【現地観戦ガイド】ワシントンD.C.編

うい。現地観戦研究家のB.O. Bros(@b_o_bros)だ。


当ブログはバスケオタクが低予算で現地観戦を達成するためのガイドブックである。


では、早速本題に入る。

今回はワシントンD.C.について紹介する。

ワシントンD.C.(首都)

基本情報

首都ワシントンD.C.はアメリカ東海岸にある。周囲はバージニア州とメリーランド州に囲まれている。標準時間は東部標準時、日本との時差は-14時間だ。

総評: 初心者向け

ワシントンD.C.は初心者にもオススメだ。

快適度(衣食住+足+気候): ★★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
観光都市地下鉄
ローカルバス
最高気温: 15℃
最低気温: -2℃
詳細

ワシントンD.C.はかなり栄えているの難なくサバイブできる。公共交通機関は地下鉄が市内を巡っているので非常に便利だ。が、ダレス空港からダウンタウンまでのアクセスが悪い。ローカルバスと地下鉄を乗り継がなければならない。気候は晴れていればそこまで寒くは無い。

アクセス: ★★★★

飛行機空港長距離バス
鉄道
直行便有りWashington Dulles International Airport
Reagan National Airport
Greyhound
Megabus
Peter Pan Bus Line

ワシントンD.C.はアクセスが非常に便利だ。まず、ワシントンD.C.には2つ主要の空港があり、ワシントン・ダレス国際空港と日本とは直行便が通っている。一方、ワシントンD.C.へはニューヨークやフィラデルフィアから長距離バスや鉄道で行くこともできる。

ちなみに、八村塁選手がNBAドラフトの会場ニューヨークからワシントンD.C.への移動はAmtrakだった。

観光: ★★★★★

ワシントンD.C.は全米屈指の観光地だ。スミソニアン博物館、メモリアルパーク、ホワイトハウスなどがある。

ワシントンD.C.のバスケットボール

NBA

ワシントンD.C.には何を隠そう八村塁選手が所属するワシントン・ウィザーズと傘下のGリーグチームのキャピタルシティー・ゴーゴーがある。

【NBA】ワシントン・ウィザーズ
NBAワシントン・ウィザーズの現地観戦について紹介!!

NCAA D1

ワシントンD.C.にはジョージタウン大学とメリーランド大学がある。ジョージタウン大学はパトリック・ユーイングとアレン・アイバーソンを輩出した名門だ。一方のメリーランド大学も勝るとも劣らない強豪である。加えて、渡邉雄太選手が通っていたジョージワシントン大学やマクーア・メイカーがコミットした歴史的黒人大学(HBCU)のハワード大学等合計4校がキャンパスを構えている。

【NCAA】ジョージタウン大学
パトリック・ユーイングとアレン・アイバーソンを輩出した超名門ジョージタウン大学を紹介!!
【NCAA】メリーランド大学(ワシントンD.C.#4)
ジョージタウンと並んでワシントンD.C.を代表する大学のメリーランド大学カレッジパーク校を紹介!!
【NCAA】ワシントンD.C.のミッドメジャー4校
ワシントンD.C.のミッドメジャー4校、ジョージ・ワシントン大学、ジョージ・メイソン大学、ハワード大学、アメリカン大学を紹介!!

プレップ(高校)

Markelle Fultz is the DMV's Next Lottery Pick: Senior Year Mixtape!
基本情報

名称: DeMatha Catholic High School
住所: 4313 Madison St, Hyattsville, MD 20781

ワシントンD.C.郊外にはマーケル・フルツやグラント三兄弟の母校デマーサ・カトリック高校がある。最寄り駅は地下鉄Green/Yellow線のPrince George’s Plaza駅だ。ダウンタウンのShaw-Howard駅から1時間程で行ける。

Pro-Amリーグ: NIKE PRO CITY D.C.

Mac McClung JUMPS OUT THE GYM During PRO AM Game at Kenner League! Gets BUCKETS!!
基本情報

名称: NIKE PRO CITY D.C.
会場: McDonough Gymnasium
住所: 37th Street Northwest, Washington, DC 20007
HP: http://www.kennerleague.com/

実はジョージタウン大学のプレーは夏にでも見ることができる。それがKenner LeagueことNIKE PRO CITY D.C.だ。

プロアマリーグ

プロアマリーグ(Pro-Am League)は夏(オフシーズン)にプロとアマチュア(元プロ、大学生、高校生等)が各自でチームを組んで参加するリーグ戦だ。サマーリーグと呼ばれることもある。リーグは全米各地に存在する。最も有名なのはロサンゼルスのDrew Leagueだ。どこのリーグも夏休み(5月下旬~8月上旬)の数週間に10チーム前後でリーグ戦とプレーオフトーナメントを行っている。NBA選手は1試合だけのゲスト参加もあればオールサマーで出場している場合もある。観戦は基本的にどこも無料だ。

ワシントンD.C.出身の選手

ワシントンD.C.はケビン・デュラントとマイケル・ビーズリー等数多くのNBAプレーヤーが育ったことで有名だ。ちなみに、彼らが育った場所は観光で行くような場所では無い。

聖地

Washington Coliseum(Uline Arena)

基本情報

名称: Uline Arena
住所: 1140 3rd St NE, Washington, DC 20002
HP: https://douglasdevelopment.com/properties/uline-arena/

Washington Coliseum(元Uline Arena)は一般的にはビートルズがアメリカで初めてコンサートを行った場所として知られているが、同施設はバスケットボールの試合会場としても利用された。


最初はNBAの前身のBAA(Basketball Association of America)とNBA黎明期に活動していたWashington Capitolsがホームアリーナとして利用していた。 当時、同球団を率いていたのは後にボストン・セルティックスで8連覇を達成することになるレッド・アワーバックである。その後、1969-70シーズンだけではあるが、ABAのWashington Capsも同施設でホームゲームを行っていた。


現在、建物の内側はリノベーションされて色々なテナントが入っている。

買い物

チームストア

基本情報

名称: Team Store
住所: 601 F St NW, Washington, DC 20004
営業日: おそらくゲームデイのみ
営業時間: 月~土(11:00~17:00)日(試合開始2時間前~終了)
HP: https://capitalonearena.viewlift.com/articles/team-store

ワシントン・ウィザーズのホームアリーナのキャピタルワン・アリーナにはウィザーズのチームストアがある。ウィザーズのグッズは基本的にはここで購入すれば良い。ちなみに、ウィザーズ以外にもNFLキャピタルズや他にワシントンD.C.を拠点に活動しているチームのグッズも置いてある。

サブストアと出店

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えてサブストアと出店がある。重要なのはそこらはメインのチームストアとは微妙に品揃えが異なる点だ。例えば、過去に在籍していた選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインのストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。

ペンタゴン・シティー・モール

基本情報

名称: Fashion Centre at Pentagon City
住所: 1100 S Hayes St, Arlington, VA 22202
HP: https://www.simon.com/mall/fashion-centre-at-pentagon-city

​しかし、仮にチームストアが閉まっていてもウィザーズグッズはペンタゴン・シティー・モールで購入できる。このモール内にはHouse of Hoops付きのFoot LockerとChamps Sportsがあるからだ。チームストアと微妙にラインナップが異なるので、チームストアに無かった物がここで買える可能性もある。

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズの購入は各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ(現地観戦プラン案)

スタンダード(NBAオンリー)型

NBAオンリーの現地観戦の場合、陸路で行けるフィラデルフィア、ニューヨーク、ボストンを周るのがオススメだ。が、イースタンカンファレンスのトロント、デトロイト、シカゴ、シャーロット、アトランタ等は飛行機で片道3~4時間程で行けるので、これらも検討される。

オタク(カテゴリー不問)型

オタク型の場合、スタンダード型と同様にボスウォッシュエリアを周るのも良いが、バージニア州に南下するのも検討される。

合わせて行きたい: ボスウォッシュエリア

現地観戦観の記事

参考

Washington, D.C.における平均的な気候(jp.wetherspark.com)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました