【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: ユースホステル(宿泊編3/5)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

と言うことで、今回はユースホステルについてだ。

概要: 宿泊戦略

主な選択肢

  1. NBAチームと同じホテルに宿泊
    高級ホテル
  2. 手頃な価格で宿泊
    ホテル
    モーテル
    ユースホステル
    民泊(AirBnB)
  3. 旅程の都合
    野宿

最適な宿泊施設は各人の願望、予算、旅程で異なる。


もしNBAチームと同じホテルに宿泊したい場合、そのチームのチームや選手のSNSの投稿からホテルを割り出して予約する必要がある。


一方、宿泊費を抑えたい場合、選択肢にはホテル、モーテル、ユースホステル、AirBnB、野宿が選択肢になる。


そして、野宿は、安全面と健康面から極力避けるべきだが、予算や旅程の都合でやむなしの場合もある。

ユースホステル(Youth Hostel)

概要

ユースホステルモーテルAirBnB
メリット破格
異文化交流
安い
プライバシー
色々
デメリット共同治安英語必須

ユースホステルやドミトリーはベッドだけを借りる宿泊施設だ。1つの部屋に4~10個以上のベッドが置いてある。

設備

基本的にベッド以外は共同だ。Wi-Fiは低速であることはほとんどない。コンセントは早めに確保するのが吉だ。


トイレとシャワーは清潔感が保たれていることがほとんどだが、シャワーは「お湯が出ない」や「水圧が低い」のは諦めるしかない。加えて、同じフロアに女性が多い場合、彼女達のメイク待ちを余儀なくされる場合もある。但し、コインランドリーは個人的な経験上は無いことがほとんどだ。


キッチン、冷蔵庫、テーブル、電子レンジも共同で利用できる場合が多い。シリアル、コーヒー、パンケーキ程度の朝食が付いている場所もある。

メリット

メリットは主に2つある。1つは5000円程度で一泊できる宿泊費の安さだ。もう1つは一期一会の出会いだ。同じ部屋で寝泊まりする特性上、世界中の海外旅行者との出会いがある。互いに拙い英語で会話は新鮮で刺激的だ。実際、ユースホステルも利用者同士の交流の場として共同スペースを随時開放している。

デメリット

デメリットは自分の100%プライベートな空間が無いことだ。

宿泊までの流れ

  • 予約
  • チェックイン
  • チェックアウト

宿泊の流れは上記の通りだ。チェックイン時には「パスポート」と「クレジットカード」の提示が必要になる。加えて、その際、部屋の鍵のデポジットとして$10程度が一時的に料金に追加されるが、チェックアウト時の鍵の返却後に返金される。鍵を失くしてしまった場合は鍵代として徴収される。

予約

ユースホステルは事前に予約する方が良い。


と言うのも、ユースホステルはアメリカではあまり浸透している文化ではないのだが、ヨーロッパ人とアジア人(タイや中国)には定番の選択肢となっていて意外と人気があるため、結果的に需要に対して供給が少なくなっているからだ。


予約はホテルズコンバインドがオススメだ。宿泊の料金はサイトによって値段が違うことが多いが、ホテルズコンバインドは主要なホテル予約サイトの値段を一覧で表示してくれるため、一発でどのサイトから予約するのがベストであるかが分かる。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

まとめ

ユースホステルモーテルAirBnB
メリット破格
異文化交流
安い
プライバシー
色々
デメリット共同治安英語必須

結論、自分の旅程の都合に最適な物を選ぶのが良い。

関連記事

現地観戦術

選手の愛用品

映像作品解説

【Netflix】「バスケがすべて(Basketball or Nothing)」解説
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「バスケが全て(Basketball or Nothing)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ無し)
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「ラスト・チャンス(バスケ編)」を解説!!

参考

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました