【現地観戦】クレジットカードの基礎知識

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦の基礎知識」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

今回は現地観戦時の支払いについてだ。

実質的にクレジットカード無しに現地観戦は行けない。アメリカ(カナダ)に旅行に行く場合、ESTA(eTA)と呼ばれる渡航認証に申し込まなければならないのだが、ESTAとeTAの申請料の支払いにクレジットカード(本人名義が超望ましい)が必要となるからだ。

概要: 「後払い」ができるカード

簡潔に言えば、クレジットカードは「後払い」ができるカードだ。本来、クレジット(credit)とは「信用」という意味だが、クレジットカードは「この人は後で必ずお金を払う」というその人の社会的信用を担保としてクレジットカード会社がその人の代わりに買い物時の支払いを済ませてくれる仕組みになっている。そして、利用者は1ヶ月の利用分を「1回払い」「分割払い」「リボ払い」のいずれかの形で毎月請求額をクレジットカード会社に支払う。通常、引き落としは翌月だ。例えば、1月に総額10万円の買い物をした場合、翌2月に10万円が銀行口座から引き落とされる。

メリット/デメリット

メリット

詰まる所、注意点は計画的に利用することだけだ。クレジットカードは自分の支払い能力の範囲内で利用する分にはメリットしかない。利用者は「面倒な現金の持ち運びや取り出しの省略」「ポイントやマイルの還元」「その他の優待サービス」といった恩恵を受けられる。だから、クレジットカードは「1回払い(手数料無し)」で利用するのがメリットだけを得るための大原則だ。

デメリット

一方、クレジットカードは「分割払い」「リボ払い」「キャッシング」を利用した場合は高い手数料や利息を利用者に請求する。そして、支払いが滞納した場合、数年間、個人信用情報機関のブラックリストに自分の名前が載ることになる。ブラックリストに名前が掲載されている場合、「クレジットカードの新規作成」「就職」「賃貸契約」「ローンや融資」等の審査に通らない可能性が高まる。

支払い

一回払い(手数料無し)

「1回払い」はそのままの通りその商品を1回で支払うことだ。つまり、先程の1月の航空券とチケット代10万円の支払いがまさに「1回払い」にあたる。1回払いには手数料はかからない

分割払い(手数料有り)

「分割払い」は支払いを2回以上に分けることだ。例えば、1月に9万円の航空券を2回払いで購入した場合、2月と3月に4万5千円ずつ引き落とされる。もし3回払いにした場合は2月、3月、4月に3万円ずつの引き落としとなる。そして、往々にして分割払いは手数料が発生する。

リボ払い(手数料有り)

「リボ払い」は支払いの総額を毎月の定額制にすることだ。例えば、1月の総額10万円の支払いを毎月5万円のリボ払いにした場合、2月の引き落としは5万円になる。仮に2月に再び10万円分何かを買ってそれも5万円のリボ払いとした場合、3月の引き落としも5万円になり、全ての支払いが終わるまで毎月一定額を支払い続けることになる。リボ払いにも手数料が発生する。

海外ショッピング手数料

先述した通り、日本でクレジットカードを「一回払い」で利用した場合は利用者に手数料が課せられることは無いのだが、海外でクレジットカードを使用した場合は各ブランドの事務手数料が発生する。手数料はVISA、Mastercard、JCBは1.6%だが、ステータスカードのAMEXは2%程度となっている。

クレジットカードの儲けのカラクリ

  1. 加盟店からの手数料
  2. 「分割払い」「リボ払い」「キャッシング」の利息や手数料
  3. 「年会費/入会費」

加盟店からの手数料

クレジットカードは加盟店からの手数料を取っている。例えば、書店で1000円の本の支払いにクレジットカードを利用した場合、書店は1000円の数%分の手数料をクレジットカード会社に支払っている。各社が競ってポイントや優待で利用者や利用頻度の増加を狙っているのもクレジットカードが使われれば使れた分だけ加盟店から手数料を得られるからである。

利息と手数料

加えて、クレジットカードは「1回払い」であれば手数料は発生しないのだが、「分割払い」「リボ払い」「キャッシング」を利用すれば利息や手数料を払わなければならず、それらがクレジットカード会社の利益となっている。

年会費/入会費

また、「年会費/入会費」がクレジットカード会社の利益となっているが、クレジットカード会社はできるだけ利用者にクレジットカードを使って貰いたいと思っているため、気軽にクレジットカードを持ってもらおうと考えているカードも多い。

ブランド

ブランド

ブランド特徴
VISA・世界最大シェア
・世界中で利用可
Mastercard・世界第2位
・世界中で利用可
JCB・日本産
・日本国内、韓国、東南アジア、ハワイ等で利用可
American Express・ステータス
・手数料が高い
・世界中で利用可(加盟していない店も多い)
NBA全体+複数の球団と個別提携
ダイナースクラブ・ステータス
・極一部の場所で利用可

ブランドは決済会社だ。クレジットカードはVISA、Mastercard、American Express、JCBの最低1社と契約している。申し込み者は申込時にブランドを選べる。例えば、楽天カードはVISA、マスターカード、JCB、アメックスで作ることが可能だ。

VISA

最もオススメなのはVISAだ。VISAは世界全体の50%以上のシェアを誇っている。最低1枚はVISAで作るべきだ。

JCB

JCBは日本産のブランドだ。JCBは日本で利用する分にはVISAやマスターカードよりも多少はメリットがあるのだが、日本国外は韓国、台湾、東南アジア、ハワイといった日本人が訪れる場所以外ではほとんど使えない。

アメリカンエクスプレス(AMEX)

  • NBA: ジャージー交換/NBA2kのゲーム通貨
  • ブルックリン・ネッツ: チームストアでレジを通さずに商品購入可
  • ロサンゼルス・レイカーズ: チケットのセール等
  • ボストン・セルティックス
  • マイアミ・ヒート
  • シカゴ・ブルズ

アメリカンエクスプレスは最も旅行者寄りのカードだ。同社は金融だけのVISAやマスターカードとは異なって旅行業も営んでいる。そして、アメックスは「NBA全体」と「複数の球団」とパートナーシップ契約を結んでいる。特に面白いのがジャージー交換だ。ジャージー交換はアメックス支払いで購入したジャージーの選手が購入1年以内に他球団に移籍や背番号変更を行った場合にジャージーを交換できるサービスである。

ダイナースクラブは作る必要は無い。

ランク

クレジットカードの中には「一般」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ or ブラック」といったランクを持ったカードが存在する。通常、一般カードは年会費は無料~数千円程度だが、上位カードは年会費が上がる一方で保険、高いポイント還元率、様々な優待、利用限度額の上昇等のさらなる特典がある。加えて、プラチナやブラックといったランクもある。プラチナやブラックはカード側からの招待制(自分からは申し込めない)の場合が多い。

プロパーカード/提携カード

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードの2種類が存在する。プロパーカードは上記のブランドが直接発行しているカードだ。一方、提携カードは楽天カードのような企業とブランドが提携して発行しているカードである。一般的にはプロパーカードを持っていることは一種のステータスとなっている。

特典

  • 毎年現地観戦に行く予定→マイル
  • 毎年行くつもりはない→ポイント

マイル

もし毎年現地観戦に行くつもりならば、マイルが貯まるクレジットカードがオススメだ。マイルの貯まり方には「利用額毎にマイルが貯まる」と「マイルに交換可能なポイントが貯まる」の2種類ある。

【現地観戦】マイル
マイルについて紹介&解説

ポイント

もし飛行機に乗る回数が少ない場合、ポイントが貯まりやすい(還元率1%以上=1P/100円)カードがオススメだ。現地観戦は4泊6日のロサンゼルス旅行でも往復航空券10万、宿泊(4泊)2万、チケット(3試合)3.5万、グッズ2.5万、食費2万、諸費1万円で20万円程の買い物になる。そして、もし旅費をクレジットカード(還元率1%)で支払った場合、2000円分のポイントが返ってくる。2000円はセール中のTシャツやキャップ、NBAの最安チケット、食費2~3食分の賄い分、土産代に充てられる。

海外旅行保険

クレジットカードには往々にして海外旅行保険が付帯している。海外旅行保険とは渡航先での怪我、病気、破損、盗難等の負担金をカバーする保険のことだ。補償の条件、範囲、限度額等はカードによって異なる。但し、アメリカは医療費が高いためクレジットカードの海外旅行保険で全てをカバーできるとは限らなず、結局、保険は保険で別個に契約する必要がある。

オススメのクレジットカード

  1. VISA or Mastercard
  2. マイル or ポイントが貯まる

楽天カード(全員)

基本情報
  • 年会費: 永年無料
  • ブランド: VISA、Mastercard、AMEX、JCB
  • ポイント還元率: 1%(100円につき1ポイント)
  • 海外ショッピング手数料: 1.60~2.00%
  • 海外旅行保険: 利用付帯
  • 入会特典: 数千ポイント付与

取り敢えず「楽天カード」は持っていて損はない。年会費は永年無料だ。つまり、急に年会費が有料になることはない。むしろ楽天カードはちょっとした利用でもポイントが貯まるため得が多い。何よりもポイント還元率が「通常の1%+ボーナスポイント」と非常に高い。しかも、楽天ポイントは吉野家やマックなどの超ド定番の店でも貯まる。そして、楽天トラベルの利用でもポイントは貯まる。加えて、入会特典で5000ポイント程度が付与される。だから、楽天カードは入会特典目当てでも良いので作るべきだ。

エポスカード(初心者向け)

※2021年10月時点
基本情報
  • 年会費: 無料
  • ブランド: VISA
  • ポイント還元率: 0.5%(1P/200円)+主要サイトでは×数倍
  • 海外ショッピング手数料: 1.63%
  • 海外旅行保険: 自動付帯
  • 入会特典: 数千ポイント付与

エポスカードは海外旅行に必携のカードだ。理由は自動付帯の海外旅行保険である。一般的に年会費無料のカードはそもそも海外旅行保険が無いか、あるいは付帯に一定の条件が設けられているのだが、エポスカードは持っているだけで小規模の海外旅行保険に加入したことになる。また、ポイント還元率は通常は0.5%なのだが、主要サイトではポイント還元率がアップするため、特に大きな買い物になる旅行は一気にポイント還元が見込まれる。

ソラチカカード

基本情報
  • 年会費: 2200円(初年度無料)
  • ブランド: JCB
  • Oki Dokiポイント
    5 or 10ANAマイル/1000円
  • メトロポイント
    東京メトロの乗車(5~15P/回)
    加盟店や自販機でのPASUMO支払い(1P/100~200円)
    →100P=90ANAマイル
    ※1P=1円でPASMOにチャージ可
  • 入会特典: 数千ANAマイル

ソラチカカードは東京近郊在住者にオススメの1枚だ。最大の特徴はJCBのOki Dokiポイントと東京メトロのメトロポイントの2つのANAマイル変換可能ポイントが貯まる点である。まず、ソラチカカードではOki Dokiポイントの代わりにANAマイルが付与される。次に、付帯のPASMOを東京メトロの乗車やメトロポイントPlus加盟店や自動販売での支払いに利用することでメトロポイントが貯まる。メトポは100Pで90ANAマイルに変換できる。一方、注意点はブランドが北米ではほとんど使えないJCBしかない点だ。だから、専らソラチカカードは日本でマイルを貯めるためだけの利用になる。

イオンJMBカード

イオンJMBカードはイオンヘビーユーザーにオススメだ。最大の特徴はイオン系列店の利用でJALマイルが貯まる点である。JALマイルは通常はクレジットカードショッピング or WAON(イオンの電子マネー)の利用額200円毎に1JALマイルが貯まる。「お客様わくわくデー(毎月5、15、25日)」にイオン系列店で買い物をした場合は200円毎に2JALマイルが付与される。加えて、ブランドは「VISA」「MASTER CARD」「JCB」から選べる。だから、旅行先でも利用が可能だ。さらには、年会費も無料である。

SPGカード

スターウッド・プリファード・ゲスト・カードは現地観戦ガチ勢向けのカードだ。SPGカードは兎にも角にもマリオットボンボイの提携が強い。まず、マリオットボンヴォイポイントは主要航空会社と「1P=1マイル+ボーナスマイル」で交換することができる。しかも、還元率は3%(3P/100円)だ。そして、SPGカード会員は通常は年間25泊が必要なマリオットボンボイのゴールドエリート会員資格が付与される。その他にも「入会時の数万ポイント」「無料宿泊」「提携レストラン15%オフ」といった特典がある。

まとめ

  • クレジットカードは必須

長々とクレジットカードの基本について説明したが、結論、渡航認証のESTAとeTAの支払い時に必要となるため、クレジットカードは作らざるを得ない


で、クレジットカード選びで最も重要なのがブランドだ。ブランドは世界中で使えるVISA or Mastercardを選ぶ。


そして、取り敢えずの最初の1枚としてオススメなのが楽天カードだ。ちなみに、俺は今までの現地観戦は全て楽天カードとエポスカード(両方共VISA)で全て乗り切れている。

関連記事

マップ(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

現地観戦術

※ワクチン接種証明書(英語)は厚生労働省の当該ページをチェック!!

参考

カード会社はどうやって利益を出しているのか?(e法人クレジットカード.net)
プロパーカードと提携カードの違いやメリット、おすすめカードを紹介(smbc-card.com)
ブラックリストとは?消し方はある?載る理由とデメリット・確認方法を解説(saimuseiri-pro.com)
NBA extends long term partnership with American Express(insidersport.com)
ANA To Me CARD PASMO JCB Series(ソラチカカード)について(jcb.co.jp)
メトロポイントPlusとは?(to-me-card.jp)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました