オーバータイム・エリート(OTE)

※本サイトは広告を含んでいます

概要

基本情報
  • 運営: オーバータイム(メディア)
  • 拠点: アトランタ/ジョージア州
  • 選手
    27名(2021-22)
    33名(2022-23)
  • 活動
    内部リーグ&プレーオフ
    対外試合(vs.プレップ)
    AAU参加
    ヨーロッパ遠征
    TBT参戦
  • 魅力
    収入: 最低$10万+ボーナス+オーバータイム株+シューズ契約等
    教育: 高校卒業資格+最新トレーニング+金融知識+メディアリテラシー等
    補償: 最大$10万/年の大学費用負担(プロ断念時)
  • コンテンツ配信
    Youtube: 大半
    Amazon Prime Video(米): 20試合/年
    Horizon Worlds(Meta): VRコンテンツ
  • スポンサー
    Amazon/Meta/ゲータレード/GMC/ステイトファーム等

オーバータイム・エリート(OTE)は2021年秋冬創設のユースセミプロリーグ&プロバスケ選手養成校だ。運営元のオーバータイムは中高生中心のバスケメディアである。選手達はジョージア州アトランタのキャンパスでプロバスケ選手の英才教育を受ける。そして、2021-22、同リーグは合計27名と契約し、選手達を「エリート」「オーバータイム」「OTE」の3チームに分け、紅白戦や高校やプレップスクールを相手に対外試合を行った。大半の試合はYouTubeにフルゲームでアップロードされている。

背景: 何故、このタイミングなのか?

NCAAの選手資格緩和の見込み

NCAAの大幅なルール緩和の流れ

NCAA「学生アスリートの金銭収受禁止」批判

プロ解禁の兆し
「アマチュア契約選手の選手資格認可」
「マネタイズ解禁発表」
「一部州のPay for Play保障法案通過」

2021/7~
NIL限定でマネタイズ解禁(仮)

現在
プロ選手は引き続き禁止

当時、NCAAの元プロ契約選手の選手資格認可の可能性があった。NCAAは100年以上もアマチュアリズムを大義名分に学生アスリートの生活費以上の金銭収受を禁止していた。そんな中、2010年代、NCAAの利益独占に批判が集中した。そして、2021年夏、遂にマネタイズが解禁された。一方、最大の論点が競技パフォーマスへの対価(Pay for Play)だった。実際に一部の州はペイ・フォー・プレイ解禁前提の法整備を始めていた。また、元プロチーム所属選手(主に欧州留学生)は続々と選手資格を認められた。つまり、当時、「高校時代のプロ契約→NCAAプレー可」の機運が高まっていた。その後、結局、自身の知名度(Name)、イメージ(Image)、好感度(Likeness)でのマネタイズのみが解禁となった。つまり、元プロ契約経験者は引き続きNCAAでプレーできない。そのため、2022年、一部の選手はアマチュア契約でオーバータイム・エリートに所属している。

【NCAA】カレッジバスケ解説: エリジビリティ(選手資格)
NCAAの選手資格/プレー資格について解説!!
【NCAA】カレッジバスケ解説: NIL(Name-Image-Likeness)稼業
学生アスリートの知名度(Name)イメージ(Image)肖像(Likeness)を活用したマネタイズ解禁について解説!!

ユーススポーツの育成力不足

現在、有識者達は「ヨーロッパ列強>アメリカ」の育成環境を自覚している。特に問題視されているのがグラスルーツバスケットボール文化だ。グラスルーツバスケットボールはシューズメーカーの思惑で発展した。1990年代、カレッジコーチ達は優秀な選手だけの競争環境を欲していた。理由はより正確な選手の評価のためである。そのため、シューズメーカーは全米中のローカルクラブに時には数十万ドルに及ぶ資金を提供して良い選手のリクルートと競技大会開催を行わせた。無論、各社は「選手達を自社スポンサードの大学へと送り込む/プロ転向後のシューズ契約等→選手効果での売上上昇」で利益を回収している。そして、その結果、グラスルーツバスケットボールは即席チームばかりとなってしまった。選手達は100試合をこなしながらも組織の中での動きを一切学ぶこと無く一夏を終える。コーチ達は指導力よりも資金と選手の調達力を求められるためビジネスマンで溢れかえるようになってしまった。実際、彼らの中にはバスケットボール未経験者も大勢いる。つまり、超優秀な育成環境が必要とされていた。

AAUバスケットボール
高校生達のアピールの場を解説&紹介!!

国内オルタナティブリーグの需要

2005年以降、米国拠点選手はNBAドラフトにエントリーのために「高校卒業後のNBA1シーズン経過」と「ドラフト年内の満19歳」の要件を満たさなければならない。つまり、多くの選手は高校卒業後に最低1年をどこかしらで過ごさなければならない。そして、過去15年間で「プレップ(ポスト-グラデュエート学年)」「プロ」「自主練」等の大学進学以外の選択肢が開拓された。オーバータイム・エリートは新たなオルタナティブのポジションを狙っている。

【NCAA】カレッジバスケ解説: 大学以外の進路
NBAドラフトモラトリアムの過ごし方の解説&紹介!!

2021-22シーズン

開幕前

資金調達

オーバータイムは「現役&元NBA選手からの出資」→「2021年4月@投資ステージシリーズC: ジェフ・べゾス(当時アマゾンCEO)+ドレイク+現役&元NBA選手+投資家計25名の出資」で資産価値を$250万にまで上げた。日本からは電通も出資に加わっている。その後、開幕直前、大手保険会社ステイトファームとゲータレードがスポンサーに就任した。

スタッフ集め
スタッフ
  • 取締役
    ジェイ・ウィリアムス
    カーメロ・アンソニー
    パウ・ガソル
  • GM/バスケットボール部長: デイミアン・ウィルキンス
  • コーチングスタッフ
    コーチング長: ケビン・オーリー
    HC1: デイブ・レイタオ
    HC2: ライアン・ゴームス
    HC3: ティム・ファニング(Tim Fanning)

OTEは選手育成もアピールポイントとしているため錚々たるメンバーがスタッフ陣に名を連ねている。

プレシーズン(夏)

2021年7月、オーバータイム・エリートは一定のタレント数確保直後にグラスルーツバスケットボールイベントに参加してデビューを飾った。

ロスター確定

2021年高卒/2022年ドラフト組
氏名誕生日国籍経歴/評価
へアン・モンテロ
(Jean Montero)
2003/7ドミニカ共和国トップ代表
NBAコンバイン招待
NBAドラフト外
セルビア(2022-23)
ドミニック・バロウ
(Dominick Barlow)
2003/5/26アメリカ★4
NBAコンバイン招待
NBAドラフト外
サンアントニオ・スパーズ(2022-23)
コック・ヤット
(Kok Yat)
アメリカ★3
OTE再契約(2022-23)
ジェイ・スミス
(Jai Smith)
アメリカ★3
Gリーグ(2022-23)
エマニュエル・マルドナードプエルトリコプエルトリコ(2022-23)
デイビオン・メイス
(Davion Mace)
アメリカバックボード破壊
不明(2022-23)

ヤン・モンテロは2020年11月にはドミニカ共和国のトップ代表デビューも果たしたガードだ。2021年6月30日、同選手は、厳密にはグラン・カナリア(スペイン)からのレンタルではものの、初の外国籍選手として話題を呼んだ。ドミニック・バーロウは2022年高卒組トップフォワードの1人と評されている。

2022年高卒/2023年ドラフト組
氏名誕生日国籍経歴/評価
アサー・トンプソン
(Ausar Thompson)
2003/1/30アメリカNBAプロスペクト
アメン・トンプソン
(Amen Thompson)
2003/1/30アメリカNBAプロスペクト
ジェイジアン・ゴートマン
(Jazian Gortman)
アメリカファイブスター
ブライス・グリッグス
(Bryce Griggs)
2003/9/10アメリカフォースター
ジェイレン・マーティン
(Jaylen Martin)
アメリカフォースター
ネイサン・ミッシア-ディオ
(Nathan Missia-Dio)
ベルギーU16代表
フランシス”レブロン”ロペスフィリピンVISA不認可
フィリピン大学(2023-)
ジョウナッド・ウォーカー
(Johned Walker)
プエルトリコ
ルイス・デュアーテ
(Lewis Duarte)
★3
無所属(2022-23)
サンノゼステイト大学(2023-)
TJ・クラーク
(TJ Clark)
アメリカスリースター
Devontes Cobbsアメリカ

アメン・トンプソンとアサー・トンプソンの双子は2023年のNBAドラフトで上位指名が予想されている。ジェイジアン・ゴートマンもファイブスターだ。ブライス・グリッグスは名門校からオファーを蹴ってOTEに加入した。ネイサン・ミッシア-ディオはU16ベルギー代表(2019年)の経験を持つ原石だ。フランシス・ロペスはビザ不認可で結局は1試合もプレーせずに終わった。

2023年高卒/2024年ドラフト組
氏名誕生日国籍経歴/評価
ジェイレン・ルイス(Jalen Lewis)ファイブスター
ESPN2位
タイラー・スミス(Tyler Smith)ファイブスター
ESPN8位
ブライソン・ウォーレン(Bryson Warren)ファイブスター
ESPN14位
ライアン・ビューリ―(Ryan Bewley)2004/1/10アメリカファイブスター
マット・ビューリ―(Matt Bewley)アメリカファイブスター
マリーク・ボウマン(Malik Bowman)フォスター
アレクサンドレ・サー(Alexandre Sarr)2005/4/26フランスU16代表
(Jahzare Jackson)2004/2/28アメリカスリスター
トダー・ソマチェスコ
(Tudor Somacescu)
2005/6/15ルーマニアNBAプロスペクト
IZAN ALMANSA2005スペイン

現在、2023年高卒組は最もタレントに溢れている。初の契約選手のマット・ビューリ―とライアン・ビューリ―双子、ジェイレン・ルイス、タイラー・スミス、ブライソン・ウォーレンは共にESPNでファイブスターに評されている。ジャゼイア・ジャクソンはIMGアカデミー時代からオフェンスラインのような体格で注目を集めていた。アレクサンドレ・サーは初のヨーロッパ出身選手である。

オンシーズン: リーグ戦+対外試合+プレーオフ

2021‐22、オーバータイム・エリートは3チームに分かれて内部リーグ戦を行いながら強豪プレップチームと試合を行った。

シーズン終了(選手の進路)

NBAドラフトエントリー組
へアン・モンテロ(Jean Montero)
-NBAコンバイン招待
-NBAドラフト外
-セルビア(2022-23)
ドミニック・バロウ(Dominick Barlow)
-NBAコンバイン招待
-NBAドラフト外
サンアントニオ・スパーズ(2022-23)
コック・ヤット(Kok Yat)
-OTE再契約(2022-23)
ジェイ・スミス(Jai Smith)
-Gリーグ(2022-23)
エマニュエル・マルドナード
-プエルトリコ(2022-23)
デイビオン・メイス(Davion Mace)
-不明(2022-23)

案の定、最初の実績はイマイチだった。最大の原因はリクルートだ。当時、2021年高卒組のワン&ダン有力候補者達は既にの進路を決めていた。そもそも論、オーバータイム・エリートのユニーク性は中高生年齢時のプロ契約にある。一方、既卒選手は「大学」「ポスト-グラデュエート学年(プレップ進学)」「プロ(Gリーグや豪NBL等)」等の選択肢を持っている。言わずもがな、未知数の創設1年目のリーグはリスキーだ。そのため、リクルートは冴えなかった。正直、数合わせの選手もいる。ドミニク・バロウのNBA行きは御の字だろう。

2022‐23シーズン

オフシーズン

新契約体系増設
新たな契約体系
  • アマチュア契約
    支給:生活費+NIL契約
    アマチュア資格保持: NCAAプレー可
  • “NBAフリーエージェント状態”契約

アマチュア契約
2022年6月、ナシーア・カニングハムが初のアマチュア選手としてOTEへの加入を決めた。無給契約の場合、当該選手は競技パフォーマスに対しての支払いを受けないためNCAAのプレー資格を保持できる。

NBAフリーエージェント状態契約
一方、コック・ヤットは2022-23もOTEと再契約した。同選手は「2022年のNBAドラフトにエントリー→ドラフト外」のためNBA的にはフリーエージェントとして扱われる。そのため、同契約は「いつでもNBAチームと契約可能」の条項が含まれていた。

開幕前
対プロチーム試合
  • TBT参戦: 一発勝負トーナメント
  • ヨーロッパ遠征(8-9月)
    スペイン: 1~3部所属球団×4試合
    セルビア: KK・メガ・バスケット主催大会
  • 豪NBLアデレード・サーティシクサーズ(9月)

2022年夏、オーバータイム・エリートは2022年高卒組選手数名に現役プロ選手を加えてTBT(The Basketball Tournament)に参戦し、8月末に既卒チームでスペインとセルビアに遠征し、9月末にはアリゾナ州で豪NBLアデレード・サーティシクサーズとスクリメージを行った。一部の選手は各国の代表活動に参加していた。

TBT(The Basketball Tournament)
夏の風物詩「元NBA選手多数参戦!!」のTBTを紹介!!
@b_o_bros
@b_o_bros

TBTはNBA契約下以外の現役/元プロ選手中心の即席チームのトーナメントだ。

リーグ整備
リーグ
  • 内部チーム
    City Reapers(OTE)
    Cold Hearts(OTE)
    YNG Dreamers(OTE)
  • 外部チーム
    Hillcrest Prep Bruins(プレップ)
    Our Savier Luthran School Falcons(高校)
    Word of God Academy Holy Rams(高校)

2022年、オーバータイム・エリートは「内部チーム×3」&「外部チーム×3」のリーグ戦+プレーオフのスケジュール整備を行った。

資金調達: 巨大スポンサー獲得
主なスポンサー契約
  • Amazon Prime Video: 20試合放送/季×複数年
  • GMC: 公式SUVパートナー

新たな大口スポンサーに米アマゾンとGMCが加わった。2022-2023、全20試合がAmazon Prime Videoで配信された。

Amazon.com

ロスター確定

NBAフリーエージェント(1名)

コック・ヤットはシーズンをほぼ全休したため2022-23中のNBA契約に至らなかった。

2022年高卒/2023年ドラフトエントリー可能組(8名)
氏名経歴/評価チーム(2022-23)
ティージェイ・クラーク(TJ Clark)★3
OTE(2021-22)
YNG
デボンテス・カブス(Devontes Cobbs)OTE(2021-22)CHS
ジェイジアン・ゴートマン(Jazian Gortman)★5
OTE(2021-22)
YNG
ブライス・グリッグス(Bryce Griggs)2003/9/10
★4ガード
OTE(2021-22)
CHS
ジェイレン・マーティン(Jaylen Martin)★4
OTE(2021-22)
YNG
アメン・トンプソン(Amen Thompson)2003/1/30
OTE(2021-22)
CTY
アサー・トンプソン(Ausar Thompson)2003/1/30
OTE(2021-22)
CTY
ジョウナッド・ウォーカー(Johned Walker)2003/5/20
U19プエルトリコ代表(2021)
OTE(2021-22)
CTY→CHS

2022年高卒組はほとんど動きはなかった。唯一の新加入のゼイビア・ハリスは元々の2023年高卒組から1年早く高校を卒業して2022年高卒組としてOTEに加入した。一方、唯一の離脱のルイス・デュアーテ(Lewis Duarte)は2022年に高校卒業資格を取得してチームを離れ、約1年間の空白期間を経た後、2023年5月にサンノゼステイト大学へのコミットを発表した。

2023年高卒組(17名)
氏名経歴/評価OTE歴チーム
イザン・アルマンサ(Izan Almansa)2005
U18スペイン代表エース
2YNG
マット・ビューリ―(Matt Bewley)2004/1/10
★5フォワード
2CHS
ライアン・ビューリ―(Ryan Bewley)2004/1/10
★5フォワード
2CTY
タイラー・ベイ(Tyler Bey)*OTE-CTY(2022-23)1CTY
マリーク・ボウマン(Malik Bowman)★42CTY→CHS
ケイネン・カーライル(Kanaan Carlyle)*★5ガード
U18アメリカ代表
1YNG
ロブ・ディリングハム(Rob Dillingham)*★5PG
ドンダアカデミー(2022-23)
1(途中)CHS
ジェイレン・ルイス(Jalen Lewis)★5フォワード
ESPN2位
2YNG
ラルフ・マルティーノJr(Ralph Martino Jr.)*1(途中)CHS→CTY→CHS
ネイサン・ミッシア-ディオ(Nathan Missia-Dio)U16ベルギー代表2CTY
トレイ・パーカー(Trey Parker)*★4ガード1CTY
アレクサンドレ・サー(Alexandre Sarr)2005/4/26
U16フランス代表
OTE(2021-22)
2YNG
タイラー・スミス(Tyler Smith)★5
OTE(2021-22)
2CHS
トダー・ソマチェスコ(Tudor Somacescu)2005/6/15
U18ルーマニア代表
NBAプロスペクト
2CTY→YNG
ブライソン・ウォーレン(Bryson Warren)★5ガード
ESPN14位
2YNG
*アマチュア契約

2023年高卒組は、既存メンバーが十分に揃っていたこともあってか、新加入選手が軒並みアマチュア契約だった。

2024年高卒/2025年高卒組
2024年高卒組経歴/評価OTE歴チーム
ジージー・クラーク(ZZ Clark)*兄スカイ・クラーク1CTY
ナシーア・カニングハム(Nassir Cunningham)*学年No.1選手1CHS
ジャカイ・ハワード(Jahki Howard)*元ドンダアカデミー
★4フォワード
1YNG
ソムト・シリル(Somto Cyril)*★4ビッグ
ナイジェリア出身
1CHS
ジャゼイア・ジャクソン(Jahzare Jackson)2004/2/28
★3ビッグ(c/o23’時)
2YNG→CTY
ジェイデン・ウィリアムス(Jayden Williams)*1CTY
2025年高卒組経歴/評価OTE歴チーム
イーライ・エリス(Eli Ellis)*1CTY
ブライソン・ティラー(Bryson Tiller)*★5
米国代表候補
1CTY
*アマチュア契約

やはりナシーア・カニングハムの加入が大きい。ジャゼイア・ジャクソンが2023年高卒組から1学年下にリクラスファイした。2025年高卒組は両者共にアマチュア契約でチームに加入した。

オンシーズン

スケジュール
  • リーグ戦+プレーオフ
  • 対外試合(vs.高校/プレップ)
  • その他
    3on3/1on1/女子オールスターゲーム

2022‐23、オーバータイム・エリートは6チーム体制でリーグ戦+プレーオフトーナメントを行った。合間に対外試合も組み込まれていた。

シーズン終了(選手の進路)

NBAフリーエージェント
NBAフリーエージェント
コック・ヤット(Kok Yat)
-NBAサマーリーグ参加(2023)
-Gリーグ(2023-24)

コック・ヤットは2023-24にアイオワ・ウルブスでプレーしている。

NBAドラフトエントリー
NBAドラフトエントリー組
TJ・クラーク(TJ Clark)
-オンタリオ・クリッパーズのキャンプ参加(2023)
デボンテス・カブス(Devontes Cobbs)
-不明(2023-24)
ジェイジアン・ゴートマン(Jazian Gortman)
-NBAドラフト外(2023)
-MIL/2W契約
ブライス・グリッグス(Bryce Griggs)
-NBAサマーリーグ参加(2023)
ジェイレン・マーティン(Jaylen Martin)
-NBAドラフト外(2023)
-NYK/2W契約
アメン・トンプソン(Amen Thompson)
-NBAドラフト4位指名(2023)
アサー・トンプソン(Ausar Thompson)
-NBAドラフト5位指名(2023)
ジョウナッド・ウォーカー(Johned Walker)
-プエルトリコ(2023)

2023年NBAドラフトエントリー組はそこそこの成果となった。トンプソン双子は高校時代からの評価通りの成長を見せて高順位指名を受けた。ジェイジアン・ゴートマンとジャイレン・マーティンもNBAドラフト外ながらも2ウェイ契約に至っている。一方、ジョウナッド・ウォーカーはプエルトリコに帰国し、ブライス・グリッグスはNBAサマーリーグの参加に留まり、TJ・クラークもオンタリオ・クリッパーズのトレーニングキャンプ参加に終わり、デボンテ・コブスはバスケットボールから離れてしまったようだ。

プロ球団移籍
プロ球団移籍組
イザン・アルマンサ(Izan Almansa)
-Gリーグ・イグナイト(2023-)
アレクサンドレ・サー(Alexandre Sarr)
-豪NBLパース・ワイルドキャッツ(2023-24)
タイラー・スミス(Tyler Smith)
-Gリーグ・イグナイト(2023-)
ブライソン・ウォーレン(Bryson Warren)
-GLスーフォールズ・スカイフォース(2023-24)
マリーク・ボウマン(Malik Bowman)
-フィンランドリーグ(2023-24)
トダー・ソマチェスコ(Tudor Somacescu)
-ルーマニアリーグ(2023-24)

最大の痛手が2024年NBAドラフト候補達の移籍だ。2023-24、アレクサンドレ・サールは豪NBLの活躍でNBAドラフトトップ指名候補に名を連ねている。

大学進学組
大学進学組
タイラー・ベイ(Tyler Bey)
-ミズーリステイト大学(2023-)
マット・ビューリ―(Matt Bewley)
-シカゴステイト大学(2023-)
ライアン・ビューリ―(Ryan Bewley)
-シカゴステイト大学(2023-)
ケイネン・カーライル(Kanaan Carlyle)
-スタンフォード大学(2023-)
ロブ・ディリングハム(Rob Dillingham)
-ケンタッキー大学(2023-)

ライアン・ビューリーとマット・ビューリーはAAU時代の恩師ジェラルド・ギリオンを追ってNCAA D1最弱校のシカゴステイト大学に進学した。2023-24、両者はNCAAのアマチュアリズム抵触によって選手資格を認められていない。

転校
プロ球団移籍組
ナシーア・カニングハム(Nassir Cunningham)
-Southern Califrina Academy/Rolling Loud(2023-)
イーライ・エリス(Eli Ellis)
-Moravian Prep/YNG Dreamers(2023-)
ジェイデン・ウィリアムス(Jayden Williams)
-Bella Vista College Prep(2023-)
ジージー・クラーク(ZZ Clark)
-DNA Prep Academy(2023-)

ナシーア・カニングハムとイーライ・エリスはOTEリーグ所属校に転校している。

2023-24シーズン

オフシーズン

TBT参戦

オーバータイム・エリートはザ・バスケットボール・トーナメント挑戦を継続した。一方、アマチュア契約選手達はNCAA選手資格保持のためロスター入りしていない。NCAAは原則的にアマチュア選手にのみ選手資格を認めている。そして、競技力に対しての支払いの有無がプロorアマチュアの線引きとなっている。優勝賞金授受もプロ行為に該当する。そんな中、ソムト・シリルは、おそらく事前にNCAAと「優勝賞金の拒否→選手資格保持」の確認を行い、大会史上初のアマチュア選手としてコートに立った。ジェイレン・ルイス、マリーク・ボウマン、ジャゼイア・ジャクソン留まっている。

リーグ整備
チーム
  • OTE
    City Reapers(OTE)
    Cold Hearts(OTE)
    Real Wild Energy(OTE)
  • 外部校
    YNG Dreamers(Moravian Prep/NC州)
    Blue Checks(Combine Academy/NC州)
    Diamond Doves(PHHoenix Prep/AZ州)
    Jelley Fam(Our Savier Luthran高校/NY州)
    Rolling Loud(Southern California Academy/CA州)
  • 外部校(脱会)
    Hillcrest Prep Bruins
    Word of God Academy Holy Rams

2023-24、リーグは8チームに拡大した。内枠は「OTE×3」「外部校×5」だ。外部校はOTEリーグ専用のチーム名を冠している。OSL高校のみリーグ所属継続を決めた。ヒルクレストプレップとWGAは2023-24シーズンのリーグ参加を見送っている。そして、名称「YNGドリーマーズ」がOTEチームからモラビアンプレップのチーム名にコンバートされている。一方、OTEチーム3は新たに「リアル・ワイルド・エナジー」と名乗っている。

アディダスのサプライヤー就任

2023年、アディダスがアパレル&フットウェアサプライヤーに就任した。

ロスター

2022~23年高卒/2024年ドラフトエントリー可能組
氏名経歴/評価OTE歴所属(2023-24)
サミス・カルデロン(Samis Caldelon)U18ブラジル代表(2022)
NBAアカデミー南米(2022-23)
1CHS
ブランドン・クロフォード(Brandon Crawford)*1RWE
ジェイレン・ルイス(Jalen Lewis)★5フォワード3CTY
ラルフ・マルティーノJr(Ralph Martino Jr.)2CHS
ネイサン・ミッシア-ディオ(Nathan Missia-Dio)U16ベルギー代表3RWE
ライアン・サントス(Reynan Gabriel Camilo dos Santos)2004年2月13日
Novo Basquete Brasil(2020-23)
U19ブラジル代表(2023)
1CHS
デイリオン・サットン(Darrion Sutton)*ジョージア工科大学入学予定(2024-)1RWE
*アマチュア契約

既卒組は青田買いのジェイレン・ルイスを除いてイマイチだ。トッププロスペクトは「Gリーグ・イグナイト」「豪NBL」「ハイメジャー校」に行ってしまう。ネイサン・ミッシア-ディオは2023年10月にマッカビ・ラナナに一時的に加入してNBAチーム戦3試合に出場した。

2024年高卒組
氏名経歴/評価OTE歴所属(2023-24)
ジョン・ボル(John Bol)*★4
ミシシッピ大学入学予定
1CHS
キャノン・キャチングス(Kanon Cathings)*★4
パデュー大学入学予定
1CHS
デイクアン・デイビス(Daquan Davis)*★41RWE
ジャカイ・ハワード(Jahki Howard)*元ドンダアカデミー
★4フォワード
オーバーン大学入学予定
2CTY
ソムト・セリル(Somto Cyril)*★4ビッグ
ナイジェリア出身
ケンタッキー大学入学予定
2RWE
ジャゼイア・ジャクソン(Jahzare Jackson)2004/2/28
★3ビッグ(c/o23’時)
2CTY
ジェイソン・ジャクソン(Jason Jackson)*★3
ミシシッピ大学入学予定
1RWE
ダン・ルイス(Don Lewis)RWE
カーター・ノックス(Karter Knox)*★5
ケビン・ノックス弟
進路未定
1RWE
ペイトン・マーシャル(Payton Marshall)*★4ビッグ
ミズーリ大学入学予定
1RWE
ジェイデン・ムスタフ(Jaden Mustaf)*★4
ジョージア工科大学入学予定
1CTY
トレイ・パーカー(Trey Parker)*★4ガード
OTE-CTY(2022-23)
学年引下げ(2023)
NCステイト大学入学予定
2CHS
*アマチュア契約

2024年高卒組は悪くはない。最大の問題は新規プロ契約選手無しの状況だろう。要するに、オーバータイム・エリートはプロリーグではなくプレップスクールとして選ばれてしまっているのだ。トレイ・パーカーは2023年6月に2024年高卒組に学年を下げてオーバータイム・エリート残留を選んだ。

2025~27年高卒組
2025年高卒組経歴OTE歴所属(2023-24)
マイケル・ブラウンJr(Mikel Brown Jr)*★4-5ガード1CHS
アマリ・エバンス(Amari Evans)*OSL高校(2022-23)1CTY
Jeremiah Faumuina1CHS
タイラー・ジャクソン(Tyler Jackson)*★4ガード1CTY
エフェオサ・オリオグ(Efeosa Oliogu)*★4
カナダ代表
1CTY
ブライソン・ティラー(Bryson Tiller)*★5
米国代表候補
CTY(2022-23)
2CTY
*アマチュア契約
2026年高卒組経歴OTE歴所属(2023-24)
ロメロ・ヒル(Romelo Hill)1RWE
(Adam Oumiddoch)*★4-51CHS
マーシス・パウンダー(Marcis Ponder)*1RWE
パーカー・ロビンソン(Parker Robinson)1CTY
*アマチュア契約
2027年高卒組経歴OTE歴所属(2023-24)
リンカーン・コズビー(Lincoln Cosby)1RWE
(Jahri Miller)1CTY
ジェイデン・ウィルキンス(Jayden Wilkins)1RWE
*アマチュア契約

2025年高卒組も軒並みアマチュア契約に終わっている。

オンシーズン

スケジュール
  • プレシーズン対外試合(vs.高校/プレップ)
  • リーグ戦
  • プレーオフ

2023-24、スケジュールはリーグ戦重視に変更されている。対外試合は10~11月のプレシーズンゲームだけだ。12月以降、8チームのリーグ戦がひたすら繰り返されている。

2024-25シーズン

オフシーズン

2024年5月、オーバータイム・エリートは米国ユースチームとして初めてアディダス・ネクスト・ジェネレーション・トーナメントに参加する。同大会は2003年から欧州の強豪ユースクラブを招いて行われている。

ファンアクティビティ

現地観戦

ホームアリーナ
基本情報

名称: Overtime Elite Arena
住所: 230 17th St NW, Atlanta, GA

ホームアリーナとキャンパスはアトランティック駅付近にある。最寄り駅は言うまでも無くAtlantic駅だ。

チケット

チケットは公式サイトで売られている。

OTE
OTE offers the world's most talented basketball players a better pathway to becoming professional athletes. Powered by O...

グッズ

主なグッズ
  • アパレル: ジャージー/Tシャツ/スウェット等
  • トレーディングカード(トップス社製)
    2021-22版
    2022-23版

オーバータイム・エリートはグッズ販売に注力していない。2024年現在、グッズは申し訳程度のアパレルのみだ。一応、売上はある程度選手に分配される。チームストアはアリーナに内設されている。

https://fanatics.93n6tx.net/Vm5DyR
@b_o_bros
@b_o_bros

一方、2024年、オーバータイムはファナティクスのプラットフォームでライブコマースチャンネルを開設している。

コンテンツ視聴

コンテンツ視聴環境整備の流れ
  1. 支払方法の準備
  2. VPN契約
  3. VPNアプリダウンロード
  4. VPNアプリ起動
  5. 米アマゾンプライム契約
支払方法の準備

多くの海外サイトは支払方法にクレジットカードを指定している。そして、クレジットカードは原則的に本人名義でなければならない。海外のまともなサイトは「会員登録者とクレジットカードの名前が異なる」→「不正利用の疑い」の判断で決済を止めてしまう。つまり、親のクレジットカードの使用は不要なトラブル回避のためにも好ましくない。

@b_o_bros
@b_o_bros

初クレカは楽天カードで良い。兎にも角にもポイントが貯まる。楽天Pは「楽天Pay(1%)+楽天カードチャージ(0.5%)+楽天ポイントカード/他ポイントカード提示(0.5~1%)」の三重取りで還元率2~2.5%以上になる。「入会特典」「スーパーポイントアッププログラム」「ボーナスポイント」等の大量ポイント獲得機会も多い。詰まる所、入会特典数千Pだけでも得だ。年会費も永年無料なので損も無い。

VPN: 自身の通信をサービス圏内に変更
引用: 海外から日本のIPで接続できる(interlink.or.jp)
主要業者月額料金1~2年契約サーバー/国数
セカイVPN(日系)1,100円?/10国
NordVPN1,705円429円/月(2年)5,600/50国
MillenVPN(日系)1,496円396円/月(2年)1,300/70国
AVAST(Norton)$4.59/月(1年)55/35国
PureVPN$10.95$2.08/月(2年)6,500/71国
Private Internet Access1,480円270円/月(2年)?/84国
ExpressVPN$12.95$8.32/月(1年)?/94国
CyberGhostVPN1,425円320円/月(2年)9,300/91国
Surfshark1,741円321円/月(2年)3,200/100国
※税込価格(2023年5月時点)

VPNは元来は通信の暗号化を目的とした技術だ。特性上、通信者はVPNを用いて「現在の滞在国のIPアドレス→VPNサーバーのIPアドレス(別国)」に変更してインターネットに接続できる。例えば、「自身のIPアドレス(日本)」→「VPNサーバーのIPアドレス(アメリカ)」への変更が可能だ。つまり、日本滞在者も自身の日本からの通信をVPNでサービス圏内の通信に変更して「ESPN PLAYER(ドイツ等)」「ESPN+(アメリカ)」等を利用できる。無論、VPNは日本の法律上は合法だ。

オススメ
アプリのダウンロード&起動

VPN契約後、次にすべきがVPNのアプリケーションのダウンロードだ。ダウンロード方法は公式サイトや契約完了後のメールに掲載されている。そして、アプリのダウンロード後は「アプリ起動→ロケーションをヨーロッパやアフリカのサービス圏内に設定→スタートを押す」だけだ。

米アマゾンプライムの契約

現在、OTEの試合は「20試合: プライムビデオ」「残り: YouTube」で配信されている。また、2023年8月、プライムオリジナルスの「One Shot: Overtime Elite」が配信された。同作品は2022-23シーズンのドキュメンタリー作品だ。米アマゾンプライムも30日程度の無料体験期間を提供している。

VRコンテンツ

Meta VRゴーグル
Oculus Quest 2RiftOculus Quest
解像度1832×19201280×14401440×1660
リフレッシュレート72Hz (90Hz)80Hz72Hz
液晶LCD (液晶ディスプレイ)OLED (有機EL)
ピクセル配列ストライプペンタイル
スタイルスタンドアローンPC接続スタンドアローン
IPD調整機能三段階ソフトのみスライダー
発売日2020/10/132019/5/212019/5/21

2021-22、メタ社がシーン途中にVRパートナーとしてスポンサーラインナップに加わった。同社は限定コンテンツ等を通じて自社VRゴーグルブランドのオキュラス(Oculus)を若年層に売り込むつもりだ。限定コンテンツはRiftとOculus Quest以降の製品で視聴可能だ。

補足

VPNの活用方法

海外限定配信動画の視聴
海外限定配信動画
  • YouTube
    Bリーグフルゲーム(数試合/週)
    バスケ映画/映像作品
    -ハード・チェック(原題Blue Chips)
    -モア・ザン・ア・ゲーム
  • NETFLIX
    ジブリ作品等

日本在住者もVPNで日本未配信の動画を視聴できる。例えば、Bリーグは海外向けにYouTubeでいくつかの試合をライブ&アーカイブ配信している。また、北米では映画やドキュメンタリー作品が一定期間無料公開されている。VPNでロケーションをイギリス等に設定した場合、日本からでも日本未配信のジブリ作品の鑑賞が可能だ。

海外限定サービス加入
日本未上陸サービス加入
  • NBAリーグパス
  • 米ストリーミングテレビ
  • 米アマゾン(amazon.com)
  • MAX(旧HBO Max)

楽天NBA以降、日本からNBAリーグパスへの加入は不可能になっている。そんな中、VPNはNBAリーグパス加入をも可能にする。しかも、月額料金は低物価&NBA不人気国の場合は1,500円以下になる。例えば、2022-23、ベトナムの月額料金はđ220,000(1,300円弱)だった。米アマゾンとMAXは独自のドキュメンタリー作品を配信している。

安価加入
安価加入
  • Courtside 1891:
  • YouTube Premium: アルゼンチン等

グローバルサービスの料金は地域や国によって異なっている。例えば、コートサイド1891(Courtside 1891)はFIBAのサブスクリプションサービスだ。主要コンテンツは「WC本大会&予選」「バスケットボール・チャンピオンズ・リーグ(欧州&中南米)」「BAL(Basketball Africa League)」「ユース大会」「3×3」等が挙げられる。料金は低物価&バスケ不人気国で安い。例えば、年額は「日本: $44.99」「ベトナム: $30.99」だ。

Watch Live Basketball | Basketball Live Streams and Highlights - Courtside 1891
Stream live and on-demand basketball from around the world, including Spain's Liga Endesa, Basketball Champions League, ...

ポイントサイトの活用

ポイントサイトは「ポイントサイト経由の買物や申込→ポイントサイトのポイント付与」のサービスだ。クレジットカード作成もポイントサイト経由の申込で「クレジットカードの入会特典」&「ポイントサイトのポイント」の両取りとなる。ポイントサイトのポイントはマイルや現金へ交換可能だ。

マイルとポイントの基礎知識
「マイル」「クレジットカード」「ANA派/JAL派」「ルート」「ポイ活経済圏」「マイル修行」等の解説!!

ペイパル(PayPal)

主なメリット
  • 米国発行クレカ制限突破
  • 初利用の店でもクレカや住所の入力不要
    →情報入力手間省略
    →店側への購入者情報非公開
  • 安全(返金制度充実)
  • やや得
    会費無し
    クレカのポイントへの影響無し
    全支払いに利用可能クーポン配布
    日本円支払いの手数料無し

ペイパルは世界最大級の個人間送金/決済サービスだ。使い方は「クレジットカードや銀行口座をアカウントに登録→支払い時にPayPal支払いを選択」だけである。その後、支払額はクレジットカードや銀行口座から引かれる。最大の使いどころはクレジットカード制限の突破だ。一部のウェブサイトは海外発行のクレジットカードを防犯上の理由で拒否している。また、クレジットカードも国外サイトの決済時に不正利用の判断で止まってしまう。同サービスは代替の決済方法として役に立つ。アカウントの開設&維持は無料だ。

まとめ

基本情報
  • 運営: オーバータイム(メディア)
  • 拠点: アトランタ/ジョージア州
  • 選手
    27名(2021-22)
    33名(2022-23)
  • 活動
    内部リーグ&プレーオフ
    対外試合(vs.プレップ)
    AAU参加
    ヨーロッパ遠征
    TBT参戦
  • 魅力
    収入: 最低$10万+ボーナス+オーバータイム株+シューズ契約等
    教育: 高校卒業資格+最新トレーニング+金融知識+メディアリテラシー等
    補償: 最大$10万/年の大学費用負担(プロ断念時)
  • コンテンツ配信
    Youtube: 大半
    Amazon Prime Video(米): 20試合/年
    Horizon Worlds(Meta): VRコンテンツ
  • スポンサー
    Amazon/Meta/ゲータレード/GMC/ステイトファーム等

オーバータイム・エリート(OTE)は2021年秋冬創設のユースセミプロリーグ&プロバスケ選手養成校だ。運営元のオーバータイムは中高生中心のバスケメディアである。選手達はジョージア州アトランタのキャンパスでプロバスケ選手の英才教育を受ける。そして、2021-22、同リーグは合計27名と契約し、選手達を「エリート」「オーバータイム」「OTE」の3チームに分け、紅白戦や高校やプレップスクールを相手に対外試合を行った。大半の試合はYouTubeにフルゲームでアップロードされている。

関連記事

アトランティックエリア

リッチモンド(バージニア州)

  • NCAA D1(中堅): バージニアコモンウェルス大学(VCU)
  • NCAA D1(中堅): リッチモンド大学

ノーフォーク(バージニア州)

  • NCAA D1(中堅): オールド・ドミニオン大学
  • NCAA D1(中堅): ハンプトン大学
  • NCAA D1(中堅): ノーフォークステイト大学
  • NCAA D1(中堅): ウィリアム&メアリー大学

バージニア大学(シャーロッツビル)

リンチバーグ(バージニア州)

  • NCAA D1(強豪): バージニア工科大学
  • NCAA D1(中堅): リバティ大学
  • NCAA D1(中堅): VMI
  • NCAA D1(中堅): ジェームス・マディソン大学
  • NCAA D1(中堅): ロングウッド大学
  • NCAA D1(中堅): ラドフォード大学

リサーチトライアングル(ノースカロライナ州)

ピートモンドトライアド(ノースカロライナ州)

アッシュビル(ノースカロライナ州)

  • NCAA D1(中堅): ノースカロライナ大学アッシュビル校
  • NCAA D1(中堅): アパラチアンステイト大学
  • NCAA D1(中堅): ウェスタンカロライナ大学
  • NCAA D1(中堅): テネシー工科大学

シャーロット(ノースカロライナ州)

ウィルミントン(ノースカロライナ州)

  • NCAA D1(中堅): ノースカロライナ大学ウィルミントン校
  • NCAA D1(中堅): コースタルカロライナ大学

アップステイト(サウスカロライナ州)

コロンビア(サウスカロライナ州)

【NCAA】サウスカロライナ大学
サウスカロライナ大学について紹介!!

チャールストン(サウスカロライナ州)

オーガスタ(ジョージア州)

  • NIKE EYBLピーチジャム

アセンズ(ジョージア州)

【NCAA】ジョージア大学
ジョージア大学について紹介!!

アトランタ(ジョージア州)

【現地観戦ガイド】アトランティックエリア
バージニア州-ノースカロライナ州-サウスカロライナ州-ジョージア州をバスケに特化して紹介!!

夏開催

イベント時期(例年)場所
NBAサマーリーグ7月上旬ラスベガス
サクラメント
ソルトレイクシティ
アメリカ代表7月下旬以降ラスベガス
+他の都市
BIG36~8月全米各地
TBT(The Basketball Tournament)6~8月全米各地
プロアマリーグ6~8月全米各地
AAUサーキット4&7月全米各地
その他(セレブリティゲーム/ツアー)通年全米各地

現地観戦の準備

参考

【基本情報】
Overtime Elite(overtimeelite.com)
A New League’s Shot at the N.C.A.A.: $100,000 Salaries for High School Players(nytimes.com)
Overtime Launches A Basketball League That Will Pay High School Players Six-Figure Salaries(forbes.com)
Overtime announces launch of professional league ‘Overtime Elite’(finance.yahoo.com)
Unique basketball prep league, school starting in Atlanta(ajc.com)
DI Council introduces name, image and likeness concepts into legislative cycle(ncaa.org)
Landmark College Athletes Bill of Rights to be introduced in Congress(yahoo.sports.com)
Under the knife: Exposing America’s youth basketball crisis(espn.com)
Kobe: Europe’s players more skillful(espn.com)
Rui Hachimura’s unique NBA journey and the problem with AAU(sports.yahoo.com)
Play Their Hearts Out: A Coach, His Star Recruit, and the Youth Basketball Machine(George Dohrmann/2010)
【2021-22】
Overtime Raises $80 Million From Jeff Bezos, Drake, NBA Stars and Others(wsj.com)
電通ベンチャーズ、米国で若年層ファン向けスポーツプラットフォーム・コミュニティを運営する「オーバータイム社」に出資(kyodonewsprwire.com)
New hoops league for prep standouts signs deal with Gatorade(apnews.com)
State Farm Announces All-new Partnerships with Overtime Elite(boardroom.tv)
Topps Marks Its Return to Basketball Cards With Exclusive Overtime Elite Partnership(hypebeast.com)
Matt, Ryan Bewley first high school juniors to join Overtime Elite league(espn.com)
Overtime Elite lands another set of twins as Amen and Ausar Thompson choose professional program over college(cbssports.com)
Jean Montero signing with Overtime Elite, to be league’s first international player(espn.com)
Overtime Elite League Signs First European Player In Alexandre Sarr(forbes.com)
Overtime Elite Signs Belgian Forward Nathan Missia-Dio(forbes.com)
Jalen Lewis becomes highest-ranked basketball recruit to join Overtime Elite(espn.com)
Meta inks VR partnership with Overtime Elite league(sportsbusinessjournal.com)
【2022-23】
Naasir Cunningham, No. 1 high school basketball recruit of 2024, to sign with Overtime Elite, keep college eligibility(espn.com)
Overtime Elite team, including 2023 projected top-10 NBA picks Amen and Ausar Thompson, to compete in The Basketball Tournament(espn.com)
Amazon Sets Global Distribution Deal, Including Season-Long Unscripted Series, With YA Basketball League Overtime Elite(variety.com)
Overtime Elite Tips Off New Season with GMC(boardroom.tv)
【2023-24】
Team Overtime to Play in TBT(ote.beehiiv.com)
OTE Signs Multi-Year Deal with adidas(ote.beehiiv.com)
Spanish big man Izan Almansa signs with G League Ignite(espn.com)
5-Star SF Karter Knox, Brother of Kevin, Commits to Play for Overtime Elite(bleacherreport.com)
Chicago State brothers sue NCAA over denied eligibility(espn.com)

【2024】
2023-24 ANGT Finals field announced(euroleaguebasketball.net)

その他
Overtime opens online store within Fanatics Live(sportsbusinessjournal.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました