【現地観戦】「元NBA選手達の3on3巡業」BIG3

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、その他はNBAとNCAA以外のカテゴリーである。

と言うことで、今回は元NBA選手の3on3ツアーリーグのBIG3についてだ。

BIG3

概要

BIG3は元NBA選手を中心とした3on3のリーグだ。BIG3は夏季に全米各地をツアーで周りながらリーグ戦と優勝決定戦のプレーオフトーナメントを行っている。

2017年

チームコーチ主な選手
3’s Companyアレン・アイバーソンアレン・アイバーソン
3 Headed Monstersゲイリー・ペイトンラシャード・ルイス(MVP)
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
ジェイソン・ウィリアムス
Ghost Ballersジョージ・ガービンマイク・ビビー
リッキー・デイビス
Killer 3sチャールズ・オークリーチャウンシー・ビラップス
スティーブン・ジャクソン(得点王)
レジー・エバンス
ラリー・ヒューズ
ブライアン・クック
Powerクライド・ドレクスラーコリー・マゲッティ
カティーノ・モーブリー
ディショーン・スティーブンソン
トリロジー(優勝)リック・マホーンケニョン・マーティン
アル・ハリントン
ジェームス・ホワイト
Tri-Stateジュリアス・アービングジャメイン・オニール
マイク・ジェームス
Ball Hogsリック・バリーブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス

初シーズンはアレン・アイバーソンがコートに戻ってきたことが大きな話題を呼んだ。初代王者にはアル・ハリントン率いるトリロジーが輝いた。一方、ジョシュ・チルドレスは、残念ながらトレーニングキャンプ中にカットされてしまったが、シーズン終了後にデンバー・ナゲッツと保証無しの1年契約を結んでBIG3初のNBA復帰選手となった。

2018年

チームコーチ主な選手
3’s Companyアレン・アイバーソンバロン・デイビス(新)
ドリュー・グッデン(新)
ジェイソン・マキシエル(新)
3 Headed Monstersゲイリー・ペイトンラシャード・ルイス
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
レジー・エバンス(昨季Killer 3s)
Ghost Ballersジョージ・ガービンマイク・ビビー
リッキー・デイビス
カルロス・ブーザー(新)
Killer 3sチャールズ・オークリーチャウンシー・ビラップス
スティーブン・ジャクソン
ロン・アーテスト(新)
アラン・アンダーソン(新)
ライアン・ホリンズ(新)
Power(優勝)ナンシー・リバーマン(新)コリー・マゲッティ(MVP)
カティーノ・モーブリー
グレン・デイビス(新)
クリス・アンダーセン(新)
クエンティン・リチャードソン(新)
ライアン・ゴメス(新)
トリロジーリック・マホーンケニョン・マーティン
アル・ハリントン
ジェームス・ホワイト
ダンテ・ジョーンズ(新)
Tri-Stateジュリアス・アービングジャメイン・オニール
アマレ・スタウダマイヤー(新)
ネイト・ロビンソン(新)
Ball Hogsリック・バリーブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス
ディショーン・スティーブンソン(昨季Power)

2018年はアディダスがサプライヤーになった。第二回大会王者はパワーが輝いた。パワーは昨季はカティーノ・モーブリーとコーリー・マゲッティの元ロサンゼルス・クリッパーズコンビだけだったが、2018年は”ほぼ現役NBA選手”のグレン・デイビスとクリス・アンダーセンを補強し、クエンティン・リチャードソンも加え、そしてHCには殿堂入りのナンシー・リバーマンを迎えて超大型補強を敢行していた。

2019年

チームコーチ主な選手
3’s Companyマイケル・クーパー(新)バロン・デイビス
ドリュー・グッデン
ジェイソン・マキシエル
3 Headed Monstersゲイリー・ペイトンラシャード・ルイス
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
ラリー・サンダース(新)
マリオ・チャルマース(新)
Ghost Ballersジョージ・ガービンマイク・ビビー
リッキー・デイビス
カルロス・ブーザー
ジャマリオ・ムーン(新)
Killer 3sチャールズ・オークリースティーブン・ジャクソン
ダンテ・グリーン(新)
フランク・ニッティ(新)
CJ・ワトソン(新)
エディ・カリー(新)
Powerナンシー・リバーマンコリー・マゲッティ
カティーノ・モーブリー
グレン・デイビス
クリス・アンダーセン
クエンティン・リチャードソン
ライアン・ゴメス
トリロジーケニョン・マーティン(新)ジェームス・ホワイト
ジェイソン・テリー(新)
カルロス・アローヨ
Tri-Stateジュリアス・アービングジャメイン・オニール(新)
アマレ・スタウダマイヤー
ネイト・ロビンソン
ジェイソン・リチャードソン(新)
Ball Hogsリック・バリーブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス
ディショーン・スティーブンソン
Aliens(新)ネイト・アーチボルド(新)ブランドン・ラッシュ(新)
グレッグ・オデン(新)
シャノン・ブラウン(新)
ライアン・ホリンズ(昨季Killer 3s)
Triplets(新/優勝)リサ・レシリージョー・ジョンソン
アル・ジェファーソン
ジェレミー・パーゴ
アラン・アンダーソン(昨季Killer 3s)
Bivouac(新)レジー・テウスジョシュ・スミス(新)
ウィル・バイナム(新)
Enemies(新)リック・マホーン(元Trilogy)ギルバート・アリーナス(新)
ペリー・ジョーンズ三世(新)
ラマー・オドム(新)
ロイス・ホワイト(新)

2019年は新たに4チームが加わった。これに伴ってツアーは週末に2都市を周ってそれぞれで6チームによる3試合開催となった。優勝はほぼ現役NBA選手のジョー・ジョンソンとアル・ジェファーソン擁するトリプレッツが果たした。

2020年

2020年大会は中止となった。加えて、秋に予定されていた中国と日本へのツアーも中止となった。

2021年

WEEK1~4WEEK5~7WEEK8~11
7/10@ラスベガス7/31@ニューオーリンズ8/14@ラスベガス
7/17@ラスベガス8/5@ニューオーリンズ8/21@ラスベガス
7/18@ラスベガス8/7@ニューオーリンズ8/28@未定
7/24@ラスベガス9/4@未定

2021年はラスベガスとニューオーリンズだけで開催される予定だ。

ルール

主な独特なルール
  • 50点(&相手2点差以上)
  • 4ポイントゾーン
  • スティールやエアボールでボールを奪った場合はスリーポイントラインの外に出る必要がない

基本的には一般的に知られている3 on 3のルールが採用されている。

現地観戦

会場

開催都市(2017年)

NY→シャーロット→タルーサ(オクラホマ州)→フィラデルフィア→シカゴ→ダラス→レキシントン(ケンタッキー州)→LA→シアトル→ラスベガス

開催都市(2018年)

ヒューストン→シカゴ→オークランド→デトロイト→マイアミ→トロント→ボストン→アトランタ→ダラス→ブルックリン

開催都市(2019年)

デトロイト&インディアナポリス→シャーロット&フィラデルフィア→バーミンガム&アトランタ→プロビデンス&NY→カンザスシティ&OKC→ソルトレークシティ→シカゴ&ミルウォーキー→マイアミ→ダラス

ビッグスリーは全米各地をツアーして周っている。2017年と2018年は8チーム制だったため毎週1都市に赴いて全4試合を行っていたが、12チーム制になった2019年は毎週末に2都市を赴いてそれぞれ3試合ずつを行う形式になった。

チケット

チケットはオンラインと会場のチケット売り場で購入可能だ。座種には指定席と

グッズ

アリーナにグッズの特設売り場がある。

サイン

ファン対応はかなり良い。試合の前日にサイン会やクリニックを行う場合もある。

まとめ

懐かしい顔ぶれの元気な姿が見られるのが良い。

関連記事

夏に行ける

現地観戦術

参考

INSIDE THE BIG3 REVOLUTION(big3.com)
BIG3 Basketball League 2017 Season Schedule and Full Team Rosters(bleacherreport.com)
BIG3 2017 PLAYER AWARDS(big3.com)
Josh Childress, Nuggets Reportedly Agree to Contract After Playing in BIG3(bleacherreport.com)
2018 BIG3 SEASON PREVIEW(big3.com)
2018 BIG3 Basketball awards: Corey Maggette takes home MVP; ‘Birdman’ wins Defensive Player of the Year(cbssports.com)
2019 BIG3 ROSTERS ARE SET(big3.com)
BIG3 BRINGS THE FIRE BACK WITH SEASON FOUR TIPPING OFF JULY 10(big3.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました