「元NBA選手達の3on3巡業」BIG3

概要

概要
  • 時期: 夏(7~9月)
  • 形態: 巡業
  • 試合: 3on3
  • チーム: 12
  • ドラフト(開幕前)
    トライアウト→コンバイン→ドラフト
  • 主な参加者(選手)
    アレン・アイバーソン/ジョー・ジョンソン/ジャメイン・オニール/ケニオン・マーティン/グレッグ・オデン/ギルバート・アリーナス等
  • 主なルール
    50点先取(&2点差以上)/4Pゾーン/TOVでボール奪取後のシュート可/1on1のチャレンジ制度等
  • 視聴方法
    FITE TV(月額$4.99+7日間無料)
    CBS(放映権所有者)
    Paramount+(月額$4.99~)
  • オーガナイザー: アイスキューブ

BIG3は毎年夏に元NBA選手等達が全米各地を周って3on3を戦う巡業リーグだ。現在、BIG3は全12チーム制となっている。各チームは「コアメンバー」+「ドラフト指名選手」で構成されている。参加者には「殿堂入り選手」「元オールスター」「フランチャイズプレーヤー」も多い。一方、最近では「女子バスケレジェンドのHC登用」「NBA未経験者参加可」「年齢制限(27歳→22歳以上)への引き下げ」と門戸が広がりつつある。ルールは一般的なルール+ショー要素が採用されている。開催の沿革は「コロナ前(2017年~2019年)→全米各地」「2020年→中止」「2021年→三都市開催」だ。視聴は2021年はFITE TVでほぼ全試合が無料視聴可能だった。その他、CBS放送とParamaount+(CBSのサブスクリプションサービス)でも試合の視聴は可能である。兎にも角にも懐かしい顔ぶれの元気な姿が見られるのが良い。

2022年大会

今後の予定(スケジュール)

主なタイムライン
  • トライアウト(3~4月)@DAL/D.C./PHX/NY/CHI
    合格者はドラフトコンバインに参加
  • ドラフトコンバイン(5月)@ラスベガス
  • ドラフト抽選(5月)
  • シーズン開幕(6/18)

シーズン5は6月18日から全12週間に渡って開催されることは決定している。具体的な日時と場所は未定だ。放送はCBSが2021年引き続き取得している。

元NBA選手&ホームレスのデロンテ・ウェストはワシントンD.C.のトライアウトとドラフトコンバインの両方に参加した。

ドラフト

主な指名候補者
  • 元NBA選手
    KJ・マクダニエルズ/ジョーダン・クロフォード/デジュワン・ブレア/ダニエル・ギブソン/ダジュアン・サマーズ/オーランド・ジョンソン等
  • その他
    ザ・ボーン・コレクター/Hezi God (バスケ系インフルエンサー)

今後はドラフトも行われる予定だ。

ロスター

3’s Company
HC
マリオ・チャルマース
ブランドン・ラッシュ
マイケル・ビーズリー(新)
3 Headed Monsters
Aliens
Ball Hogs
HC
レアンドロ・バルボーサ
ジョディ・ミークス
Bivouac
Ghost Ballers
Enemies
Killer 3s
Power
Trilogy
HC
アミーア・ジョンソン
ジェームズ・ホワイト
アイザイア・ブリスコー
アール・クラーク
Triplets
Tri-State

ロスターは5月から随時発表が始まっている。

歴史

2017年

3’s Company
HCアレン・アイバーソン
3 Headed Monsters
HCゲイリー・ペイトン
ラシャード・ルイス(MVP)
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
ジェイソン・ウィリアムス
Ball Hogs
リック・バリー
ブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス
Ghost Ballers
HCジョージ・ガービン
マイク・ビビー
リッキー・デイビス
Killer 3s
HCチャールズ・オークリー
チャウンシー・ビラップス
スティーブン・ジャクソン
レジー・エバンス
ラリー・ヒューズ
ブライアン・クック
Power
HCクライド・ドレクスラー
コリー・マゲッティ
カティーノ・モーブリー
ディショーン・スティーブンソン
Trilogy(優勝)
HCリック・マホーン
ケニョン・マーティン
アル・ハリントン
ジェームス・ホワイト
Tri-State
HCジュリアス・アービング
ジャメイン・オニール
マイク・ジェームス
開催都市(2017年)

NY→シャーロット→タルーサ(オクラホマ州)→フィラデルフィア→シカゴ→ダラス→レキシントン(ケンタッキー州)→LA→シアトル→ラスベガス

初シーズンはアレン・アイバーソンがコートに戻ってきたことが大きな話題を呼んだ。初代王者にはアル・ハリントン率いるトリロジーが輝いた。一方、ジョシュ・チルドレスがシーズン終了後にデンバー・ナゲッツと保証無しの1年契約を結んでBIG3初のNBA復帰選手となった。

2018年

3’s Company
HCアレン・アイバーソン
バロン・デイビス(新)
ドリュー・グッデン(新)
ジェイソン・マキシエル(新)
3 Headed Monsters
HCゲイリー・ペイトン
ラシャード・ルイス
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
レジー・エバンス
Ball Hogs
リック・バリー
ブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス
ディショーン・スティーブンソン
Ghost Ballers
HCジョージ・ガービン
マイク・ビビー
リッキー・デイビス
カルロス・ブーザー(新)
Killer 3s
HCチャールズ・オークリー
チャウンシー・ビラップス
スティーブン・ジャクソン
ロン・アーテスト(新)
アラン・アンダーソン(新)
ライアン・ホリンズ(新)

Power(優勝)
HCナンシー・リバーマン(新)
コリー・マゲッティ(MVP)
カティーノ・モーブリー
グレン・デイビス(新)
クリス・アンダーセン(新)
クエンティン・リチャードソン(新)
ライアン・ゴメス(新)
Trilogy
HCリック・マホーン
ケニョン・マーティン
アル・ハリントン
ジェームス・ホワイト
ダンテ・ジョーンズ(新)
Tri-State
HCジュリアス・アービング
ジャメイン・オニール
アマレ・スタウダマイヤー(新)
ネイト・ロビンソン(新)
開催都市(2018年)

ヒューストン→シカゴ→オークランド→デトロイト→マイアミ→トロント→ボストン→アトランタ→ダラス→ブルックリン

2018年はアディダスがサプライヤーになった。第二回大会王者にはパワーが輝いた。パワーはカティーノ・モーブリーとコーリー・マゲッティの元ロサンゼルス・クリッパーズコンビに”ほぼ現役NBA選手”のグレン・デイビスとクリス・アンダーセンを補強し、さらにはクエンティン・リチャードソンも加え、そして、殿堂入りのナンシー・リバーマンをHCを迎えた超大型補強が功を奏した。

2019年

3’s Company
HCマイケル・クーパー(新)
バロン・デイビス
ドリュー・グッデン
ジェイソン・マキシエル
3 Headed Monsters
HCゲイリー・ペイトン
ラシャード・ルイス
クワミ・ブラウン
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
ラリー・サンダース(新)
マリオ・チャルマース(新)
Aliens(新)
HCネイト・アーチボルド(新)
ブランドン・ラッシュ(新)
グレッグ・オデン(新)
シャノン・ブラウン(新)
ライアン・ホリンズ
Ball Hogs
HCリック・バリー
ブライアン・スカラブリニ
ジョシュ・チルドレス
ディショーン・スティーブンソン
Bivouac(新)
HCレジー・テウス
ジョシュ・スミス(新)
ウィル・バイナム(新)
Ghost Ballers
HCジョージ・ガービン
マイク・ビビー
リッキー・デイビス
カルロス・ブーザー
ジャマリオ・ムーン(新)
Enemies(新)
HCリック・マホーン(元Trilogy)
ギルバート・アリーナス(新)
ペリー・ジョーンズ三世(新)
ラマー・オドム(新)
ロイス・ホワイト(新)
Killer 3s
HCチャールズ・オークリー
スティーブン・ジャクソン
ダンテ・グリーン(新)
フランク・ニッティ(新)
CJ・ワトソン(新)
エディ・カリー(新)
Power
HCナンシー・リバーマン
コリー・マゲッティ
カティーノ・モーブリー
グレン・デイビス
クリス・アンダーセン
クエンティン・リチャードソン
ライアン・ゴメス
Trilogy
HCケニョン・マーティン(新)
ジェームス・ホワイト
ジェイソン・テリー(新)
カルロス・アローヨ
Triplets(新/優勝)
HCリサ・レシリー
ジョー・ジョンソン
アル・ジェファーソン
ジェレミー・パーゴ
アラン・アンダーソン
Tri-State
HCジュリアス・アービング
ジャメイン・オニール(新)
アマレ・スタウダマイヤー
ネイト・ロビンソン
ジェイソン・リチャードソン(新)
開催都市(2019年)

デトロイト&インディアナポリス→シャーロット&フィラデルフィア→バーミンガム&アトランタ→プロビデンス&NY→カンザスシティ&OKC→ソルトレークシティ→シカゴ&ミルウォーキー→マイアミ→ダラス

2019年は新たに4チームが加わった。これに伴ってツアーは週末に2都市を周ってそれぞれで6チームによる3試合開催となった。優勝はほぼ現役NBA選手のジョー・ジョンソンとアル・ジェファーソン擁するトリプレッツが果たした。

2020年: コロナで大会中止

2020年は中止となった。加えて、秋に予定されていた中国と日本へのツアーも中止となった。

2021年

3’s Company
HCマイケル・クーパー
ドリュー・グッデン
マリオ・チャルマース
ライアン・ホリンズ
デマー・ジョンソン(新)
3 Headed Monsters
HCゲイリー・ペイトン
ラシャード・ルイス
モハメド・アブドゥル-ラウーフ
レジー・エバンス
ママドゥ・ンジャイン(新)
Aliens
HCリック・ホーン(新)
ブランドン・ラッシュ
グレッグ・オデン
シャノン・ブラウン
レナルド・バークマン(新)
Ball Hogs
HCリック・バリー
ブライアン・スカラブリニ
レアンドロ・バルボーサ(新)
ジョディ・ミークス(新)
スペンサー・ホーズ(新)
Bivouac
レジー・テウス
ジョシュ・スミス
ウィル・バイナム
アロンゾ・ジー(新)
マリース・スぺイツ(新)
Ghost Ballers
HCジョージ・ガービン
リッキー・デイビス
クレイグ・スミス(新)
Enemies
HCギルバート・アリーナス(新)
ニック・ヤング(新)
ペリー・ジョーンズ三世
アイザイア・オースティン(新)
ジョーダン・ヒル(新)
Killer 3s
HCチャールズ・オークリー
フランク・ニッティ
CJ・ワトソン
エディ・カリー
ジョシュ・パウエル(新)
ダンテ・グリーン
Power
HCナンシー・リバーマン
コリー・マゲッティ
カティーノ・モーブリー
グレン・デイビス
ジョー・アレクサンダー(新)
ロイス・ホワイト
Trilogy(優勝)
HCスティーブン・ジャクソン(新)
ジャレッド・ジャック(新)
アミーア・ジョンソン(新)
ジェームズ・ホワイト(新)
アイザイア・ブリスコー(新)
Triplets
HCリサ・レシリー
ジョー・ジョンソン
アル・ジェファーソン
ジャニーロ・パーゴ
アラン・アンダーソン
ジャマリオ・ムーン
Tri-State
HCジュリアス・アービング
ネイト・ロビンソン
ジェイソン・リチャードソン
ラリー・サンダース
アール・クラーク(新)
トニー・ローテン(新)
開催都市(2021年)
  • WEEK1~3(7/10~24)@ラスベガス
  • WEEK4(7/31)@ダラス
  • WEEK5(8/5)@ミルウォーキー
  • WEEK6(8/7)@シカゴ
  • WEEK7&8(8/14&21)@ラスベガス
  • WEEK9&10(8/28&9/4)@バハマ

2021年大会は結局は12チームで合計7都市を周った。開幕決定直後、運営はラスベガスとニューオーリンズとバハマでの開催を予定していたが、一部都市のコロナの行動制限緩和を受けて、シーズン途中にダラス、ミルウォーキー、シカゴでの開催に変更された。結果は初代王者トリロジーの2度目の優勝で幕を閉じた。

現地観戦

チケット

チケットはオンラインと会場のチケット売り場で購入可能だ。座種には指定席と自由席がある。

グッズ

アリーナにグッズの特設売り場がある。

サイン

ファン対応はかなり良い。試合の前日にサイン会やクリニックを行う場合もある。

まとめ

概要
  • 時期: 夏(7~9月)
  • 形態: 巡業
  • 試合: 3on3
  • チーム: 12
  • ドラフト(開幕前)
    トライアウト→コンバイン→ドラフト
  • 主な参加者(選手)
    アレン・アイバーソン/ジョー・ジョンソン/ジャメイン・オニール/ケニオン・マーティン/グレッグ・オデン/ギルバート・アリーナス等
  • 主なルール
    50点先取(&2点差以上)/4Pゾーン/TOVでボール奪取後のシュート可/1on1のチャレンジ制度等
  • 視聴方法
    FITE TV(月額$4.99+7日間無料)
    CBS(放映権所有者)
    Paramount+(月額$4.99~)
  • オーガナイザー: アイスキューブ

BIG3は毎年夏に元NBA選手等達が全米各地を周って3on3を戦う巡業リーグだ。現在、BIG3は全12チーム制となっている。各チームは「コアメンバー」+「ドラフト指名選手」で構成されている。参加者には「殿堂入り選手」「元オールスター」「フランチャイズプレーヤー」も多い。一方、最近では「女子バスケレジェンドのHC登用」「NBA未経験者参加可」「年齢制限(27歳→22歳以上)への引き下げ」と門戸が広がりつつある。ルールは一般的なルール+ショー要素が採用されている。開催の沿革は「コロナ前(2017年~2019年)→全米各地」「2020年→中止」「2021年→三都市開催」だ。視聴は2021年はFITE TVでほぼ全試合が無料視聴可能だった。その他、CBS放送とParamaount+(CBSのサブスクリプションサービス)でも試合の視聴は可能である。兎にも角にも懐かしい顔ぶれの元気な姿が見られるのが良い。

関連記事

夏開催

イベント時期(例年)場所
NBAサマーリーグ7月上旬ラスベガス
サクラメント
ソルトレイクシティ
アメリカ代表7月下旬以降ラスベガス
+他の都市
BIG36~8月全米各地
TBT(The Basketball Tournament)6~7月全米各地
プロアマリーグ6~8月全米各地
AAUサーキット4&7月全米各地(特に南部)
その他(セレブリティゲーム/ツアー)通年全米各地

現地観戦の基礎知識

ガイドブック(エリア)

カスカディアミッドウェスト五大湖ボスウォッシュ
カリフォルニアマウンテンオハイオバレーアトランティック
テキサスディープサウスフロリダ

参考

INSIDE THE BIG3 REVOLUTION(big3.com)
BIG3 ANNOUNCES BROADCAST LINEUP AHEAD OF SEASON FOUR DEBUT(big3.com)
BIG3 BRINGS THE FIRE BACK WITH SEASON FOUR TIPPING OFF JULY 10(big3.com)
BIG3 makes huge changes including 1-on-1 foul challenges, lowered age restriction and name change(cbs.com)
BIG3 NAMES MICROSOFT AS THE LEAGUE’S OFFICIAL TECHNOLOGY PARTNER AND JERSEY PATCH SPONSOR(big3.com)
BIG3 Basketball League 2017 Season Schedule and Full Team Rosters(bleacherreport.com)
BIG3 2017 PLAYER AWARDS(big3.com)
Josh Childress, Nuggets Reportedly Agree to Contract After Playing in BIG3(bleacherreport.com)
2018 BIG3 SEASON PREVIEW(big3.com)
2018 BIG3 Basketball awards: Corey Maggette takes home MVP; ‘Birdman’ wins Defensive Player of the Year(cbssports.com)
2019 BIG3 ROSTERS ARE SET(big3.com)

カテゴリー

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

タイトルとURLをコピーしました