【徹底解説】「元NBA選手多数参戦!!」TBT(The Basketball Tournament)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、その他はNBAとNCAA以外のカテゴリーである。

今回はTBT(The Basketball Tournament)についてだ。

TBT(The Basketball Tournament)

概要: 優勝賞金を掛けた一発勝負の大会

TBT(The Basketball Tournament)は2014年から開催されている一発勝負のトーナメントだ。開催時期は7~8月、優勝チームにのみ優勝賞金が与えられている。


大会の規模やフォーマットは、毎年微妙に変更されるのだが、おおよそは2019年大会と同じだ。2019年大会は合計64チームが8チームずつ全米の8か所に分かれて1、2、3回戦を戦い、その後、勝ち残った8チームがシカゴに集結して準々決勝、準決勝、決勝を戦った。


一方、2020年大会はコロナの影響で24チームがオハイオ州コロンバスに集まって7/4~14の短期間で一気に行われる非常に限定的な規模となったが、多くのスポーツ大会がキャンセルになる中での大会開催はかなり先駆的だった。


2021年大会は徐々に元の姿に戻りつつある。2021年6月現在、開催地は5カ所が予定されている。出場チームも64チームに戻り、トーナメント表も既に決まっている。出場選手もほとんど確定している状態だ。

参加者: ほとんどが現役&元プロ選手

チーム: 大学OBチーム等

参加チームは何かしらのコンセプトを基に結成されている。主流派は同じ大学出身者で構成されたOBチームだが、NCAA D2、ACB(スペインリーグ)、〇〇州といった枠組みのチームも存在する。


しかし、先述したFA制度で選手を獲得することができるようになったこともあり、近年では〇〇大学OBチームを名乗っていてもロスターに2~3人しか〇〇大学OBがいないことが当たり前となっている。


また、各チームには選手とコーチ以外にGMとブースターがいる。GMはチームの選手やコーチを集める役職、ブースターは資金を援助するパトロンで、現役のNBA選手が務めていたりする。

選手

ほとんどの選手は現役 or 元プロ選手だ。大会期間中にNBAチームとの契約下にある現役NBA選手は出場できないが、フリーエージェントの選手は参加することができる。

全員にチャンスあり

誰でもTBTのチームの一員になれる可能性がある。基本的に各チームはコネクションで構成されているのだが、もし年齢等の最低限の条件をクリアしていれば、誰しもがフリーエージェントの選手やコーチとして登録(無料)することができるのだ。各チームはFAの選手やコーチと交渉することができる。もし両者が合意に至ればチームに加わることができるのだ。

ファン参加型

そして、TBTはファン参加型の大会だ。実は誰しもが「ファン」として登録することが可能である。ファンは「TBTに出てほしいチームへの投票(出場表明チームが多い場合)」、「応援するチームへの資金援助」、「ブラケットチャレンジ(勝ち上がり予想)への参加」、そして「贔屓チームが優勝した場合の優勝賞金の一部の受け取り」ができる。

ルール: イーラムエンディングを採用

ルールは、NBA、NCAA、FIBAからちょいちょい採用して調整された独自ルールが採用されてはいるが、基本的にはバスケットボールのルールに準じている。


最大の特徴はイーラムエンディング(Elam Ending)の採用だ。イーラムエンディングは試合終盤にターゲットスコアが発表され、それ以降は試合時間は無くなり、勝敗はターゲットスコアに先に到達したチームの勝ちとなるルールである。例えば、第4クオーター開始時にA(80)vs. B(70)のスコアでターゲットスコアが90と発表された場合、試合はどちらかのチームが先に90点に到達した時点で終了となり、その90点に到達したチームの勝利となる。2020年大会は第4クオーター残り4分時点でリードしているチームの得点に8点を追加した点数がターゲットスコアとなった。


ちなみに、このルールはメンサ会員のイーラムという人物によって考案されたためイーラムエンディング、あるいはメンサエンディングと呼ばれている。

2021年大会

総評

今大会は「絶対王者の不参加」「多数の新規参戦」「トレンドの転換」といった複数の要因が重なっているため大混戦が予想される。

絶対王者不在

最大の特徴が絶対王者オーバーシーズ・エリート(Overseas Elite)の不在だ。オーバーシーズ・エリートは世界各国のプロ選手で結成され、過去に2015~18年大会の四連覇を達成し、2020年大会にはジョー・ジョンソンが加入した「TBTの顔」なのだが、ジョー・ジョンソンのBIG3(元NBA選手の3on3リーグ)参戦等でメンバーが集まらなかったからなのか、2021年6月に出場辞退を発表した。

新規参戦多数

一方、今大会は多数の大学OBチーム参戦も目立つ。オレゴン大学、テネシー大学、マイアミ大学、TCU、NCステイト大学、ゼイビア大学、ニューメキシコ大学、クレイトン大学、マレーステイト大学、オハイオ大学、バッファー大学、イーストテネシーステイト大学、St.ボナベンチャー大学、ジェームス・マディソン大学といった合計14個の新たな大学OBチームが参加している。

トレンドの転換期

そして、TBTの優勝のセオリーの転換期が訪れている。先述した通り、2015~18年は優秀な選手を搔き集めたオーバーシーズ・エリートが優勝を搔っ攫っていったのだが、直近の2019年と2020年はどちらも結束力を武器にした大学OBチームが優勝を果たしているのだ。つまり、これまではロスターの才能が優勝に近づくための定石だったのだが、近年は結束力を重視した構成の方が良い可能性が浮上し、今大会はまさに狭間の大会となっている。

優勝候補

今大会の優勝はエバライン・ドライブ(Eberlein Drive)、カーメンズ・クルー(Carmen’s Crew/オハイオステイト大学OB)、ゴールデンイーグルス(マーケット大学OB)が最有力候補とされている。


エバライン・ドライブは最も優勝に燃えているチームだ。同チームはTBT常連ながら優勝は無い。今大会はアーチン・グドウィン、ジェレミ―・エバンス、マーキス・ティーグ、JP・トコト、デビン・ロビンソン、マーカス・リーの多数のNBA経験者にBリーグ得点王のニック・メイヨが加わった。


一方、カーメンズ・クルーとゴールデンイーグルスはどちらも優勝時のメンバーを中心にOB濃度を上げて2度目の栄冠を狙っている。カーメンズ・クルーは2019年大会の優勝に貢献したジェフ・ギブスとマイアミ大学(オハイオ州)出身のジュリアン・マブンガ以外は全て大学OBだ。ゴールデンイーグルスもベンダー・ブルーを中心にOB陣で連覇を狙う。


その他、LAチーターズ(ドリューリーグ代表)はデリック・ウィリアムス、マイケル・トンプソン(クレイ・トンプソンの兄)、リチャード・ソロモン、クインシー・ミラーの豪華ラインナップを揃えている。ベスト・バージニア(ウェストバージニア大学OB)、2020年準優勝のサイドライン・キャンサー、ハード・ダット(マーシャル大学OB)の常連達も高い結束力と経験がある。また、フォート・ウェイン・チャンプスはTCUのOB軍団にブルーノ・カボクロを加えて死角の無い布陣だ。

主な参加者
主な参加者
  • アミーア・ジョンソン(TMT)
  • トレイボン・ブッカー(PrimeTime Players)
  • ブルーノ・カボクロ(Fort Wayne Champs)
  • ジョー・ヤング(Always Us/オレゴン大学OB)
  • ランドル・ホリス-ジェファーソン(TBT20th_Olney)
  • マルコム・ミラー(Armored Athlete)
  • AJ・ハモンズ(Men Of Mackey/パーデュー大学OB)
  • コーリー・ジェファーソン(Team Heartfire)
  • アントニオ・ブレイクニー(Florida TNT)
  • ジェローム・ランドル(Team Challenge ALS)
  • ダレン・コリソン(Team Challenge ALS HC)
  • ジャレッド・サリンジャー(Carmen’s Crew HC)
  • ニック・パーキンス(バッファロー大学OB)
  • ブランドン・マッコイ(Category 5/マイアミ大学OB)
  • ロン・ベイカー(AFTERSHOCKS/ウィチタステイト大学OB/GM)
  • フレッチャー・マギー(WoCo Showtime/ウォッフォード大学OB)
  • ディボンテ・フリガ(Team Challenge ALS)
  • D3得点王

今大会は例年に比べたら明らかにビッグネームが少ない。

暗号通貨

そして、ブラケットチャレンジ(勝ち上がり予想)の賞金が三種類の暗号通貨になっている。TBTは予てよりかなり先駆的な施策でオリジナリティを同大会の確保してきたのだが、イーラムエンディングや1on1型ダンクコンテスト等に続き、今回は暗号通貨の賞金が新たな試みとして打ち出された。

視聴方法: ESPN PLAYER(.99/月&無料トライアル7日間)+VPN(無料期間)

概要
手順
  1. VPNを契約(無料期間)
  2. ロケーションをヨーロッパ等(ESPN PLAYERのサービス圏内)に設定
  3. ESPN PLAYERのサブスクリプションと契約
  4. VPNを無料期間中に解約

TBTを観る方法はESPN PLAYER(無料トライアル7日間)」&「VPN(無料期間)」だ。ESPN PLAYERは北米以外向けのカレッジスポーツの視聴サービスである。

日本からではサブスクリプションに加入できない

しかし、残念ながらESPN PLAYERは2020年11月からアジア圏でのサービスを止めてしまったため、現在は視聴だけは日本からVPN無しでも可能なものの、上記の様にサブスクリプションの加入は日本からでは不可能な状態になっている。つまり、ESPN PLAYERとの契約時にのみVPN(=ロケーションを変更するサービス)が必要になる。

VPN=ロケーションを変更できるシステム

VPNは本来の用途は通信を暗号化することなのだが、特性上、通信者の国のIPアドレスを変更できるため、特定の国限定のサービスを国外から使用する場合によく用いられているサービスだ。要するに、VPNで自分があたかもヨーロッパ等のESPN PLAYERのサービス圏内から通信しているように偽ってESPN PLAYERを利用するという訳である。

VPN経由でESPN PLAYERにアクセスしてもダメな場合はブラウザやディバイスを変えてみると良い。俺達が確認した限りではパソコンとタブレットでは可能だが、スマートフォン(iPhone)用のSafari、 Google Chrome、Fire Fox、Microsoft Edgeでは無理だった。

VPN業者(日本語サイト有)
月額料金年額料金国数無料/返金期間
セカイVPN1,100円10ヵ国2カ月
Private Internet Access1,304円636円/月不明30日間
NordVPN1,256円517円/月50ヵ国以上30日間
Millen VPN1,628円1,078円/月不明不明
Surfsahrk1,415円不明30日間
AVAST7,030円35ヵ国以上30日間
ExpressVPN$12.95$8.3290ヵ国以上30日間
CyberGhost VPN1,425円425円90ヵ国以上14日間
※料金は全て税込価格

VPNは数多くの業者がサービスを提供している。相場は「月額1000円前後」+「約1カ月程の無料体験期間」といったところだ。強いて言うならば、どこの業者も無料期間を用意しているので気に入らなければすぐに他社に乗り換えれば良い。ちなみに、ここでは日本語のサイトの業者だけを厳選したが、この中で運営会社が日本企業なのはセカイVPNだけである。何かトラブルがあった場合に最も日本的な対応が期待できる。

月額最安-無料期間最長-日本企業
90ヵ国以上
オススメ!!年額最安&90ヵ国以上

グッズの購入

Official TBT Merchandise
This is the only site to buy official The Basketball Tournament merchandise. The Basketball Tournament is a single-elimination, winner-takes-all tournament.

各チームはグッズの販売も行っている。残念ながら日本への発送は行われてはいないが、Shipto等で個人輸入向けの無料のアメリカ住所を取得すれば、個人輸入することも可能だ。

過去の大会のハイライト

2014年: 現役NBA選手も参加した初回大会

初開催となった2014年大会は合計32チームが参加した。St.アンソニー高校で長年HCを務めていたボブ・ハーレイ氏が指揮を執るSt. Anthony、スーパー高校生として一世を風靡したアキーレ・カー、ゴリゴリの現役NBA選手ダンテ・カニンガムやラングストン・ギャロウェイ等が注目を集める中、ノートルダム大学卒業生チームが初代王者となった。

2015年: 一気に規模が拡大!!

第二回の2015年大会は規模が一気に拡大した。参加チームは97、優勝賞金は$100万、そして、準々決勝以降はESPNで放映されることとなった。ネイト・ロビンソン、ジェイソン・ウィリアムス、マイク・ビビー、ブライアン・スカラブリニ等NBAで人気を誇った選手も参加した。アメリカ国外で活躍するプロ選手で結成されたOverseas Eliteが優勝を果たした。

2016年: 洗礼されたフォーマットに

第三回の2016年大会はレギュレーションの整備が行われた。優勝賞金は$200に再び倍に増える一方、出場チームはファン投票等で選ばれた64チームに絞られた。優勝は日本でプレーしているジャスティン・バーレルが加わったOverseas Eliteが2連覇を果たした。

2017年: Play-In試合を開催

第四回の2017年大会は出場チーム数に変更は無かったが、新たな試みとしてJamboreeと呼ばれるTBT本戦最後の4枠を争うプレー・イン・トーナメントがイーラム・エンディングで開催された。一大旋風を巻き起こしたジマー・フレデッテが参加したことで大きな話題を呼んだ。サンアントニオ・スパーズで活躍したディショーン・ブレアを補強したOverseas Eliteが怒涛の3連覇を成し遂げた。ちなみに、Jamboreeから見事本戦への出場権を獲得したChampionsというチームにはアール・ボイキンス(165cm)とママドゥ・ンジャイン(221㎝)が在籍していた。

2018年: オデンが参戦!!

第五回の2018年大会は全試合にイーラムエンディングが採用された。出場枠が72チームに微増した。グレッグ・オデンがオハイオ・ステイト大学OBチームの一員としてコートに帰ってきたことが大きな話題を呼んだが、またしてもOverseas Eliteの優勝で大会は幕を閉じた。

2019年: 1on1式ダンクコンテストが開催!!

第五回の2019年大会は数多くの変更がなされた。プレーイントーナメント廃止、64チーム(8チームずつの8地区)、1on1形式のダンクコンテストが開催された。大会はオハイオ・ステイト大学OBチームのCarmen’s Crewが4連覇中のOverseas Eliteを準決勝で破って初優勝を果たした。ちなみに、Carmen’s Crewにはオハイオ・ステイト大学のあるオハイオ州コロンバス出身ということでジェフ・ギブスが参加していた。

2020年大会: ジョー・ジョンソン降臨!!

2020年大会はコロナで非常に限定的な形式となった。大会は24チームがオハイオ州コロンバスに集まって7月4日~14日の短期間で一気に行われた。


最大の話題は絶対王者Overseas EliteがNBA復帰を目論む元NBAオールスターのジョー・ジョンソンを引っ提げて帰ってきたことだ。DJ・ケネディーやカイル・フォグといった最盛期を支えたメンバーは抜けてしまったが、中国で平均40点以上を挙げたこともあるジョーダン・クロフォードとDrew League MVPフランク・セッションズも加わった。ジャスティン・バーレルも健在だ。


さらに、前回王者Carmen’s Crew(オハイオ・ステイト大学OBチーム)はジェフ・ギブスを含めたほとんどの主力を残した状態で戻ってきた。ウェストバージニア大学のケビン・ジョーンズとディショーン・バトラーが再結成となった。両者は2010年に史上最強と名高いジョン・ウォールとデマーカス・カズンズ擁するケンタッキー大学をNCAAトーナメントで沈めたコンビだ。


元NBA選手ではハシーム・サビート、トニー・ローテン、ウィリー・リード、元カレッジスター選手はフレッチャー・マギー(2019年にJJ・レディックの大学通算3pt成功数を打ち破ったシューター)、ジョシュ・パーキンス(ゴンザガ大学時代の八村塁選手のチームメイト)、その他の有名選手ではアイザイア・オースティン、ルブライアン・ナッシュ、ロミオ・トラビス(レブロンの高校時代のチームメイト)が参加した。今回はコロナ中でサマーリーグやドラフトコンバインが無いこともあり、NBAドラフト候補生のエミット・ウィリアムスの参加もあった。


大会は第22シードのSideline Cancerが優勝こそGolden Eagles(マーケット大学OB)に譲ってしまったが、次々と番狂わせを巻き起こし、準々決勝で第3シードのBoeheim’s Army(シラキュース大学OB)を破り、遂には準決勝でOverseas Eliteをも撃破して決勝に進出した。

オススメ: VPN

VPNの魅力

  • 日本未配信の作品が見られる
  • 海外限定のサービスに登録できる
  • 業者多数&無料体験有り

VPN=通信者のロケーションを変更できるサービス

映画やドキュメンタリーが好きならVPNを利用して海外限定の作品を漁るのがオススメだ。VPNは一言で言えば通信者の通信国を変更できるサービスである。VPNの本来の用途は通信を暗号化することなのだが、特性上、通信者の国のIPアドレスを変更できるため、特定の国限定のサービスを国外から使用する場合にも利用することができるのだ。つまり、VPNは自分があたかもヨーロッパやアメリカから通信しているように見せかけて日本未対応のサービスを受けられるツールという訳だ。無論、VPNは日本では合法である。

具体的な利用例

日本未配信の作品の鑑賞

VPNでロケーションをイギリス等に設定した場合、日本からでも日本未配信のジブリ作品の鑑賞が可能だ。

BリーグのフルゲームをYouTubeで視聴!!

実はBリーグは日本国外に向けてはフルゲームをYouTubeでライブとアーカイブで配信している。だから、VPNで海外に設定した場合、日本からでもYouTubeでBリーグの試合が視聴可能になる。

【合法】Bリーグを日本からYouTubeで無料で見る方法
日本からBリーグの試合をYouTubeで無料で見る方法を紹介!!

海外限定のサブスクに入会

VPNでロケーションをヨーロッパに設定した場合、2020年11月から日本から撤退してしまったESPN PLAYERへの加入も可能だ。一方、VPNでロケーションをアメリカ合衆国にした場合はESPN+やアメリカのTVプロバイダーと契約することもできる。

日本から「ESPN PLAYER」を利用する方法
日本からESPN PLAYERを利用する方法について紹介&解説!!
日本から「ESPN+」を利用する方法
日本から「ESPN+」を利用する方法について紹介&解説!!

利用方法

VPNの利用方法は「どこかしらのVPN業者と契約」→「各業者のVPNのアプリケーションのダウンロード」→「アプリ起動&ロケーション設定」と非常に簡単だ。

VPN業者(日本語サイト有)

月額料金年額料金国数無料/返金期間
セカイVPN1,100円10ヵ国2カ月
Private Internet Access1,304円636円/月不明30日間
NordVPN1,256円517円/月50ヵ国以上30日間
Millen VPN1,628円1,078円/月不明不明
Surfsahrk1,415円不明30日間
AVAST7,030円35ヵ国以上30日間
ExpressVPN$12.95$8.3290ヵ国以上30日間
CyberGhost VPN(オススメ)1,425円425円90ヵ国以上14日間
※料金は全て税込価格

VPNは数多くの業者がサービスを提供している。相場は「月額1000円前後」+「約1カ月程の無料体験期間」といったところだ。強いて言うならば、どこの業者も無料期間を用意しているので気に入らなければすぐに他社に乗り換えれば良い。ちなみに、上記のサイトは全て日本語で書かれているが、実際に日本企業に運営されているのはセカイVPNだけである。何かトラブルがあった場合に最も日本的な対応が期待できる。

月額最安-無料期間最長-日本企業
90ヵ国以上
オススメ!!年額最安&90ヵ国以上

まとめ

The Basketball Tournamentは現役プロ選手が参加するハイレベルな大会だ。


ただ、見ての通りゴリゴリのマニア向けではある。


しかし、マニア向けだからこそGリーグ、カレッジ、ヨーロッパ各国のリーグもチェックしている者にとっては非常に面白いし、逆に、TBTからカレッジやNBA以外のリーグに目を向けるということもできる。


是非、積極的に参加してTBTを楽しんでもらえれば、と思う。

関連記事

夏に行ける

NBAサマーリーグ
基本情報
  • 概要: NBA挑戦者達の品評会
  • 2021年: 8/8(日)~17(火)※例年は7月上旬
  • 場所: ラスベガス&ソルトレークシティ
  • 主な活動: 試合/サイン会
【NBA】NBAサマーリーグ(ラスベガス)
NBAサマーリーグの現地観戦について紹介&解説!!
アメリカ代表
基本情報
  • 概要: アメリカ代表
  • 時期: 8月(サマーリーグ後)
  • 場所: ラスベガス+他の都市
  • 主な活動: トレーニングキャンプ/紅白戦/エキシビジョン
【現地観戦】アメリカ代表
アメリカ代表の現地観戦について紹介&解説!!
BIG3
基本情報
  • 概要: 元NBA選手達の3on3リーグ
  • 2021年: 7/10(土)~9/4(土)
  • ※例年は6~8月開催
  • 場所: 全米各地(2021年はLVとNOのみ)
  • 主な活動: 試合
【現地観戦】「元NBA選手達の3on3巡業」BIG3
元NBA選手が多数参戦している3on3リーグのビッグ3について紹介&解説!!
TBT(The Basketball Tournament)
基本情報
  • 概要: プロ選手達のトーナメント
  • 2021年: 7/16(金)~8/3(火)
  • 例年は6~7月開催
  • 場所: 全米各地
  • 主な活動: 試合
【徹底解説】「元NBA選手多数参戦!!」TBT(The Basketball Tournament)
毎年夏に開催される一発勝負の大会TBT(The Basketball Tournament)を紹介!!
プロアマリーグ
基本情報
  • 概要: プロとアマチュア選手の大会
  • 時期: 5~8月
  • 場所: 全米各地
  • 活動: 試合
【徹底解説】プロアマリーグ(東海岸編)
ラッカーパークやダイクマン等の東海岸のプロアマリーグの紹介!!
【徹底解説】プロアマリーグ(五大湖周辺編)
シカゴ、ミルウォーキー、インディアナポリス等のプロアマリーグの紹介!!
【徹底解説】プロアマリーグ(南部編)
南部のプロアマリーグの紹介!!
【徹底解説】プロアマリーグ(中西部&西部編)
ミネアポリス、オクラホマシティ、ヒューストン等のプロアマリーグの紹介!!
【徹底解説】プロアマリーグ(西海岸編)
ドリューリーグ、VBL、クロスオーバー(ジャマール・クロフォード主催)等の紹介!!
AAU
基本情報
  • 概要: 中高生のアピールの場
  • 時期: 4月&7月
  • 場所: 全米各地(主要大会は南部)
  • 主な活動: 試合
【徹底解説】AAUバスケットボール
高校生達のアピールの場AAUサーキットを紹介!!
イベント
基本情報
  • 概要: バスケットボールイベント
  • 時期: 年中
  • 場所: 全米各地
  • 主な活動: 試合
【現地観戦】バスケイベント(巡業団体/セレブリティゲーム/ユーチューバー等)
チャリティイベントやセレブリティゲームの紹介!!

現地観戦術

【必須】現地観戦に絶対に必要な物4点
パスポート、クレジットカード、航空券、渡航認証(ESTA/eTA)の取得方法について紹介!!
【現地観戦術】NBAチケットを安く買うための5つのコツ
NBAのチケットを安く購入するための基本的な方法を5つ紹介!!
【現地観戦術】NBA&NCAAグッズが買える店
NBAグッズが買える場所(公式ストア、ブティック、スポーツ用品店、ディスカウントストア、リサイクルショップetc)について紹介&解説!!
【現地観戦術】NBA選手のサインをゲットする方法
NBA選手からサインを貰う方法を紹介!!
【現地観戦術】「飛行機/鉄道/長距離バス/レンタカー」の賢い使い方(移動手段編)
今回は移動手段についてだ。概要: 移動手段戦略概要総所要時間7時間以上 or 長距離→飛行機総所要時間6~7時間→アムトラック>長距離バス>飛行機車以外では不可→レンタカー(最終手段)結...
【現地観戦術】「ホテル/モーテル/ホステル/民泊/野宿」の賢い選び方(宿泊編)
ホテルについて紹介&解説
【現地観戦術】「ポケットWi-Fi/海外SIM/データローミング/クラウドWi-Fi」の賢い選び方(インターネット環境)
旅行用のモバイルWi-Fi(レンタル)、データローミング、海外SIM、クラウドWi-Fiについて紹介!!
【現地観戦術】「現金/クレジットカード/デビットカード/電子決済」の賢い使い方(マネー編)
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!
【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: マイル編
マイルの基礎知識について紹介&解説

参考

The Basketball Tournament has released the 32-team bracket(si.com)
The Basketball Tournament: Handicapping the Field(si.com)
Former Irish Hoop Stars Set to Defend TBT Title(onefootdown.com)
What IS TBT?(web.archive.org)
About TBT(web.archive.org)
TBT 2017 BRACKET(thetournament.com)
TBT 2018 TEAMS AND BRACKET(thetournament.com)
TBT 2020: What to know about every team in the 24-team bracket(espn.com)
Emmitt Williams playing for Eberlein Drive in TBT 2020(wcgo.com)
ESPN Reaches Multi-year Extension with The Basketball Tournament(espn.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました