【NCAA】テキサス大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、各大学の記事は「近年の話」「チーム史」「現地観戦情報」の構成で各チーム(男子バスケ部)について紹介している。


ちなみに、俺達が記事にしている大学は実際に訪れた場所だけだ。もし俺達に紹介してほしい大学がある場合、サイドバーやフッターの投げ銭から1校につき現地観戦費用5万円で現地訪問して記事にするので、「遠戚を訪ね周る」「中高時代の同級生に急に連絡する」「プロミスに駆け込む」なりで都合をつけてくれ。

ということで、今回はテキサス大学についてだ。

テキサス大学

基本情報

名称: The University of Texas at Austin
愛称: Longhorns/UT
所属: Big 12 Conference
19-20: 19勝12敗
18-19: 21勝16敗
17-18: 19勝15敗NCAAトーナメント1回戦

Men's Basketball
The official Men's Basketball page for the University of Texas Longhorns

近年の話: ビッグマンのリクルートだけは強い

現HCシャカ・スマート(Shaka Smart)はビッグマンのリクルートに関しては全米トップだ。最近ではジャクソン・ヘイズ(2019年1巡目10位)、モー・バンバ(2018年1巡目6位)、ジャレット・アレン(2017年1巡目22位)、マイルズ・ターナー(2015年1巡目11位)がワン&ダンでオースティンを通過していった。一方、毎年勝率は5割を超える程度でNCAAトーナメントにも出場できれば御の字といった具合だ。

注目選手

カイ・ジョーンズ(2年/211cm/#22/ウィング)

カイ・ジョーンズ(Kai Jones)はサイズのあるウィングだ。ディフェンスやリバウンドの意識が高い。

グレッグ・ブラウン(1年/206cm/#4/フォワード)

Greg Brown Is a TEXAS Commit! — Official Mixtape

注目選手はグレッグ・ブラウン(Greg Brown)だ。ブラウンはファイブスターリクルートと評されている。

マット・コールマン三世(4年/188cm/#2/PG)

Matt Coleman III Top 5 Plays from 2019-2020 NCAA Season

もう1人の注目選手がマット・コールマン三世(Matt Coleman Ⅲ)だ。コールマン三世は高校時代にU18アメリカ代表としてモー・バンバ、ジャレット・アレン、HCシャカ・スマートと共に金メダルを獲得している。現段階ではNBAのロスタースポットを勝ち取れるかどうかの選手だが、スリーポイントが39.7%と高く、シューターとしても起用できるので、そこから一点突破してNBAで数年プレーできるかもしれない。

ビッグ・12・カンファレンス

詳細

名称: Big 12 Conference
愛称: Big 12
設立: 1994
所属校: 10校
HP: https://big12sports.com/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
カンザス大学(カンザス州ローレンス)はネイスミス博士が初代HCを務めた由緒正しいチームだ。近年は毎年優勝候補に挙げられている。
カンザスステイト大学(カンザス州マンハッタン)はトライアングルオフェンスが実践化された大学だ。イノベーターのテックス・ウィンターはその後フィル・ジャクソンの参謀となってブルズとレイカーズの優勝に貢献した。
テキサス大学(テキサス州オースティン)はケビン・デュラントの母校として有名だ。近年は強くは無いが、ビッグマンのリクルートは素晴らしく、ジャクソン・ヘイズ、モー・バンバ、ジャレット・アレン、マイルズ・ターナーがワン&ダンで通過していった。
テキサス工科大学は成り上がりのHCクリス・ビアードが就任して2019年にNCAAトーナメント決勝まで進んだチームだ。
ベイラー大学(テキサス州ウェイコー)は列車事故、度重なるNCAA規定違反、チームメイト殺人事件等、近年の強さとNBA選手輩出とは裏腹に暗い過去が多い。
テキサス・クリスチャン大学(ダラス)はピッツバーグ大学をNCAAトーナメント常連校に押し上げたジェイミー・ディクソンがHCに就任して以降、2018年に20年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たす等、早速結果を残している。
オクラホマ大学(オクラホマシティ)はフットボール校にも関わらず準優勝2回を含む合計5回のファイナル4進出を誇るチームだ。地元出身のブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングの母校でもある。
オクラホマステイト大学(オクラホマ州)は1945、46年にNCAA連覇を達成した古豪だ。出身者にはトニー・アレンやマーカス・スマートなどディフェンスのスペシャリストがいる。Class of 2020のトッププロスペクトの1人であるケイド・カニンガムがコミットした。
アイオワステイト大学はフレッド・ホイバーグの手腕で再興した。
ウェストバージニア大学はジェリー・ウェストの母校だ。日本ではアルバルク東京のスタッフの森高大氏が通っていたことで知られている。その森氏のコネなのかWVU出身の選手がBリーグにちょいちょい来ている。

ビッグ12はカンザス大学のカンファレンスだ。1994年にビッグ8・カンファレンスとサウスウェスト・カンファレンスが合併して誕生した。その後、所属校数は10校となったが、ネームバリューを維持するためビッグ12を名乗り続けている。勢力図はカンザス大学が安定して強く、その時調子の良い大学(初期はオクラホマ大学、数年前はISU、近年ではテキサス工科大学)が交代で出ては消えるといった状況だ。

チーム史

ジャック・グレイ&ブリー・ギルストラップ時代(1936-51)

主な実績
  • ファイナル4×2(1943、47)
  • エリート8(1939)
  • NIT(1948)

1938-39、テキサス大学は初開催されたNCAAトーナメントの出場8校の1校に招待された。本戦では1回戦で優勝校のオレゴン大学に敗れた。


しかし、1942年、アメリカは第二次世界大戦への参戦を表明し、グレイは海軍に入隊することになり、ブリー・ギルストラップ(Bully Gilstrap)が代理HCを務めることとなった。1942-43、ロングホーンズはグレイの他に主力選手数名も兵役で失ったのだが、バスケットボール部を休部する大学も多い中、何とか勝ち星を重ねてNCAAトーナメント出場を果たし、ファイナル4へと進出した。


戦争終結後、グレイはHC職に戻った。スレイター・マーティン(Slater Martin)も帰還した。マーティンは後に5度のNBAオールスターに選出されるテキサス大学最初のスター選手である。1946-47、役者が揃ったロングホーンズはレギュラーシーズンを24勝1敗で終えてNCAAトーナメント出場を果たし、1回戦でワイオミング大学を破って2回戦(準決勝)に進んだが、オクラホマ大学にレギュラーシーズン中のリベンジを果たされて初優勝はお預けとなった。

トミー・ペンダース時代(1988-98): バスケットボール、始めました。

主な実績
  • エリート8(1990)
  • スウィート16(1997)

1988年、トミー・ペンダース(Tommy Penders)がHCに就任し、テキサス大学は本格的にバスケ部に注力し始めた。


先述した通り、テキサス大学は既に2度のファイナル4進出を達成しているが、実はそれ以降はバスケットボールには注力していなかった。と言うのも、テキサスがフットボール州だったからだ。しかも、テキサス大学は当時からテキサス州のフットボールの象徴的存在だった。だから、誰もテキサス大学にバスケットボール部の強さを求めていなかったのだ。


もう1つの理由はテキサス州内にバスケットボールスクールが既に存在していたからである。1960年代、テキサス州内で2つの大学がバスケットボールで大成功を収めていた。1校は映画グローリーロードのテキサスウェスタン大学(現テキサス大学エルパッソ校)だ。当時、アメリカの保守的な地域の大学は黒人選手を一切リクルートしなかった。厳密に言えば、そもそも黒人学生が大学に入学することさえ許されていなかったのだが、テキサスウェスタン大学はそこに目を付けて他大学がリクルートしなかった優秀な黒人アスリートを次々と呼び込んで1966年にNCAAトーナメント制覇を成し遂げたのだ。


そして、もう1つがヒューストン大学だ。ヒューストン大学も黒人選手のリクルートで全盛期のUCLAと肩を並べるまでに至っていた。1968年、ヒューストン大学は世紀の一戦(Game of The Century)と呼ばれる試合で5万人以上の観衆とテレビ中継の前でカリーム・アブドゥル-ジャバー擁するUCLAから勝利を挙げた。その結果、”バスケ不毛の地”テキサス州でもバスケ人気に火が付き、1970年代後半以降はクライド・ドレクスラーら世紀の一戦世代の選手達がこぞってヒューストン大学に入学し、その後はファイ・スラマ・ジャマ(Phi Slama Jama)の愛称でテキサス州のバスケットボールスクールの名をほしいままにした。


しかし、1980年代後半、ヒューストン大学はドレクスラーとオラジュワンのNBA入りとキャンパス内のトラブルで一気に求心力を失った。その結果、テキサス大学にチャンスが舞い込んできたのである。


その後、ペンダースは10年間で8度のNCAAトーナメントに導き、なお且つ3名ものNBAドラフト1巡目指名選手を輩出し、テキサス大学は見事バスケットボールもちゃんとやっているという印象を世間に与えることに成功した。

リック・バーンズ時代(1998-2015): 全米トップ校の1つに!!

初のトップリクルート(1998-2003)

主な実績
  • ファイナル4(2003)

1988年、リック・バーンズ(Rick Barnes)が選手の支持を失ったペンダースに代わってHCに就任した。最初の3シーズンは平凡だったが、2001年にESPN第10位のTJ・フォードのリクルートで風向きが変わった。フォードはバーンズにとって初めてのトップリクルートだった。2002-03、フォードは年間最優秀選手賞を獲得する大活躍でロングホーンズをNCAAトーナメント南部地区の第1シード獲得に導いた。残念ながらカーメロ・アンソニーを止められず初優勝の夢は儚くも散ってしまったが、ロングホーンズは1947年以来のファイナル4進出を果たした。

リクルート大成功期(2003-11)

Kevin Durant's Texas mixtape | College Basketball Highlights
主な実績
  • エリート8×2(2006、08)

主なリクルート
2003年: PJ・タッカー
2004年: ラマーカス・オルドリッジ、ダニエル・ギブソン、マイク・ウィリアムス
2006年: ケビン・デュラント、DJ・オーガスティン、デイミオン・ジェームス
2007年: ゲイリー・ジョンソン
2009年: エイブリー・ブラッドリー、ジョーダン・ハミルトン
2010年: トリスタン・トンプソン、コーリー・ジョセフ

ファイナル4進出は「所詮はフットボール校」というテキサス大学の評価を覆した。2005-06、PJ・タッカー、ラマーカス・オルドリッジ、ダニエル・ギブソンの当時UT史上最も才能溢れるチームが誕生し、翌2006-07は彼らと入れ替わる形でケビン・デュラント、DJ・オーガスティンとデイミオン・ジェームスというトップリクルート3人が鳴り物入りで入学し、その後もエイブリー・ブラッドリー、ジョーダン・ハミルトン、トリスタン・トンプソン、コーリー・ジョセフといった1巡目指名選手達が続々と入学してきた。

凶作(2011-15)

Myles Turner – College Highlights | 2015 NBA Draft
主な実績
  • スウィート16(2014)

しかし、エリート8が限界だった。しかも、2011年以降は唯一の頼みの綱だったリクルートも凶作に入ってしまった。専ら大成したのは最終年にリクルートしたマイルズ・ターナー位だった。ファイブスターリクルートは他にもミック・カボンゴ(Myck Kabongo)とキャメロン・リドリーがいたが、両者共にNBAデビューすら果たせずに終わっている。

日本と所縁のある選手

ジョナサン・ホームズ(横浜)

ジョナサン・ホームズ(2011-15)は低迷期のテキサス大学のウィングとして活躍し、NBA下部リーグやヨーロッパを経て2018-19途中に横浜に加入したが、日本に馴染むことができず、僅か1試合の出場に留まった。

コナー・ラマート

コナー・ラマート(2012-16)は低迷中のテキサス大学のインサイドを支えた選手だ。ラマートは2016-17に広島で60試合に出場した後、翌2017-18に西宮ストークスで怪我で戦線離脱するまでの26試合をプレーし、2018-19は茨城ロボッツで41試合に出場した。

キャメロン・リドリー(広島&西宮): 元NBAプロスペクト

キャメロン・リドリー(2012-16)は元ファイブスターリクルートだった選手だ。残念ながら体重過多でカレッジでの活躍はNBAプロスペクトからは程遠いものだった。2016年、リドリーはシカゴ・ブルズのキャンプに参加した後に広島ドラゴンフライズと契約し、元同級生のラマートと再会したが、怪我で2016-17シーズンは僅か12試合の出場に留まった。その後、2017-18シーズン途中、西宮ストークスがラマートの代わりとしてリドリーを拾った

プリンス・イベ(横浜)

プリンス・イベは大学4年次(2015-16)にリドリーの戦線離脱によってチャンスを掴んだディフェンダーだ。2015-16、リドリーの出場時間がイベに周ってきた。イベはそのチャンスを活かしてディフェンダーとして頭角を現し、シーズン終了後にはカンファレンスの最優秀守備選手賞を獲得するまでに至った。Bリーグ経験は2018-19途中加入から20試合弱の出場がある。

現地観戦

詳細

ホームアリーナ

基本情報

名称: Frank Erwin Center
住所: 1701 Red River St, Austin, TX 78701

ロングホーンズのホームアリーナはキャンパス内にあるフランク・アーウィン・センターだ。オースティンのダウンタウンから約2km程の場所にある。しかし、現在、テキサス大学はキャンパス内に新アリーナのムーディー・センター(Moody Center)を絶賛建設中で、開業予定は2022年6月、予定通り行けば、2022-23からはムーディー・センターが新たなホームアリーナとなる。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

[/su_spoiler]

まとめ

テキサス大学には毎年ワン&ダンが濃厚なリクルート(特にビッグマン)が入学してくる。NBAプロスペクトウォッチとしてはチェックすべきチームだ。

関連記事

テキサスエリア

参考

2016 USA Men’s U18 National Team Finalized(usab.com)
All-American Greg Brown III commits to play for the Texas Longhorns(espn.com)
MATT COLEMAN III(texassports.com)
Texas Longhorns School History(sports-reference.com)
Texas Players In The NBA(basketball.realgm.com)
Remembering Slater Martin [Oct. 22, 2012](youtube.com)
Rick Barnes Leaves Clemson for Texas(web.archive.org)
Class of 2001: Top 100 seniors(espn.com)
Class of 2002: Top 100 seniors(espn.com)
コナー・ラマート(stats.basketballnavi.com)
キャメロン・リドリー&コナー・ラマート(広島ドラゴンフライズ)「地球の裏側で、バスケットボールと友情は続く」vol.2(sportsbull.jp)
Cameron Ridley(247sports.com)
昨季11月に左足アキレス腱断裂を負った広島のリドリー、インジュアリーリストから抹消(basketballking.jp)
横浜ビー・コルセアーズ、今季1試合出場のホームズが退団…「様々なコンディションの問題」で契約解除(basketballking.jp)
Moody Foundation donates $130M to UT; new arena to be named Moody Center(texassports.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました