【NCAA】カンザス大学

うい。現地観戦研究家のBall Otaku Bros(@b_o_bros)だ。

今回はバスケットボールの発明者ジェームス・ネイスミス博士が初代HCの由緒正しい名門カンザス大学について紹介する。

カンザス大学

基本情報

名称: University of Kansas
愛称: Jayhawks/KU
所属: Big 12 Conference
19-20: 28勝3敗
18-19: 26勝10敗NCAAトーナメント出場
17-18: 31勝8敗ファイナル4
16-17: 31勝5敗エリート8

Men's Basketball
The Official Athletic Site of the Kansas Jayhawks. The most comprehensive coverage of KU Men’s Basketball on the web with highlights, scores, game summaries, an...

近年の話: 優勝候補の光と影

近年、カンザス大学は毎年優勝候補に挙げられている。と言うのも、HCビル・セルフ(Bill Self)はケンタッキー大学のジョン・カリパリやデューク大学のコーチKとは違ってワン&ダンで大学を去る選手をリクルートするのでは無く、3~4年間大学に残って一緒にNCAAトーナメント制覇を目指す選手を好むタイプだからだ。


実は2013年にアンドリュー・ウィギンスとジョエル・エンビートをリクルートしてケンタッキー大学やデューク大学のような下級生の才能を活かすチーム作りを試したことがあるのだが、大失敗に終わった。故に、直近数年、セルフは再び大学に残る選手を集めるようになった。


しかし、一方、カンザス大学はスキャンダルが続出している。2018年、アディダスのコンサルタントだったTJ・ガスノーラ(T.J. Gassnola)が有望なリクルートに金銭を渡してカンザス大学やNCステイト大学のようなアディダスとスポンサーシップを結んでいる大学に入学するように仕向けていたことが発覚したのだが、NCAAの調査の結果、フォワードのシルビオ・デ・ソーサ(Silvio De Sousa)の保護者が事件に関与していたことが明らかになり、NCAAはデ・ソーサに2018-19の出場資格停止処分を下した。

加えて、2019-20は無事プレー資格が回復したデ・ソーサだったが、カンザスステイト大学戦に乱闘騒ぎを起こしてチームメイトのデイビッド・マコーマックとカンザスステイト大学の選手と共にビッグ12から出場停止処分が下された。

アディダスの金銭譲渡に関与していたのはデ・ソーサだけでは無い。カンザス大学のフットボール部と2017年マクドナルド・オール-アメリカンのビリー・プレストンの母親も事件に関与していたことが明らかになっている。セルフ自身もガスノーラとの限りなく黒に近いテキストメッセージが公になった。ただ、プレストンはキャンパス内の交通事故が原因でシーズン開幕前に大学を離れ、セルフは証拠不十分でお咎め無しとなった。

注目選手

マーカス・ギャレット(4年生/196㎝/#0/ガード)

マーカス・ギャレットはカンザス大学のディフェンスを支えるガードだ。ギャレットはロックダウンタイプのディフェンダーでは無いが、スティールやディフレクション等相手のボールに触れる能力が高い。そして、カンザス大学への忠誠心も高い。

ブライス・トンプソン(1年生/196cm/ガード)

5-star Kansas signee Bryce Thompson highlights

ブライス・トンプソン(Bryce Thompson)はマクドナルド・オール-アメリカンのガードだ。パスが上手く、NBAドラフトにアーリーエントリーしたデボン・ドットソンの代わりにチームのPGを任されるはずだ。

ビッグ12

名称: Big 12 Conference
愛称: Big 12
設立: 1994
所属校: 10校
HP: https://big12sports.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
カンザス大学(カンザス州ローレンス)はネイスミス博士が初代HCを務めた由緒正しいチームだ。近年は毎年優勝候補に挙げられている。
カンザスステイト大学(カンザス州マンハッタン)はトライアングルオフェンスが実践化された大学だ。イノベーターのテックス・ウィンターはその後フィル・ジャクソンの参謀となってブルズとレイカーズの優勝に貢献した。
テキサス大学(テキサス州オースティン)はケビン・デュラントの母校として有名だ。近年は強くは無いが、ビッグマンのリクルートは素晴らしく、ジャクソン・ヘイズ、モー・バンバ、ジャレット・アレン、マイルズ・ターナーがワン&ダンで通過していった。
テキサス工科大学は成り上がりのHCクリス・ビアードが就任して2019年にNCAAトーナメント決勝まで進んだチームだ。
ベイラー大学(テキサス州ウェイコー)は列車事故、度重なるNCAA規定違反、チームメイト殺人事件等、近年の強さとNBA選手輩出とは裏腹に暗い過去が多い。
テキサス・クリスチャン大学(ダラス)はピッツバーグ大学をNCAAトーナメント常連校に押し上げたジェイミー・ディクソンがHCに就任して以降、2018年に20年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たす等、早速結果を残している。
オクラホマ大学(オクラホマシティ)はフットボール校にも関わらず準優勝2回を含む合計5回のファイナル4進出を誇るチームだ。地元出身のブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングの母校でもある。
オクラホマステイト大学(オクラホマ州)は1945、46年にNCAA連覇を達成した古豪だ。出身者にはトニー・アレンやマーカス・スマートなどディフェンスのスペシャリストがいる。Class of 2020のトッププロスペクトの1人であるケイド・カニンガムがコミットした。
アイオワステイト大学はフレッド・ホイバーグの手腕で再興した。
ウェストバージニア大学はジェリー・ウェストの母校だ。日本ではアルバルク東京のスタッフの森高大氏が通っていたことで知られている。その森氏のコネなのかWVU出身の選手がBリーグにちょいちょい来ている。

ビッグ12はカンザス大学のカンファレンスだ。1994年にビッグ8・カンファレンスとサウスウェスト・カンファレンスが合併して誕生した。その後、所属校数は10校となったが、ネームバリューを維持するためビッグ12を名乗り続けている。勢力図はカンザス大学が安定して強く、その時調子の良い大学(初期はオクラホマ大学、数年前はISU、近年ではテキサス工科大学)が交代で出ては消えるといった状況だ。

チーム史

ネイスミス博士時代(1898-1907)

近日公開…

フォグ・アレン時代(1907-09/1919-56): コーチングの父

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(1952)
  • NCAAトーナメント準優勝×2(1940、53)
  • NCAAトーナメント出場(1942)

1907年、教え子のフォグ・アレン(Phog Allen)が二代目カンザス大学HCに就任した。実際、アレンこそが現在のバスケットボールの基礎を築いた人物と言っても過言では無い。アレンはバスケットボールにコーチという概念をもたらし、さらにはこのレクリエーションが大きなビジネスになることを実演した。ネイスミス博士が発明した原石を磨き上げてダイヤモンドにした。


まず、アレンはカンザス大学の選手時代から隣町のベイカー大学でコーチをやっていた。しかし、実は”教育者”のネイスミス博士はバスケットボールはコーチ不要のアクティビティだと考えていた。博士はバスケットボールをキリスト教の考えに基づいた紳士を育成するための体育として発明した。例えば、バスケットボールは小さな身体接触でも違反行為(ファール)となるが、実はこれは博士がアメフトやラグビーのような激しく身体をぶつけ合う行為はキリスト教的な教育観に反した野蛮な行為だと常々思っていたことに起因している。


しかし、そんな博士の教育観等をお構いなしにバスケットボールのスポーツ性に可能性を見出したアレンはバスケットボールをスポーツ化させていった。実際、教え子にはケンタッキー大学の基礎を築いたアドルフ・ラップとノースカロライナ大学でマイケル・ジョーダンをコーチしたディーン・スミス等がいる。


さらに、アレンはバスケットボールをビジネスにした人物でもある。彼はバスケットボール用シューズ、栄養ドリンク、コーチングやバスケットボールに関する自著を販売していた。例えば、シューズについての高評価レビューを新聞に記載した場合、そのチームにシューズを提供する等のマーケティングも行われていた。


1956年、70歳になっていたアレンは引退を表明した。アレンが最後にチームに残したのがウィルト・チェンバレンである。

当時、フレッシュマンルールといって1年生は試合に出場できないルールが存在した。故に、1955-56、チェンバレンは公式戦には出場していない。

ディック・ハープ時代(1956-64): チェンバレン擁するも…

WiltMixTape – Wilt Chamberlain Kansas Highlights
主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1957)

1956年、アレンの愛弟子のディック・ハープ(Dick Harp)がウィルト・チェンバレンを相続してアレンの跡を継いだ。1956-57、チェンバレンの獅子奮迅の活躍でジェイホークスはNCAAトーナメント決勝に進んだ。


しかし、ノースカロライナ大学はチェンバレンにトリプルチームを仕掛け、チェンバレンを封じられたKUは54-53のロースコアで優勝を逃した。翌1957-58、KUは、雪辱を晴らしたいところだったが、NCAAトーナメント出場すら果たせず、チェンバレンは1958年に卒業を待たずしてハーレム・グローブトロッターズと契約した。

当時、NBAはアーリーエントリーを許していなかったため、NBAドラフトのエントリー条件を満たすために興行団体のハーレム・グローブトロッターズと契約した。1959年、NBAドラフトエントリー要件を満たしたチェンバレンは地元出身選手を優先的に指名できるテリトリアル指名でフィラデルフィア・ウォリアーズに加入した。

その後、ビル・ブリッジス(Bill Bridges)が花開いた。ブリッジスは後にNBAオールスターや守備チームに複数回選出されたハープの唯一の実績とも言える選手だ。が、それでもチームはエリート8が精々だった。その結果、ハープはHC職を退くこととなった。

テッド・オーウェンズ時代(1964-83): ファイナル4進出

主な実績
  • ファイナルフォー×2(1971、74)
  • エリート8(1966)
  • スウィート16(1981)

実はドラマチックだった準々決勝(1965-66)

1964年、ハープのアシスタントのテッド・オーウェンズ(Ted Owens)がHCに昇格した。1965年、孤軍奮闘していた4年生のウォルト・ウェズリーに相棒のジョジョ・ホワイトが加わり、火力が増したジェイホークスはビッグ8を13勝1敗と大きく勝ち越し、NCAAトーナメント出場を決めた。


そして、2回戦(準々決勝)、対戦相手はテキサスウェスタン大学(現テキサス大学エルパッソ校)だった。

テキサスウェスタン大学は人種差別が今以上に醜かった時代に黒人選手を積極的に起用して全員白人のケンタッキー大学を破ってNCAAトーナメント優勝を果たした。

しかも準々決勝は決勝よりも激戦だった。試合はダブルオーバータイムに突入、そして、ホワイトが左コーナーから放ったシュートがブザーと同時にネットに吸い込まれてKUが劇的な勝利を果たした…と思われたが、ホワイトはコートの外に出ていたとの判断が下されてホワイトの劇的なブザービターは幻となった。


その後、ホワイトは4年次にメキシコシティ五輪メンバーとして金メダル獲得に貢献、卒業後、1969年のNBAドラフトにて1巡目9位でボストン・セルティックスに加入、1970年代にオールスター常連となり、2度の優勝(1974&76)に貢献、内1度はFMVP(1976)、引退後着用した#15は永久欠番となった。

ツインタワー(1970-71)

ホワイトに代わって新たな武器となったのがデイブ・ロビッシュとロジャー・ブラウンのツインタワーだ。1970-71、ロビッシュ(19.2点、10.1リバウント)とブラウン(平均11.2点、11.1リバウンド)でインサイドを圧倒したジェイホークスは24勝1敗でレギュラーシーズンを終え、本戦でも2回勝ってファイナル4へと進出した。


しかし、1970年代前半はジョン・ウッデン大王朝時代、シドニー・ウィックス、カーティス・ロウ、ヘンリー・ビビー(元NBA選手マイク・ビビーの父)を擁するUCLAを相手にジェイホークスは好勝負を演じたものの、勝負は試合巧者のUCLAに転んだ。

スタープレーヤー不在(1973-74)

ロビッシュとブラウンの卒業後、ジェイホークスは負け越しのシーズンが続いた。1973-74、相変わらずスタープレーヤーのいないロスターだったが、平均二桁得点者5人の全員バスケでビッグ8を13勝1敗で乗り切り、NCAAトーナメント出場を決め、その後、優勝校のマーケット大学に敗れるまで勝ち進み、ファイナル4へと進出した。

低迷(1974-83)

しかし、スタープレーヤー無しにNCAAトーナメントで勝ち上がることは困難を極めた。オーウェンズの在任最後の9シーズンでNCAAトーナメントに出場したのは僅か3回、その内2回は1回戦敗退、そして、最後2シーズンは負け越しと散々なものだった。

ラリー・ブラウン時代(1983-88): 劇薬

Danny Manning's dominant 1988 NCAA title game
主な実績
  • NCAAトーナメント制覇(1988)
  • ファイナルフォー(1986)

オーウェンズの後任にはラリー・ブラウンが就任した。ブラウンは僅か5シーズンの短い任期の間にNCAAトーナメント優勝、ファイナル4、全体1位指名選手の輩出を果たした。


1987-88、KUは何とかNCAAトーナメント出場にこぎ着けたものの成績は18勝11敗と優勝候補からは程遠い位置にいたが、ダニー・マニングが勝負強さを発揮した。本戦、ジェイホークスはレギュラーシーズン中に黒星を喫していたカンザス・ステイト大学、デューク大学、オクラホマ大学に次々とリベンジを果たし、終わってみればNCAAトーナメント制覇を成し遂げた。


その後、ブラウンはサンアントニオ・スパーズのHCとなり、マニングはNBAドラフトで1巡目1位指名を受けてロサンゼルス・クリッパーズに入団した。

ロイ・ウィリアムス時代(1988-2003): パワーハウス化

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝×2(1991、2003)
  • ファイナル4×2(1993、2002)
  • エリート8(1996)

後任にはロイ・ウィリアムス(Roy Williams)が抜擢された。当時のアスレティック・ディレクターのボブ・フレデリック(Bob Frederick)は長期間HC職を全うできる人物を探していた。ウィリアムスはカンザス大学の卒業生でも無ければD1でのHC経験も無かったが、カンザス大学卒業生でアレンの教え子のディーン・スミスの愛弟子、そしてカンザス大学への敬意を持っていたため、フレデリックはウィリアムスが適任者だとしてオファーを出した。


就任3年目、ウィリアムスは後の殿堂入りコーチとしての片鱗を見せた。1991年、ウィリアムスはファイナル4の舞台で師匠スミス率いるノースカロライナ大学を破って決勝に進出した。1993年、日系アメリカ人のレックス・ウォルターズが中心となって再びファイナル4に進んだ。


これによって世間一般からの評価を勝ち取ったウィリアムスは有望なリクルートを巧みに口説き落とした。1995-98の3年間、KUはラエフ・ラフレンツ、ポール・ピアース、ジャック・ボーン、スコット・ポラードなど国内1、2位を争うパワーハウスと化し、彼らと代わるようにして1999年にはカーク・ハインリック、ドリュー・グッデン、ニック・コリソンが入学してきた。


しかし、どちらのチームでも残念ながら惜しくも優勝には至らなかった。


そして、2003年、相棒フレデリックが既に引退していたこともあり、ウィリアムスはKUへの忠誠心で2000年に一度断っていた母校ノースカロライナ大学のHC職のオファーを受けた。

ビル・セルフ時代(2003-)

主な実績
  • NCAAトーナメント優勝(2008)
  • NCAAトーナメント準優勝(2012)
  • ファイナル4(2018)
  • エリート8()

優勝(2007-08)

2003年、ビル・セルフがHCに就任した。セルフはライバルのオクラホマステイト大学出身だが、卒業後の1985-86にブラウンのアシスタントを務めた経験があった。加えて、経験値も高かった。セルフはNCAA D1に留まることすらままならなかったオーラル・ロバーツ大学をNITに招待されるまでに復興させ、タルサ大学ではチームを同大史上最高成績のエリート8に導き、そして、ハイメジャー校のイリノイ大学でも結果を残していた。

2007-08
ダーネル・ジョンソン(2004-08)
サーシャ・カーン(2004-08)
ブランドン・ラッシュ(2005-08)
マリオ・チャルマース(2005-08)
ダレル・アーサー(2006-08)
コール・オルドリッジ(2007-10)

2007-08、ロスター全員がセルフ自身がリクルートした将来のNBA選手達で埋まった。攻守共にバランスの取れたジェイホークスは開幕20連勝を達成、ビッグ12のレギュラーシーズンではテキサス大学と同率1位だったものの、カンファレンストーナメントはテキサス大学を倒して単独1位となり、中西部地区第1シードを獲得した。


そして、準々決勝、それまで全て15点差以上の差をつけて完勝してきたジェイホークスだったが、ステフィン・カリー率いるデビッドソンカレッジが牙をむいてきた

2008 NCAA Basketball Regional Final – Davidson vs Kansas Full Game Highlights


試合は一進一退の攻防が続いた。カンザス大学はステフィン・カリーのスリーを4/16に抑えることに成功したが、逆を突かれて幾度となくレイアップ、ミッドレンジ、アシストを決められ、しかも、最も決められてはならない勝負所でのスリーを許してしまった。


しかし、59-57のスリー1本で逆転される土壇場でカンザス大学はカリーからボールを離すことに成功、その後、ワイドオープンのスリーを許したため運が悪ければ負けていたが、幸運にもそのシュートは外れ、ファイナル4進出を果たした。


準決勝、対戦相手は前任者ウィリアムスがHCに就任した優勝候補筆頭のノースカロライナ大学だった。

ノースカロライナ大学(2007-08)
タイラー・ハンズブロー
タイ・ローソン
ウェイン・エリントン
ダニー・グリーン

ノースカロライナ大学はカレッジベストプレーヤー2人に後にNBAで活躍するシューター2人が脇を固める悪魔の様なロスターだったが、上級生中心のカンザス大学が試合を有利に進め、ウィリアムスの果たせなかったNCAAトーナメント制覇を追った。

翌2008-09、主力メンバー全員が残ったノースカロライナ大学はNCAAトーナメント制覇を成し遂げた。

決勝戦、逆ブロックを勝ち上がってきたのはデリック・ローズをリクルートしたジョン・カリパリ率いるメンフィス大学だった。


試合は残り10.8秒、60-62の展開でカンザス大学はローズにFT2本を与えてしまった。しかも、タイムアウトは残っていなかった。

Mario chalmers 3-point shot at the 2008 NCAA Championship

しかし、FT1本を外したローズに救われたカンザス大学はエンドラインからボールを運び、パスを受けたチャルマースが土壇場で同点スリーを沈め、試合は延長戦に突入した。その後、地力の差で上回っているカンザス大学がストロングスタイルで優勝を決めた。

苦い思い出(2009-10)

2009-10
シェロン・コリンズ(2006-10): コンセンサス・オール-アメリカン1stチーム
コール・オルドリッジ(2007-10): 2010年1巡目11位
タイショーン・テイラー(2008-12): 2012年2巡目41位
マーキフ・モリス(2008-11)
マーカス・モリス兄弟(2008-11)
ゼイビア・ヘンリー(2009-10): 2010年1巡目12位

2009-10、優勝から早1年、カンザス大学は再び優勝を狙えるチームになった。同シーズンにコンセンサス・オール-アメリカンの1stチームに選出される4年生PGのシェロン・コリンズに後のNBAドラフト指名選手5名を加えたジェイホークスは2007-08に見劣りしない経験と才能に溢れたチームだった。


開幕後、カンザス大学は大方の予想通りにノンカンファレンスシーズンを14連勝で切り抜け、その後テネシー大学に敗れて1月中にAP1位を逃していた時期もあったが、その後ビッグ12でも13連勝を飾り、最終的に32勝2敗でNCAAトーナメントに臨んだ。

Northern Iowa vs Kansas – 2nd Rnd 2010 NCAA Tournament 3/20/2010

しかし、2回戦で第9シード、将来のNBA選手無し、NCAAトーナメント出場回数5回の典型的なミッドメジャーのノーザンアイオワ大学にまさかのアップセットを食らって失意のままにローレンスに帰ることとなった。

才能の前に屈する(2011-12)

主な選手(2011-12)
トーマス・ロビンソン(2009-12): 2012年1巡目5位
タイショーン・テイラー(2008-12): 2012年2巡目41位
ジェフ・ウィットニー(2009-13): 2013年2巡目39位
エリジャウ・ジョンソン(2009-13): ファイブスター

2011-12、主力メンバーはセルフ好みの上級生だけで固められたロスターとなった。例年に比べるとタレントレベルで劣っていたため当初の評価は高くはなかったが、成熟度が一層増してきたジェイホークスはビッグ12を16勝2敗と大きく勝ち越し、中西部地区第2シードを獲得した。


その後、ジェイホークスはエリート8で将来のNBA選手7名を擁するノースカロライナ大学を、続くファイナル4でパワーハウスのオハイオステイトをアップセットして周囲の期待を裏切って決勝に臨んだ。

ケンタッキー大学(2011-12)
アンソニー・デイビス(2011-12/1巡目1位)
マイケル・キッド-ギルクリスト(2011-12/1巡目2位)
テレンス・ジョーンズ(2010-12/1巡目18位)
マーキス・ティーグ(2011-12/1巡目29位)
ドロン・ラム(2010-12/2巡目42位)
ダリアス・ミラー(2008-12/2巡目46位)

決勝戦、カンザス大学はアンソニー・デイビスを6点(FG1/10)に抑えることに成功した。しかし、逆にデイビスに6ブロックと16リバウンドを許してペイントエリア内を支配され、結局、セルフの哲学を具現化した成熟した上級生で構成されたチームは対極的に才能溢れる下級生達に破れた

リクルートに本気を出す(2013-15)

2013-14、カンザス大学は同大史上1、2位を争うタレントに溢れたロスターとなった。セルフはNBAポテンシャルのリクルートをしていなかった訳では無いが、ワン&ダンで大学を去るタイプでは無く、3~4年間大学に残って一緒にNCAAトーナメント制覇を目指すタイプだった。

個人的な推測だが、2012年NCAAトーナメント決勝で銀河系軍団ケンタッキー大学に敗退したことがセルフにリクルートに本気を出させる理由の1つである可能性は高い。

しかし、セルフは選手の才能を発揮させるカリパリのようなタイプでは無い。最終成績は25勝10敗でNCAAトーナメント2回戦敗退というセルフらしからぬ結果に終わった。

ワン&ダンが濃厚なリクルート(2014)
クリフ・アレクサンダー
ケリー・ウーブレ

翌2014-15、ワン&ダンでチームを去ったウィギンズとエンビートに代わりクリフ・アレクサンダーとケリー・ウーブレの2人のマクドナルド・オール-アメリカンをリクルートしたが、ジェイホークスは再び2回戦敗退となった。

ワン&ダンが濃厚なリクルート(2015)
チェイク・ディアロ
カールトン・ブラッグJr

そして、2015-16、アレクサンダーとウーブレに代わってチェイク・ディアロとカールトン・ブラッグJrの2人のマクドナルド・オール-アメリカンをリクルートしたが、セルフは上級生を中心としたローテーションを組んでしまって、結果的にエリート8に進出したものの、下級生達の出番はほとんど無かった

ワン&ダンが濃厚なリクルート
2016: ジョシュ・ジャクソン
2017: ビリー・プレストン
2018: クエンティン・グライムス

以降、セルフはワン&ダンの可能性が高いファイブスターリクルートを呼び込みはするものの、0~2名に限定して、毎年ある程度は選手が残るような調整をしている。

現地観戦

ローレンス(カンザス州)

基本情報

カンザス大学はカンザス州ローレンスにある。ミズーリ州カンザスシティとカンザス州ウィチタが近い。標準時間は中部標準時、日本との時差は-15時間だ。気候は少し寒い程度だ。

総評: 中級者向け

快適度: ★★★

標準時
(時差)
規模アクセス気候
(11~3月)
中部標準時
(-15時間)
カレッジタウン
(大)
Greyhound
Amtrak
最高気温: 10℃
最低気温: -7℃
詳細

ローレンスの規模は大きなカレッジタウンだ。衣食住で困ることは無い。一応、市内はローカルバスも走っている。が、UBERやLyftが必要になるはずだ。

アクセス: ★

アクセスは悪い。公共交通機関だけで行くのは大変だ。カンザスシティからは長距離バスと鉄道Amtrak、ウィチタから長距離バスで行けるが、如何せん、どちらも都市はダウンタウンとそれぞれの空港間のアクセスが悪い。だから、レンタカーを借りるのがオススメだ。

観光: ★

カンザス大学バスケットボール部の歴史に関する場所以外は無い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Allen Field House
住所: 1651 Naismith Dr, Lawrence, KS 66044

カンザス大学のホームアリーナはキャンパス内のアレン・フィールドハウスだ。アリーナに増築されたBooth Family Hall of Fameと隣のDeBruce CenterはKU運動部の博物館(入場無料)となっている。手前の道路はネイスミスドライブの名を冠している。ちなみに、DeBruce Centerの入り口前にはベンチに腰掛けたネイスミス博士の銅像がある。

聖地: ネイスミス博士の墓地

基本情報

名称: Memorial Park Cemetery
住所: 1517 E 15th St, Lawrence, KS 66044

ローレンスにはネイスミス博士が眠っている墓がある。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズの購入は各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

カンザス大学のアレン・フィールドハウスは一度は行くべき場所だ。

合わせて行きたい: カンザスシティエリア

カレッジフープスの記事

参考

Kansas Jayhawks School History(sports-reference.com)
Kansas Players In The NBA(basektball.realgm.com)
Kansas Basketball: The Top 50 Players in School History(bleacherreport.com)
Kansas to ‘Fiercely Dispute’ Charges in Notice of Allegations(si.com)
Kansas Forward Silvio De Sousa Eligible for 2019-20 Season After Winning NCAA Appeal(si.com)
Silvio De Sousa Suspended 12 Games by Big 12 After Kansas State Brawl(si.com)
Kansas 2020 Basketball Commits(247sports.com)
Harp, Dick(khof.org)
Joseph Henry “Jo Jo” White(hopphall.com)
1966: Miners edge Kansas, 81-80, in overtimes(elpasotimes.com)
Throwback Thursday: Ted Owens(kuathletics.com)
Hiring Williams at Kansas a gamble that paid off(espn.com)
Frederick, Bob(kshof.org)

ダイハードオタク話(有料)

内容
・未だに続くライバル意識
・ハーフタイムショーでやらかしたレジェンドラッパー

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました