【NCAA】ベイラー大学

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回は列車事故、NCAA規定違反、元チームメイト殺傷事件…暗い過去が多いベイラー大学を紹介する。

ベイラー大学

基本情報

名称: Baylor University
愛称: Bears
所属: Big 12 Conference
19-20: 26勝4敗
18-19: 20勝14敗
17-18: 19勝15敗NCAAトーナメント2回戦

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Baylor University Bears

近年の話: リクルートから勝つチームへ

How Baylor's "No-Middle" Defense Has Them Ranked #1 in the Country

最近、ベイラー大学はただのリクルートに強いチームから勝つチームへと変貌を遂げつつある。2003年、詳しくは後述するが、ベイラー大学は選手がチームメイトを銃殺する事件と数々のNCAAの不正の発覚で地に落ちた。


2003年に就任した現HCスコット・ドリュー(Scott Drew)の仕事はそんな悪評が漂うチームの汚名を返上することだった。故に、就任から10年以上、ドリューはベイラー大学が良い意味で注目されるように全米の注目となるような超優秀な選手のリクルートに全力を注いできた。その最たる例がペリー・ジョーンズ三世、クインシー・ミラー、アイザイア・オースティン等のファイブスターリクルートである。


しかし、時の経過とそういったドリューのある種のプロモーション戦略が功を奏した結果、ベイラー大学バスケ部の悪評は薄れてきた。そして、最近のドリューは自身がやりたいようにやるようになった。つまり、ドリューは自身のディフェンスに重きを置くスタイルでタイトル奪取を目論んでいる。


実際、その兆候はリクルートに既に現れている。最近、ドリューはファイブスターよりもディフェンスができるウィングを獲りに行っている。実際、ファイブスターの陰に隠れてトゥーレンス・プリンスやロイス・オニールといった選手が出てきているのだが、近年は彼らのようなドリューの哲学をコート上で再現できる選手でロスターが埋められている。


2019-20は正にドリューにとっての本当の初陣だった。平均失点60.1(NCAA全体7位)の強固なディフェンスでベアーズは1/13~2/17の5週間もの間AP1位と評されていた。残念ながら、コロナでNCAAトーナメントは中止となってしまったが、もし開催されていたら、1950年以来のファイナル4進出も夢では無かった。

注目選手

ジャレッド・バトラー(3年/191cm/PG/#12)

Jared Butler 2019-20 Full SZN HIghlights | 2021 NBA DRAFT SLEEPER | Killer Handles 🔥

注目選手はエースのジャレッド・バトラー(Jared Butler)だ。

マシオ・ティーグ(RS4年/191cm/コンボガード/#31)

Macio Teague 2019-20 Full SZN Highlights I SHOOTER!!

もう1人の注目選手がマシオ・ティーグ(Macio Teague)だ。タイプとしてはバトラーと若干被るが、ティーグもバトラーと同様にディフェンスとスリーでドリューの哲学を体現しているチームの核の1人だ。

ビッグ12

名称: Big 12 Conference
愛称: Big 12
設立: 1994
所属校: 10校
HP: https://big12sports.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
カンザス大学(カンザス州ローレンス)はネイスミス博士が初代HCを務めた由緒正しいチームだ。近年は毎年優勝候補に挙げられている。
カンザスステイト大学(カンザス州マンハッタン)はトライアングルオフェンスが実践化された大学だ。イノベーターのテックス・ウィンターはその後フィル・ジャクソンの参謀となってブルズとレイカーズの優勝に貢献した。
テキサス大学(テキサス州オースティン)はケビン・デュラントの母校として有名だ。近年は強くは無いが、ビッグマンのリクルートは素晴らしく、ジャクソン・ヘイズ、モー・バンバ、ジャレット・アレン、マイルズ・ターナーがワン&ダンで通過していった。
テキサス工科大学は成り上がりのHCクリス・ビアードが就任して2019年にNCAAトーナメント決勝まで進んだチームだ。
ベイラー大学(テキサス州ウェイコー)は列車事故、度重なるNCAA規定違反、チームメイト殺人事件等、近年の強さとNBA選手輩出とは裏腹に暗い過去が多い。
テキサス・クリスチャン大学(ダラス)はピッツバーグ大学をNCAAトーナメント常連校に押し上げたジェイミー・ディクソンがHCに就任して以降、2018年に20年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たす等、早速結果を残している。
オクラホマ大学(オクラホマシティ)はフットボール校にも関わらず準優勝2回を含む合計5回のファイナル4進出を誇るチームだ。地元出身のブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングの母校でもある。
オクラホマステイト大学(オクラホマ州)は1945、46年にNCAA連覇を達成した古豪だ。出身者にはトニー・アレンやマーカス・スマートなどディフェンスのスペシャリストがいる。Class of 2020のトッププロスペクトの1人であるケイド・カニンガムがコミットした。
アイオワステイト大学はフレッド・ホイバーグの手腕で再興した。
ウェストバージニア大学はジェリー・ウェストの母校だ。日本ではアルバルク東京のスタッフの森高大氏が通っていたことで知られている。その森氏のコネなのかWVU出身の選手がBリーグにちょいちょい来ている。

ビッグ12はカンザス大学のカンファレンスだ。1994年にビッグ8・カンファレンスとサウスウェスト・カンファレンスが合併して誕生した。その後、所属校数は10校となったが、ネームバリューを維持するためビッグ12を名乗り続けている。勢力図はカンザス大学が安定して強く、その時調子の良い大学(初期はオクラホマ大学、数年前はISU、近年ではテキサス工科大学)が交代で出ては消えるといった状況だ。

チーム史

インモータル・テン(1927年1月22日): チームバスと列車が衝突

ベイラー大学最初の不幸はカレッジバスケ黎明期の1927年1月22日に起こった。テキサス大学に移動中のベイラー大学バスケ部員らを乗せたバスがテキサス州ラウンドロックで列車と衝突し、乗っていた選手10名が命を落としたのだ。この事故で亡くなった10名はインモータル10(Immortal Ten)と呼ばれている。

ビル・ヘンダーソン時代(1941-43&45-61): NCAAトーナメント準優勝

主な実績
  • NCAAトーナメント準優勝(1948)
  • ファイナル4(1950)
  • NCAAトーナメント出場(1946)

1941年、テンプル高校をテキサス州1位に導いたビル・ヘンダーソン(Bill Henderson)がHCに就任した。当時、NCAAトーナメントは出場枠が8~24校と今よりも少なく、出場するだけでも難しかったのだが、ヘンダーソンはベアーズを3度のNCAAトーナメントに導いた。

ジーン・イバ時代(1985-92): レジェンドコーチの甥

1985年、ジーン・イバ(Gene Iba)がHCに就任した。イバと言えば、1940年代にオクラホマA&M大学(現オクラホマ・ステイト大学)を全米トップのチームに仕立て上げた伝説的な人物ヘンリー・イバ(Henry Iba)が挙げられるが、ジーンはヘンリーの甥だ。


1988年、イバはベアーズを38年ぶりのNCAAトーナメント出場に導いた。チームを牽引していたのがマイケル・ウィリアムスとダーリル・ミドルトンの4年生コンビだった。その後、持ち前の守備力を買われたデトロイト・ピストンズに入団したウィリアムスは1989年にいきなりNBA優勝を経験し、1992年にはNBAオールディフェンシブチームにも選ばれ、10年程NBAでキャリアを積んだ。一方、ミドルトンはスペインリーグで3度のMVPに輝く大活躍を見せ、その後移籍したギリシャのパナシナイコスではユーロリーグ制覇し、48歳まで現役を続けた。


しかし、その後の実績は芳しくなかった。唯一の功績は後にドラフト外からNBAで15年近いキャリアを築いたデビッド・ウェズリー(1989-92)を育て上げたこと位だった。故に、1992年、ジーンは解雇となった。

ダーレル・ジョンソン(1992-94): 不正

1992年、オクラホマシティ大学を直近2年でNAIAトーナメント2連覇(通算73勝3敗)に導いたダーレル・ジョンソン(Darrel Johnson)がHCに就任した。しかし、NCAA規定違反が発覚したためジョンソンは僅か2年で解雇となった。

デイブ・ブリス時代(1999-2003): 殺人事件と数々の不正

1999年、ベイラー大学はデイブ・ブリス(Dave Bliss)を迎え入れた。ブリスはオクラホマ大学、SMU、ニューメキシコ大学とD1大学を渡り歩いた経験豊富なコーチなのだが、一方でSMU時代に教え子がファンから金銭を受け取った事件に関与した疑いがある”いわくつき物件”だった。


そして、2003年夏、悲劇は起こった。ベイラー大学の選手がチームメイトを殺害する事件が起こり、その事件の調査の結果、選手やコーチングスタッフによる数々の不正が発覚したのだ。


2003年6月、事の発端はRS3年生のパトリック・デニーが行方不明になったことだった。数日間デニーとの連絡が途絶えた家族とルームメイトが地元警察に捜索願いを出し、数日後、「チームメイトのカールトン・ドットソンが『デニーを銃で撃って殺害した』といとこに打ち明けていた」との匿名情報が入り、ドットソンは逮捕され、罪を認めた。


その後、この事件に関するベイラー大学とNCAAの調査で選手達のドラッグの使用、リクルートに対するトライアウトの実施、コーチングスタッフから選手達への金銭の譲渡等数々のNCAA規定違反が発覚した。加えて、ブリスがデニーと他1名の入学金を肩代わりしていたことが判明した。しかも、この件に関しての調査に嘘の証言をしてくれるようにデニーの両親に頼んでいたことも後の調査で分かった。


その結果、大学は2004-05と2005-06のバスケ部のスポーツ奨学生数を通常の12名から9名へと自粛することを発表した。同時にブリスは解雇となった。


その後、2005年にNCAAからベイラー大学とブリスに対しての最終処分が決まった。NCAAはベイラー大学に対しては2005-06のノンカンファレンスゲームの禁止や2006-07の奨学生数縮減等を、ブリスには今後10年間の保護観察処分(show-cause penalty)を言い渡した。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

もし保護観察(show-cause penalty)中のコーチがNCAA加盟校のコーチになった場合、そのコーチは定期的にNCAAに状況を報告しなければならない。一見、軽い処分に思えるかもしれないが、余程のコーチでなければわざわざそういった人物を採用する理由は無く、しかも多くの大学は手間に割ける時間や金銭的な余裕はない。故に、保護観察処分は事実上NCAAから干されるということだ。

一方、加害者のドットソンには懲役35年間の判決が下された。

スコット・ドリュー時代(2003-): 再建と再不正…

主な実績
  • エリート8×2(2010、12)
  • スウィート16×2(2014、17)

2003年、急遽、現HCスコット・ドリューがHCに就任した。就任直後の数年間、ドリューは悪評と制裁に苦しめられたが、パワーカンファレンスのビッグ12所属の甲斐あって徐々にフォースターリクルートがコミットするようになり、2007-08に攻撃力の高いチームを作り上げて事件以降初のNCAAトーナメント出場を果たした。


その後、さらなるブランディングを図るためにドリューはレイスダリアス・ダンやクインシー・エイシ―といった非常に派手なプレーヤーをリクルートした。2009-10、攻撃力と派手さを兼ね備えたベアーズは1950年以来となるエリート8進出を果たした。


そして、2010年に念願のファイブスターリクルートのペリー・ジョーンズが入学した。2011年にはクインシー・ミラーも加わり、翌2012年のアイザイア・オースティンのコミットも獲得した。2011-12、ピエール・ジャクソンとクインシー・エイシ―の上級生コンビにファイブスター2人が集まった同大史上最も才能に溢れたチームは開幕17連勝を飾り、その後ビッグ12内では苦戦を強いられたものの、最終的にはエリート8まで進み、勝ち星を大台の30勝に乗せてシーズンを終了した。


しかし、2012年4月、再び不正が発覚した。きっかけは2011-12シーズンを40勝0敗でNCAAトーナメント制覇を成し遂げた女子バスケ部が「流石に強過ぎないか…」ということだったのだが、調査の結果、NCAAが許容数以上のコーチとリクルート間のテキストメッセージと電話の記録が女子バスケ部のみならず男子バスケ部からも見つかったのだ。その結果、NCAAは大学側の奨学生枠の縮減、ドリューの謹慎、リクルート制限等の自粛を正式な処分とした。


しかし、ベイラー大学は沸いた。ジョーンズ、エイシ―、ミラーの3人が一気にNBA入りを果たしたからである。しかも、入れ替わりでオースティンやトゥーレン・プリンスら全米4位にランク付けされた新入生が入学してきた。


その後、残念ながらオースティンは病気でNBAデビューは果たせなかったが、ベアーズはNIT優勝と2度のスウィート進出等の好成績を残しつつ、2013年にピエール・ジャクソン、2014年にコーリー・ジェファーソン、2015年ロイス・オニール、2016年トゥーレン・プリンス、2017年ジョナサン・モトリーと毎年NBA選手を輩出した。

現地観戦

ウェーコ(テキサス州)

基本情報

テキサス州ウェーコはダラスとフォートワースを少し南下した場所にある。標準時間は西部標準時、日本との時差は-16時間だ。

総評: 中級者向け

ウェーコは中級者向けだ。

快適度: ★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
カレッジタウンローカルバス最高気温: 25℃
最低気温: 4℃
詳細

ウェーコはカレッジタウンだ。 故に、衣食住には困らない。公共交通機関はローカルバスしか走っていないが、専らキャンパス以外には行く場所は無いので、問題は無い。気候は冬でも暑い。

アクセス: ★★

飛行機空港長距離バス
鉄道
直行便無しウェーコ空港Greyhound
Megabus
FLiX BUS
Amtrak

アクセスは結構簡単だ。一応、ウェーコ空港があるがほとんど使わない。最も一般的な行き方はダラス、ヒューストン、サンアントニオから長距離バスである。

観光: ★

観光で行く場所では無い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Ferrell Center
住所: 1900 S University Parks Dr, Waco, TX 76706

ベアーズのホームアリーナはキャンパス内にあるフェレル・センターだ。ダウンタウンから約4km程の場所にある。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

今後のベイラー大学は間違いなくチェック必須のチームだ。ちなみに、最近はフットボール部が大きなスキャンダルを起こしている。

合わせて行きたい: テキサスエリア

カレッジフープスの記事

参考

Baylor 2020 Basketball Commits(247sports.com)
Baylor Bears School History(sports-reference.com)
The Immortal Ten(wacohistory.org)
R.E. “Bill” Henderson(tshofinductees.org)
List of boys’s state basketball tournament champions(myplainview.com)
Baylor Players In The NBA(basketball.realgm.com)
Gene Iba, a member of a prominent basketball family…(upi.com)
CSKA coaching staff is set(cskabasket.com)
Michael Williams Inducted to Baylor Hall of Fame(baylorbears.com)
Former BU and NBA Star David Wesley Joins Program as Student Manager(baylorbears.com)
Baylor withdraws Johnson lawsuit, coach accepts responsibility(web.archive.org)
Have we forgotten? This actually is Baylor’s third sports-related scandal in 20 years(dallasnews.com)
Key dates in the Baylor basketball scandal(espn.com)
Five coaches who received a show-cause penalty from the NCAA but resurrected their careers(cbssports.com)
NCAA accepts Baylor’s penalties(espn.com)
ウェーコにおける平均的な気候(jp.wetherspark.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました