【NCAA】オクラホマ大学

※本サイトは広告を含んでいます

オクラホマ大学

基本情報

名称: The University of Oklahoma
愛称: Sooners/OU
所属: Big 12 Conference
2022-23: 15勝17敗
2021-22: 19勝16敗

Men's Basketball - University of Oklahoma
The official Men's Basketball page for the University of Oklahoma

近年の話: 新陳代謝

近年の話
  • プロ転向/転校(2023)
    グラント・シャーフィールド(2022-23)→NBAドラフトEE
    ジェイレン・ヒル(2019-23)→UNLV
    ターナー・グローブス(2021-23)→選手資格満了
    ジェイコブ・グローブス(2021-23)→UVA
  • 新HCポーター・モーザー就任(2021)
  • ロン・クルーガー引退(2021)
  • NBA輩出
    オースティン・リーブス(2018-21): 元ウィチタステイト大学
    アロンデス・ウィリアムス(2019-21)
主な選手(2023-24)備考
ミロス・ユゼン元★4
オクラホマ大学(2022-)
ジェイビアン・マカラムシエナ大学(2021-23)
トップ編入生(2023)
ジョン・ハグリーピッツバーグ大学(2020-23)
トップ編入生(2023)
リボルド・ソアーズサウスプレインズ短大(2019-21)
オレゴン大学(2021-23)
上位編入生(2023)
ジェイロン・モアジョージア工科大学(2021-23)
上位編入生(2023)
リトレイ・ダーサードマコック短大(2019-20)
UVU(2020-23)
上位編入生(2023)
ケイデン・クーパー★4
ジェイコブ・コール★3-4

2021年、老兵ロン・クルーガー(Lon Kruger)がHC業からの引退を発表した。後任にはポーター・モーザー(Poter Moser)が採用された。同氏はミッドメジャーのロヨラ大学(シカゴ)をファイナル4やスウィート16進出に導いている。

ビッグ・12・カンファレンス

基本情報
所属校(大まかな所在地)
ウェストバージニア大学は現役最多勝利のボブ・ハジンスがHCを務めている。
シンシナティ大学(オハイオ州)*はNCAAトーナメント連覇とオスカー・ロバートソンを輩出した古豪だ。
セントラルフロリダ大学(オーランド)*はタッコ・フォールの出身校だ。
カンザス大学(ローレンス)は初代HCジェームス・ネイスミス博士に始まる正統派だ。
カンザスステイト大学(マンハッタン)はトライアングルオフェンスの実戦導入成功で知られている。その後、テックス・ウィンターはフィル・ジャクソンの参謀となった。
アイオワステイト大学は2010年代前半にフレッド・ホイバーグの手腕で再興した。
オクラホマ大学(オクラホマシティ)はフットボール校にも関わらず合計5回のファイナル4進出を誇る。地元出身のブレイク・グリフィンとトレイ・ヤングも通っていた。
オクラホマステイト大学(タルサ-オクラホマシティ)は1945、46年にNCAA連覇を達成した古豪だ。最近ではケイド・カニンガムがプレーしていた。
テキサス大学(オースティン)はケビン・デュラントの母校として有名だ。近年はジャクソン・ヘイズ、モー・バンバ、ジャレット・アレン、マイルズ・ターナー、グレッグ・ブラウンがワン&ダンで通過していった。
テキサス・クリスチャン大学(ダラス)は、ジェイミー・ディクソンがHCに就任して以降、2018年に20年ぶりのNCAAトーナメント出場を果たす等、早速結果を残している。
ベイラー大学(テキサス州ウェイコー)は列車事故、度重なるNCAA規定違反、チームメイト殺人事件等を乗り越えて2021年にNCAAトーナメント初制覇を成し遂げた。
テキサス工科大学は2019年にNCAAトーナメント決勝まで進んだ。
ヒューストン大学*は1980年代にクライド・ドレクスラーとアキーム・オラジュワン等を擁したダンカ―集団”Phi Slama Jama”で一世を風靡した。
ブリガム・ヤング大学(ユタ州)*はジマー・フレデッテが一世を風靡した。
*新加入(2023年)

ビッグ・12・カンファレンスは1994年にビッグ・8・カンファレンスとサウスウェスト・カンファレンスが合併して誕生した。勢力図はカンザス大学+一時的に好調な大学が交代で出てくる状況だ。2023年7月、シンシナティ大学+UCF+ヒューストン大学+BYUが加入した。一方、2024年にテキサス大学とオクラホマ大学がSECに移籍してしまう。

チーム史

ブルース・ドレイク時代(1938-55): 中西部屈指の強豪

主な成績
  • NCAAトーナメント準優勝(1947)
  • ファイナル4(1939)
  • エリート8(1943)
中西部の強豪

第1回NCAAトーナメント出場(1938-39)
1938年、卒業生のブルース・ドレイク(Bruce Drake)がHCに就任した。1938-39、オクラホマ大学は11勝8敗ながらビッグ・6・カンファレンスを制覇し、第1回NCAAトーナメントから招待を受け、本戦では初代王者オレゴン大学に敗れたものの、1回戦を突破してファイナル4進出を果たした。

元祖スーターガード
第二次世界大戦後、元コンセンサス・オール-アメリカンのアーリー・ペイン(Allie Paine)が徴兵から戻ってきた。1946-47、オクラホマ大学はビッグ・6・カンファレンスを制し、NCAAトーナメント1回戦と2回戦を突破して決勝戦まで勝ち上がった。

@b_o_bros
@b_o_bros

決勝戦はボブ・クージーのホーリークロス大学に完敗に終わった。

五輪代表コンビ結成
その後、オクラホマ大学はウェイン・グラスゴー(Wayne Glasgow)とマーク・フレイバーガー(Marc Freiberger)の1952年ヘルシンキ五輪代表デュオを結成したものの、両者の在籍期間中にNCAAトーナメント出場を果たせなかった。そして、1954-55、ブルース・ドレイクは3勝18敗の責任を取って身を引いた。

ルール整備

一方、ブルース・ドレイクはルール配備にも尽力した。最も分かりやすいのがNCAAで1944年にプロリーグよりも早く導入されたゴールテンディングだ。

デイブ・ブリス時代(1975-80): 約30年ぶりのNCAAトーナメント出場

主な成績
  • スウィート16(1979)

1975年、デイブ・ブリス(Dave Bliss)がHCに就任した。同氏はインディアナ大学とアーミー(陸軍士官学校)でボブ・ナイト(Bob Knight)のアシスタントコーチを務めていた人物だ。1978-79、オクラホマ大学はそこその成績から運良くビッグ・8・カンファレンスのカンファレンストーナメントを勝ち上がり、約30年ぶりにNCAAトーナメント出場を果たした。

@b_o_bros
@b_o_bros

久しぶりのビッグダンスは2回戦でラリー・バードのインディアナステイト大学に為す術無く完敗して終わった。

ビリー・タブス時代(1980-94): 最も地味な無冠の帝王

主な成績
  • 準優勝(1988)
  • エリート8(1985)
  • AP最終週1位(1990)
  • 第1シード獲得×3(1988、89、90)
ウェイマン・ティスデイル(1982-85)

初の大仕事
1980年、オクラホマ大学はビリー・タブス(Billy Tubbs)をHCに抜擢した。1982年、同氏はオクラホマ州タルサ出身のウェイマン・ティスデイルのリクルートの大仕事を成し遂げた。

@b_o_bros
@b_o_bros

ウェイン・ティスデイルはバス奏者としても知られている。実際、ビリー・タブスはリクルート時に「日曜日に父親の教会でバスを演奏したい」との要望を酌んで練習日程調整の約束をしていた。

同大史上最高のリクルート
1982-83、ウェイマン・ティスデイルは平均24.5P/10.3Rの活躍でチームをNCAAトーナメントに導き、自身は1年生ながらコンセンサス・オール-アメリカンの1stチームに選出された。

優勝候補に名乗り上げ
翌1983-84、オクラホマ大学はウェイン・ディスデイルの年連続でコンセンサス・オール-アメリカンの1stチーム入りの活躍でビッグ・8・カンファレンスのリーグ戦制覇とUNLV戦勝利でAP通信の最終週7位でNCAAトーナメントに出場した。

NCAAトーナメント実績
そして、1984-85、オクラホマ大学はNCAA D1トップの攻撃力でビッグ・8・カンファレンスのリーグ戦とカンファレンストーナメントを制し、見事に中西部地区第1シードでNCAAトーナメントに臨み、本戦でもスウィート16でカール・マローン(ルイジアナ工科大学)を2OTの末に突破し、近代NCAAトーナメント以降では初の実績を残した。そして、ウェイマン・ティスデイルは3回目のコンセンサス・オール-アメリカンの1stチームに選出を果たした。

ビリー・ボール(1985-90)
主な選手
  • ステイシー・キング(1985-89): 全体6位指名
  • ハーベイ・グラント(1985-88): 全体12位指名
  • ムーキー・ブレイロック(1987-89): 全体12位指名

ビリーボール爆誕
1987年、ビリー・ダブスはステイシー・キングとハーベイ・グラントの下に短大編入生もムーキー・ブレイロックを加えた。そして、1987-88、オクラホマ大学は平均100点越えの超攻撃的なチームへと変貌を遂げ、ビッグ・8・カンファレンスのリーグ戦とカンファレンストーナメントの両方を制覇し、NCAAトーナメントでも快勝に次ぐ快勝で40年以上振りの決勝戦進出を果たしたものの、ダニー・マニング(31P18R)を止められず、またとない優勝の機会を逃した。

@b_o_bros
@b_o_bros

カンザス大学は「21勝11敗(NCAAトーナメント前)」「第6シード」「オクラホマ大学戦2敗」と苦しいシーズンを送っていた。

ビリーボール健在
翌1988-89、オクラホマ大学はハーベイ・グラントの離脱を物ともせずに相変わらずの非常なビリーボールを続け、再び第1シードから優勝を狙いに行ったものの、3回戦でバージニア大学に敗れ、雪辱を果たせずに終わった。そして、その後、ステイシー・キングとムーキー・ブレイロックはプロへと旅立った。

第4の男
1989-90、主力3名の離脱でビリーボールは終焉を迎えると思われた中、オクラホマ大学はスキーター・ヘンリーを筆頭に計6名の平均二桁得点選手で平均100点越えを保ち、第1シード獲得で3度目の正直に挑んだものの、第8シードのノースカロライナ大学にまさかのアップセットを食らって最悪の結果に終わった。

@b_o_bros
@b_o_bros

1988-89&1989-90、実は平均得点順位はロヨラ・メリーマウント大学に次ぐ2位だった。LMUは超攻撃的HCポール・ウェストヘッドがハンク・ギャザーズとボー・キンブルを率いて超攻撃的なチームを組織していた。

衰退(1990-94)

その後、ビリーボールは1990年のスキーター・ヘンリーとウィリアム・デイビスのプロ転向に伴って消滅した。その結果、最後4シーズンは僅か1度のNCAAトーナメント出場に留まった。

ケルビン・サンプソン(1994-2006): スタープレーヤー無しでファイナル4へ

主な成績
  • ファイナル4(2002)
  • エリート8(2003)
  • スウィート16(1999)
大変身

1994年、ケルビン・サンプソンがHCに就いた。サンプソンはタブスとは正反対にディフェンスを重視するコーチだ。

ノースターチーム

ノーマークから優勝圏内へ
2001-02、オクラホマ大学は「100点ゲーム勝利×3」や「AP2位メリーランド大学戦勝利」を含む13連勝で評価を高め、ビッグ・12・カンファレンスではリーグ戦を13勝3敗で終え、カンファレンストーナメントをAP1位のカンザス大学を抑えて優勝し、西地区第2シードから下位ラウンドを順当に勝ち上がり、スウィート16でルーク・ウォルトン、チャニング・フライ、サリム・スタウダマイヤー、ウィル・バイナムのNBA軍団アリゾナ大学を突破し、第12シードのミズーリ大学のシンデレラランを止め、ファイナル4へと進出した。

@b_o_bros
@b_o_bros

準決勝の対戦相手のインディアナ大学はサプライズチームだった。同校は開幕前に”顔”ボブ・ナイトの解任を断行して代理HCマイク・デイビス体制でシーズンに臨んでいた。

優勝候補
翌2002-03、オクラホマ大学は主力メンバーの残留で開幕前に優勝候補に挙げられながら徐々に評価を落としていたものの、一方でカンザス大学とテキサス大学の自爆が味方し、見事にビッグ・12・カンファレンスのカンファレンストーナメント優勝を果たし、結局は優勝校のカーメロ・アンソニーのシラキュース大学に敗れたものの、西地区第1シードからエリート8まで勝ち進んだ。

リクルート改善

その後、オクラホマ大学はリクルートを向上させながらNCAAトーナメント出場に留まった。そして、2007年、ケルビン・サンプソンはNCAAトーナメント出場11回/12年の実績を買われてインディアナ大学に移った。

ジェフ・キャペル時代(2006-11): 地元のスーパー高校生ブレイク・グリフィン

主な成績
  • エリート8(2009)
地元のスーパー高校生: ブレイク・グリフィン

2006年、ジェフ・キャペル三世(Jeff CapelⅢ)がHCに就任した。同氏はNCAA D1コーチを父に持ち、デューク大学で4年間マイク・シャシェフスキーの指導を受け、最近ではコーチKの後任候補に名前が挙がる程だった。その後、2007年、地元出身のスーパー高校生ブレイク・グリフィンが降臨し、翌2008年、マクドナルド・オール-アメリカンのウィリー・ウォーレンも入学した。そして、2008-09、オクラホマ大学はNBAプロスペクトのデュオの活躍で開幕26試合を25勝1敗で終え、2月中にAP通信に2位に評され、南地区第2シードから1~3回戦を突破し、優勝校ノースカロライナ大学に敗れたものの、エリート8進出を果たした。

@b_o_bros
@b_o_bros

ノースカロライナ大学は最優秀選手賞タイラー・ハンズブロー&最優秀PGタイ・ローソンのダブルエース+ウェイン・エリントン&ダニー・グリーンのシューター2枚+補欠エド・デイビスとタイラー・ゼラーでバロック建築ばりの豪華絢爛さを誇っていた。

ポスト-グリフィン期

実力維持の難しさ
ブレイク・グリフィン去就後、成績は下降した。2009-10、オクラホマ大学はマクドナルド・オール-アメリカンのトミー・メイソン-グリフィンとキース”タイニー”ガロンを擁しながら13勝18敗と負け越しに終わった。その後、NBAポテンシャルトリオ全員がチームを離れた。そして、翌2010-11、同校はシーズン中盤に7連敗を喫し、観客動員数も減少し、14勝18敗でシーズンを終えた。言わずもがな、ジェフ・キャペルはHCを解任された。

リクルート不正
その後、リクルート不正も発覚した。NCAAは「コーチングスタッフ1名がフロリダ州の金融アドバイザ―を通じてキース・ガロンに$3000を渡していた」と報告している。その結果、オクラホマ大学は「2009-10の成績抹消」「20010-11の奨学金枠1名分の低減」等の制裁を受けることとなった。

@b_o_bros
@b_o_bros

ガロンのリクルートの不正に関してキャペルの関与は無かったとされているが、HCが部下の不正を知らないはずが無く、不正が発覚した場合に「全てはアシスタントコーチが勝手にやった」とするのはコーチ界の常套手段となっている。

ロン・クルーガー時代(2011-21)

主な成績
  • ファイナル4(2016)
  • エリート8(2015)
上級生トリオ(2014-16)
主な選手
  • バディー・ヒール(2012-16)
  • アイザイア・カズンズ(2012-16): 2016年2巡目59位
  • ライアン・スパングラー: 川崎でプレー

2011年、老兵ロン・クルーガー(Lon Kruger)がHCに就任した。2014-15、オクラホマ大学は3年生中心のチームでエリート8に進出した。そして、翌2015-16、前年度の主力メンバーは中盤に3週連続AP1位のパフォーマスを見せて優勝争いに名乗りを上げ、惜しくも優勝こそならなかったものの、ファイナル4進出を果たした。

引退(2016‐21)
主な選手
  • トレイ・ヤング(2017-18)
  • オースティン・リーブス(2018-21): 元ウィチタステイト大学
  • アロンデス・ウィリアムス(2019-21)

しかし、2016-17、オクラホマ大学は主力選手の離脱で負け越しでシーズンを終えた。その後、翌2017-18、同校は地元出身のトレイ・ヤングが加入し、一時はAP4位に評されたものの、結局はNCAAトーナメントで1回戦敗退で終わった。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: Lloyd Noble Center
住所: 2900 S Jenkins Ave, Norman, OK 73019

ホームアリーナはキャンパス内にあるロイド・ノーブル・センター(Lloyd Noble Center)だ。同施設へはオクラホマシティのダウンタウンから一応はローカルバスでアクセス可能だ。

チケット

ハイメジャー校は試合によってはチケットが売り切れる。あるいは、会場購入の場合、列に並ぶ必要が出る。そのため、チケットは事前のオンライン購入が無難だ。

グッズ

カレッジグッズの種類
主な商品
  • 一般ファングッズ
    ジャージー(選手名+番号無し)/Tシャツ/ショーツ/スウェット/日用雑貨等
  • NIL
    選手名+番号入りジャージー/Tシャツ/実着品/サイン/写真/NFT/トレーディングカード/プレーヤーオウンブランド品/ビデオメッセージ等

公式サプライヤー品(アパレル)
公式サプライヤー品は当該大学運動部の実用品提供メーカーの製品だ。NCAA D1校の運動部はナイキ(ジョーダン)、アディダス、アンダーアーマー、ニューバランスのいずれかと公式サプライヤー契約を結んでいる。2010年代後半まではラッセル(Russell Athletic)もいくつかのサプライヤーを務めていた。一般的に契約は数年単位だ。鞍替えも起こる。各校のサプライヤーの確認はユニフォームのロゴで可能だ。

公式ライセンス品(アパレル/日用雑貨)
数多のメーカーが大学からロゴ等の商業利用許可を貰って商品を販売している。最たる例が日本でも定番のカレッジトレーナーだろう。そして、実は競合メーカーのライセンス品も当たり前だ。例えば、デューク大学(ナイキ校)のアディダスやアンダーアーマー社製品もキャンパス内で売られている。

NIL商品
NILは選手関連商品だ。2021年7月、NCAAは学生アスリート達のNIL(Name-Image-Likeness)のマネタイズを解禁した。主要メーカー製の選手名+番号のジャージー販売は「2022‐23: 超人気校のフットボール」「2023-24: 人気校のバスケットボール」と始まったばかりである。販路は「大学公式店(実店舗/オンラインストア)」「選手個人サイト/SNS」「サードパーティーマーケットプレイス」と多岐に渡る。

コレクターズアイテム(流通品)
コレクターズアイテムは読んで字のごとく収集目的の製品だ。特に人気の収集対象はイヤーブック(雑誌)だろう。

スニーカー
特に地方限定販売/支給オンリーのカレッジカラー版は高い人気を誇っている

バスケットボールシューズ購入の基礎知識
メーカー直営店、ブティック、スニーカーチェーン、即売会等について紹介!!

レプリカ
現存のカレッジジャージーはカスタム品(大学名のみのジャージーに自身で番号と選手名を追加) or 非公式レプリカ品だ。NCAAは2021年7月まで現役選手の名前&番号記載商品の販売を禁止していた。そのため、NIL解禁以前、ファンは大学名のみのジャージ(番号&名前無し)に専門業者やDIYで番号と選手名を張り付けるか、あるいは非公式レプリカジャージを購入していた。過去の選手のジャージは販売されている。例えば、ナイキはアンソニー・デイビス(ケンタッキー大学)のジャージやベン・シモンズ(LSU)のTシャツを販売している。

NCAAグッズ販売店
NCAAグッズ販売店
  • 直営店
    NCAAショップ*: NCAA D1全校
    カンファレンスストア*: カンファレンス所属校
    ブックストア(カレッジストア)
    チームストア
  • 一般小売店
    スポーツ用品店
    -DICK’S SPORTING GOODS
    デパート
    -Macy’s/JCPenny/Kohl’s/Nordstrom
    ファンショップ
    -Locker Room By Lids/Fanzz/Just Sports/Rally House
*実店舗無し

直営店
NCAAはNCAAショップを運営している。品揃えはNCAA D1全校だ。また、多くのカンファレンスストアもカンファレンスストアを申し訳程度で構えている。モチベーションは軒並み低い。そして、ブックストア(カレッジストア)は教科書+アパレル+日用品+土産の雑貨屋だ。米国の大学生は基本的に寮やキャンパス付近で生活している。そのため、品揃えはカレッジロゴや名前入りの生活必需品だ。場所はキャンパス内or付近にある。一部の強豪校はアリーナやスタジアムにチームストアも持っている。品揃えはブックストア(カレッジストア)に劣る。

Access Denied

ファナティクス
ファナティクス社は世界中のスポーツチームのグッズ販売の裏方企業だ。実際、NCAAショップ+カンファレンスストア+チームストアはファナティクス式の設計になっている。一方、同社は世界各エリア向けの自社サイトでそれぞれのエリアの人気スポーツリーグのグッズを販売している。そして、北米系サイトは全NCAA D1校のグッズを取り扱っている

@b_o_bros
@b_o_bros

例えば、ファナティクスでは大谷翔平選手(MLB)と八村塁選手(NBA)と角田裕毅(F1)のグッズのまとめ買いが可能だ。

選手個人サイト/SNSアカウント
NILグッズは選手個人のホームページやSNSアカウント等でも売られている。

一般小売店
最大手ディックズ・スポーティンググッズは「地元プロチーム」「同州の代表的な大学」「最寄り大学」のアパレルを置いている。狙い目は型落ち品のセールだ。大手デパートチェーン4社はそれぞれのファングッズ/アスレティックアパレルコーナーでカレッジグッズを売っている。ファンショップは全米の人気校のグッズを置いている。

NCAAグッズ購入の基礎知識
NCAAグッズの種類、現地の店舗の巡り方、海外サイトの利用方法(関税&送料)等について徹底解説!!

関連記事

テキサスエリア

NCAA基礎講座

大学一覧

大学一覧
NCAA D1大学一覧(当ブログ掲載のみ)

バスケ留学解説

【バスケ留学解説】富永啓生選手編(完全版)
富永啓生選手、レンジャーカレッジ、NJCAA、ネブラスカ大学について解説!!

NCAAの視聴方法

日本からアメリカのインターネットテレビでNBAとNCAAを視聴する方法
日本からアメリカのインターネットテレビと契約する方法の解説!!
日本から「ESPN+」を利用する方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!
日本から「ESPN PLAYER」を利用する方法(サービス終了)
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!

参考

Oklahoma Players In The NBA(basketball.realgm.com)
Oklahoma Sooners School History(sports-reference.com)
Bruce Drake(hoophall.com)
Tisdale reaches for his biggest rebound(espn.com)
Oklahoma basketball: Remembering ‘Billy Ball’ 30 years later(stormininnorman.com)
Coach Jeff Capel fired at Oklahoma(espn.com)
Oklahoma admits major violations(espn.com)
Oklahoma placed on 3 years’ probation(espn.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました