【NCAA】カンザスステイト大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、各大学の記事は「近年の話」「チーム史」「現地観戦情報」の構成で各チーム(男子バスケ部)について紹介している。


ちなみに、俺達が記事にしている大学は実際に訪れた場所だけだ。もし俺達に紹介してほしい大学がある場合、サイドバーやフッターの投げ銭から1校につき現地観戦費用5万円で現地訪問して記事にするので、「遠戚を訪ね周る」「中高時代の同級生に急に連絡する」「プロミスに駆け込む」なりで都合をつけてくれ。

今回はトライアングルオフェンスの実践化に成功したカンザスステイト大学について紹介する。

カンザスステイト大学

基本情報

名称: Kansas State University
愛称: Wildcats/K-State
所属: Big 12 Conference
19-20: 11勝21敗
18-19: 25勝9敗NCAAトーナメント出場
17-18: 25勝12敗エリート8進出

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Kansas State University Wildcats

近年の話: 武器は堅守

カンザスステイト大学はB級ハイメジャーだ。Kステイト大学は一応はパワーカンファレンスのビッグ・12・カンファレンスに所属しているが、NBAプロスペクトが入学することは滅多に無く、NCAAトーナメントも不出場や出ても下位ラウンドでの敗退が常である。


そんなチームを2012年以降率いているのがブルース・ウェバー(Bruce Weber)だ。ウェバーは2005年にイリノイ大学を率いてNCAAトーナメント決勝まで進んだことで知られた人物である。当時のエースが後にNBAスーパースターでアメリカ代表となるデロン・ウィリアムスだった。


ウェバーはスローペースの試合展開を好む。毎年、チームの1試合平均得点は60点代前半、FG試投数300位前後(全350校中)異様に低いが、守備では各カテゴリーで優秀な数字を残していて、2017-18にKステイト大学は堅守を武器にエリート8進出を果たした。


しかし、2019-20、前シーズンにビッグ12の年間最優秀守備選手に輝いたバリー・ブラウンJr(Gリーグ)とエースのディーン・ウェイド(キャブス)の両翼を失ったため、チームは大きく成績を落としてしまった。今後はウェバーのゲームに適った選手が出てくるかに注目だ。

注目選手: Selton Miguel(193cm/CG/1年生)

SELTON MIGUEL OFFICIAL Junior Season MIX – SPORTSHIPHOP EDITION

注目選手はアンゴラ出身のセルトン・ミグエル(Selton Miguel)だ。

ビッグ・12・カンファレンス

詳細

名称: Big 12 Conference
愛称: Big 12
設立: 1994
所属校: 10校
HP: https://big12sports.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
カンザス大学(カンザス州ローレンス)はネイスミス博士が初代HCを務めた由緒正しいチームだ。近年は毎年優勝候補に挙げられている。
カンザスステイト大学(カンザス州マンハッタン)はトライアングルオフェンスが実践化された大学だ。イノベーターのテックス・ウィンターはその後フィル・ジャクソンの参謀となってブルズとレイカーズの優勝に貢献した。
テキサス大学(テキサス州オースティン)はケビン・デュラントの母校として有名だ。近年は強くは無いが、ビッグマンのリクルートは素晴らしく、ジャクソン・ヘイズ、モー・バンバ、ジャレット・アレン、マイルズ・ターナーがワン&ダンで通過していった。
テキサス工科大学は成り上がりのHCクリス・ビアードが就任して2019年にNCAAトーナメント決勝まで進んだチームだ。
ベイラー大学(テキサス州ウェイコー)は列車事故、度重なるNCAA規定違反、チームメイト殺人事件等、近年の強さとNBA選手輩出とは裏腹に暗い過去が多い。
テキサス・クリスチャン大学(ダラス)はピッツバーグ大学をNCAAトーナメント常連校に押し上げたジェイミー・ディクソンがHCに就任して以降、2018年に20年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たす等、早速結果を残している。
オクラホマ大学(オクラホマシティ)はフットボール校にも関わらず準優勝2回を含む合計5回のファイナル4進出を誇るチームだ。地元出身のブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングの母校でもある。
オクラホマステイト大学(オクラホマ州)は1945、46年にNCAA連覇を達成した古豪だ。出身者にはトニー・アレンやマーカス・スマートなどディフェンスのスペシャリストがいる。Class of 2020のトッププロスペクトの1人であるケイド・カニンガムがコミットした。
アイオワステイト大学はフレッド・ホイバーグの手腕で再興した。
ウェストバージニア大学はジェリー・ウェストの母校だ。日本ではアルバルク東京のスタッフの森高大氏が通っていたことで知られている。その森氏のコネなのかWVU出身の選手がBリーグにちょいちょい来ている。

ビッグ12はカンザス大学のカンファレンスだ。1994年にビッグ8・カンファレンスとサウスウェスト・カンファレンスが合併して誕生した。その後、所属校数は10校となったが、ネームバリューを維持するためビッグ12を名乗り続けている。勢力図はカンザス大学が安定して強く、その時調子の良い大学(初期はオクラホマ大学、数年前はISU、近年ではテキサス工科大学)が交代で出ては消えるといった状況だ。

チーム史

テックス・ウィンター時代(1953-68): トライアングルオフェンスを実践化!!

K-State Basketball | Tex Winter – Triangle Offense
主な功績
  • トライアングルオフェンスを実践化
  • ファイナル4×2(1958、64)
  • エリート8×2(1959、61)

1953年、フレッド”テックス”ウィンターがHCに就任した。ウィンターはトライアングルオフェンスを実践化させた人物だ。一般的にトライアングルオフェンスと言えば、シカゴ・ブルズとロサンゼルス・レイカーズで合計11回のNBA優勝に導いたフィル・ジャクソンの代名詞として知られているが、実はジャクソンにトライアングルオフェンスを教えたのがウィンターである。


トライアングルオフェンスは南カリフォルニア大学HCのサム・バリーによって考案された。バリーはファストブレイクが主流だった時代にハーフコートオフェンスの概念を導入したゲームチェンジャーなのだが、トライアングルオフェンスを精錬することのないままこの世を去ってしまった。ウィンターは学生時代にバリーから直々にトライアングルオフェンスの基本概念を学び、その後、独自に試行錯誤を繰り返して実戦導入できるまでに仕立て上げた。


1957-58、新兵器トライアングルオフェンスを携えたKステイト大学はファイナル4、翌1958-59と1960-61にもエリート8へと進出し、一気に強豪校の仲間入りを果たした。


そして、1962年、ウィンターは満を持してトライアングルオフェンスをコンセプトをまとめた“The Triple-Post Offense”を出版した。1963-64、同書のプロモーションのごとくウィンターは再びチームをファイナル4へと導いた。


しかし、同書は期待したほどの評価を得る事はなく、1968年にウィンターはKステイト大学を静かに離れた。

その他

ミッチ・リッチモンド(1986-88)

Kステイト大学出身選手で最も成功したのが6度のオールスターと5度のオールNBAチームに選出されたミッチ・リッチモンドだ。リッチモンドは3年次にJUCOから転入してきた。その後、1988年にリッチモンドの活躍でチームはエリート8に進出した。

マイケル・ビーズリー(2007-08)

Michael Beasley 39 Pts 11 Rebs Full Highlights vs Kansas (01.03.08) UNO No.1!
主な功績
  • NBAドラフト1巡目2位(2008年)
  • 34連敗中のカンザス大学を破る
  • 12年ぶりのNCAAトーナメント進出
  • ビッグ12の年間最優秀選手賞受賞

その後、K-ステイト大学は輝かしい成績を残していた訳ではなかった。同大は1980年代にエリート8に2度、スウィート16に1度進出はしたが、反対にNCAAトーナメントに出場できなかったシーズンも多く、NCAAトーナメント常連校では無かった。


2007年、そんなB級大学に鳴り物入りで入学してきたのがマイケル・ビーズリーだった。ビーズリーの活躍でワイルドキャッツは躍進した。2007-08シーズン、チームは34連敗中だったカンザス大学を破るなど破竹の勢いで勝ち上がり、遂には1996年以来12季ぶりとなるNCAAトーナメント出場を果たし、ビーズリーはフレッシュマンながらビッグ12の年間最優秀選手賞を獲得した。


残念ながらトーナメント本戦でチームは2回戦で敗退してしまったが、同年、ビーズリーはマイアミ・ヒートから1巡目2位で指名を受けた。

ヘンリー・ウォーカー(2006-08)

ビーズリーのチームメイトには滋賀レイクスターズで活躍中のヘンリー・ウォーカー(当時はビル・ウォーカー)がいた。ウォーカーも2008年のNBAドラフトで指名を受けた。

現地観戦

詳細

マンハッタン(カンザス州)

総評: 中級者者向け

カンザス州マンハッタンは中級者向けだ。

基本情報

Kステイト大学はカンザス州マンハッタンにキャンパスを構えている。同市はカンザス州の州都トピーカやカンザス大学から車で片道1時間半程、ウィチタから2時間程、カンザスシティから3時間程だ。標準時間は中部標準時、日本との時差は-15時間だ。

アクセス: ★★★

飛行機空港長距離バス
鉄道
無しマンハッタン空港Greyhound
Amtrak

日本との直行便は当然ながら無い。飛行機で行く場合、国内線に乗り継ぐ必要がある。但し、マンハッタン空港とKステイト大学のキャンパスは公共交通機関が無いので、空港からキャンパスへはレンタカーか配車サービスを利用するしかない。一方、長距離バスのグレイハウンドもある。

快適度: ★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
カレッジタウン
(中)
ローカルバス最高気温: 15℃
最低気温: -7℃
詳細

マンハッタンは普通のカレッジタウンだ。 しかも、キャンパスの近くにショッピングモールがある。故に、衣食住には困らない。公共交通機関はローカルバスしか走っていないが、専らキャンパス以外には行く場所は無いので、問題は無い。気候は少し寒い。

観光: ★

観光は特には無い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Bramlage Coliseum
住所: 1800 College Ave, Manhattan, KS 66502

ホームアリーナはキャンパス内のBramlage Coliseumだ。マンハッタンの中心地からはローカルバスでアクセスできる。が、3km程なので歩いても行ける。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

[/su_spoiler]

まとめ

Kステイト大学は非常に微妙なチームだ。NBAプロスペクトはあまり出てこない。ブラケットロジー的にもそこまで強いチームではないのでチェック必須のチームでも無い。

関連記事

カンザスシティエリア

参考

SELTON MIGUEL(rivals.com)
Mitch Richmond(hofbbplayers.com)
マンハッタンにおける平均的な気候(jp.wetherspark.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました