【NCAA】ベイエリアのミッドメジャー4校(ベイエリア#5)

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はベイエリアのミッドメジャー4校を紹介する。

St.メアリーズ大学(カリフォルニア)

基本情報

名称: St. Mary’s College of California
愛称: SMC/Gaels
所属: WAC
19-20: 26勝8敗
18-19: 22勝12敗 NCAAトーナメント1回戦
17-18: 30勝6敗 NIT準決勝
16-17: 29勝5敗 NCAAトーナメント2回戦

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Saint Mary's College of California Gaels

概要&近年の話: ゴンザガ大学のライバル

Saint Mary's upsets No. 1 Gonzaga to secure NCAA tournament spot | College Basketball Highlights

St.メアリーズ大学(SMC)はゴンザガ大学のライバルだ。近年はゴンザガ大学が全米1位を争えるレベルになってしまったので両チームの差は広がってしまった。が、2019年、NCAAトーナメント出場を掛けたカンファレンストーナメント決勝でSMCは史上最強のゴンザガ大学から勝利を挙げた。両校のライバル関係はまだ続いている。SMCはオーストラリアとの強いコネクションで知られている。そのコネでリクルートしてきた成功例がマシュー・デラベドバとパトリック・ミルズである。

ウェスト・コースト・カンファレンス

名称: West Coast Conference
愛称: WCC
設立: 1952年
本部: カリフォルニア州サンブルーノ
HP: wccsports.com

所属校(大まかな所在地)
ゴンザガ大学(ワシントン州スポーケン)は八村塁選手が通っていた大学だ。世界中から選手をリクルートして毎年全米トップレベルのチームを築くことに成功している。
St.メアリーズ大学(ベイエリア)はゴンザガ大学のライバルだ。オーストラリアとのコネクションがある。
サンタ・クララ大学(ベイエリア)はスティーブ・ナッシュとアトランタ・ホークスのロイド・ピアースHCの母校だ。
サンフランシスコ大学(ベイエリア)はビル・ラッセルの母校として知られている。ラッセルは同大をNCAAトーナメント連覇に導いた。
パシフィック大学(カリフォルニア州ストックトン)は現在デイモン・スタウダマイヤーがHCを務めている。リック・バリーの息子で元NBA選手のジョン・バリーや1998年1巡目1位のマイケル・オロウォカンディーを輩出した。
ブリガム・ヤング大学(ソルトレイクシティ)は金持ちの白人が通うハイメジャー級の大学だ。ジマー・フレデッテが在籍していた時は非常に盛り上がっていた。
ポートランド大学(ポートランド)は日本と馴染みがある。伊藤大司選手の母校であり、現在は帝京長岡高校卒のタヒロウ・ディアバテ選手が在籍している。
ロヨラ・メリーマウント大学(ロサンゼルス)は試合中にNBAプロスペクトのハンク・ギャザーズが亡くなったという過去がある。
ペッパーダイン大学(ロサンゼルス)は超敏腕リクルーターのロレンゾ・ラマーがHCに戻ってきた。
サンディエゴ大学(サンディエゴ)

WCCは西海岸の大学で組織されたカンファレンスだ。都市部の大学が多いので現地観戦は行きやすい。ここ数年はゴンザガ大学が支配的だが、2019年はカンファレンストーナメント決勝でSMCがゴンザガ大学を破ってライバルとしての意地を見せた。元帝京長岡高校のタヒロウ・ディアバテ選手と日本代表候補のヒュー・ホグランド選手がプレーしていたポートランド大学も所属している。

チーム史

トム・メシェリー(1958-61)

Classic Warriors: Tom Meschery
主な実績
  • アメリカ国外出身初のNBAオールスター選手
  • エリート8(同大最高位)
  • 永久欠番(#14/ウォリアーズ)

トム・メシェリー(Tom Meschery)は初のアメリカ国外出身のNBAオールスターとなった選手だ。メシェリーは満州在住のロシア人の家庭に生まれ、第二次世界大戦中は東京近郊の民間人収容所で過ごし、大戦終結後にサンフランシスコに移住、そして、地元のSMCに進学した。


1957-58、メシュリーはSMCを今でも同大史上歴代最高位のエリート8に導き、1961年のNBAドラフトで1巡目7位でフィラデルフィア・ウォリアーズに入団した。翌年、ウォリアーズはサンフランシスコに本拠地を移転、地元の後押しを受けたメシェリーは初のアメリカ国外出身のNBAオールスタープレーヤーとなった。

ジョーダン・フォード(2016-20)

Jordan Ford: Saint Mary's vs Arizona State | 34 Points | 6 Rebounds

ジョーダン・フォード(Jordan Ford)は2019-20にネイスミス・トロフィー(年間最優秀選手賞)の候補50人に選ばれたガードだ。

ホームアリーナ

基本情報

名称: McKeon Pavilion
住所: 1928 Saint Mary’s Road, Moraga, CA 94575

SMCのホームアリーナはキャンパス内のMcKeon Pavilionだ。サンフランシスコやオークロンドからは地下鉄BARTのYellow Lineとローカルバス6番で行ける。最寄り駅はOrinda駅だ。駅からはUBERやLyftを利用するのも良い。

サンフランシスコ大学

基本情報

名称: University of San Francisco
愛称: USF/DONS
所属: WAC
19-20: 22勝12敗
18-19: 21勝10敗
17-18: 22勝17敗 CBI準優勝
16-17: 20勝13敗 CBI出場

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the University of San Francisco Dons

概要&近年の話: 実力校

サンフランシスコ大学は近年は毎年20勝以上を挙げる実力校だ。ゴンザガ大学が幅を利かせているウェスト・コースト・カンファレンスに所属しているため、NCAAトーナメントに出場するのはかなり難しいが、毎年At-Large Bid(NCAAトーナメント出場の招待枠)を淡く期待している少数派がいる位には強い。

チーム史

ビル・ラッセル(1952-56)

サンフランシスコ大学は何を隠そうビル・ラッセルの母校だ。ラッセルはボストン・セルティックスをリーグ8連覇を含む合計11回の優勝に導いたまさに勝者の中の勝者、レジェンドの中のレジェンドである。ラッセルは実は大学時代から勝つことに慣れていた。ラッセルはチームメイトと共に固いディフェンスを武器に1955年と1956年にNCAAトーナメント連覇を達成、その間に当時の最長記録だった60連勝も打ち立ていた。

ビル・カートライト(1975-79)

サンフランシスコ大学の出身者にはビル・カートライトも名を連ねている。カートライトはルーキーイヤーにオールスター(1980年)に選出され、キャリア晩年にはシカゴ・ブルズで3連覇(1991、1992、1993年)、引退後の2012-13途中にbjリーグの大阪エベッサのHCに就任して17勝11敗の成績を残した。

ホームアリーナ

基本情報

名称: WAR MEMORIAL AT THE SOBRATO CENTER
住所: 2335 Golden Gate Ave, San Francisco, CA 94118 アメリカ合衆国

SFUのホームアリーナはキャンパス付近のWAR MEMORIAL AT THE SOBRATO CENTERだ。サンフランシスコ大学へはパウエル駅(サンフランシスコの中心地)からローカルバスで行けるが、頑張れば歩いても行ける。

サンタ・クララ大学

基本情報

名称: Santa Clara University
愛称: Broncos
所属: WCC
19-20: 20勝13敗
18-19: 16勝15敗
17-18: 11勝20敗
16-17: 17勝16敗

Men's Basketball
Men's Basketball

概要&近年の話: HCはハーデンの恩師

サンタ・クララ大学は中の上といったチームだ。そのチームの指揮を執るのがハーブ・センデック(Herb SEndek)だ。センデックはアリゾナ大学時代にジェームス・ハーデンをコーチした人物である。

チーム史

スティーブ・ナッシュ(1992-96)

Steve Nash's best March Madness highlights | Hall of Fame

サンタ・クララ大学はスティーブ・ナッシュの母校として知られている。ナッシュは4年間(1992~1996)でチームを3回のNCAAトーナメント出場に導いた。ベストハイライトは1992-93のNCAAトーナメント第1回戦で第2シードのアリゾナ大学をアップセットしたことだ。


ちなみに、ナッシュのチームメイトには現アトランタ・ホークスHCのロイド・ピアースがいた。ピアースはステフィン・カリーも称賛する程の人格者らしく、若くしてNBAチームのHCに就任したことからも分かる通り、コーチングキャリアは順風満帆のようだ。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Leavey Center
住所: Leavey Event Center, Santa Clara, CA 95053

サンタクララ大学のホームアリーナはキャンパス内にあるLeavey Centerだ。ダウンタウンから会場へはローカルバス22番で行ける。

サンノゼステイト大学

基本情報

名称: San Jose State University
愛称: SJSU/Spartans
所属: MWC
19-20: 7勝24敗
18-19: 4勝27敗
17-18: 4勝26敗

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the San Jose State University Spartans

概要&近年の話: ベイエリアのMWC校

今季もSJSUは厳しいシーズンになると予想されている。現地観戦の視点から言えば、SJSUはベイエリアで唯一のマウンテン・ウェスト・カンファレンス校という点が魅力だ。故に、ベイエリアでUNLV、ネバダ大学、USUなどのMWC校を見たくなったら是非行くと良い。

マウンテン・ウェスト・カンファレンス

名称: Mountain West Conference
愛称: MWC
設立: 1999年
本部: コロラド州コロラドスプリングス
HP: themw.com

所属校(主な所在地)※太字は重要校
ネバダ大学リノ校(ネバダ州リノ)はハイメジャーに勝るとも劣らない強豪だ。ジャベール・マギーとファジーカス・ニック選手の母校でもある。
サンディエゴステイト大学(サンディエゴ)はカワイ・レナードの母校だ。
ユタステイト大学(ユタ州)は強豪だ。
ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)は1990年前後に一世を風靡したチームだ。毎年夏、大学はサマーリーグや米国代表キャンプの会場になる。
カリフォルニアステイト大学フレズノ校はポール・ジョージの母校だ。卒業生にはジェリー・ターカニアンもいる。
ボイシ・ステイト大学
コロラド・ステイト大学
ニューメキシコ大学(アルバーカーキー)はボブ・ナイトの弟子デイブ・ブリスが率いて1990年代にNCAAトーナメント常連校となった。
サンノゼ・ステイト大学(ベイエリア)はベイエリアで唯一MWC校だ。ブランドン・クラークがゴンザガ大学へ編入する前にプレーしていた。
ワイオミング大学(ワイオミング州)は1942-43にNCAAトーナメントを制覇、その後レッドクロスゲームでNITチャンピオンのSt.ジョーンズ大学を破り、堂々の全米No.1に輝いて。近年ではラリー・ナンスJrがプレーしていた。
エアフォース

MWCは山岳地帯と西海岸の大学が集まったカンファレンスだ。近年は群雄割拠で面白い。ネバダ大学が覇権を握ったかと思えばHCエリック・ミュゼルマンが去ったため王朝も終わりを告げようとしている。ニーミアス・キエイタのユタ・ステイト大学やブランド力だけは高いUNLVは注目だ。

レジェンド

ダーネル・ヒルマン(1967-69)

SJSUのレジェンドは1976-77のスラムダンクコンテスト王者ダーネル・ヒルマンだ。ヒルマンは2年間チームを在籍した後、アメリカ陸軍に入隊し、1971年のNBAドラフトで同大史上初の1巡目指名選手となった。

ブランドン・クラーク(2015-17)

Brandon Clarke San Jose State Spartans | Next Ones | 2017-2018 Highlights | Spin Cycle Specialist|

ブランドン・クラーク(メンフィス・グリズリーズ)が2015-17にSJSUでプレーしていた。クラークは1年次にMWCの6thマン賞を受賞、2年次は高校時代から有名だった機動力とブロックが大学でも通じるようになり、その能力を買われてゴンザガ大学へ転校した。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Provident Credit Union Event Center
住所: 290 South 7th Street San Jose, CA 95112

SJSUのホームアリーナはキャンパス内のProvident Credit Union Event Centerだ。アリーナへはダウンタウンから徒歩で行ける。

現地観戦

チケット

今回紹介したようなミッドメジャー校のチケットは会場で買うのがオススメだ。理由は手数料約$10(約1100円)を節約できるからである。


チケットはTicketmasterStubHubVIVIDSEATSで$10~で買えるのだが、チケット売買サイトは手数料と送料で約$10程は余計に取られる。ミッドメジャーやローメジャー校のチケットは売り切れる心配がほとんど無いので、そんなチケットに$10も余計に払うのはバカらしい。その$10は飲食代やガソリン代などに充てた方が良い。ミッドメジャーのチケットは会場での購入一択だ。


因みに、各大学の公式サイトで手数料と送料が無いチームもある。そういった場合は、むしろ各大学の公式サイトから事前に購入した方が良い。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

ベイエリアの大学は本来はシリコンバレーの研究機関としての顔を持っている。が、バスケットボールも非常に強い。各校共、チェックする価値はある。

合わせて行きたい: カリフォルニアエリア

カレッジフープスの記事

参考

MBB | Ford Selected to Naismith Trophy Watch List(smcgales.com)
Memories of war have had profound effect on Meschery(japantimes.co.jp)
Bill Russell – #6 – Boston Celtics(nba.com)
Cartwright won’t return to Osaka Evessa(japantimes.co.jp)
Steph Curry thinks Hawks new coach is ‘a great hire’(ajc.com)
San Jose State Retires Darnell Hillman’s #45(blogs.sjsu.edu)
Brandon Clarke(gozags.com)

こぼれ話(有料)

Bro's Knowledge
 

以下、こぼれてしまった話は有料だ。最初に断っておくが、有料部分は重要な話では無い。有料部分は情報商材では無く、どちらかと言えば、”投げ銭”だと思ってくれれば良い。

内容
・メシュリーの引退後
・NBA史上最大のブロックバスタートレード
・白いタンクトップでダンクコンテストに出場していた秘密

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました