【NCAA】オレゴンステイト大学

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はゲイリー・ペイトン父子の母校オレゴン・ステイト大学について紹介する。

オレゴン・ステイト大学

基本情報

名称: Oregon State University
愛称: OSU/Beavers
所属: Pac-12 Conference
18-19: 18勝13敗
17-18: 16勝16敗
16-17: 5勝27敗
15-16: 19勝13敗 NCAAトーナメント1回戦

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the Oregon State University Beavers

近年の話: NCAAトーナメント出場に期待

今季、オレゴン・ステイト大学は久しぶりにNCAAトーナメントに戻って来られるかもしれない。エースのTres Tinkle、NBAドラフト宣言を撤回したEthan Thompson、リムプロテクターのKylor Kellyがチームに残留したからだ。パック12は全体的に若干盛り返して来ているので、カンファレンス内でそこそこの成績を残せば、OSUのトーナメント出場は十分にあり得る。

注目選手: トレス・ティンクル(シューター/203cm/RS4年/#3)

Tinkle's 27 points, pair of late threes power OSU over Iowa State

18-19シーズンの成績(sports-reference.com

GMPFG3PTFTRASP
3036.548.3%32.9%77.0%8.13.81.720.8

OSUの注目選手は同大HCのWayne Tinkleの息子であるTres Tinkleだ。現時点では各モックドラフトにティンクルの名前は見つけられないが、最近のNBAではランドリー・シャメットやタイラー・ヒロー等シュート力に長けた選手は1年目から活躍する傾向にあり、ティンクルはまさにそのタイプとなり得るので、今後名前が登場する、あるいは指名される可能性はあるはずだ。

パック12

名称: Pac-12 Conference
愛称: パック12
設立: 1915年
所属校: 12校
HP: pac-12.com

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
UCLA(ロサンゼルス)は1967~73年の7連覇を含む合計11回のNCAAトーナメント制覇を誇る超名門だ。
USCロサンゼルスはUCLAと双璧を成すLAの名門大学だ。最近ではUCLAよりもリクルートに強い。
アリゾナ大学(アリゾナ州ツーソン)は1990年代にPac-12を代表するパワーハウスとなったが、プレー資格の無い選手の起用やリクルートの不正が発覚したためNCAAからの制約を受けて近年は弱体化を余儀なくされた。
アリゾナステイト大学(フェニックス)はジェームス・ハーデンの母校として有名だ。
オレゴン大学(オレゴン州ユージーン)はNIKEのスポンサードによる高いブランド力で毎年リクルートに成功している。
オレゴンステイト大学(オレゴン州コーバリス)はゲイリー・ペイトン父子を輩出した大学だ。
ワシントン大学(シアトル)は地元シアトルのキッズをNBA選手に仕立て上げることで有名だ。
スタンフォード大学(ベイエリア)は1980年代後半~00年代前半まではNCAAトーナメント常連校だった。現在は緩やかに下降気味だが、今でもNBA選手をちょいちょい輩出している。卒業生にはコリンズ兄弟(97-01)とロペス兄弟(06-08)の二組の双子ビッグマンがいる。
カリフォルニア大学バークレー校(ベイエリア)はケビン・ジョンソン、ジェイソン・キッド、アブドゥル-ラヒーム、最近ではジェイレン・ブラウン等を輩出している。ただ、2018-19はカンファレンス内で1勝もできなかった。
コロラド大学(デンバー)はコロラド州史上最高のプレーヤーと評されるチャウンシー・ビラップスの母校だ。
ユタ大学(ソルトレークシティー)は1990年代にアンドレ・ミラーやキース・バン・ホーンらを擁して最盛を迎えた。日系人初のNBA選手ワッツ・ミサカ氏の母校でもある。
ワシントンステイト大学(ワシントン州スポーケン)はワシントン州の”じゃない方”大学と評されているPac-12の残念なチームだ。が、2000年代に現バージニア大学HCのトニー・ベネットが就任して一時期は強かった。当時のエースがクレイ・トンプソンである。

パック12はアリゾナ大学とUCLAに代表されるカンファレンスだ。ただ、現在の勢力図はワシントン大学とオレゴン大学がリードしている状況となっている。PacはPacific(太平洋)の略で、 同連盟は西海岸で唯一のパワーカンファレンスである。Pac-12は各校共にリクルートは優れているのだが強くは無い。

チーム史

(1965-66): UCLAの10連覇を阻止したチーム

1965-66シーズン、オレゴン・ステイト大学は将来のNBA選手抜きのロスターでAAWU(パック12の前身)のカンファレンスタイトルを獲得した。当時、NCAAトーナメントへ出場できるのは各カンファレンスの優勝校だけだったため、当時NCAAトーナメントを2連覇中だったUCLAの3連覇の夢はOSUの前で儚くも砕け散ってしまった。UCLAは翌1967年から1973年まで怒涛のNCAAトーナメント7連覇を達成するので、もしこの年にOSUがタイトルを逃していたら、UCLAは10連覇を達成していたかもしれない。

ゲイリー・ペイトン(1987-90)

Gary Payton II has Made a Name for Himself at Oregon State

OSUのレジェンドは殿堂入りPGのゲイリー・ペイトンSrだ。ペイトンは1987~1990年の四年間でチームを3度のNCAAトーナメントと1度のNIT(NCAAトーナメント出場を惜しくも逃したチームを招待した大会)に導いた。


その後、息子のゲイリー・ペイトンJrもOSUに編入して父子共にOSU生となった。ペイトンJrがプレーしたのは2014~2016年の2年間だけだったが、2014年のギャンブリング・ステイト大学戦でOSU選手としては父親が達成して以来26年ぶりとなるトリプルダブルを達成した。

現地観戦

コーバリス(オレゴン州)

基本情報

標準時
(時差)
公共交通機関気候
(11~3月)
太平洋標準時
(-17時間)
ローカルバス最高気温: 15℃
最低気温: 3℃
詳細

オレゴン州コーバリスはポートランドとオレゴン大学のあるユージーンの間にある。同市はOSUを中心とした典型的な大学町だ。衣食住で困ることは無い。ローカルバスも走っている。気候はそこまで寒くは無いが雨が多い。

アクセス

日本から行く場合、ポートランドから長距離バスかレンタカーで行くことになる。所要時間は片道2時間ほどだ。

宿泊

ホテルはオレゴン・ステイト大学の近くが良い。

ホームアリーナ

基本情報

名称: Gill Coliseum
住所: 660 SW 26th St, Corvallis, OR 97331

OSUのホームアリーナはキャンパス内のGill Coliseumだ。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

合わせて行きたい: カスカディアエリア

カレッジフープスの記事

参考

OSU has tools for quick rebound next season(statesmanjournal.com)
Tres Tinkle College Stats(sports-reference.com)
Oregon State Beavers School History(sports-reference.com)
Oregon State’s Gary Payton II notches triple-double 26 years after his dad(pac-12.com)
コーバリスにおける平均的な気候(jp.weatherspark.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました