が続いた。そして、2019年、クロ―ニンはシンシナティ大学を離れることになった。

現地観戦

詳細

ホームアリーナ

基本情報

名称: Fifth Third Arena
住所: 2700 O’Varsity Way, Cincinnati, OH 45221

​キャンパス↔ダウンタウンは歩いて行ける。ホームアリーナのフィフス・サード・アリーナは2018年に改築工事が終わった。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

[/su_spoiler]

まとめ

関連記事

オハイオバレーエリア

参考

Cincinnati Bearcats School History(sports-reference.com)
Cincinnati NBA Draft Selections(basketball.realgm.com)
Twenty years later, Kenyon Martin’s injury remains college basketball’s biggest ‘what if’(sports.yahoo.com)
The Basketball Coach Vs. the College President(wsj.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました