【NCAA】メリーランド大学

※本サイトは広告を含んでいます

基本情報

基本情報
  • 名称: University of Maryland, College Park
  • 愛称: Terrapins
  • 所属: Big Ten Conference
  • 成績
    2023-24: 16勝17敗(7勝13敗)
    2022-23: 22勝13敗(11勝9敗)NCAAトーナメント出場

近年の話: 目指すは古豪復活!!

近年の話
  • プロ転向/転校(2023)
  • 新HCケビン・ウィラード就任(2022)
  • マーク・タージョン辞任(2021-22)
未確定ロスター(2024‐25)
ジュリアン・リース
メリーランド大学(2021-)
チャンス・ステフェンズ
LMU(2022-23)
上位編入生(2023)
メリーランド大学(2023-)
ジョーダン・ジェロニモ
元★4
インディアナ大学(2020-23)
上位編入生(2023)
メリーランド大学(2023-)
メディ・トレイオー(Mady Traore)
フランス出身
ニューメキシコステイト大学(2022-23)
NBAドラフト撤回(2023)
メリーランド大学(2023-24)
→編入意思表明(2024)
ディショーン・ハリス-スミス
★4-5
メリーランド大学(2023-)
ジャコービー・ギリスピー(Ja’Kobi Gillespie)
ベルモント大学(2022-24)
トップ編入生(2024)
ロドニー・ライス(Rodney Rice)
★3-4
バージニア工科大学(2023-24)
上位編入生(2024)
セルトン・ミグエル(Selton Miguel)
カンザスステイト大学(2020-22)
サウスフロリダ大学(2022-24)
デリック・クイーン(Derik Queen)
NBAプロスペクト
脱退(2024)
ジャミーア・ヤング
UNCシャーロット校(2019-22)
メリーランド大学(2022-24)
→選手資格満了
ドンタ・スコット
メリーランド大学(2019-24)
→選手資格満了
ジェイミー・カイザー
★4
メリーランド大学(2023-24)
→バトラー大学(2024-)
ジョナサン・ラモース
★3-4
メリーランド大学(2023-24)
→NCAT大学(2024-)

メリーランド大学は古豪復活を目指す。2019-20、同校はAP通信評最高3位のシーズンをパンデミックに奪われ、翌2020-21はアンソニー・コーワンとジェイレン・スミスの喪失によってイマイチに終わり、前HCマーク・タージョン(Mark Turgeon)は2021-22のシーズン途中に失意のままにコーチングから身を引いた。一方、現HCケビン・ウィラードも、時を同じくして前任地シートン・ホール大学で同校史上最高のロスターを台無しにされ、ロスターの復旧作業に追われていた。そんな中、元部下シャヒーン・ハロウェイの超小規模校St.ピーターズ大学エリート8牽引の大活躍が全米中を駆け回った。そして、同氏は逃げるようにカレッジパークに赴任した。就任1年目は「NCAAトーナメント出場」「カンファレンス勝率5割復帰(3年振り)」「20勝(3年振り)」の期待以上の成績に終わっている。

https://umterps.com/sports/mens-basketball

ビッグ・10・カンファレンス

基本情報
  • 名称: Big 10 Conference
  • 愛称: B1G
  • 設立: 1896年
  • 所属校: 14校
  • 放送: FOX/ESPN/CBS/BIG 10 Network
  • HP: www.bigten.org
所属校(大まかな所在地)
ラトガース大学(ニュージャージー州)は2020‐21に1991年以来のNCAAトーナメント出場を果たした。
メリーランド大学(ワシントンD.C.)は同大のNBAドラフト高順位指名者はバストになる傾向がある。
ペンシルベニアステイト大学は1954年にファイナル4に進出している。
オハイオステイト大学(コロンバス)は一昔前まではグレッグ・オデン、マイク・コンリー、エバン・ターナー、ディアンジェロ・ラッセルなどトッププロスペクトをリクルートしていた。近年はブランド力に陰りが見られる。
ミシガン大学(デトロイト)は元ファブファイブのジュワン・ハワードが指揮を執っている。
ミシガンステイト大学(デトロイト)はマジック・ジョンソンとドレイモンド・グリーンの母校だ。
パデュー大学(インディアナ州)は近年は3年連続でアップセットを喰らっている。
インディアナ大学は名将ボブ・ナイト(1971-2000)が率いて3度のNCAAチャンピオンに輝いた。
ウィスコンシン大学は2015年に38勝0敗のケンタッキー大学を破ってNCAAトーナメント決勝に進出した。
ノースウェスタン大学(シカゴ)は現HCクリス・コリンズの就任でNCAAトーナメント初出場&初勝利を果たして”じゃない方”の脱却に成功した。
イリノイ大学は2005年にデロン・ウィリアムスらがNCAAトーナメント準優勝を果たした。
ミネソタ大学(ミネアポリス)は1980年代のボストン・セルティックスとロサンゼルス・レイカーズ時代にそれぞれにケビン・マクヘイルとマイカル・トンプソンを送り込んだ。
アイオワ大学はルカ・ガルーザが在籍していた。
ネブラスカ大学(リンカーン)は2019年にフレッド・ホイバーグがHCに就任し、2021年秋から富永選手がプレーしている。

ビッグ・10・カンファレンスは北東部と中西部の大規模大学計14校が所属している。近年は乱世だ。最近ではB1Gの”じゃない方”のノースウェスタン大学、ラトガース大学、ネブラスカ大学、ペンステイト大学ですら上位に食い込んでいる。最大の特徴はフィジカル強度だ。そのため、各校は競うようにビッグマンをリクルートしている。

チーム史

バッド・ミリカン時代(1950-67): ヘンリー・イバの弟子

主な成績
  • NCAAトーナメント出場(1958)

1950年、バッド・ミリカン(Bud Millikan)がHCに就任した。同氏はオクラホマA&M大学(現オクラホマステイト大学)でNCAAトーナメント2連覇のヘンリー・イバ(Henry Iba)の弟子だ。そして、1957-58、メリーランド大学はNCAAトーナメント初出場を果たした。

レフティ・ドリゼール時代(1969-86)

主な成績
  • エリート8×2(1973&75)
  • スウィート16×3(1980、84、85)
目指すは東海岸のUCLA!!(初期)

1969年、メリーランド大学はAACのライバル校達に遅れる形でバスケ部強化に乗り出した。そして、白羽の矢が立ったのがレフティ・ドリゼル(Lefty Driesell)だった。同氏は小規模校デビッドソン大学を2年連続でエリート8に導いていた。

@b_o_bros
@b_o_bros

就任会見時の「メリーランド大学に東海岸のUCLAになれるポテンシャルがなければ、俺はオファーを受けなかっただろう」発言からも明らかな通り野心もあった。

有言実行(1969-76)
主な選手
  • トム・マクミラン(1970-74): 1974年1巡目9位
  • レン・エルモア(1970-74): 1974年1巡目13位
  • ジョン・ルーカス(1972-76): 1976年1巡目1位

有限実行
1971-72、メリーランド大学はトム・マクミランとレン・エルモアを中心に「ACC2位」と「NIT優勝」でシーズンを終えた。翌1972-73、同校はスーパー高校生ジョン・ルーカスの加入でAP通信に開幕前3位に評され、見事NCAAトーナメント出場を果たし、1973-74もACCトーナメント決勝での敗戦でNCAAトーナメント出場こそ逃したものの、UCLAとの激闘や9連勝×2等で躍進を続けた。

元祖スーパースター
そして、1974-75、メリーランド大学は絶対的エースのジョン・ルーカスを中心にまとまり、NCAAトーナメント出場枠25校→32校の拡充も追い風となってか、NCAAトーナメント出場を果たし、エリート8まで勝ち進んだ。

不安定(1976-82)
主な選手
  • アルバート・キング(1977-81): 1981年1巡目10位
  • バック・ウィリアムス(1978-81): 1981年1巡目3位
  • チャールズ・ピットマン(1980-82): 1982年下位指名

しかし、メリーランド大学は、1979-80こそアルバート・キングとバック・ウィリアムスのダブルエース体制でACC内11勝3敗(1位)で5年振りのNCAAトーナメント出場を果たしたものの、1980-81はチャールズ・ピットマンの編入も虚しく、ACC内8勝6敗と苦戦し、恩情出場のNCAAトーナメントでもインディアナ大学に30点差の大敗に終わった。

MJのライバル(1982-86)
主な選手
  • ベン・コールマン(1982-84): 1984年2巡目37位
  • エイドリアン・ブランチ(1981-85): 1985年2巡目46位
  • レン・バイアス(1982-86): 1986年1巡目2位

ビッグ3結成
そんな中、1983-84、メリーランド大学はエイドリアン・ブランチ-ベン・コールマン-レン・バイアスのビッグ3の結成でACCトーナメント制覇とスウィート16進出を果たした。

開花
1984-85、レン・バイアスはACC最優秀選手賞の活躍でメリーランド大学を2年連続のスウィート16に導き、最終1985-86はチームの苦闘の中で2年連続のACC最優秀選手賞のパフォーマスを見せ、NBAドラフト全体2位でボストン・セルティックスから指名を受けた。

カレッジフープス史上最大の悲劇の1つ(1986)
しかし、後日、レン・バイアスは帰らぬ人となった。原因はコカイン摂取起因の呼吸困難だ。その後、レフティ・ドリゼルは責任を取らされて解雇された。

ボブ・ウェイド時代(1986-89)

主な成績
  • NCAAトーナメント出場(1988)
  • NBA選手輩出
    トニー・マッセンバーグ(1986-90): 1990年2巡目43位
    セドリック・ルイス(1987-91): ドラフト外
    バイソン・デリ(1987-88)
    -アリゾナ大学(1988-91)→1991年1巡目10位
    ウォルト・ウィリアムス(1988-92): 1992年1巡目7位

1986年、ボブ・ウェイドが大抜擢された。同氏はフットボール畑出身ながら地元ダンバー高校を全米トップ校に築き上げた。1981-82、同校はレジー・ルイス、マグジー・ボーグス、デイビッド・ウィンゲイト、レジー・ウィリアムスを擁してUSAトゥデイ紙評で全米1位に輝いている。そして、1987-88、メリーランド大学は前シーズンのアトランティック・コースト・カンファレンス内0勝14敗の屈辱をバネに見事にNCAAトーナメント出場にこぎ着けた。その矢先、NCAA規則違反が発覚した。結果的に大博打は大外れに終わった。

ゲイリー・ウィリアムス時代(1989-2011)

主な成績
  • NCAAトーナメント優勝(2002)
  • ファイナル4(2001)
  • スウィート16×5(1994、95、98、99、2003)
前任者の尻拭い(1989-93)
主な選手
  • エバーズ・バーンズ(1989-93): 1993年2巡目31位

1989年、メリーランド大学は元選手のゲイリー・ウィリアムスの引き抜きに成功した。同氏は1978~82年にアメリカン大学で2季連続の20勝の好成績を残し、1982~86年に栄転先のボストンカレッジをスウィート16×2回に導き、名門オハイオステイト大学に引き抜かれたものの、直近2季のNCAAトーナメント不出場で立場を危うくしていた。つまり、両者の利害は一致していた。そんな中、1990年3月、前任者ボブ・ウェイドの規則違反の罰則が決まった。そして、同校は1990-91&1991-92のNCAAトーナメント出場禁止を言い渡された。

完済
主な選手
  • ジョー・スミス(1993-95): 1995年1巡目1位
NCAAトーナメント王者期
主な選手
  • スティーブ・フランシス(1998-99)
  • フアン・ディクソン(1998-2002)
  • ロニー・バクスター(1998-2002)
  • ダン・ミラー(1998-01)*
  • スティーブ・ブレイク(1999-2003)
  • クリス・ウィルコックス(2000-02)
衰退期
主な選手
  • クリス・マクレイ(2002-06): ドラフト外
  • DJ・ストロベリー(2003-07): 2007年2巡目59位
  • マイク・ジョーンズ(2003-07)*: マクドナルド・オールアメリカン
  • グレイビス・バスケス(2006-10)
  • ジョーダン・ウィリアムス(2009-11):

王者の意地(2002-03)
2002年、メリーランド大学は前期の平均得点上位4名の喪失によって大幅に戦力を落とした。しかも、新加入組はイマイチだった。そんな中、優勝時ローテーションメンバー残留組4名が奮起した。2002-03、同校は全週でAP通信25位以内をキープし、優勝候補のデューク大学撃破等で王者の意地を見せ、NCAAトーナメントでも大崩れせずに上々のスウィート16進出を果たした。

衰退期(2003-09)
その後、優勝争いは完全に他人事だった。2003~09年、成績はACC内47勝49敗&NCAAトーナメント出場3回とパッとしていない。

ラストダンス(2009-10)
そんな中、2009-10、グレイビス・バスケスがボブ・クージー賞(ベストPG賞)とACC最優秀選手賞の活躍でチームを牽引した。その結果、ゲイリー・ウィリアムスもACCの最優秀コーチ賞を授与されている。そして、翌2011年、同氏はコーチングキャリアの幕を閉じた。

マーク・タージョン時代(2011-2022途中)

主な成績
  • スウィート16(2016)
カンファレンス移籍
主な選手
  • ジェイク・レイマン(2012-16): 2016年2巡目47位
  • メロ・トリンブル(2014-17): マクドナルド・オールアメリカン
  • ロバート・カーター(2014-16): Bリーグ外国籍選手
  • ラシャード・スレイモン(2015-16): マクドナルド・オールアメリカン
  • ダイアモンド・ストーン(2015-16): 2016年2巡目40位

2014年、メリーランド大学はACCからビッグ・10・カンファレンスにカンファレンスを移った。そして、2015-16、最高のロスターが揃った。ジェイク・レイマンとメロ・トリンブルがチーム残留を選び、ロバート・カーターは編入レッドシャツを終え、元5星リクルートのラシャード・スレイモンは編入直後のプレーを許され、NBAプロスペクトのダイアモンド・ストーンが古豪の門を叩いた。

ツインタワー(2018-19)
主な選手
  • ブルーノ・フェルナンド(2017-19): 全体34位指名
  • ジェイレン・スミス(2018-20): 全体10位指名
  • アーロン・ウィギンス(2018-21): 全体55位指名

2018-19、メリーランド大学はブルーノ・フェルナンドとジェイレン・スミスのツインタワーで話題を呼んだ。

パンデミック以降()

2019-20、同校はAP通信評最高3位のシーズンをパンデミックに奪われ、翌2020-21はアンソニー・コーワンとジェイレン・スミスの喪失によってイマイチに終わり、前HCマーク・タージョン(Mark Turgeon)は2021-22のシーズン途中に失意のままにコーチングから身を引いた。

現地観戦

ホームアリーナ

ホームアリーナ
  • 名称: XFINITY Center
  • 住所: 8500 Paint Branch Dr, College Park, MD

キャンパスへはワシントンD.C.のダウンタウンから地下鉄で行ける。最寄り駅は地下鉄Green LineとYellow LineのCollege Park-U of Md駅だ。

チケット

ハイメジャー校は試合によってはチケットが売り切れる。あるいは、会場購入の場合、列に並ぶ必要が出る。そのため、チケットは事前のオンライン購入が無難だ。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品がキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • ECサイト
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

ボスウォッシュエリア

モントリオール(ケベック州)

メイン州

  • Gリーグ: メイン・レッドクローズ
  • NCAA D1: メイン大学

ニューハンプシャー州

  • NCAA D1: ニューハンプシャー大学
  • NCAA D1: ダートマス大学
  • プレップ: ブリュースターアカデミー

バーモント州

  • NCAA D1: バーモント大学

ボストン(マサチューセッツ州)

スプリングフィールド(マサチューセッツ州)

  • NCAA D1(中堅): マサチューセッツ大学
  • 聖地: バスケットボール殿堂
  • 聖地: スプリングフィールドカレッジ(バスケットボール生誕の地)

プロビデンス(ロードアイランド州)

コネチカット大学(コネチカット州)

ノーウィッチ(コネチカット州)

  • WNBA: コネチカット・サン

ニューヘブン(コネチカット州)

ニューヨーク(ニューヨーク州)

セントラルジャージー(ニュージャージー州)

  • NCAA D1(強豪): ラトガース大学
  • NCAA D1(中堅): プリンストン大学
  • NCAA D1(中堅): ライダー大学
  • NCAA D1(中堅): モンマス大学
  • 聖地: 世界初のプロバスケットボール試合開催地 1896年、興行団体のトレントンズはメイソニック・テンプル・ホールで試合を開催して試合後に売り上げを選手に還元した。

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)

アレンタウン(ペンシルベニア州)

  • NCAA D1(中堅): リーハイ大学
  • NCAA D1(中堅): ラファイエット大学

ボルチモア(メリーランド州)

ワシントンD.C.

【現地観戦ガイド】ボスウォッシュエリア
マサチューセッツ州-ロードアイランド州-コネチカット州-NY州-ニュージャージー州-ペンシルベニア州-メリーランド州-ワシントンD.C.等をバスケに特化して紹介!!

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

アメリカのインターネットテレビの利用方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
Paramount+とMAXの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
TSNの利用方法
NCAAトーナメントのライブ視聴の方法を紹介!!
ESPN+の利用方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
ESPN PLAYERの利用方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

Kevin Willard leaves Seton Hall to become Maryland head basketball coach(usatoday.com)
Mark Turgeon’s tenure ended with boos, stress and the need for a new voice(washingtonpost.com)
Maryland Terrapins School History(sports-reference.com)
Lefty Driesell on the origins of ‘UCLA of the East’(washingtonpost.com)
UNIVERSITY OF MARYLAND, COLLEGE PARK INFRACTIONS REPORT(web3.ncaa.org)
Hoop Thoughts: It’s win big or bust for Rasheed Sulaimon, touted Terrapins(si.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました