【Prime Video】「モア・ザン・ア・ゲーム」解説

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは北米のバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、その他はNBAとNCAA以外のバスケ界隈全般の解説&紹介のカテゴリーである。

今回はレブロン・ジェームスの中高生時代のドキュメンタリー作品「モア・ザン・ア・ゲーム」についての解説だ。

概要

「モア・ザン・ア・ゲーム」はレブロン・ジェームスの中学高校時代を振り返るドキュメンタリー作品だ。

主な疑問点の解説

AAU

AAUはアメリカのクラブチームバスケットボールの通称だ。北米の育成年代のバスケットボールは「学校の部活シーズン(11~3月)」と「クラブチームシーズン(4~7月)」の二期制になっている。そして、クラブチームのキャンプや大会は非営利組織のアマチュア・アスレティック・ユニオン(Amature Athletic Union)の協賛の下で行われている。故に、AAUバスケットボールが育成年代のクラブチームバスケットボールの通称として浸透した。

最近はクラブチームバスケットボールはAAUよりもナイキ、アディダス、アンダーアーマーがかじを取っている。現在もAAUは大会の協賛や主催に名を連ねているが、最も競争力の高い大会はシューメーカーやイベント会社の主催で行われている。同時に強豪クラブはいずれかのブランドからスポンサードを受けている場合が多い。故に、現在はクラブチームバスケットボールはグラスルーツやサーキットと呼ばれることが多い。

AAUクラブ

AAUクラブは誰もが簡単に創設できる。作中ではバスケットボールの素人のコーチ・ドリューが「オハイオ・シューティングスター創設」→「レブロン・ジェームスを含めた後のSt.ビンセント-St.メアリーズ高校の主要メンバーのリクルート」→「選手達とコーチ達で運営資金集め」→「AAU大会出場」のシーンが描かれているが、実際の現場でも素人コーチがクラブを率いている場合は多く、むしろバスケットボールの精通度よりも地元の有望選手とスポンサーを集める能力に長けたビジネスマンがAAU界隈では成功していることもあり、AAUクラブの育成力不足はAAUの課題の1つとされている。

【徹底解説】AAUバスケットボール
高校生達のアピールの場AAUサーキットを紹介!!

アメリカの高校は4年制

作中の「シニア=三年生」は誤訳だ。アメリカの高校は「フレッシュマン(1年生)」「ソフォモア(2年生)」「ジュニア(3年生)」「シニア(4年生)」の4年制が採られていることが多い。レブロン・ジェームスとチームメイトはSt.ビンセント-St.メアリーズ高校に合計4年間通った。

アメリカの部活動の仕組み

現在、ほとんどの州ではそれぞれの州の体育協会が高校を「学校の生徒数や立地等」でいくつかのディビジョンに振り分けてリーグやトーナメントを運営している。そして、ほとんどの州では各ディビジョンの優勝校の決定をもってしてシーズンは終了となる。つまり、今では州1位の決定戦すら行われていない。毎年、「○○州D1優勝→××高校/D2優勝→△△高校/D3…」といった具合でシーズンは幕を閉じる。オハイオ州の男子バスケットボールの場合、当時の2000年前後が現在と同じだったことは定かではないが、2020-21は生徒数を基準にディビジョンⅠ~Ⅳへの振り分けがなされている。St.ビンセント-St.メアリーズ高校はレブロン・ジェームスが2年次から3年次に進級する間にディビジョンⅢからディビジョンⅡへと移った。

全米1位の評価

当時の全米1位はUSAトゥデイ紙の評価によって決定されていた。同紙は毎週の対戦結果を基に上位25校を発表していた。そして、最終週のランキングで1位の高校が全米1位として世間一般では認知されていた。つまり、全米1位は日本のインターハイやウィンターカップのような全米各地の予選を勝ち上がった高校が競い合ってなれるものではなかった。SVSM高校は2001-02シーズンからは州内の高校との対戦をほどほどにこなしつつ、全米1位の評価を獲得するために全米各地の強豪校との対戦を積極的にスケジュールに組み込んでいた。作中の西海岸や東海岸への遠征はまさにランキングを上げるための試合である。

近年はガイコー・ナショナルズ(GEICO NATIONALS)が実質的な全米1位決定戦となっているが、同大会はあくまでも極々少数の高校を招待して行われているため、

ESPN

ESPNは全米最大のスポーツ専門チャンネルだ。通常、高校の試合はポストシーズントーナメントが地方局で放送されることはあっても全米中継されることはほとんどない。作中の「ディックやウォルトンの前でプレーする」はESPNの名解説者のディック・バイテール(Dick Vitale)とビル・ウォルトン(Bill Walton)のことである。

まとめ

「モア・ザン・ア・ゲーム」はアマゾンプライム会員特権で無料で視聴する分には悪くない作品だ。

関連記事

参考

Divisional Breakdowns – 2020-21 School Year(ohsaa.org)
High School Rankings History(grassrootshoops.net)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました